« もっと食べたいなぁ | トップページ | ちょっと快復 »

2008年5月 9日 (金)

だっこの闘病

0508005_256 母の訃報が届いた日、だっこの異状に気付きました。昨年の11月になったようにクルクルと同じ方向に回るのです。そしてフラフラして倒れます。翌日の通夜の日の午前中、娘が動物病院へ連れて行きました。前と同じ薬のステロイドを飲ませることになりましたが、この前とは明らかに違う様子です。事態はもっと深刻です。

手足の先に力が入らず内側へ曲がっていても直せません。四肢は弱々しく歩くのもおぼつかず、箱から出ません。寝ているわけではないのに目を閉じています。そして突然に大きな声で鳴きだします。その声の大きさは凄まじいもので断末魔の叫びのよう。痛いか苦しいか気持ち悪いかでしょうが、どうしてやればいいのか判らず、たださっすってやるばかりです。今はステロイドで食欲亢進のためによく食べますから、痩せてはいません。すぐにどうなるとは思いませんが、確実にラスト・ステージに入っているようです。

偶然の一致でしょうか。母が逝った日、だっこも箱から出られない闘病生活に入りました。私の姿が見えないと激しく鳴きます。昼夜が入れ替わって夜通し鳴くこともあります。かたときも傍から離れられません。心の準備をしながら存分に可愛がってやりたいと思います。

|

« もっと食べたいなぁ | トップページ | ちょっと快復 »

家猫」カテゴリの記事

コメント

ありがとう。
家じゅうに響きわたる大きな声で何かを訴えます。
腹筋に力はいってるだろうなぁ・・。笑
辛くても動こうとする凛とした姿に心打たれます。
だっこに限らず私はこれまでどれだけ猫達に学んできたことでしょう。

投稿: 良(右近) | 2008年5月10日 (土) 16:46

だっこちゃん、すぐそばに良さんがいるよ。大きな声で甘えちゃえ!わがまま言っちゃおう!

投稿: | 2008年5月10日 (土) 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だっこの闘病:

« もっと食べたいなぁ | トップページ | ちょっと快復 »