« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月20日 (日)

みんなお気に入り

0719002_256 この三連の座布団は、みんなお気に入り。なぜかなぁ。生地が夏向きで気持ちがいいからかなぁ。空いてるとすぐに占領されます。昼間、私はこの上でいろんなことをするのですが(たとえば腹筋とかストレッチとか、読書とか相撲観戦とか、それからおやつを食べたりも)、どうも遠慮気味になっています。

じぃじぃは7月生まれ。たしか初旬でした。6歳のお誕生会をしてあげないと。外が好きでほとんど居ないので、まだ祝ってあげていません。ちょっと贅沢だけど、エビを買ってあげようっと。今日は肉球は痛まないのか出て行きました。ちゃんと帰ってきてね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

和が似合う

0711002_256 だっこは純粋の三毛ではありませんが、毛色も体型も典型的な日本猫です。ですから「和」が似合います。この座布団カバーのような模様や色合いがよく合っています。これは三連の座布団カバーです。中には三枚の座布団が入っていて、日中に私が横になるための場所ですが、だっこもじぃじぃも気に入り、結局、飼主は1枚分だけの使用が 許され、しかたなく胡坐をかいています。どうですか。来月で御歳21歳、人間にすれば106歳とは思えないこのビボウ。気位高きノラ出身のだっこ様です。この夏を乗り切って欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

それでも寝る

0707003_256 先週末は湿気の多い蒸し暑い夜でした。猫たちは夏でも毛皮を脱ぐわけにもいかず、さぞかし暑かろうと毎年同情します。人間ならば暑くて寝苦しい夜でも、猫たちは平気です。眠る眠る眠る二匹。

猫とはよく眠るので、“寝子”とも書かれたとか。ほんにその通り、よく眠ります。暑い日はだっこは自分の箱から出てきて風の通り道で涼しい私の布団へきます。じぃじぃは気まぐれでその日によっていろいろな所で寝ますが、この日は肉球が痛かったので甘えて私の布団です。外から帰ってその足でくるので、ベビー用タオルケットの上でねんねです。じぃじぃは、外からいろいろなモノを運んできます。虫とか植物の種とか時にはダニも。 こんなカタチで寝てくれたときは二匹を避け、私はタコのように変形し、あいた所に合わせて寝ることになります。斜めになったり足をちぢこめたり、かれらをよけて大の字になったりしながらです。
あぁ可愛いな、二匹とも。ここ2、3日は涼しいので猫たちも元気です。猫たちとこの夏を乗り切ろう。やゃ、私の爪先が写ってしまってる・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

我輩はネコである

P5120023_320

では正解です。彼はタヌキでもクマでもなく、はたまたアライグマでもレッサーパンダでもなく、ネコなのであります。どうですか、この威風堂々たるお姿は。とってもとっても大きなネコだそうですよ。

このネコはHiroshiが生前に写したものです。会社へ行く途中、駅に続く細い通りにある八百屋さんの店先で、こんなふうによく居るのだと言っていました。太って喧嘩も強そうです。八百屋さんは飼っているふうでもなく、それでも店先が気に入っているのか、居着いたようです。きっとエサもあげていたのでしょう。彼はそのあたりのボスだったのだと思います。人間が近づいてもまったく動じず、肝っ玉の据わった猫だったとか。この時も、ちっちゃい眼を少しだけあけ、「なんや、写真か」とでも思っていたのでしょうか。

あれから彼はどうしたでしょうね。その後に駅前の開発が始まり、区画整理やなんかでその付近のノラ猫達は落ち着かなかったことでしょう。八百屋さんはまだ同じ場所にあるのですが、私は彼の姿を一度も見たことがなく残念です。 2002年5月 撮影Hiroshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

だれ?

P5120020_320

君はだぁれ? 皆さん、これは何の動物でしょう。 わかりますか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

だから“じぃじぃ”

Pict0013_320

じぃじぃは、なぜそんな名前をつけられたのでしょう?
それはこの写真をご覧になればお分かりでしょう。なんというのでしょうか、人間でいうと眉にあたる部分の毛が白いでしょ。被っているパーマンマスクが黒なので、よけいに白が目立ちます。体の黒い毛の中にもところどころ白い毛が混じっています。仔猫の時、何人かの人が「おじいさんみたい」と言いました。髭が白くなるまで長生きして欲しいという思いから、「それならキミはじぃじぃっ」と命名しました。彼らきょうだい4匹の仔猫たちを、生まれてすぐは毛色で呼んでいました。彼は「白黒」と呼ばれていましたよ。まんまですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »