« だれ? | トップページ | それでも寝る »

2008年7月 7日 (月)

我輩はネコである

P5120023_320

では正解です。彼はタヌキでもクマでもなく、はたまたアライグマでもレッサーパンダでもなく、ネコなのであります。どうですか、この威風堂々たるお姿は。とってもとっても大きなネコだそうですよ。

このネコはHiroshiが生前に写したものです。会社へ行く途中、駅に続く細い通りにある八百屋さんの店先で、こんなふうによく居るのだと言っていました。太って喧嘩も強そうです。八百屋さんは飼っているふうでもなく、それでも店先が気に入っているのか、居着いたようです。きっとエサもあげていたのでしょう。彼はそのあたりのボスだったのだと思います。人間が近づいてもまったく動じず、肝っ玉の据わった猫だったとか。この時も、ちっちゃい眼を少しだけあけ、「なんや、写真か」とでも思っていたのでしょうか。

あれから彼はどうしたでしょうね。その後に駅前の開発が始まり、区画整理やなんかでその付近のノラ猫達は落ち着かなかったことでしょう。八百屋さんはまだ同じ場所にあるのですが、私は彼の姿を一度も見たことがなく残念です。 2002年5月 撮影Hiroshi

|

« だれ? | トップページ | それでも寝る »

外猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我輩はネコである:

« だれ? | トップページ | それでも寝る »