« 光を求めて | トップページ | カエル君 »

2011年5月16日 (月)

アリウム・ロゼウム

Img_0161_512

可愛い白い花を咲かせています。植えた当時はたくさん咲いたけれど、雑草引きをするときに一緒に抜いてしまうのか咲く花はずいぶん減ってしまった。

花が咲く前に伸びてきた細い葉は雑草と区別がつかない。雑草というのは繁殖力にすぐれており、観賞用の草花のそばには形の似たものが生えてふえる。したがって細い葉のそばには細い葉の雑草が勢いよく伸び、丸みのある葉をした草花のそばには丸い形の葉をした雑草が生えてくる。それらは放置すれば人間が好む観賞用の草花を負かしてしまう威力がある。しかし思う。花の周りの雑草を抜きつつ、抜かれてしまう雑草を不憫に思う。

アリウム・ロゼウムは花を咲かせたとき、細い茎の根元に種子の準備をしている。赤く見えるのが種子になる部分。小さな花だが存在感がある。楚々としたこの花が好きだ。

|

« 光を求めて | トップページ | カエル君 »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリウム・ロゼウム:

« 光を求めて | トップページ | カエル君 »