« 三人娘 | トップページ | 白いフリージア »

2011年5月 4日 (水)

チューリップ

055_512

プランターにきれいに咲いたチューリップを撮っておいた。これもデジイチ。

去年と変わらず大きな花を咲かせたのは、掘り上げて球根を丁寧に分けたからだ。

球根は子どもを増やすが、それをそのまま植えては翌年に大きく咲かない。

子どもの部分を離し、それぞれ別のプランターに植えてやらなければならない。

親は翌年また大きな花を咲かせ、子どもは2年後に花を咲かせる。

親子の共依存が互いにとってよくないのは人間も植物も同じなのだ。

一日じゅうベッドにいる私にとって庭は唯一の‘外出’の場。

短時間だが植物の様子を見て回り、写真を撮るのは至福のとき。

気候がよくなれば庭仕事がしたくなる。昨年は何もできないほど弱り、

新しく植えた花は何もない。けれど宿根草は約束どおり咲いてくれた。

花壇には植えっぱなしの色とりどりのチューリップとフリージア。

水仙、苺、ギボウシ、オダマキ、‘準備中’はムスカリ、ニゲラ。

あるじが何も出来なくてもかれらは自立し、淡々と生をいとなむ。

今年は花をふやしたい。そんな願いをもつことができる悦びに感謝する。

被災地に力強く咲く花々や木々。植物は人に勇気を与え、語らずに慰める。

|

« 三人娘 | トップページ | 白いフリージア »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ:

« 三人娘 | トップページ | 白いフリージア »