« 白桔梗 | トップページ | アジサイの謎 »

2011年7月 7日 (木)

Img_0397_512

七夕の日は雨が多い。梅雨のさなかにやってくるからだ。
星が見えないので、星のような白桔梗を見ていた。
前回の画像よりも星らしいのでふたたび掲載。

また体調を崩して寝ている。月曜日、リハビリに行って風邪をひいた。肩にホットパックをしてしばらく寝ているのだが、天井から冷気が勢いよく吹きだしている。ハンカチで口と鼻を覆うのだが、それでもじわじわと乾燥する。

いつもより長く寝かされていたのは混んでいたからだ。仕方がないなと思って待っていたが、なぜだか後に来た人たちが先に治療を受けている。そのうちのひとりはどうやらその病院の食堂で働いている方のようで、話好きの女性だった。理学療法士さんも話し好きで、治療中、こちらが黙っていてもいろいろと話す人だ。かれらはテレビ番組や互いの連れ合いのこと、その病院の先生のことや仕事のことなどで大いに盛り上がり、話も治療もなかなか終わらない。私は乾くだけでなく冷えてきた。ホットパックも冷めてしまうほど待たされた。厭な予感がした。

予感は的中し、その夜から体調が悪くなった。翌日は動けなくなり、眠ってばかりいた。きのうは最悪になり、いつもの頭痛と吐き気に襲われた。早めに薬を飲むと、眠くなって眠り続けた。それがよかったのか今日は少しよくなり、流しにある二日分の洗いものをした。まだ熱があり、かすかに頭痛もある。しかし別のブログも更新した。最近の政治にまつわる事柄には我慢ができない。

自分のパターンが分かってきた。体調がいい時は、何かをしているためにパソコンに向かう時間が短い。片付けや掃除やら、ふだんなかなか進まないことがらに身体を動かしている。しかし体調が悪くなると動けないためにベッドにいる。そうすると退屈でそばにあるキャスターつきのパソコンデスクを引き寄せる。そしてノートを開いてなんだかんだと喋ってしまう。そして喋りすぎ、アップしてから自己嫌悪に陥るのだ。気をつけなければと反省する。しかし、権力を振りかざす人間には強い怒りを感じて我慢ならない。元気だと忙しいから、そんなことも書いてやるぞとまで行かないのに、体調が悪いと言葉を出しすぎる。しかもストレートに出しすぎる。私は、しんどいときほど饒舌だ。まだまだ修行が足りないと反省する。

荒れた天気が続いている。月曜日、病院から帰ろうとして外へ出た。空に真っ黒な雲が立ち込めていた。雷も鳴り、シートに座るとボタボタと大粒の雨がフロントガラスを叩き始めた。仕方がない。急いで帰ろう。走りはじめると、雨だけでなく風も強くなり、視界が悪い。スコール。というのみたい。と思っていた。けれど渋滞から抜けるとのんきなことを考えている場合ではなくなった。尋常でない激しい雨。バイパスの高速自動車道を走っていたが、前方もセンターラインも見えづらい。前を走る緑色のminiの後をひたすら追うが、なんとも速い。リアウィンドゥを見ると、さっきまでいた多くの車がまったくいない。どこかで皆きっと待避しているのだろう。稲光が走り、この世のものとは思えない恐ろしい風雨の中を、えぇい、ままよとばかり水しぶきをあげてminiと私のdemioだけが猛スピードで走っていた。バイパスの自動車道を降りると、市道では側溝から水が噴き出すようにあふれて道路を覆い、早く帰らないと危険だと感じた。だが、家の近くまで来たとき、嘘のような小降りになった。いったい今のは何だったのだろう。いわゆるゲリラ豪雨というのだったかもしれない。皆さんもお気をつけて。

左手もキーが打てるようになったので、私は調子に乗っている。喋りすぎには気をつけよう。政治のことは語るのを控えよう。それから私はもうリハビリへは行きたくない。夏のひんぱんな外出は本当にきつい。空調で風邪をひくと5日間くらいのロスが出る。今日は病院へ行けなかった。夏場はどうにか自分でマッサージをしようかと考えている。そう考えて理学療法士さんがすることを一生懸命に盗み見して学んでいた。私はどこまで医者嫌い、病院嫌いなのか。少しよくなるとサボりたがる。あしたは熱がとれて、起きられるといいな。

|

« 白桔梗 | トップページ | アジサイの謎 »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 白桔梗 | トップページ | アジサイの謎 »