« カスタード色のグラジオラス | トップページ | サルスベリ »

2011年8月 8日 (月)

やっと君臨

Img_0534_512

僕はやっと庭の王様になれた。

生まれた時はパパのボス黒、それから長い間、時々来るトラ吉先輩が統治した。

トラ吉先輩が逝去されたあと、僕は彼の息子の小太郎と争った。

僕は平和主義者だから喧嘩は嫌だった。

けれど何度も吹っかけてくる。仕方がないから僕は応戦。

僕だってボス黒の息子だ。トラ吉先輩の息子には負けないぞ。

べつに負けたって出ていかなくてもよかったのに・・・。

二月のある日、小太郎君は出て行ったきり帰らない。

わかってるさ。それが猫のオキテっていうもんだと。

そんなわけで僕は自分ちの庭をようやく完全制覇したんだよ。

遅すぎるかな。だって僕は先月9歳になったんだ。

人間なら60歳だ、追い抜かれちゃったと飼い主は言う。

僕は王様。だからこうしていつも見張ってる。

最近どこかの若造がちょろちょろ出入りしているな。

きのうも喧嘩になってしまった。王様って、ボスって疲れるね。

でも頑張る。だって僕はこの庭の王様になったんだ。

庭猫女子たち、任せとけぃ!

                     じぃじぃのひとりごと

大丈夫かなぁ・・・・。しんぱい・・・。  飼い主のつぶやき

|

« カスタード色のグラジオラス | トップページ | サルスベリ »

家猫」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと君臨:

« カスタード色のグラジオラス | トップページ | サルスベリ »