« ゼフィランサス | トップページ | 御簾(みす)の内より  »

2011年8月31日 (水)

写真の話

Img_0614_512

写真の話をしましょうか。

ふだん私は花だけを撮っていると思われるかもしれません。ここでは特に接写の花が多いですね。シンマイの私は一眼レフの接写によって奥の方がぼやけるのが面白く、ハマっているからです。しかしいろいろな写真を撮っていますよ。ユリの接写はすでに掲載しましたが、これはまたガラリと雰囲気を変えて撮ってみました。

写真を撮るときには構図が大切です。そうですね、絵を描くときと同じです。撮るときにテーマを決め、それにしたがって撮ります。この写真のテーマは何だと思いますか?右側にユリの花、なんで左側があいてるのに・・と思いませんか。わざとあけているのです。なぜでしょう?

ユリを見たあと、皆さんは左側の大きな鉢に目が行くでしょう。何だろう、これはと思うでしょう。さらに鉢の左上に小さな四角が見えますね。これも何だろうと気になりませんか?実はそれが私の狙いです。ユリが咲いているだけでもいいかもしれませんが、この写真はちょっと遊んでみました。「何だろう?」と思ってもらうためです。それも計算済みの1枚です。

レンガ色のキューブはファイバークレイでできた大鉢です。今夏、寄せ植えかバラでも植えようと購入したのですが、あっちへ置き、こっちへ置きし、土も一緒に取り寄せたのに、いまだ入れてもいません。しかし、この色は大好きで、緑色の雨戸の前がいいと思い置きました。通気性を良くするために、また芝が傷まないように下にはレンガ2個を台にしています。白、緑、オレンジの配色がマッチしています。(自己満足かな)

もうひとつの小さな四角はなんでしょう。ガラス戸には冬の冷気、夏の日射しを緩和するために断熱材を内側から貼っています。そのシートに小さな四角の窓を、わざわざ開けて貼りました。勘のいい方はもう分かったかもしれません。はい、ダッコ様が外をお眺めになるための窓です。彼女はよくここから外を眺めたり、外猫の様子を見ていました。しかし今は老齢のため出来なくなりました。タテの線は西日が照らす雨戸の端が映っています。

次に「被写界深度」について少し。この魅力的な難しそうな言葉は何でしょう。はい、写真を撮るとき、写そうとする被写体の後ろをどのくらいはっきりと、あるいはぼかして写すのかということです。それは絞りで調節しますが、この写真はいつもの私の写真より後ろの様子が見えていますね。S字フックに竿が掛かり、すだれが下がっている様子が分かります。私が洗濯ものを干す場所をわざと見せて‘生活感’を出しています。人間(つまり私が)暮らす日常と、凛と咲くユリを対比させ、いっそうユリの花を引き立たせたのです。猫の水のみ用の小さな青いバケツや、緑のジョウロまではっきりさせると、ゴチャゴチャしますから適度にぼかしました。写真は楽しいな。

ところで、ブログに写真を掲載している皆さんは多いと思いますが、画像から個人情報が漏れない配慮が必要です。便利なことに、Windows7以降では個人情報が簡単に消せるのをご存知ですか。以下に方法を掲載しておきます。

◎ 画像の情報を削除する方法

画像を右クリック→プロパティ→詳細→窓がひらけば「プロパティや個人情報を削除」という文のところをクリック→別窓がひらき、「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成(C)」が選択されていることを確かめてOKをクリック→最初の窓にもどりOKをクリック。

以上です。皆さんが写真の画像を保存しているところに、その写真の隣にコピーした画像が現れていますから、ブログやオークションなど外部へ出すときはコピーの方を用いてください。持ち出し用の画像を保存するフォルダを作り、そこへ入れておくといいですよ。もう八月も終わりだね。では、この辺で。

|

« ゼフィランサス | トップページ | 御簾(みす)の内より  »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真の話:

« ゼフィランサス | トップページ | 御簾(みす)の内より  »