« 写真の話 | トップページ | リコリス »

2011年9月 3日 (土)

御簾(みす)の内より 

Dscn3309_512


台風が来る前の晴れた日、ガラス戸をあけるとみどり丸がいた。
御簾の内より・・というふうに、まるで紫式部作の光源氏。

もしかしたら、これは‘中みどり’かもしれない。
つまり小みどりが成長したアマガエルかもしれない。
小みどりの数がふえ、その後、中みどりと名付けた大きさのがふえた。
中みどりは早くも求愛をしたりする。女の子と見つめあう姿を激写した。
スクープ画像はまたのお楽しみ。

生きものには知恵がある。どうすれば生きやすいか知っている。
強い西日を避けるためにこの場所にいたみどり丸だか中みどり。
猫がうろつく時間帯にはここが安全で涼しいと判断したのだろう。
この物干しスタンドは今は使っていないことも知っている。
この夏のカエルの多さ。私は猫同様に仲間意識を感じている。

今日も雨。ノロノロ台風は西日本に大雨をもたらし被害が出ている。
ここでも雨が数日間降り続いている。今もバケツをひっくり返したように降る。
これ以上の被害が出ないよう、早く太陽が出てきてほしいものだ。

|

« 写真の話 | トップページ | リコリス »

生きもの」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御簾(みす)の内より :

« 写真の話 | トップページ | リコリス »