« 左側裏山の紅葉 | トップページ | ダッコ その後 »

2011年12月13日 (火)

ふぞろいの紅葉・落葉

Img_0933_512

紅葉は広がってきた。この部分の色と形の変化を見るのが毎年の楽しみだ。今年は正方形にも長方形にもならない。
遅い速度で色づく木々は、今年の気候に惑わされたことに焦りも見せず、茶褐色の範囲をゆっくりと広げる。落葉樹は紅葉しなければ一年を終了することができない。だから遅れてもかならず葉は変色し、枯れ落ちる。そして来春の新緑まで力を蓄える。すでに葉を落とした木も見える。今年は思い思い不ぞろいで進行している。
( 晴れ時どき曇  デジイチの標準レンズでズーム  昨日撮影 )

裏庭から見て裏山を写すとかならず白く長い部分が棚田との境に写る。これは道ではなくイノシシよけのガード。このあたりにはイノシシもいれば、ウサギやタヌキもいる。こうして棚田を防御するのはいいことだ。まじかで獲り物は見たくない。この辺では春と秋に聞きたくない音がする。その強烈な銃の音は、あたりの静寂を突き破り、夜明けから夕暮まで鳴り響いてこだまする。耳を覆いたくなる音だ。

ここへ越してすぐに驚いたことがあった。イノシシ狩りやウサギ狩りが解禁になり、近隣に住む者は気をつけるようにという回覧板が廻ってきたのだ。その後、この山の中を歩いて抜けると農家や民家があり、立派なイノシシの皮が何頭も並べて干してあったのを見たときは驚愕そのものだった。その季節、回覧は毎年のように廻ってくる。

各地でイノシシを始めとする野に生きる動物たちが人里に下りてきて人家を襲い、人を襲う。そんなニュースが後を絶たない。撃たれて死に、運ばれていく動物の映像を見るたびに心が痛む。野性動物は、野に生きるのが難しい状況となり、生きるのにかれらも必死なのだ。

地球が人間の仕切る星であるかぎり、人間の立場でだけ動物をみて私たちは害獣と呼び獣害といって憤る。仕方のないことかもしれないが、懸命に生きる野性動物にもせめて憐れむ気持ちをもちたい。気候の変化と、さらに人間による乱開発がかれらの生きる場を浸食していることはまぎれもない事実なのだから。

|

« 左側裏山の紅葉 | トップページ | ダッコ その後 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふぞろいの紅葉・落葉:

« 左側裏山の紅葉 | トップページ | ダッコ その後 »