« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月20日 (火)

甘えん坊くん

Dscn4172_512

じぃじぃは甘えん坊だ。幼い時からそうだった。四ひき生まれたなかで一番の甘えん坊。その甘えん坊さんは貰ってくださる人たちに好みの猫を選んでもらい、最後に残った一匹だった。だから私と居るのだ。この子が残ってよかったと思う。その甘えぶりが何とも可愛い。

私は一日のうち22時間ほどをベッドで過ごす生活になっている。今は相撲の中継があるので午後三時から六時まで相撲を楽しむ。ベッドの上で観戦する。胡坐をかいて座ると、こうして彼は乗ってくる。そして眠る。ときどき耳をピクッと動かすのは力の入った勝負に私が応援したり落胆したりと声を上げるとき。じぃじぃは相撲放送の音に慣れている。年に6回、2週間ずつ聞いている。拍子木の音や呼び出し、そして行司の「ハッケヨイ」などにも耳慣れているにちがいない。それらの音は私にとって癒しのサウンドである。

ダッコが居なくなっても寂しさを感じないのはこの猫が居るからだろう。あまりに可愛いので、この猫が居なくなったり死んだりしたら、どれだけ寂しいだろうかとふと思う。それは人間に抱く感情と同じようなものだ。人を想う気持ちが最高の時、ふとその人の死を思って苦しくなるのと似ている。

たかが動物。たかが猫。しかし私にとってそばにいる猫たちはどの人間よりも必要な存在かもしれない。それはかれらが、どの人間よりも私を必要としているのとおなじことだ。猫になぐさめられて私は生きてきた。今も、そしてきっとこれからも。猫は余計なことを言わず裏切らない。過度に求めず感情もぶつけない。だから猫と暮らすのがいちばん心地いい。庭猫たちもみな可愛い。

手指が少しずつ動かせるようになってきた。しかしまだレイノーは治らず第二関節から先は氷のように冷たく感覚がほとんどない。凍傷のごとき皮膚の炎症はかなりよくなった。もう彼岸だというのに寒いので手がまだきかない。この冬に植えることが出来なかった何種類かの球根を、今から植えたものかどうか思案する。植える体力もあるのかどうか。年々、弱る体力にうんざりする。暑さも寒さも身にこたえ、‘だるさ’との闘いは一日たりとも休戦日が無い。いけない。弱音を吐いてしまった。

沖縄では早くも泳ぐ子どもたち。北ではまだ大雪だというのに。南北に長いこの国の三月。春よ来い。早く来い。きのう、前の山からウグイスの声が聞こえてきた。もうすぐだ。私の桜よ、今年はもっと大きく咲いて喜ばせてくれ。

※一日中パジャマでいる日の方が多くなった。回復するのかしないのか。動けるようになるのかならないのか。今のところ分からない。このパジャマはフカフカで、じぃじぃはお気に入り。 鶴竜は強くなったと感心したあとコンデジで。3.19撮影

| | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

一番のりの水仙

Dscn4141_512
寒の戻りで気温の低い日が続いた。今日も気温は高くはなかったが、日中は陽があったので若干暖かく感じた。冬の間、何も出来ずに放置していた庭へ出てみると水仙が咲いていた。この庭では例年のように背の低い黄水仙が一番乗り。その中でも一番乗りの三輪は元気いっぱい。(コンデジ・マクロモードで本日撮影)

北海道・東北でまた地震。津波注意報が出て心配した。そしてその後、千葉県を震源とする地震が関東でも起きた。地震ばかりのこの国には絶対に安全な土地はない。地震が起きたとき、どう自分を守るかを国中に徹底させなければならない。

| | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

現在の小太郎君

Img_1069_512

これが一年後の小太郎。前回に掲載した猫と同一とは思いがたいほどの貫録だ。この一年、彼はどこで何をし、何を食べてこのように立派になったのか。ともかくよかった。どこかの猫好き様に感謝したい。

この猫は幼い時から甘えん坊だった。一年ぶりに帰ってきたこの庭だが、姉妹の庭猫ガールズはもちろんのこと、私のことも、じぃじぃのことも覚えていた。このようにカメラを構えても逃げないし、一年たっても頭を撫でたり、トラ吉にしていたように背中をポンポンと叩くことも出来る。

薄闇の中で写したこの時もまっすぐこちらを向いてくれた。ノラになると喧嘩も絶えないのだろう。顔にはいくつか傷がある。頑張れ、小太郎。猫は猫として、与えられた場で猫らしく生きている。動物は偉い。おまえ似てきたな。親父さんに。

今日も寒い一日だった。病院で長く待たされ、疲れてしまった。しかし猫や花の写真を見ていると癒される。昨年末よりため込んだ疲れから、すこしずつ快復したい。本が読みたい。活字が恋しい。今夜は久しぶりに本を開こう。病院で借りてきた本を読む。

| | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

一年前の小太郎君

Dscn2760_512

昨年の2月末に右近庵を出ていく直前の小太郎。大好きな小春姉ちゃんと暖かい寝床で過ごしていた。しかし彼は目覚めたのだ。この2週間後くらいに突如として居なくなった。雄猫の使命を遂行すべく、猫繁殖のため果敢にも厳しい世界へと突入した。

姉妹の中で可愛がられて育ち、餌も与えられ、ノラのオスとしてやっていけるかと心配した。だが彼は人馴れするかもしれないので食べるには困らないだろうとも考えた。その期待を込めた予想は当たっていたようだ。立派なオスになっていた。次回には現在の小太郎君の顔を掲載しましょう。お楽しみに。あぁ、猫とはなぜこんなに可愛いのだろうか。

| | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

帰ってきた小太郎

Dscn4100_512_4
昨年の二月に右近庵から出て行った小太郎が戻ってきた。
恋の季節になり、雄猫たちの出入りがあるのは珍しいことではないが、二月の初旬、聞き覚えのある声がするようになった。もしや・・・。その‘もしや’は喜びとなった。

すでに一昨年のことになるが、その年の秋の終りにボスであるトラ吉が逝った。このブログでも一周忌特集を掲載した。その直後から小太郎はボスの場を狙い、じぃじぃとやり合った。じぃじぃも負けてはいない。女の子たちや人間にはやさしい彼も、雄猫となれば本気でやり合い、強いのだ。庭のあるじが飼う猫である自負もあるのか小太郎には負けなかった。やっと僕がしきる番なんだぞ。じぃじぃは言った。三ヶ月後、小太郎は出て行った。

折りも折り、一年で最も寒い時だった。他の姉妹のように鳥や小動物を捕まえてお腹の足しにする姿は見たことがない。餌を与えたときのすばしこさも無い。小太郎はノラの雄猫としての総合的な能力は、それほど高いと思う猫ではなかった。だから心配していた。まず食べていけるのかということ、それから百戦錬磨のノラの雄猫たちと互角にやり合えるのかということなど心配は尽きなかった。しかし彼は出て行ったのだ。

ときどき小太郎を思い出した。ちゃんと食べているのだろうか。負けてばかりで怪我だらけではないだろうか。交通事故に遭ってはいないだろうかなど気になった。近所に居るならご飯だけでも食べにおいでと思っていた。じぃじぃは、向かってさえ来なければ餌を食べることを許す猫なのだ。ボス黒、トラ吉と強い雄猫たちが君臨する長い期間を、じぃじぃはへりくだって‘忍’の一文字だった。後輩の小太郎には譲るもんかと思うのは当然のことだった。

小太郎とはもう会えないのかと寂しい気持ちで過ごしていたが、間違いなく小太郎の声がした先月、私の心は躍った。そしてある日、その姿を確かめようと彼が来たとき庭に出た。私を忘れたのか逃げようとした。鳴きながら逃げ惑う。しかし、「小太郎!」と読んだ時、足を止めて私を見た。顔が違っているように見えた。判断できない。そうかもしれないし、違うかもしれない。いずれにしても餌を与えてもてなしたい。ここでは人間ではなく猫が来賓なのだから。

初めのうちは少し距離を置いていたが、その距離は徐々に縮まった。餌の入った器や鍋を手に、低い姿勢で小太郎、小太郎と呼びながらそっと近づくといったことを繰り返すうち、ついに小太郎だと確信するに至った。顔が違って見えたのは眼やにのせいだった。それに体があまりに立派になっていたせいで、小太郎ではないかもしれないと思ったのだ。しかし、それは間違いなく小太郎だった。庭猫ガールズが誰も逃げないのも決定的な証拠だった。そしてまた以前のように私は彼を撫でることが許されるようになった。あの可愛い小太郎を。

かくして小太郎は舞い戻ってきた。戻ってきたといっても居つくことはできない。じぃじぃは、轟々と鳴いて姉妹たちであろうが口説こうと吠えたてるのを、「ふん」といった感じで聞き流している。じぃじぃは早い時期に去勢手術を施しているのだ。しかし昔の仲間と認識しているのか、ご飯を食べに来るのはかまわないようだ。彼は鷹揚な坊っちゃんなのである。したがって小太郎はお腹を満たせば轟々と鳴きながら、また立ち去る。それは亡き父親トラ吉の姿と重なる。

一年ぶりに会った小太郎は、まるまると太っていた。つらいノラ生活だったとはとうてい思えない。自給自足でもなかった彼だ。いいスポンサーが付いているのだろう。姉妹たちと一緒に夕飯を食べるようになった小太郎だが、毎日来るわけではない。来ない日もある。食べに来た日は大盛りにしてやる。しかしドライフードを食べない。スープなどでドライフードをふやかし、マグロ缶を混ぜて与えたり、魚の頭や骨などと混ぜるのが「猫食堂 右近庵」の料理だが、それが身についているのかもしれない。それとも美味しい缶詰ばかりもらっているのだろうか。話してくれないのでわからない。しかし、なつかしいだろ、その焦げついた鍋。猫エサ用の見覚えあるその鍋は。

ダッコが逝って荼毘に付し、事故に遭った見知らぬ猫を裏庭に葬り、悲しいことが続いたが、小太郎が立派になって戻ってきたことは、この冬の最高の喜びだ。おまえ、まるでトラ吉だよ。ほんとうに・・・。頑張れよ。

| | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »