« 雨のあとのマイ桜 | トップページ | ずっと好きなのに »

2012年4月17日 (火)

ホトケノザ

Img_1169_512

春の雑草とされる‘ホトケノザ’。漢字で書けば‘仏の座’。ほんにこの草はめずらしい花を咲かせる。まるで仏様が手を合わせているようだ。

庭猫ガールズのうちの一匹、トラ江の具合がよくない。昨夜はひどく悪そうで心配した。もしかしたら駄目かと見えた。風よけを工夫して寝床にはカイロを入れてやり、缶詰のフードを与えた。また私は迷っていた。病院へ連れていくべきかどうかということだ。

この猫は五匹生まれたなかで二番目に小さかった。いちばん小さかったのはじきに来なくなったので育たなかったと思われる。このトラ江も長くは生きないと見えた。しかしきょうだいたちの中で頑張って生きてきた。食べるのが遅い。要領が悪い。けれども一生懸命に食べた。

食べても食べても太らない。この猫だけが痩せている。ときどき風邪をひいてつらそうだった。見るからにひ弱なこの猫が、頑張って生きているのはそれだけで称賛に値する。他の猫たちは狩りをするが、この猫はしない。いつも敷地内のどこかで日向ぼっこをしている。

いずれこの猫を送ることになるだろう。そう思って見つめてきた。送ってやるのは私の務めだと考える。厳しい寒さを耐えた春、具合が悪くなっているのはなぜか。おそらくエイズか白血病。その両方かもしれない。抵抗するのを捕まえ、病院へ連れていくことが私の体力では不可能だ。ダッコも延命治療はしなかった。

ノラはノラらしく。この言葉に私は逃げているのか。嫌がっても治療すれば長く生きるかもしれない。しかし私には動物病院へ通う体力がない。そのために、みすみす助かる命を縮めることになるのか。再び自問自答をくりかえす。そして結論する。ノラはノラらしく。

今日、箱を見る前に覚悟した。死んでいるかもしれない。そう思って箱をのぞいた。よかった。箱の中は空っぽだった。昨夜のエサはぜんぶ無くなっていた。今日は晴天で太陽が暖かい一日だった。陽のあたる所をえらび、トラ江は気持ちよさそうに春の光を浴びていた。

この猫を看取る。この猫を送る。右近庵のすべての猫を私は送る義務がある。人とも縁、猫とも縁。縁のあった猫たちは最後まで。最期まで。そんなことを考えて庭を歩けば、其処此処にホトケノザ。合掌する仏様であふれている。穏やかな庭でくつろぐ猫たちと、今このときを分かち合う。これはまぎれもなく幸せ。

|

« 雨のあとのマイ桜 | トップページ | ずっと好きなのに »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホトケノザ:

« 雨のあとのマイ桜 | トップページ | ずっと好きなのに »