« 恋人たちの甘い囁き | トップページ | ゴーヤのネットを張るの巻 »

2012年6月 7日 (木)

ふたりぼっち

Dscn4474_512

庭猫たちは、とうとうこの2匹だけになってしまいました。

病弱なトラ江が(私はTibiと呼んでいたけれど)突然に何処かへいってしまい、いま庭に居るのは小春(手前)とトラ美だけです。彼女たちの弟の小太郎は気まぐれに夜のご飯を食べに来ますが、昼と夜のご飯どきに必ず居るのはこの2匹。寂しくなりました。トラ吉パパが率いる大所帯のときは総勢11匹もいたというのに。

小春ちゃんはいわゆるテンネンです。しかしハトだかスズメだかを獲って食べていたこともありました。それに人懐っこい性格です。トラ美は狩りはお手のもの、生粋のノラを貫いて人を寄せ付けず、カメラを構えただけでこのように警戒して食べるのをやめてしまいます。でも、舌をペロリ。これでもだいぶなついてくれました。この2匹は「猫食堂 右近庵」に頼らなくても生きていけるのですが、毎日きちんと待っています。起きぬけの私が真っ先にすることは彼女たちの昼食配膳です。そのあとに私のトーストとコーヒー。

Tibi(トラ江)のことがずっと気になっています。写真で確認できる最後の日付は5月19日です。風邪気味でしたが、それほど弱ってもいなかったのに、パタリと来なくなりました。以前にもそんなことはあったのですが、その期間がどれほどのものだったのか覚えていません。小春やトラ美はご飯のハシゴをしているようで、これまでもお世話になっていると思われる別のスポンサーさんの所に彼女も居るといいのだけれど。

イエロー系の花を取り寄せました。3歳のMLGD(my lovely grand daughter)が黄色い花が好きだというので。届いた日に偶然やってきたので分けて持ち帰らせました。さて、私も植えないと。久しぶりにゴーヤも植えてみようかと、2株ばかり届けてもらいました。大事に育てている鉢植えはフラワースタンドに集結させました。陽射しが強くなってきたので、午後から建物の陰になる所へみんな避難です。庭のメンテをしていただいたばかりで芝がきれいで気持ちいい。

|

« 恋人たちの甘い囁き | トップページ | ゴーヤのネットを張るの巻 »

庭猫」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたりぼっち:

« 恋人たちの甘い囁き | トップページ | ゴーヤのネットを張るの巻 »