« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月 4日 (木)

アジ、ほしいな・・・

Dscn4735_512
九月の晴れた日、アジを干した。
病院からの帰途、スーパーへ寄ると小アジが並んでいた。帰るとじぃじぃはすぐ気付く。アジを買ってきたとすぐに分かる。彼はナマではなくレンジで加熱したのを食べる。しかし贅沢にも全部は食べずに美味しいところだけ食する。そんな贅沢するならば、もうあげないとばかりに私は自分が食べるために久々に一夜干しにすることにした。晴天だったので。

洗濯の小ものハンガーに下げただけの干された小アジは日よけシェードの内側でゆらりゆらりと揺れていた。するとじぃじぃ、寝ていたのにやおら起き上がり、アジを見つめることしきり。「しょうがないな。じゃ、おまえの分も干そうね」と一匹だけ別に干した。それが真ん中のS字フックにかかっているアジ。なんでレンジで温めたアジは残すのに、こっちはそんなに熱心に欲しがるのか。飛びつくには危険を伴う。アジの真下には植木鉢やジョウロなどが置いてある。アジにジャンプしては危険に身をさらすことになると彼は分かっている。だから恨めしそうに見ているだけなのだ。

じぃじぃは知っている。太陽に当て、風に吹かれて乾かしたアジのほうが、ナマよりも美味しくなることを。野菜でも果物でも干すと味も栄養価も高まる。魚もそうだ。アジが濃くなる。ならばと買ってきたアジをぜんぶ干した。じぃじぃは飼い猫なので食に関して執着が無い。だから鳴きもせず見つめているだけだ。小春ちゃんが居たら彼女は大きな声でアジに向かって鳴き続ける。小春ちゃんが居たらその日は干さなかっただろう。鳴きやまないので近所迷惑になるからだ。

ゆらゆら揺れるアジを見つめ、ちょっと険しい顔つきになっているじぃじぃが、干し上がった小アジをもらったのはその夜のことだった。頭から尾まで完食。やはり干したアジの方が彼も好きらしい。もちろん私もその夜の晩御飯に三匹ばかり食べた。とても美味だった。

| | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

蝶となる日

Dscn4760_400
台風17号が近畿地方にくる前日、鉢植えを移動させ、ラティスの向きを変えたりして風雨に備えた。しばらく庭に出ていなかったので手入れが出来ず、花壇も畑も雑草が生い茂る。

大まかに花壇の雑草を抜き、サツマイモを植えたところにかかった。ツルが伸びすぎ、葉が茂りすぎるとよいイモができない。栄養が葉にとられてしまうからだ。そこで長すぎる部分をカットしていた。すると、出てきた。黄色いイモムシ。何かの幼虫だ。新鮮なサツマイモの葉をおいしそうに食べていた。

鮮やかな美しい色と、大きさに驚いた。これはぜひ撮らなければ。急いでデジカメを取ってきた。最初に彼または彼女だけを撮ってみたが、この大きさが分かるようにサングラスを外してそばに置いた。そしてもう1枚。それがこのショット。大きさがお分かりのことでしょう。いつものサイズなら「きゃぁ~!」となる皆さんもおられるかとひとつ小さいサイズでご覧いただきましょう。え?それでもダメ?可愛いでしょ。

彼または彼女はたくさんのイモの葉とともに、裏庭にお引越しいただきました。裏庭にもサツマイモ畑はあるのですが、少し離れたところにとりあえず。しかし移動するのが早いので、今はきっと別の所に居るでしょう。裏庭はたくさん葉があるから食べ放題。好きなだけ食べてもらっていいよ。

これは蛾ではなく、何か蝶の幼虫だと思います。キアゲハかな。来春、立派な黄色い蝶が飛んできたら、きっと、この彼または彼女だろうと私は思うことでしょう。台風前日の思わぬお客様に嬉しくなった一日でした。それにしてもこの柄が素晴らしいですね。きれいだなぁ。

ちなみにサングラスに書かれている番号。これなんだろうと思って確かめました。右側のツルの内側に、番号と英字が書かれていました。製品番号か何かでしょうか。あらためてそのことを知った一枚となりました。もう20年以上も愛用しているサングラスだというのにね。

水やりが大変だから今年は植えないでおこうと思ったサツマイモ。20本だけツルを植えた。やっぱり植えてしまった。収穫が今から楽しみだ。

| | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

小春とトラ美

Dscn4741_512
九月の終わりに姉妹を撮った。庭猫はこの二匹だけになった。

左が姉の小春、その後に生まれた五匹のうちの一匹がトラ美。

私が起きるとすでにスタンバイ。カーテンを開けると二匹が居る。

これが何ともうれしくて、すぐに彼女たちの御飯の用意にかかる。

前夜から湯で軟らかくしたキャットフードに缶詰のフードを混ぜてやる。

待つ間、小春は網戸を引っ掻く。破れない網戸は猫の爪も平気だ。

トラ美はそんなことはしない。スリスリしながら黙って待っている。

食べている時にカメラを構えると食べるのを辞めて警戒するトラ美。

慣れたとはいえ完全に人間を信用しないという姿勢は素晴らしい。

姉妹の弟の小太郎は、夜、気まぐれにふらりとやってくる。

庭に棲む猫たちは減ったが、私を、いや、私が出す餌を待ってくれる。

私はこの場所で共に生きてくれる彼女たちに感謝しなければならない。

| | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »