« JJファンの皆様へ | トップページ | 年が明けました »

2013年12月28日 (土)

JJは帰宅しました

26日の木曜日、夜に面会に行きました。
点滴のチューブが取れてチョコンとすわっていました。顔も元気そうでした。
なんでもチューブを自分で外してしまっていたようです。ふふふ。おかしい。その日は皮下注射に切り替えたものの抵抗が激しくて手こずったと看護師さん。そんなに元気になったんだと嬉しくなりました。そして帰宅OKとなりました。

入院から返ってくるといつも家の中を点検。はるかママはまた「ハァーッ!」と怒っていました。病院のの匂いがするといつもそうです。そこでママには仕方なく別々の寝どこを作りました。病院では元気だと皆さんに言われますが、家に帰るとそうでもなくしんどそうです。帰宅してすぐは高揚感で元気そうでしたが、しばらくするとやはり元気のない顔になりました。病院は暖かく、家は彼には寒いのかもしれない。暖かくしてやらないと。

いつも食べているフードを少し食べて寝ましたが、夜中に何度か食べたのか、朝にはドライもウェットもフードの器がからっぽになっていました。とっても嬉しかったです。この状態が少しでも長く続けばいいなと願いました。そして今日は何と小アジを2匹、大きめのブラックタイガー1匹のほか、ドライ少々と猫には食べさせてはいけない食べ物のイカも少しだけ与えました。エビにイカ。これはもう目を爛爛と輝かせて欲しがるのです。

イカは通常は与えません。大大大好物ですが与えるのを我慢してきました。ちょうど取り寄せたアジのおまけにイカが2杯入っていたので、私が食べようと料理していると、匂いがしたのか元気に鳴いて欲しがりました。エビは毎日の皮下注射をするときに気持ちをそらせるために与えます。食べている間にプスリといくのです。ありとあらゆる腎臓サポート食を買って与えてみましたがまったく食べず、それ以外のフードでと妥協しても好むものは無く、結局は食べ慣れたアジやエビなどが主食となっています。元気をなくすと好物まで食べなくなるのでお手上げで、私までが元気をなくして病気のようになります。

今日は(27日)たくさん食べてくれたので私も元気です。腎臓サポート食を食べてくれない腎不全の猫は多いようです。私も最初の何ヶ月かは食べさせようと躍起になりました。しかしそれらを好まず口にしません。そんな猫には他のフードでも何でも口にするものを与えるのがいいと思います。食べなければ目に見えて弱っていくからです。私はもう決めています。欲しがるものは何でも与えます。だって人間でも動物でも、命の終わりが近づいてくると、大好物のものすら食べたくなくなります。今日は腎臓にいいとは言えない食事をしたJJです。あした弱っていなければいいなと願っています。

台所仕事をするそばで眠るJJ。病気になって痩せて小さくなってしまったけれど、満腹になってすやすや眠るJJ。ストーブの上で土鍋がグツグツと音を立て、黒豆が煮えています。この瞬間は幸せ。私とJJの小さな幸せ。穏やかな幸せ。この時間が永遠に続けばいいのに・・・。あるはずもないことを本気で願う年の暮れです。

|

« JJファンの皆様へ | トップページ | 年が明けました »

家猫」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JJは帰宅しました:

« JJファンの皆様へ | トップページ | 年が明けました »