« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月13日 (月)

飼い主が迫られる決断

前回のご報告のあと、JJの体調は急激に衰えていきました。
まず食欲がまったく無くなってしまいました。それにより更に痩せ、可哀そうで目も当てられない状態になってきました。

あの日、別の病院へ連れて行き、リン低下剤と胃薬、電解質の水を作る粉末、栄養補助の粉末のサンプルをもらって帰りました。それでBunとクレアチニンの数値が下がればと希望が見えたのもつかの間、翌日から薬を飲ませるのも激しく抵抗し、吐いてしまいました。それ以後、食欲がまったく無くなりました。病院から帰った日はエビを二匹食べて食欲がまだあっただけに私の落胆は相当大きく、今となってはその病院へ連れていったことすらマイナスだったのではないかと悔やんでいます。心身に強いストレスを与えてしまったかもしれません。しかし説明の少ない最初の病院で私が納得していない部分があったので、よかれと思ってやむを得ずしたことでした。けれども胃薬でさえ彼の内臓にこたえたのでしょう。食欲が無くなってしまうなど予想していなかったのです。今となっては悔やんでいます。

かくして私はすぐに投薬をやめ、輸液だけはと続けました。しかし好きなものを食べている間に急いでする輸液も、何も食べない彼に無理やりすることはかなりの苦痛に見えます。それで通常の半分ほどしか出来なくなってしまいました。けれどしなければ更に弱り、食欲も戻ることは無いでしょう。死期を早めるのは目に見えています。

そこで昨日から栄養補助剤の粉末を溶いてスポイトで飲ませたり、チューブ入りの練り栄養剤を強引に口に入れました。すると彼は激しく抵抗しました。それでも可能な限り口に入れました。その後、彼は私を鋭い目つきで睨みつけ、しばらく警戒していました。おまえもか。いちばん信頼している私までがこんな嫌なことをするのだと彼は思ったのでしょう。おとなしい彼が私の手を噛みつかんばかりの激しさでした。こんなこと、続けられるのだろうか。出来っこない。また私は落ち込んでしまいました。

さいわい昨日はエビを1匹(正確には三分の一か二)食べてくれました。しかしそれだけで栄養が足りるものではありません。水は自分でよく飲むので、まだ安心です。でも、今日も何も食べてくれないかもしれません。骨ばかりで恐竜の背中みたいになった彼の皮膚をつまみあげて注射針を何度か射すことも私にとって耐えがたくなってきました。だからといってやめれば最期の時がじきに訪れるでしょう。いくつかの「飼い主の決断」が今まさに迫られています。

・食欲を失くして好物も食べなくなった時、栄養補助剤を与えるかどうか。
(激しい抵抗があるのでその決断に悩みます。)

・食べ物を食べず、補助剤も与えない場合、輸液だけを続けるかどうか。
(重篤な腎不全の場合、それは生命維持装置を外すのと同様のことです。)

私の考えは揺れ続けています。
飼っているとはいえ、ほとんどノラのような自由な生活をさせてきました。エサと寝床は充分に提供し、彼は人間の愛情を、私は彼の尋常でない可愛さを享受してきました。今になって室内飼いのペットのように爪を切られたり(外歩きの猫には爪を切るなどもってのほかです)、首輪をつけられ、それをどこかに紐で固定して口をこじ開け、無理に栄養を送り込むことは果たしてJJの幸せなのかどうかと決断を迷っています。彼の送ってきた猫らしい自由奔放で勇ましい生き方を尊重し、嫌なものは嫌だという姿勢を最期まで貫かせるべく、彼の意思に従うのがいちばんいいのだろうか。揺れています。迷っています。今しばらく私は揺れ、迷い、悩み続けて近々決断しなければならないでしょう。

以上が前回から今日までの報告です。彼の体調の急変に呆然としています。それも関係してか私も体調を崩してしまいました。風邪をこじらせ、ひどい咳もなかなか治まりません。さらに持病も出てきました。けれど頑張らないといけません。JJを送る最後の日まで私は頑張らなければならないのです。なぜなら彼は私しかダメな子だからです。私がいちばん好きだからです。その私が倒れては、彼はどうなるのでしょう。自分の心身を強く維持して臨まなければJJに恥ずかしいと思い、気力を振り絞って頑張ろうと思います。もう病院へは連れて行かないでおこうと今は考えています。ずっとそばに居てやろうと思います。そして何がいちばんいか考えます。

恥ずかしい話ですが、この数日間、私は毎日泣いています。一日に一度、かならず号泣してしまいます。JJのしんどそうな様子が辛くて、食べない彼に哀願して、食べなくても痩せた背中に針を刺さなければならない時など、涙があふれて止まりません。私はこんなに弱い人間だったのだろうかと思うくらいの嘆きようです。告白します。そう遠くない将来の来たるべきJJとの別れは、私が人生において関わったすべての人間、すべての動物の中で最も悲しいものとなるでしょう。それくらい私の生活で大きな存在でしたから、喪失の嘆きに耐えうるかどうか自信がありません。

今、JJは母猫と眠っています。眠っている時だけ私も安らぎます。
母猫のはるかちゃんは、いつもは食べて眠ったらすぐに出て行き、別のスポンサーの所へ行ったり狩りをするなどして居ないことが多かったのですが、JJが悪くなってからはどこへも行かずにそばに居ます。可愛いようにして舐めてやっています。注射されているときも横目で見守っています。人間が考えるほどそんな情は無いのかもしれませんが、何だかせつないものがあります。息子がいくつになっても母親だなぁと思います。

とりあえず報告です。今後はあまり更新できないかもしれません。
その時はごめんなさい。頑張ります。

| | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

飼い主は、まだあきらめない

どしゃ降りのなか、動物病院へ行ってきました。
かかりつけの病院ではなく別の病院です。

かかりつけの病院の先生からは、いつも言われました。どこで切るかです、と。切るとは恐らくあきらめることを言っておられるのでしょう。腎不全の治療をどこで終了するかを飼い主が決めるのですよ。→いくら続けても効果は続かず無駄ですよ、と聞こえてしまいます。また、家での輸液を続けても、元気や食欲が無くなります。入院して静脈輸液をしても効果は短時間でした。食欲が今より無くなればどうすればいいいかと訊いてみたときは、チューブの栄養剤を口に塗ることとの答えでした。これらの答えに頷きはしましたが、私は納得していませんでした。それならば、このまま弱り果て、死んでゆくのを飼い主も了承し、希望のない毎日を、暗い気持ちで過ごすことしかありません。もっと何か方法があるに違いない。完治はしないにしても、いつかは命が終わるにしても、今はまだ諦めるには早すぎる。そう考えるようになってきました。かかりつけの先生からは同じ答えしか返らないので、他の先生ならどういう考えを持ち、現状の改善が出来る方法を示してくれるのではと思ったので、年が明けたら行ってみようと思っていました。今日は雨で空いているではないかと夕方から頑張って出かけてきました。

JJのこれまでの流れを話し、どうすればいいか尋ねました。院長先生は気さくな方で、分かりやすく説明をしてくださいました。前の病院では血液検査も昨年9月以降はおこなわれていなかったので、さっそくそれからということになりました。予想通りによくない数値が出ました。このブログでは数値や治療法についての詳細は控えようと当初は考えていましたが、同病のネコたちと飼い主さんたちの参考になればとお知らせします。驚かないでくださいね。

BUN 123.8 (ネコ正常値は17.6~32.8) 
Cre   6.4    (ネコ正常値は0.8~1.8)

その他、IP(リン)は11.8(ネコ正常値は2.6~6.0)など腎機能に関する数値は非常に悪いものでした。おまけに赤血球の数が減っていました。ネコでは最少500万ですが、456万と切っていました。先生曰く、赤血球が少なくなると、輸液の量を控えなければならないとのこと。ますます血液が薄まるからです。それなら輸液を必要とする腎臓はどうすればいいのかと尋ねました。それにはBunとクレアチニンの数値を下げる努力をするのだということです。先生の処方は以下です。

・胃薬を飲ませてからリン低下剤を与える。
・Na(ナトリウム)も正常値ギリギリの値なので、電解質サポートパウダーを溶かして与える。その際にネコ用消化態経腸栄養食、活性炭も溶かし混ぜて与える。
・家での輸液は150ccを超えないこと。(体重×5%を守るため。体重は3キロに落ちた)
・食べることはすべての活力。何でも食べたがるものは与えてよし。

これを10日間続けてみて効果をみましょうということでした。
病院によって、先生によって、ずいぶん治療法も方針も違うものだと思いました。ここ数日間、JJがこのまま弱ってじきに死が訪れるのではないかと気持ちがひどく沈んでいたのです。しかしこうして詳細な説明を聞き、改善に期待する治療方針を聞かせていただくと、希望が見えたような気がします。病院では先生や看護師さんにおとなしく薬を飲ませてもらっていたけれど、私ひとりでは彼の抵抗に勝てるかな。頑張ります。

もうひとつ、残念なことがありました。エイズと白血病の検査もしましたが、予想通りエイズは陽性でした。外で喧嘩ばかりしてきたJJです。無理もないと思います。しかし幸いにも白血病は陰性でした。よかった。エイズも陽性だからと心配し過ぎることはないようです。しかしこの先いつか症状が出てきた時は可哀そうだなぁと少し心配です。

外へ自由に出かけさせていたと話すとたいてい獣医さんは、おやおやといった顔になります。ダメなのかな、自由飼いは。バリノラの、はるかママから生まれたのは庭の隅。ここは家の中だけにおさまる環境ではないし、そんなネコでもないし、外が大好きなJJは、これでよかったんだと思っています。その見返りとしてまだ11歳で体がガタガタになってしまいました。しかしペットとして人間の楽しみの相手が中心という人生、いや猫生ではなく、ライオンのように虎のように豹のように野山を駆け抜け、猫として自由奔放に自然の中で生きてきたJJと、寝床とエサと、彼の求める時だけ‘ニンゲン’を与えること。そうしてきた私自身にもチョッピリ誇りがあり、胸を張っていいんだというのは思い上がりでしょうか。JJはペット(愛玩用動物)などと私は捉えておらず、ここへ集まるすべての猫たちを共同生活者として接してきました。その中心的存在がJJなのです。元気な頃は、ほとんど家に居なかったよね君は。ホントに。

JJ。一緒に頑張ろうね。私はおまえを看取るまで、すべてを投げ打って君に尽くすからね。だから出来るだけ長く一緒に生きよう。君は私の最愛の存在。もっと居て貰わないと困るんだ。君が居ないと困るんだ。もう一度、野山を歩くことは無理かもしれないが、私は君にそうさせてやりたいよ。いったい君がどこで何をしていたのか私にはまったく分からなかったんだけど。とにかく楽しくて仕方なかったようだった。眠っていて見る夢は、野山を駆けていることかな、野ネズミを狙っている時のことかな。

今日は疲れたのか私の膝でぐっすり眠っています。それで私は何時間もベッドの上から動かずにいます。病院を出ると外は暗く、JJと雨の夜のドライブ。私は彼の好きな歌を口ずさむ。すると車嫌いの彼は安心する。まだ出来ることがあると分かった帰り道は、すこし素敵な時間でした。どうしてこんなに可愛いんだろ、私のJJは。

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

年が明けました

2014年になりました。
今日からこのブログのタイトルを変更し、ここではJJのことだけを綴ります。
よろしくお願いいたします。

JJは暮れにまた具合が悪くなりました。期待した静脈からの輸液点滴の効果は、わずか2日間ほどでした。もう少し長く続くかと思っていたのでガッカリしました。すぐにまたJJは弱り、食欲もゼロになり焦りました。慌ててチューブの栄養剤をアマゾンから購入し、まったく食べられなくなった時のために用意しましたが、その後、幸いにもいくらかの食べ物を口にするまでになりました。今は私の膝で眠っています。

JJの現在の生活は家の中と庭だけになりました。元気な時には遠くまで狩りに出かけていやことは遠い日の思い出となりました。ひと月ほど前までは、調子のいい日には夜中に1時間ほど外出することもまだあったのに、それも無くなりました。私は家の中だけで猫を飼わない主義で、特にオス猫は好きにさせてきました。仕方なく去勢手術を施し、JJも自由にさせていました。ネコ属繫栄のために貢献はできないけれど、テリトリーを守り、狩りを楽しみ、それはそれは猫らしく気ままに人生ならぬ猫生をenjoyしてきました。それだけに今の彼が可哀そうです。

痩せて背骨が浮き出てしまい、毛も薄くなりました。透けて見える皮膚は注射針の跡だらけで痛々しいです。しかしその注射をして生理食塩水を体に入れてやらなければ、とたんに弱ってしまいます。嫌がってうまく出来なかったとき、私は半ベソになります。嫌がれば嫌がるほど何度も針を射すことになり、それも可哀そうで泣きたくなるのです。そんな私が「お願いだからじっとしててね」と哀願すると、振り返って私の目を見つめ、おとなしくしてくれる時があります。無事に一日の規定量ができたとき、、私は緊張がとけ、安堵して、「いい子だったね。ありがとう!」とJJの背中にキスをし、思わず床に大の字になり、呼吸を調えていることがあります。飼い主さんの頑張り次第ですよと先生が言ったことがあります。私が頑張らなければJJはもっと弱る。けれど頑張ってもだんだん病気は進んでいく。この事実は変えられないのです。

天気のいい日、JJは起きると庭へ出ます。痩せた身体で小走りに出ていきます。そして雨水を飲みます。水は雨水がいちばん美味しいのでしょうか。それから日向で目を閉じてじっとしています。大好きなこの庭の風や空気の匂いを嗅ぎ、鳥の声に耳を傾け、人間たちの日常の物音や、訳も無く吠えてばかりいる隣近所の犬の鳴き声を耳にし、ただじっとしています。外が大好きなJJは、何も出来なくてもそうして自然を感じていたいのでしょう。しんどいだろうに、私がカメラを向けると例によってこちらを見てくれます。そんなに毎日ボクを撮ってどうするの?というような顔をして。

今日はエビ(大)1匹、小アジ半分、いなばのおやつCIAOプチ2個、かつお節少々。眠る時間が長くて食事の量が少なかったね。夜中にモンプチ缶を食べてくれるといいなぁ。日付が変わって4日になりました。JJのことを気にかけてくださって、ありがとう。おやすみなさい。

| | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »