« ずっと貴方が好きだった | トップページ | はるかママは元気だよ »

2015年1月22日 (木)

君の命日

愛しのJJへ

君が逝って今日で一年。
君の居ない一年は寂しく悲しいものだった。

この日が来るまでに君のアルバムを完成しておく予定だったのに、いまだ君のフォルダを開いて膨大な数の君の写真をゆっくりと眺めることができない。
なつかしさが込み上げ、そのあとに悲しくなるから。

毎日、庭に眠る君と会話をしてるね。毎日まいち君と話しているね。
君がいきいきと走りまわった姿をもう一度だけ見てみたい。
得意になって芝生の上を走りまわった君の元気な姿をね。

ダメだよ。こんなことを書くだけで、もう私は涙目だ。

今日は一日じゅう冷たい雨が降っていた。
まるで君の一周忌を悲しむみたいな空だった。

JJ。
じぃじぃ。
私はまだ悲しい。

君のママのはるかちゃんは、そんな私をよく慰めてくれるよ。
彼女は相変らず元気だよ。そこから見えているように。
でも君が居なくなったあと、彼女はうつ病みたいに家に籠っていた。
私と二人して悲しんでいた。慰め合っていた。

ごめん。情けないね。
でも君はそれほど私には大きな存在だったんだ。
生涯でいちばん悲しい別れだった。本当に。

それでも少しずつ前へ進んでいるよ。
君の飼い主として恥ずかしくない生き方をしないといけないもの。
だからいろいろ頑張っているんだよ。君は見ててくれてるね。

今日は君のことばかり考えていた。
悲しくなってきたから我武者羅に動いてみた。相変らず台所で料理をしていた。その後に、きのう命日だったダッコさまと二人、祭壇に写真を飾り、たくさんの君たちが大好きだったフードを供えた。

皆さんに見ていただこうか。
頑張ってフォルダを開けてみた。君とママの写真を選んだ。

Dscn0633_512
2005年4月4日撮影   君はまだ3歳。ママは7歳。欅の木の切り株の上で。

だっちゃんのも載せようね。

Dscn0820_512

2005年5月3日撮影  だっこ様は14歳。私の肘掛椅子を奪われてしまったっけ。

なつかしい君たちとの楽しかった日々。この先もずっと一緒に居るよ。
そちらへ行ったら真っ先に呼ぶからね。走ってきて飛びついておくれ。
縁のあったすべての猫たちを集めておいて、皆で走ってきておくれ。
その日を私は心待ちにしているよ。もうしばらく頑張って生きていくけれど。

ありがとう私のJJ。
ありがとう私のだっこ様

                     愛をこめて

                                     良

|

« ずっと貴方が好きだった | トップページ | はるかママは元気だよ »

家猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/61016205

この記事へのトラックバック一覧です: 君の命日:

« ずっと貴方が好きだった | トップページ | はるかママは元気だよ »