« メス猫(手術済み)が家出することの謎について No.1 | トップページ | 猫のふしぎ<その1> »

2016年11月21日 (月)

ボス猫が逝くとすぐに始まった権力争いとメス猫たちNo.2

トラ吉が逝ったあと、どの猫も別れを充分に惜しめるよう一日だけ庭で通夜をした。こっそりお別れをしたい猫も居るかもしれないと私はニンゲンゆえ、人間の考えでそのようにした。幸い秋のことで、夜は冷える右近庵では腐敗は進まず、庭での通夜は可能だった。夜になり、誰かがコッソリ来るかと時々ガラス越しに見ていたが、特に猫の姿は見えなかった。翌日、裏庭に大きな穴を掘ってトラ吉を埋めた。レンガを立てて墓石にした。猫を含めて動物は、ニンゲンのように「死」を重視せず、ただの命の終わりでしかない。それゆえ亡きがらに執着などしない。それよりも彼らはすぐにボスの居ない自分たちの集団をどうするのか考えていたに違いない。

その直後、父親にいじめられ続けていた小太郎が急にJJに喧嘩ばかり売るようになった。JJは優しい猫で、小太郎を弟のような目で見ていた。JJの方が年上だが、いじめもしなかったし、小太郎からのちょっかいもうまくすり抜けていた。だが、執拗な小太郎の攻撃にJJも応戦を余儀なくされ、庭での権力争いを嫌でも受けなければならなくなった。トラ一族と、はるか&JJ親子は血縁関係になかった。それでも元ノラのはるかちゃんと、私の可愛い王子様のJJは、かれらのボス亡きあとも同じ様に寛大で、平和に共存しようとしていた。

小太郎はJJを見かけると跳びかかり、取っ組み合いとなり、激しい喧嘩をした。その度に私は喧嘩の仲裁をした。裸足で庭に駆け出して二匹を引き離した。オス同士の喧嘩は大怪我をすることがあるからだ。JJが可愛いのは言うまでもなかったが、小太郎も小さな時から庭に住んでいたので可愛かった。彼は人なつっこく、私によくなついていた。一族で唯一の男の子で、御飯もいちばんよく食べた。赤ん坊の小太郎をJJも見てきたから、弟のように思っていたのだ。それがトラ吉が居なくなるや悲しみなど見せず、すぐにJJに喧嘩を挑むようになった。お兄ちゃんだけあって、喧嘩はJJの方が強かった。ひどくいじめるのではなく、いい加減にしろという感じでJJは受けて立った。本来はJJの庭だったのだから、そこを守るのは猫の本能で、みずから仕掛けることはなかったが、受けて立つのは当然だった。

メスたちに変化が起きたのはその頃で、二匹のオスが頻繁に喧嘩をするのが嫌なのか、日がな庭で過ごしていたメスたちは、御飯だけ食べてどこかへ行くようになった。そんなある日、グループを取りまとめていた面倒見のいい小トラというメスが突如として居なくなったのだ。彼女は小春と姉妹で、トラ子ママの何度目かの妊娠で育った二匹のうちの一匹だ。その集団では年長者でしっかり者のお姉ちゃんだった。姉妹の小春は飄々とした性格だったが、小トラはメスのリーダーで、小さな弟や妹の世話をよくしていた。その小トラが居なくなってしまったのだ。

妹・弟はすでに大きくなっていたので彼女の手から離れていたが、集団をまとめる役割を今後も小トラが担っていくと思っていた。その彼女が居なくなったことに私は少なからず落胆した。話が前後するが、これより先に母親のトラ子はどこかへ行ってしまっていた。だからこそ小トラが皆をまとめていくと思って期待していたので、その後のトラ一族は誰が統率していくのだろうと案じた。トラ吉が逝き、妻のトラ子が去り(去った理由は次回に)、長女の小トラまでもが去り、この群れは崩壊するのではないかと私はひどく心配になった。
                                     (続く)

|

« メス猫(手術済み)が家出することの謎について No.1 | トップページ | 猫のふしぎ<その1> »

庭猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/64525766

この記事へのトラックバック一覧です: ボス猫が逝くとすぐに始まった権力争いとメス猫たちNo.2:

« メス猫(手術済み)が家出することの謎について No.1 | トップページ | 猫のふしぎ<その1> »