« 声の主の小太郎君 | トップページ | ご訪問ありがとうございます »

2016年12月10日 (土)

こうして庭猫は減り続けた No.3

庭の猫たちが減り続ける理由が判らず、皆様にもその話を聞いていただいていました。途中、家の中で猫の鳴き声がする不可思議な出来事が起こり、そのことについてお知らせする記事を間に挟んだため、加えて私の体調不良などで続きを書くのが遅くなりました。引き続き思い出しながら書いていきます。

トラ一族は庭で隆盛を極め、集団で穏やかで幸せな時間を過ごしたが、その日々はいつまでも続くものではなかった。ボスのトラ吉が死に場所をこの庭だと決め、ずいぶん久しぶりに帰ってきたが、彼の死後、一族の崩壊が急激に進んでしまった。息子の小太郎と、半飼い猫のJJが争いばかりする日々が続いていた。小太郎は去っていったかと思えば、また様子を見に来てJJと鉢合わせになって大げんかを始めることも度々あった。気の優しいJJだが、我が家の庭を一族に占領され、ボスのトラ吉には幼い時から悪さをされてきた手前、初めて完全に我が家と大好きな庭を完全掌握したのだから、おいそれ小太郎に譲ることはできなかった。もしも小太郎が平和的にJJと共存するならJJは彼を許容する度量はあったと思う。だが小太郎もトップに立ちたがったのだから、負けた方が去るしかなかったのだ。小太郎は去ってからしばらく現れず、もうどこか遠くに行ったのかと思っていたら、1年以上たってヒョッコリ現れた。それは血気盛んな若造ではなく、落ち着いた、風格のある飼い猫のような風貌に変わっていた。しかしJJと会うと喧嘩を吹っ掛けるのは変わり無かった。

庭のメスたちにも変化が起きた。ボスのトラ吉の女房のトラ子はすでに居なくなっていた。それにはこんな理由がある。トラ子は休む間もなく妊娠をくり返し、次々と子どもを産んでは子育てにいそしんだ。子育てが終わらないうちにまた妊娠し、だんだんと彼女はやつれていった。小トラや小春は子育てをよく手伝っていたが、ママのトラ子は本能からかオスを誘惑しては妊娠をくり返し、みずからの身体をいとうことなく子どもを産み続けた結果、著しく体力を失って行くように見えた。そのため私はトラ子に不妊手術を施すことにした。完全な野良猫の彼女はエサをねだってそばにきても私が撫でようとすると激しく怒り、「ハァーッ!」と威嚇しては私の手を引っ掻くしぐさをした。しかし彼女は手加減をし、私をhiひどく傷つけることは無かった。

苦労して彼女を捕まえて獣医さんに連れて行き、手術をお願いして預けてきた。それ以上妊娠をくり返すと早死にするのは間違いなかったからだ。翌日、迎えに行くと、獣医さんはいたくトラ子が可愛いようで、ふだんは無口な先生が「トラ子ちゃんは可愛いね」と声をかけておられるのに驚いた。トラ子は猫にだけでなく人間の、しかも猫をさんざん見てきた変わり者の獣医さんまでとりこにしていたのだ。帰途、車の中で私は彼女に話しかけた。「えらかったね。おうちに帰ろうね。みんな待ってるよ」と。彼女はおとなしく後ろの席でケージに入っていた。

家に着いて、皆が待つ庭にケージを急いで運んだ。あちこちさ迷っているいる亭主のトラ吉以外の一族は皆、庭に居てママの帰りを喜んでいるようだった。さぁ、とばかりに私はケージのドアを開けた。予想外の行動に私は唖然とした。トラ子は素早く出てくると、一目散に走り去って行ったのだ。そこが大好きな庭だと分かっている筈なのに、可愛い子どもたちが出迎えてくれたのに、全速力で走り去り、ガレージを抜けて外に出ると二度と帰ってこなかった。親しんだ庭、可愛い子どもたち。必ず毎朝毎晩エサの出てくるこの庭を惜しげも無く振り捨て、彼女はどこかへ行ってしまった。初めての恐ろしい経験に怖れをなしてしまったのかもしれない。手術を受けさせたことがそういう結果になるとは知らず、一抹悔いが残った。産み続けて私は困り果てては世話をし、彼女は弱りながらも猫としてそれが幸せだったのだろうかと考え続けた。

それからも子トラを中心に一族は団結し、ときどき帰ってくるパパを頂点に、この家の猫であるはるかちゃんとJJの親子といがみ合うことも無く、集団をまとめていた。子トラは偉いね。私はいつも彼女にそう言った。賢くて穏やかな性格の彼女は誉めると目を細めていた。その彼女も突如として居なくなってしまった。トラ子ママが居なくなり、パパのトラ吉が逝き、小太郎とJJが喧嘩ばかりするのが嫌になったのだろうか。こうして集団のボスやリーダーたちが去ったあと、残ったのは小トラの姉妹である小春、その妹のトラ美と姉妹でいちばん身体が小さかったトラ江の三匹となってしまった。この三匹は寄り添って寝起きし、私のエサを楽しみにし、毎日食べて庭に住み続けた。

オスばかりではなく、メスも居場所から去って行くことがある。去っていった猫たちに理由を尋ねたい。君たちはなぜその選択をしたのかと。
                                              (続く)

|

« 声の主の小太郎君 | トップページ | ご訪問ありがとうございます »

庭猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/64608282

この記事へのトラックバック一覧です: こうして庭猫は減り続けた No.3:

« 声の主の小太郎君 | トップページ | ご訪問ありがとうございます »