« 桜の木と、2匹の猫の遺骨 | トップページ | 裏庭工事と桜の移設<その1> »

2017年1月30日 (月)

交通事故死したシャム吉のこと

こんばんは。今日は最高気温が14度ということで暖かい日でした。今の室温は10度。これだけあれば私は暖房が必要ありません。オイルヒーターをつけた日でも、何故か10度以上は室温が上がりません。鉄筋とはいえ古いので、見た目と違って何処からも隙間風が入ってくるので上がらないのです。もちろんカーテンや隙間テープで対策はいろいろ講じていますが何故か10度止まりです。昔の住宅は気密性が低く、それがいちばんの欠点です。

さて、昨日の話で補足があります。シャム吉君のことです。
ある夜、車での帰途いつもの道路が渋滞しています。ふだんは渋滞など無い場所なので不思議に思いました。前方を見ると前の車はみな何故か右側へ大きくハンドルを切って何かを避けているようでした。私の車がその場所まで進んだ時に判明しました。道路の真ん中に大きな猫が横たわっており、それを避けるように車がそのような動きをしていたのです。私はとっさに判断し、20mほど先にあるケーキ屋さんの駐車場に車を停めようと考えました。まだ生きているかもしれない。そう思ったのです。

車を停めると何か包む物は無いかとトランクを探しましたが何もありませんでした。仕方なく急いで猫の居る所へ戻りました。そこは信号のある横断歩道の手前でした。相変わらず横たわる猫をよけてノロノロ動く車の列に、赤に変わるまで待てない私は手を上げて道路へ進み出ると、近づいてきた車に頭を下げました。すると車は止まってくれました。郵便局の車でした。私は膝をついてしゃがむと猫を抱きあげました。可哀想に…。目が飛び出していました。出血は特に見られませんでしたが、すでに呼吸はありませんでした。

大きなシャム猫を抱きあげると止まってくれた車にまた頭を下げて駐車場に急いで戻っていきました。人々が横眼で見ながら通り過ぎる中を私は小走りで戻りました。トランクに乗せ、水銀灯の灯りで猫をよく見ました。もう死んでいる…。おなかも動いておらず、口からも鼻からも息は感じられませんでした。口からは、わずかな出血がありました。すでにあたりは暗くなっていました。この猫はどれくらい前に撥ねられたのだろう。今すぐにどこかの医院に連れていくべきだろうか。いろいろなことが頭をめぐりました。しかし、どう見てもすでに手遅れのように見えました。迷った末に私は家に向かいました。

家の中に連れて入り、明るい所でじっくり見ると、やっぱりもう完全に息絶えていました。可哀想に、可哀想に。猫が飛び出して避けられずに撥ねてしまったとしても、どうしてそのまま走り去って行くのだろう。撥ねた人間に激しい怒りが込み上げてきました。その猫は可愛がられていたのでしょう。青い首輪をし、まるまると太っていました。事故に遭わなければまだまだ元気でいたと思われる立派な猫でした。シャムの雑種か血統書付きのシャム猫かもしれません。きっと大事にされていたのでしょう。可哀想に。

私は飼い主さんのことを思いました。可愛がっていた猫が帰って来なければ心配だろう、夜も眠れないくらい心配だろうと案じました。かと言って私の自宅からは離れた所で事故に遭ったその猫の飼い主を見つけることは至難の技だと思われました。そんなことを考えているうちに猫の身体が冷たくなってきました。私は猫を箱に納め、猫の好きなものと花や線香を入れて般若心経を詠みました。知らない家に来てしまったね。ごめんね。でも君はもう苦しみから解放されたよね。明日、トラ吉君の隣に埋めてあげるからね。口元の血を拭き、そう言って箱の蓋を閉めました。そして翌日、彼をシャム吉と名付けてトラ吉の隣に埋めました。

昨日、二匹の骨が出てきたとのことでしたが、そのまましっかり残っていたトラ吉とは違い、シャム吉の方はバラバラで形が無くなっていたと聞きました。おもに室内飼いの猫だったのかもしれないし、年齢もいっていたのかもしれません。大地を逞しく歩き、闘い続けて生きてきた猫とは骨格も筋肉も異なるかもしれません。トラ吉はノラの一生を謳歌して12歳で逝きました。その猫はどんな暮らしをしていたのだろうと思いを巡らせました。

.彼が事故に遭った日は確か春先で、そろそろオス猫たちがメスを求める時期でした。そういう時はふだんはおとなしい猫たちも本能のままに外へ出て道路へ飛び出してしまい、事故に遭ってしまう猫も多いと聞きます。外に慣れていない猫ならば、危険度はさらに増します。それにしても撥ねておいてそのままとは赦しがたいことです。いえ、人間ですら轢き逃げ事件があとを絶ちません。道徳心のない人間がふえて困った世の中になりました。

不思議な縁で結ばれた二匹のオス猫たち。今朝も彼らに声をかけました。今夜も『おやすみ』を言いましょう。もしや飼い主さんはまだこの子を待っているのではないかとふと考えました。大丈夫ですよ。強くて優しいトラ吉と一緒に居ますよ。それに召された猫たちはすでに天国でまたイキイキと動き回っていますよ。遊んだり、日向ぼっこをしたり、メス争いもしているかもしれません。大丈夫です。そこは猫の世界で車なんかありません。猫たちの極楽浄土です。シャム吉君を送る役目を担った不思議な縁を、私は生涯忘れることはありません。君を抱いて走った時のあの重みとともに忘れないからね、シャム吉くん。

なぜそんなに可愛い子たちが眠るお墓を動かさなければならなかったかについては明日、お話しいたします。桜にしろ猫たちのお墓にしろ、やむにやまれぬ事情での決断です。それでは皆さん、おやすみなさい。また冷えますよ。暖かくしておやすみください。 良

|

« 桜の木と、2匹の猫の遺骨 | トップページ | 裏庭工事と桜の移設<その1> »

外猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜の木と、2匹の猫の遺骨 | トップページ | 裏庭工事と桜の移設<その1> »