« 交通事故死したシャム吉のこと | トップページ | 裏庭工事と桜の移設<その2> »

2017年1月31日 (火)

裏庭工事と桜の移設<その1>

こんばんは。今夜も遅くなりました。
私もネコ属ネコ科の生きものなのか、夜の方が元気です。膠原病をもつ者は朝がきつく、身体が動きません。朝食後、ステロイド剤を飲んでそれが効いてくるまで、まともに動けません。しかし日によってはすぐに動きだせる時もあります。そんな日は体調がとてもいいことが判ります。今は比較的いい方です。とりわけ夕方くらいから調子がよくなり、夜更けまでゴソゴソ片付けたりしています。

きのうの続きですね。その前にお詫びです。
私はこうしてつらつらと喋っていると元気だと思われるようですが、そうでもありません。発病から20年を過ぎ、不自由なことがずいぶん増えてきました。ブログの更新も滞りがちなのも、私の進行してきた症状がその理由です。パソコンに関しては目が長く使えないこと、キーを打つのに困るのは、冬季に悩まされる手指の症状です。いま私の手指は腫れています。あまりに腫れて、きのうはコブシを握ることが出来ませんでした。今日は腫れは少しひきましたが、第2関節から先は力が入らないことは冬の間じゅう続きます。それぞれの指に力が入らず、一番力が入れやすい中指だけで打っています。したがって私の眼はキーボードを見つめる時間が長くなります。両手とも中指だけで打つ為に、ただでさえ間違いがよくあるのに、年々文字の間違いがふえてきました。長く打つと目も指も疲れるので急いでアプロード。翌日に読み直すと間違いだらけ。そんなことがよくあります。申し訳ありません。今日も中指君たちだけで頑張って打ちます。あとの指はもう眠っているようです。

なぜ桜の木を移設し、その横に埋めた2匹の猫たちの遺骨をいったん回収したのかについてのお話しをします。さかのぼること10年、2007年のことでした。ガレージをもう1台分ふやすことになりました。同時に庭の向こう側にあったノリ面の防犯工事をすることにしました。家屋の裏は小さな山々が連なり、そのふもとには田んぼや畑が段々になってあります。住宅街の端にあるので眺めはよく、借景は抜群の立地なのですが、ただひとつ防犯上の不安がありました。この住宅地は造成時に強健な土台で固めて高さを揃えていますが、その下方に遊歩道があります。その遊歩道からノリ面を登ると庭まで登れることから、入居当時より心配でした。そこで考えたのはガレージ工事で掘る瓦礫や土砂をノリ面に運び入れ、遊歩道からは登れないように塀を建てるということでした。その工事を請け負ってくださったのが今もお世話になっている庭の業者さんです。夫が急逝して3年ばかり経った頃のことでした。

出来上がった塀は3メートルほどの高さがあり、ノリ面は傾斜のない平らな土地になりました。瓦礫の上に正土を敷いてくださったので、サツマイモを植えて収穫したり楽しみました。10年前はまだ元気でそんなこともしていました。ホームセンターで桜の苗木を買ってきて植えたのもその頃です。家を持ったら植えたい木がいくつかあり、桜もそのひとつでした。880円の細い苗木が果たして咲くようになるのだろうか。そんなふうに思いつつ、咲いて欲しいと願って植えました。最初の数年は花が付きませんでしたが、初めて小さな花を付けた時には喜びのあまり写真を何枚も撮りました。一方、徐々に進む症状に体力が衰え、夏場の水やりが大変になりサツマイ作りは程なく辞めました。裏庭は若い桜が1本あるだけの雑草の花々がみごとな野原になりました。桜を植えて4年後の2010年秋、トラ吉を桜のすぐそばに埋め、お墓を造ったのでした。

目と指がきつくなってきました。今日はこの辺で置きます。
昨日の暖かさは何処へ行ったのでしょう。また寒くなりましたね。
続きはまたあした。暖かくしておやすみください。      良 

|

« 交通事故死したシャム吉のこと | トップページ | 裏庭工事と桜の移設<その2> »

木々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/64835141

この記事へのトラックバック一覧です: 裏庭工事と桜の移設<その1>:

« 交通事故死したシャム吉のこと | トップページ | 裏庭工事と桜の移設<その2> »