« はるかちゃんが不調でした | トップページ | 「続・老猫の幸せ」とは (はるかトーク) »

2017年8月30日 (水)

「老猫の幸せ」とは

はるかちゃんは食欲が出て元気になりました。20歳という年齢で仕方が無いことだけど、今後、腎機能がさらに悪くなって行くことを考えると、チョッピリ悲しくなります。そこで彼女にとって何が一番しあわせなのかを考えました。答えは簡単、今までと同じ穏やかな日常を維持することです。人間同様に、穏やかな日常が一番の幸せなのです。

家人が居なくなって13年が過ぎました。以来、猫の世話を頼める人が居らず、私は何処にも行かず、用事で外出しても早く帰らないと、といつも猫のことばかり頭にありました。はるかちゃんが一匹になってしまってから、よりいっそう、その気持ちは強まりました。私が帰ってくるのをひとりでじっと待っているのを思うと、早く帰らなければと急いで帰ってきました。

あとどれくらい彼女と共に暮らせるのか誰にも分かりません。分からないけれど私は彼女が穏やかに幸せに毎日を過ごせるよう努めます。全幅の信頼を寄せてくれるこの猫の穏やかな暮らしを支えるためには、私自身も元気で世話が出来るよう努力しなければならないと痛感しています。命に限りがあることは人間も、その他の生きものすべて同じです。私も仕舞い支度を始めていますが、何を置いても私の少ない体力は、まず彼女の為に。そう思って暮らしていこうと思います。

近畿地方では数日前から少し気温が下がってきました。何と今日は大阪で最高気温32度の予想!ありがたい…。右近庵でも猛暑から、今は朝夕に秋の気配が感しられるまでになりました。庭では頑張り続ける蝉に混じり、夕方からは秋の虫の音も加わりました。涼しくなると寝る前の読書が楽しみになりました。世界は相変わらず物騒です。どうか何ごとも起こりませんように。皆さんが、世界じゅうの人々や生きものが、穏やかに平和に暮らせますように…。もちろん能天気に言っている訳ではありません。

はるかちゃんは私のベッドで眠っています。どんな夢を見るのかな…。=^_^=
それでは皆さん、ごきげんよう。    右近

※『右近トーク』に猫のことを掲載した時、同じ記事をこちらにも掲載します。ココにだけお越しの皆さんのため。落ち着けば『猫』も更新いたします。  良

|

« はるかちゃんが不調でした | トップページ | 「続・老猫の幸せ」とは (はるかトーク) »

家猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/65728633

この記事へのトラックバック一覧です: 「老猫の幸せ」とは:

« はるかちゃんが不調でした | トップページ | 「続・老猫の幸せ」とは (はるかトーク) »