« 猫の腎不全 食事など | トップページ | 長いエンジェルタイムを大切に »

2018年11月27日 (火)

家での補液 猫の腎不全

こんばんは、皆さん。今日は家での補液について書いてみます。
 
腎不全の犬や猫たちには輸液が必要です。リンゲル液を補うことにより体が楽になります。方法は病院で医師にしてもらうか、家で飼い主がするかです。通院は大変だという方も居られるし、お金もかかります。出来れば家でしてあげるのがいいでしょう。しかし嫌がる猫も多いようです。私もJJの時は嫌がって困りました。その為に閉じ込めるような箱や、その他のグッズも売られています。また、洗濯ネットに入れてという方法もあるようです。しかし、それらは余計に嫌がることもあります。どうしてもじっとしてくれず手を焼きました。最初は点滴のセットでしていました。早く液が落ちるように工夫をしたりもしましたが、JJはそこから動こうとしました。そこでシリンジで短時間に入れるという方法を選びました。今では点滴よりもそれの方が多いのではないかと思います。
 
JJの時は好きな食べ物を前に置き、その間に背中の皮をつまんでおこないましたが、食べ終わるとすぐに逃げ出そうとし、一回に20ccしかできないこともありました。そんな時はあと2~3回おなじことをしなければならず、可哀想でした。しかし、語りかけながら、なだめながら、褒めながらおこなうと少しの間ならじっとしてくれるようになりました。彼の場合は規定量を入れるのが難しかったですが、心を鬼にして針を刺し続けました。辛かったです。本当につらかったです。この度、ママのはるかちゃんにも同じことをまたしなければならないと考えた時、何とも言えない気持ちになりました。猫も飼い主も辛い皮下注射での補液には共に大きなプレッシャーを感じました。
 
しかしながら今回は思いのほか順調に行なえています。その理由を考えてみました。まず、はるかちゃんという猫は肝っ玉が据わった猫であること、とても賢く、飼い主に全幅の信頼を置いていること、コツが甦った私の素早い注入に苦痛を感じる様子が無いこと、前回と同じで好きなフードを目の前に置き、食べ始めるとすぐに背中をつまんで注入し、なるべく早く終えるよう力を込めてシリンジを押し続けること、その際に褒めながら、彼女の好きな歌を唄いながら押し続けることもしています。動物には人の言葉が分からないと思われていますが、言葉の詳細は分からなくても、こちらが一生懸命になっていることは理解しています。手こずったJJでも私がうまく出来なくて半泣きになっていると、背中を向けてじっとしてくれるようになりました。心は通じます。飼い主の気持ちを猫たちは理解します。ですから嫌がる猫さんたちには、なるべくモノで拘束するのではなく、言葉で、気持ちで落ち着かせてあげて補液を試みてください。必ずじっとしてくれるようになります。
 
はるかさんは私の手による補液を嫌がることもなく、日課として捉えてくれたのかスムーズにおこなえています。今の時期は輸液を少し温めてあげるといいですよ。シリンジに入れてから、針をつけない状態でレンジにかけます。私は30ccを15秒ほど温めています。背中に冷たい感覚がするよりいいと思います。輸液効果でしょうか、体調を崩す前の具合が悪そうでなかった時よりも食欲があり、元気になった気がします。とにかく補液です。あなたの猫さんもきっと解ってくれます。諦めずに頑張ってください。

|

« 猫の腎不全 食事など | トップページ | 長いエンジェルタイムを大切に »

家猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172035/67425983

この記事へのトラックバック一覧です: 家での補液 猫の腎不全:

« 猫の腎不全 食事など | トップページ | 長いエンジェルタイムを大切に »