« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月29日 (火)

コメントありがとうございました

おはようございます。今日もご訪問ありがとうございます。
昨年11月27日の記事に対して、ももちゃん様よりコメントを頂いておりました。昨日、そのことに気づき、只今お返事を書きました。
私はこのようなドジがよくありますが、コメントは嬉しいものです。猫さんのことについての悩みなど、皆さんからもお答えがあれば有難いです。どうぞ皆さんも何でもお書きください。私からのお返事は必ず致します。よろしくお願いいたします。  良

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月28日 (月)

猫にも良い‘ホタテの貝柱’について

既読の皆様へ
この記事の最後に補足があります。よろしく。
 
こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
腎不全の老猫に毎日の補液をしながら共に頑張っています。
只今、私は引っ越し目前のため詳しくは書けませんが、同じような猫さんを持つ飼い主さんへのお知らせを取り急ぎ。
 
少し前に、はるかさんと同じ22歳の猫を飼っている方がテレビで話していました。その猫は亡きお父様の拾った猫で現在は22歳。お父様は常々こう言っていたそうです。この猫には毎日ホタテを食べさせてやってくれ。娘さんは40~50代とお見受けしましたが、その言葉を忠実に守ってこられました。その結果、愛猫は22歳で元気そのものです!はるかさんも負けるかなという足腰で、階段を走って上がり降りしていました。
 
そこで調べてみました。するとホタテは猫に食べさせてもよい唯一の貝だそうです。ただし注意が必要です。ナマは美味しいけれどダメです。ひもや内臓も不可。貝柱の部分だけ火を通した状態で与えることとありました。早速1キロ入りの貝柱の冷凍を購入し、与えてみると喜んで食べました。食欲がなく痩せて心配していたところでした。私は忙しくしており、気づくのが遅れましたが今は食欲も戻っています。
 
皆さんもホタテの貝柱を愛猫さんにあげてみてはいかがでしょうか?
ネット通販で店がいろいろ有りますが、私は越前の‘甲羅組’さんのを購入、私も食べてみましたが大きくて立派。Gooです。先が長くはない老猫には奮発し、体に悪くなく喜ぶものなら何でも食べさせたいと思っています。皆さんもお試しください。もちろん人間も食べられます。本来はニンゲン用の商品です。人間はナマでのお刺身や寿司ネタがお勧めです。取り急ぎお知らせまで。良
 
<補足>
ホタテだけを与えるよりも、いつも食べているサポート食と一緒に与えてはどうですか?私はヒルズの腎臓サポートの缶詰(ツナ味とチキン味)の上に乗せると言うか埋め込むように、レンジにかけたホタテの切ったものを加えます。はるかさんは一日にホタテ貝柱2個のペースです。それぞれの体重や状態に合わせて与えてあげてください。
 

↑ねこちゃんホンポ様より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

猫好きの訪問者様へ

皆様へ
日頃はご訪問ありがとうございます。
ある事情により、しばらく更新ができないと思います。
以下は本日、『右近トーク』に掲載した記事です。
幸いにも、はるかさんは元気です。困難な時期をいつも共に居てくれたはるかさんです。今の私の苦しい状況から脱し、また彼女との穏やかな日々が訪れることを願って新たな場所を確保し、まもなく移り住む予定です。落ち着きましたらまたこの場に戻ってまいります。病気の猫さん、ワンちゃんの看病に懸命の皆さん、頑張ってください。でも頑張りすぎないようにしてください。あなたと可愛い猫さん、犬さん、動物さんに日々の喜びや安息がありますよう願っています。それでは戻ります日まで。 良
 
『皆さん、こんばんは。年明けからもう十日になろうとしています。
私は慌ただしく動き始めました。今年は私の生活が大きく変わる年となりそうです。
 
少しお伝えしたように私は長い年月を隣家の迷惑行為や嫌がらせに耐えてきました。そのために心身への影響が著しく大きなものとなっていました。現在も毎日数回のゴミ焼却のため、心身だけでなく、家の中の被害が甚大となっています。家中に焼けたプラごみのクズや火山灰のような細かい灰が空気に運ばれて積もります。コーヒーカップの中にさえ、燃えカスや灰が落ちてきて浮かびます。大事なものにもプラごみが溶けて黒くなったものがくっつき取れなくなります。火山は無いのに家中に灰や燃えカスが落ちてくる状態です。もう限界です。これ以上は住めないと判断し、私は別の場所に移り住むことにしました。昨日、住宅の決済を済ませ、移動の準備に取り掛かり始めたところです。するべきことが多くあります。
 
いま現在も私は隣家の夜更けまで続く焼却炉によるゴミ焼却の被害に耐え、痛む目やのどで咳き込みながら文字を打っています。フル稼働で頑張っている空気清浄機を上回るほどの大量の、長時間にわたる焼却には成すすべがありません。隣家はこの被害を訴えても『燃やしていない』の一点張りです。もちろん反撃は考えています。時期が来れば隣家が最も嫌がる‘近隣の皆さんへの周知とダイオキシンの被害の重大さ’についてのお知らせし、手元にある重要証拠の画像や動画も公開するつもりです。一部始終を近隣に知られること。これこそが最も隣家が嫌がることなのです。その形で私は報復を必ずするつもりです。
 
この悪環境で気持ちが沈むため何をすることもできなかったので、心機一転、早く良い環境で暮らし、ゆっくり本を読んだり、また何か書けたらいいなと思っています。今日は住む予定のマンションに行きました。きれいな空気と山々が連なる心やすらぐ景色に、ようやくこの地獄から抜け出られる喜びを感じました。そこでゆっくりお風呂に入って気持ちがよかったです。引っ越しの日にちはまだ未定ですが、いろいろ準備をしなければなりません。こういう事情でしばらくは更新が出来ないと思います。何卒お許しください。
 
はるかさんは元気です。毎日の輸液は私も彼女もつらいですがおこなっています。その成果で食欲もあります。彼女も新しい住居が気に入ってくれたらいいなと思っています。いよいよ冬本番です。お身体を大切にして寒い時期をお過ごしください。それでは皆さん、ごきげんよう。   右近 』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »