« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月28日 (日)

猫の「手づくりご飯」レシピ(その2) 市販の療法食を食べない腎不全の猫さんに

腎不全の犬や猫に手作りご飯をつくるには、食材を選ぶことが大切です。たんぱく質、カリウム、ナトリウムなどの制限がある一方で、それらの栄養素もまったく無しでは身体を維持できません。良質のたんぱく質を選び、抑えるべき栄養素は食材を厳選し、与え方にも工夫が必要です。食材と準備方法、いくつかのレシピを私がつくったものの中で、22歳になる老猫が喜んで完食したものをご紹介します。

材料 
☆肉・魚・・・鶏肉 (モモ・ムネ いずれも可能)  鮭 鱈 鰈 (サケ タラ カレイ)
☆野菜・・・大根 人参 胡瓜(キュウリ) 水菜 小松菜など葉物野菜
☆米飯・卵など

食材の下ごしらえと保存方法
肉・魚
1.鶏肉や魚はレンジにかけて熱を加えた後、皮、骨、脂などを取り除く。
2.肉や魚は身をほぐし、鶏肉は叩く、すり鉢でする、フードプロセッサーで細かくするなどし、食べやすくする。(私は粗みじんに切ったあと、ミニすり鉢を使います。瓶などで叩いた後、刻んでも可能)
3.食品トレーを必要分利用し、2の食材を薄く平たく貼り付けるようにし、軽く押さえて冷凍する。
4.完全に凍れば適当な大きさに割り、それぞれチャック袋に入れて保存する。

野菜ほか
1.大根は5ミリ程度の薄さに輪切りをし、ひたひたの水で柔らかくなるまで煮る。
2.煮えたら熱いうちに叩く、摺る、調理器具使用のいずれかの方法で殆ど塊がない状態にする。(歯ごたえを好む猫さんの場合、多少の塊を残してください)
3.トレーを用意し、スプーンでひと匙すくって置いていく。この時、大根からでた汁も同時にすくう。(ひとつが一食分になります。量は猫さんにより異なります。まず適宜で試してみてください)
4.人参は5ミリ角もしくは薄い角切りにして残った大根のゆで汁で煮ます。
5.軟らかく煮えたら湯切りしてトレーに平たく並べて冷凍し、凍れば割ってチャック袋で保存する。
6.キュウリは熱を通さず、与える猫ご飯を温めたのちにすり下ろして加える。
7.葉物野菜は湯がいたのち、細かく切って猫ご飯に混ぜる。
8.卵もよい食材です。ゆで卵や卵とじを好みます。

米飯
野菜類は「みぞれ和え」のような感じになり、米飯を使うと雑炊や、おじやになります。(雑炊はサラサラしたもの、おじやはぽってりした状態まで煮たものだそうです) 白粥(しらかゆ)や、おじやにして同じ要領でトレーに載せて凍らせておくと便利です。卵でとじたおじやも好みます。タラやサケ入りのおじやも凍らせておくと便利です。

◎作るうえでの注意とコツ
・どの食材も絶対にナマで与えない。かならず火を通す。
・しかし食材は過熱しすぎない。(水分を飛ばしてしまうとうまく潰れず貴重な水分補給が害されます。また、加熱時には必ずラップか蓋をしてください)
・味付けはしないこと。人間ではないので塩味などはあまり必要ありません。腎臓に最もよくないので絶対に調味料は使わない。天然のだしを使うのは可能で風味や香りが増します。猫は香りが肝心です。
・猫は生温かいものを好みます。解凍後、まだ冷たかったり熱すぎては食べません。人肌くらいが最適です。与える前に常温解凍し、1~3秒ほど加熱するのがいいでしょう。凍ったものを解凍する場合も温める場合も必ず蓋をしてください。熱いのが飛び散って危険です。レンジ内も汚れます。やるうちに加熱時間のコツが次第にわかってきます。も

これは食材をトレ―で冷凍するところです。上から順に鶏肉、鮭、人参、大根。下の2枚は上から「とり肉と鮭のみぞれ和え」と「鮭と鱈のおじや」です。はるかさんが完食してくれた猫ごはんです。今後も完食した猫ご飯を掲載します。

Dscn9881_512

Dscn9885_512

Dscn9887_512

Dscn9890_512

Dscn9888_512

Dscn9898_512

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

市販の療法食を食べない腎不全の猫に「手づくりご飯」を

こんにちは皆さん。ココへお越しの皆さんは病気のワンちゃん猫ちゃんと暮らしている方が多いのではと思います。特に件名によく入れている‘腎不全’を患っている大事な家族である犬さん、猫さんがそばに居る皆さんではないかと思います。私もその一人です。ですから皆さんの多くが悩んでおられる‘療法食を食べない’、‘他のフードも食べない’、‘水分の摂取も少ない’などのことは私も向き合っている悩みです。少しでも食べてくれるように、できれば腎臓に負担のかからないものを喜んで食べてくれたらと願って工夫を始めたところです。

療法食を食べない、他のフードも何も食べない。この状態になる場合、病気が進んで食欲が減退しているなどの理由があります。痩せてきたのが明らかで、もしかしたら、もう・・・。と考えることもあるかもしれません。でもあきらめないでください。私もあきらめません。動物が苦痛な延命には私は反対の考えを持ちます。しかし本来かれらが持っている生命力を応援し、関わった人間として出来る限りのことはしたいと思う気持ちは強いです。それは皆さんも同じでしょう。

その生命維持が『食』です。人間も動物も、みな『食』が生命を左右する最も重要なものだと思っています。人間ならば食べられなくなれば流動食という手段があります。それも賛否両論で選ぶのは自身でしょう。けれども動物にそこまでする飼い主さんは寡少です。食欲を感じて美味しく食べてこそ元気が出るのは人間も動物も同じだと思います。ですから急に食べなくなったからと決してあきらめずに、愛する猫さん、犬さんにあなた自身が美味しいご飯を作ってあげてみてください。難病指定の膠原病を持つ私が増悪(ぞうあく・病気が悪くなること)することなくここまで居られたのは、自身も『食』を大切にしてきたからだと思います。食事は手作りを楽しんできました。(自分の作るものが一番おいしい!)

しかし症状が重くなってきた猫に手作りごはんを作るというのは初めてのことです。それは療法食がすべてであると思い込んでいたからです。でも、そうではないのです。人間でも毎日おなじ缶詰ばかり目の前に置かれたらソッポを向きたくなりますね。それと同じです。反対にいつもと違った美味しいものが置かれたら食べたいと思いますね。そして食べたら元気を取り戻しますよね。それと同じです。今にして思えば過去の猫たちにも作ってあげればよかったと悔やむことしきりです。

2012年と2014年に大事な猫を失くしましたが、どうして自分で作ってみようと考えつかなかったのでしょう。病気の猫のごはんを作るといった発想そのものが当時は無かったのです。今になってそれが本当に悔やまれます。今はネットでそれに関する情報も多くあります。ただ情報が氾濫し、誤った情報も目にします。私は古い方の人間になり、これまで猫は自然のままに飼うものと考えていました。現役の時は猫に多くの時間を費やすことはできませんでしたが、今は猫の事にだけ専念できる状態になり、病気の猫のごはん作りについて勉強しながら試行錯誤をしています。

はるかさんで私は『猫じまい』をします。猫を飼う体力がなくなってきたと自覚したからです。それで彼女が飼猫では最後の猫で、長い長い猫生活の締めくくりの猫になります。したがってこれ以上は頑張れないと思うところまで彼女と一心同体で頑張りたいと思っています。そして共に過ごす穏やかな時間を大切にしています。そんな強い想いから、療法食がダメなら自分で作って食べさせようという気持ちが沸き起こりました。作って食べさせる。その選択肢もあることを、どうか皆さんも知ってください。

はるかさんは体重が減り、現在ステージⅣです。22歳、人間ならば104歳。頑張って生きていますよ。嬉しいことに手作りごはんにして体重が200g増えました。飼い主は頑張ります。今回は『手作りごはん』のススメについて書きました。追って私の考えたレシピを掲載いたします。  良

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

腎不全の猫に「手作り猫ご飯」レシピ (その1)ステージⅣの超高齢猫が完食

皆さん、こんばんは。
前回、私が今はるかさんに与えている既製のフードをご紹介しました。しかし記事を書いて直後から、どれもお気に召さず、お手上げの状態になり、痩せていくのを困り果てて見ているという状態でした。猫はすべてにおいて気まぐれで、食べることにも一貫性がなくムラだらけ。腎臓サポートのフードをよく食べてくれた日は安心しましたが、全然食べてくれない時は私まで元気を失ってしまいます。午前に食べてくれたから午後にも食べてくれるとは限らず、喜んで食べてくれたものを次には砂をかくような仕草を食べ物の入った器のそばでして、拒絶の意思表示をします。(-.-) 
皆さんも同じことを経験されていると思います。そんな中、それならば腎不全にもいい食材で「手作りご飯」を作ろうと考えました。嬉しいことに、なんと今日は手作りご飯を夕方と夜の2回とも完食!思わず高い高いして褒めてあげました。少しも残さず完食なんて殆どないことなので、信じられなくて、とっても嬉しくて、思わず今日はここに出てきてしまいました。では、さっそくそのレシピをお知らせ致しましょう。

◎『大根withタラ&鮭 かがやきソースがけ(ゆで卵の黄身トッピング)』(☆☆☆☆☆)←完食
長い名前になりましたが、使用した材料すべてを表示して名付けました。

1.大根は煮えやすい切り方で軟らかく煮る。だしも調味料も加えずに水から入れて軟らかくつぶれるくらいまで煮る。

2.生タラと生サケはラップをしてレンジにかける。(湯がくよりも味が抜けない) その時に出た汁も使う。

3.大根をつぶし、タラは皮を除いてほぐし、それらをすり鉢で摺るかスプーンなどで完全につぶし、汁も加えてよく混ぜる。

4.指先で(3)をつまんで食べやすいように底辺が10円玉くらいの大きさにし、高さをつくって盛る。(量は調節してください)

5.‘かがやきサポート18歳’(モンプチ まぐろスープ)をソースのように少しかける。その上にゆで卵の黄身をトッピングして出来上がり。(^^)
※固ゆでの卵は先に用意しておいてください。(私は大根を湯がくとき一緒に卵も茹でました)

今日の夕方、自分の食事作りをしながら、はるかさんの食事も、ままごとのように楽しく作りました。食べてくれるかなぁ。そんな不安を抱いて、寝込みを襲い、手早く注射針をブスッ!寝ぼけまなこのはるかさん、でも目の前に置かれた夕方に食べたおいしかったご飯がまた置いてあります。いつも針を刺すまでは食べず、私が失敗せずにうまく刺せて痛くなかったら食べ始めるのですが、すぐに食べ始めて二度目のとびきり美味しいご飯に抵抗ゼロで輸液もスムーズにできました。

私は料理が大好きです。今日は届いた有機野菜の中にあった大根を使って自分の夕食の一品に煮物をしようと考えていました。その時に隣のコンロではるかさんの介護食も楽しく作ってみました。鱈や鮭(タラやサケ)は必ずナマを使ってください。私は冷凍庫に常に人間の鍋用らしき骨なしのタラとサケの切り身をストックしています。更にサケは熱を加えてから身をほぐしてそぼろ状にしたものを冷凍しておくと猫ご飯づくりに便利です。ほかの具材と混ぜたりトッピングにも使えます。料理好きの人には猫の手作り療法食を研究するのも興味深いことかもしれません。注射をされつつも必死で食べる姿は何とも愛らしく、愛おしく、これからも彼女のためにいろいろな腎不全の猫ご飯を作ろうと決意しました。尚、このメニューは腎不全にやさしい食材ばかりで作りました。安心してお試しあれ。(^_-)-☆

今日は旧宅へ行き、馴染みの庭で昼寝も楽しんできました。はるかさんは何と助手席できちんと坐っているか、香箱坐りをして車でもいい子なんですよ。今週は火曜日にも連れていったので、週に一回くらいにしようと思っていたのだけれど、朝に玄関ドアの方へ行き、外へ出たがるそぶりをしたので連れていきました。私は1時間半ほど庭作業をしました。その間、庭で彼女は気持ちよさそうに眠っていました。今その旧宅を守っているのはトグロと名付けたにゃんこ(♀)です。皆さんにはまだお知らせしていませんでしたね。私はどうしても猫との縁がつながり続ける運命(さだめ)なのかもしれません。ほぼ毎日、餌やりに通っています。私が行けない時には旧宅のそばに住む長女が行ってくれます。

はるかさんの腎不全は決して改善はしていません。しかし私が暗くなっても彼女の腎機能は改善しません。そもそも壊れた細胞は二度と復活しません。しかし、それでもそこそこ生きる猫さんが居ます。それなら私が明るく前向きになって彼女に接したほうが嬉しそうに見えます。今日は二度の完食に大喜びの私でした。私は普通ならあまり連れ出さない状態の彼女を連れ出して抱っこして野原を歩き、外の空気にふれて太陽を浴び、草の匂いを嗅いだり、時には草を噛んでみたりと本来の自由猫の生活に近い暮らしを今後も続けさせてあげようと思っています。帰ってきたら疲れるのかぐっすり眠ります。美味しいご飯も腹持ちがいいのかよく眠っています。楽しかったね、はるかちゃん。食べてくれてありがとう。今日は嬉しい一日でした。

それではよき週末を。 皆さんと、皆さんの猫さん、犬さんに幸いあれ。  良

 

 

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

超高齢猫 腎不全「ステージ4」食事の工夫いろいろ

こんにちは。やっと暖かくなりました。大阪での桜は赤い若葉が出て、ところどころ緑色になりつつあります。
その後、私は少し体重が戻りました。もうじき46キロまで回復しそうな感じです。ベストの体重は47~48キロくらいで、それは18歳の時から変わりません。それが45キロを切ることは私には大問題です。身長から言えば48キロでも足りないらしいですが、長年の間それがベスト体重がその辺だったので、1キロのマイナスも私には一大事です。この度の3.5キロの減少には気づくのが遅れて危ないところでした。
愛猫の方は昨夜に計ったら2.2キロと芳しくありません。日によって元気な時とそうでない時があり、元気がない日は食欲がありません。輸液がうまくいかなかった日は必ずその後に元気がなくなります。抵抗されたり逃げられたり、私が上手に針がさせない日なども毎日の規定量が補液できなくなり、直後に元気がなくなります。そんな時は食べてくれそうな猫食をあれこれ作ります。その工夫を書いてみます。

◎いま食べているフード(すべて腎臓サポート用フードです)

(1) ヒルズの缶詰(小)

シチューです。ツナとチキンがあり、ジャガイモやニンジンも入っています。開けてすぐの時は喜んで食べます。新鮮で汁気も多く、食べやすいのかもしれません。この時もはるかさんは少食で、ティースプーンに1匙です。中に入っているツナやチキンの塊が大きい時はつぶしますが、豪快に噛みたい時もあるようです。尚、只今チキンの方は工場の生産ミスなのかチキンの肉がとても大きいです。老猫でしかも進行した病気の猫には無理な塊なので電話してヒルズ尋ねました。しかし日付がいついつまでのはそうなりますとミスを認めず謝罪もありませんでした。他にも多くの同じ意見が寄せられていると言いながら、謝罪の一言もないのは如何なものでしょうか、日本ヒルズさん。

ゴロゴロとした大きな肉の塊は104歳には無理なフードです。その為、スプーンで潰したりすり鉢を使って滑らかにします。人間もそうですが、超高齢猫は大きなものを噛むのも億劫、器の中のフードまで首を低くして食べるのも億劫だというふうにも見えています。それらに対する工夫は、タオル布巾を丸めて器に角度をつけてあげるように敷きます。手前を低く、向こう側を高くします。それでも食べるのを辞めるのが早くなっているので、半分ほど残ったものを素早くスプーンで集めて私の手のひらに乗せて鼻先へ持っていきます。するとまた食べ始めます。舌の温かさを感じますが、彼女も私の手のひらの温かさが心地いいのかもしれません。そのようにすると、ほぼ完食します。一生懸命に食べている時に大いに褒めてあげることも大切です。「すごいすごい!」「おいしぃおいしぃ!」など声をかけると張り切って、頑張って完食しようとしているように見えています。心配な時でも明るく呼びかけることを心がけています。1回分を使った残りは同じ量をトレーに乗せて冷凍します。解凍時の注意は火が通りすぎないこと。できれば冷蔵室で自然解凍し、5秒以内ほど温めるというのが最適です。温め過ぎると肉類が固くなり、独特の匂いもするので食べにくいようです。でも手間暇かけて用意しても、瞬殺でソッポを向かれることもたびたびです。(*_*; 

(2) ヒルズの缶詰(大)

こちらは大きな缶(人間の普通の鯖缶くらい)で、完全に練ってあり、なめらかな状態です。これも一度にスプーン一杯ほど与えますが、それもなかなか完食とまでいきません。上記のフードに飽きた時に与えると喜んで食べます。固形物が無いので舐める感じです。これもツナとチキンがあります。こちらも蓋を開けたらすぐにスプーン1杯分ずつ食品トレーに並べて冷凍して保存します。

(3)ドクターズケアのドライフード

メインはこれらの缶詰ですが、ドライフードも与えています。ロイヤルカナンの3種とヒルズは完全に食べなくなってしまいました。その為、ドクターズ・ケアのドライを2種買ってみました。チキンの方が気にいって、最初はよく食べてくれましたが、今は殆ど食べなくなりました。硬さや大きさは超高齢猫にも適していたので、また食べてくれるよういつも置いています。ご褒美カリカリとしては日清の「和の究み」を少しだけ与えることがあります。ちゃんとご飯を食べたあと、褒めてご褒美に5粒くらい与えます。なんでしょう。ものすごい勢いで噛まずに飲み込んでしまうほど好きですね。それと同じような利用は銀のスプーンの腎臓サポートおやつ「カリカリシーフード」です。これも3~5粒のご褒美です。猿ほど賢くないかもしれませんが、頑張ったらご褒美が出る。これを猫にも覚えさせようとしました。

(4)その他に与えている食べ物

無脂肪、無糖のヨーグルト少々を時々。私が毎日食べているので、その時にほんの少しスプーンの先くらいの量を与えると喜んで舐めます。その他に好きなものはカボチャ、菊芋、人参などです。すべて無味でレンジをかけて火を通しただけのものを潰して少量を与えると食べます。大好きなイワシやサバやホタテなどは食べさせてあげたいけれど辞めています。(しかしどこかのタイミングで、大好きなものを食べたいだけ与えるという判断はするつもりでいます。それは私が覚悟を決めた時です)

(5)その他に補助的に与えているウェットフード

メインの食べ物には度々飽きてしまいます。そんな時、仕方なく腎臓サポートではないフードを少量使ってメインを食べさせます。それに使っているのがPURINAモンプチ「18歳かがやきサポート」、Aixia「健康缶」(これは腎臓ケアと書いてあります)、そしてアースペットの「にゃんにゃんカロリー」です。これはミルク味にしてあるのでとても喜んで舐めます。まったく食欲がなく、もう駄目かと頭をよぎった時に買ってみたら舐めてくれました。これにはサプリも混ぜられます。サプリは大方が無味無臭なので、乳糖フリーのミルクに混ぜて与えることもあります。ヒルズの缶詰(大)にモンプチのテリーヌ(白身魚)をほんの少し混ぜてトロトロに練ると喜んで完食します。

「かがやきサポート」と「健康缶」(腎臓に配慮)は狂ったように舐めるほど大好きです。はるかさんの先輩猫だっこ様は24歳5ヶ月まで生きましたが、彼女の好みでカリカリだけで長年やってきました。その後、老いて歯が弱くなってモンプチのテリーヌとハサミで細かくしたピュリナのドライになり、健康缶を舐め続け(当時はパウチは無く缶のみでした)で、超々高齢猫として腎機能も最後まで悪くならず、完全に老衰で逝きました。その為、はるかさんも少しは楽しみも必要かと、これらを500円玉くらいの大きさでトレーに落として冷凍し、解凍して与えています。ちなみに朝ごはんは大好きな「健康缶」です。それがいちばんの楽しみのようです。早朝からいきいきした目でじっと待ち、温め過ぎたら熱くても待ちきれない様子で舐め始めます。=^_^=

(6)与えている薬とサプリ

動物病院の先生からは「セミントラ」を持続して服用との指示があります。尚、医院ではボトル1個で6000円ほどですが、私は輸入業者から3個9800円ほどで購入しています。他にサプリは「キドキュア」「ネフガード」「ベンスルー」「プラチナ乳酸菌5000アルファ」などを好きな舐めるフードに混ぜて与えています。(キドキュアは当サイトにお越しの‘ももさん’から教えていただきました)

今、はるかさんの食事のことに一日に何度も取り掛かり、それなりの時間とエネルギーを要します。眠っている間は私も少し休みます。そして起きたら「食べさせなきゃ」と思って動き出します。こんなことは引退した身だからできることで、現役の皆さんには到底無理なことかもしれません。はるかさんの愛息のJJは最後は痩せに痩せて可哀そうなくらいでした。今ほど様々な美味しいフードは無かったです。だから腎臓フードを食べない彼には思い切って大好きなエビを食べさせ続けました。とうとう水分が全く無くなり、体の皮がつまめなくなった日、私は大声を上げて泣きしました。その声に驚いたJJは悲しげに私を見ていました。それから間もなく彼は歩けなくなり、太陽が射す時、私は冬の庭を彼を抱いてゆっくりと歩きました。彼は青い空をじっと見ていました。

その最期の頃と母親のはるかさんが重なってしまいます。悲しいですね。いつか別れが来ることは。でも私は何年も前に決めていたことがあります。この子より先に逝ったり、私が入院など絶対にあってはならない。きちんと送るのだ。その想いを貫くべく、しかし出来るだけ彼女との日々を幸せに過ごすべく、これからも頑張りたいと思っています。すべての飼い主の皆さんは病気になった猫さんや犬さんに対し、手探りで関わっておられることでしょう。私もそうですが、決めたことに関して今回は後悔しないつもりです。皆さんも自信をもって貴方が選んだやり方で関わってあげてください。貴方の気持ちはいつも通じていますよ。頑張りましょうね。
長くなりました。はるかさん104歳。頑張っています。それでは今日はこの辺で。良

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

猫と飼い主に関する ご報告

皆さん、こんばんは。ご訪問ありがとう。大阪でも桜が満開になりました。
私の居る所には大きな桜の木がたくさんあって花盛りです。どれも満開です。
ベランダに出ると巨大な桜の木がすぐそこまで来ています。

午前中、何度か突風が吹き、そのたびに桜吹雪のみごとさに見惚れました。
風の吹くとおりに花びらの群れは舞い上がり、急降下し、渡り鳥たちが旅立つために飛び立つ様子を思い浮かべました。風向きが変わると花びらの群れは急激に方向を変えて更に舞い上がり、誤って私の居るベランダに舞い降りてきた花びらたちもいました。大きな桜の木よりもかなり上に居る私の所まで、花びらの思いがけないお客様が訪れてくれたことに笑みがこぼれました。それは夢のような幸せな時間でした。

猫のはるかさんは日により食欲があったり無かったりです。しかしながら比較的、元気にしています。昨年、彼女の具合が悪くなった時、次の桜まで無理かと思ったものですが、今年の満開の桜が分かるのかどうか、彼女は気持ちのいい春の陽射しを楽しんでいます。飼い主(ニンゲン)の方も徐々に食べられるようになり、少しずつ動けるようにもなりました。薬の副作用も軽減され、体重は500gほど増えました。猫とニンゲンの現在の様子を一緒くたに書きました。

週末ですね。一週間、お疲れさまでした。
それでは今夜はこの辺で。 良

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »