« より良く過ごしたいエンジェルタイム | トップページ | 腎不全末期の猫とエンジェルタイムをどう過ごすか »

2019年5月30日 (木)

飼い主も闘う 弱って食欲のない猫に食べさせる努力

皆さん、こんばんは。
ブログを長くやっていると不思議なことがよく起こります。例えばアクセス数。今日はどういう訳か、いつもの10倍ほどもお客様が。しかもこの猫ブログだけではなく、メインブログの方はもっと多くていつもの30倍ほどのお客様。このような現象がなぜ起きるのか以前は不思議で仕方がなかったのですが、今はその理由が何かを考えようとしなくなり、どなたかが、ご自身のブログでご紹介してくださったページがあるのでしょうと勝手に考えています。『右近トーク』の方は記事数がすでに1865と多く、十数年間なんだかんだと喋ってきたものの何かが突然にヒットするのだろうと想像しますが、こちらのブログは記事数も298と少なく、アクセス数が急激に増えることは殆ど無かったことです。そのため何故なのかと考えます。おひとりの方が何ページもご覧になったようなPV(ページビュウ)の数字が大きくなることは珍しくはないのですが、いったい何がヒットして今日は大勢の皆様がお越しになったのでしょう。ちょっと知りたい気がします。とにかく、ご訪問ありがとうございます。

それはさておき私は前回、ひどく暗~い感じで更新してしまいました。確かにあの時は暗い気持ちになっていました。暗くなるか前向きになれるか。それはとても単純なことで、はるかさんが食べてくれるか、くれないか、それによるのです。ここ数ヶ月、私は食が細くなる一方の彼女のために努力を続けてきました。療法食を食べてくれなくなったら手作りをし、それを食べてくれたら張り切って作りました。しかし手作り食も飽きてきたら市販のフードをを血眼(ちまなこ)になって探し、あれこれ買い漁ってみたりもしました。療法食じゃなくても食べてくれるフードがあったら食べさせないと。そんな思いで探し続け、買い続けました。

食べてくれたら元気になる、食べてくれたら生き続けられる。だから食べてくれたら単純に私は気持ちが上を向いて明るく接しているのです。食べてくれないと私は笑顔も無く、仕方なくそのフードをジップ袋に入れて冷凍しておき、旧宅に住みついている猫のエサに混ぜます。(その子はトグロちゃんというサバトラの女の子です。またいつかご紹介します) 人間も猫も自分で食べられなくなれば死期が近いと言います。それで食べないと私は焦るのです。まだ死なせたくないという一心で何でもいいから食べる気を出してくれるものが無いか考えあぐねるのです。大好きだったものに突然ソッポを向くことが続き、ほとほと困ってしまっては、気を取り直して食べるものを探しました。以下が現在、食べてくれるものです。

◎たまの伝説。何も入れないシリーズ まぐろ・かつお・ささみ

最初に与えた時は、ものすごい勢いで食べてくれました。口内炎の為、今は水を少し足し、すり鉢で滑らかにして与えています。ささみは食べなくなり、あとのもいつ飽きるかヒヤヒヤしながら与えていますが、トッピングに‘ちゅ~る’を微量のせると勢いよく食べてくれます。しかし猫たちに超人気のいなばのちゅ~るシリーズは、塩分が濃いので常時与えるのは健康な猫さんでも避けたいと言われています。はるかさんはすでにステージⅣです。その為エサを山型に形作り、ほんの微量を頂上に付けておく感じで利用しています。猫にとって麻薬のようなちゅ~る。与え方に気を付けてあげてくださいね。<余談ですが私は‘おやつ’は不要かと思っています。関わった猫で長寿だった猫は、カリカリだけを好んだ猫(だっこ24歳5ヶ月)、生き物を捕まえて食べて暮らした後、ドライフードだけ(はるかさん22歳)。おやつ等は与えていませんでした>

いろいろ食べなくなって以後、食べてくれそうな介護食と書いてある缶詰やパウチもいくつも買ってみましたが喜ばず、ただひとつ「何も入れない」シリーズは素材の味だけなので好んでいるようです。夢中で一気に食べさせるため微量のちゅ~るを使うのは仕方が無いと思っています。

現在は、あんなに好きだったモンプチのテリーヌにも、アイシアの「18歳かがやきソース」にも見向きもしなくなりました。「20健康缶」はなめてくれます。口内の事情で、とにかく滑らかにしてあげないと食べられなくなっているはるかさんです。それともうひとつ困っているのは便秘です。少食とは言え出てはいたのが、もうかれこれ二週間も出ていません。先生に相談しなければと思っています。

食べないからと暗くなる私より、しんどくて、しんどくて、どうしようもないだるさと闘って辛いのは猫の方です。飼い主は食べないからと自分が落ち込んで暗くなってはいけない、そんなときほど笑顔で接してあげなければならないと反省した次第です。皆さんの猫さんも、心配顔や悲しい顔の飼い主さんより、明るい笑顔で、明るい声で、話しかけてあげる方が、しんどさを和らげることになるのではと思います。いろいろあります。でも、頑張りましょうね。 良

 

 

 

 

|

« より良く過ごしたいエンジェルタイム | トップページ | 腎不全末期の猫とエンジェルタイムをどう過ごすか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« より良く過ごしたいエンジェルタイム | トップページ | 腎不全末期の猫とエンジェルタイムをどう過ごすか »