« 腎不全 猫 食欲すこし戻る | トップページ | 死に場所を探す愛猫の行動 (超高齢・腎不全) »

2019年6月30日 (日)

猫腎不全重度 はるかさんの脱走劇

皆さん、こんにちは。
G20で大変だった大阪です。大阪市内ではない私の住む市では、道路規制で遠出も出来ないせいか街にはいつもより車が多く感じたこの週末です。

実はたった今、脱走したはるか婆さんを確保したところです。えっ、腎不全重度の猫が脱走!?と思われたでしょう。そうなんですよ。今日は朝から行動がいつもと違っていました。まず、このところしなくなっていた私のベッドに上がってきて起こすという動きにビックリ。ベッドの高さをジャンプして上がったことに喜びました。次の不思議な行動は、玄関へ行き、ドアを開けろというふうに動きません。それなら少しだけと開けて出してやりました。幸い廊下には誰も居ませんでした。するとはるかさんは迷うことなく階段のある方へと歩きだしました。階段を降りられては困るので途中で抱き上げて中に入れました。彼女が迷わず進んだ階段のある方向は自分が生まれ育った旧宅のある方角だったのです。方角を感知する猫の能力はスゴイです。

以前、とっても体調が良くなかった時にも朝に玄関に居たことがありました。それは死に場所に行きたがっているのではと感じました。そうか。強制給餌でいくぶん元気になったと思っていたけれど、生き物は死に場所へ早めに行く、あるいは確かめに行くのかと考えました。それでひとまず旧宅へ連れていってやろうと思いました。予報では大雨になるとのことだったけれど、降るまでには少しだけ時間がありそうな空でした。私は急いで身支度を整えて連れ出す用意をしました。午前11時過ぎに家を出て5分後に旧宅へ着き、玄関前の芝に置いてやるとクンクン芝を匂ったあと、あろうことか門扉の方へ歩き始め、おもて通りに出て行こうとするではありませんか。何コレ、以前はおもての芝や裏の広い芝が大好きで、すぐにそちらへ向かったのに・・。

その時間には旧宅に居ついている猫(♀)が居らず、裏庭へ連れて行くとさぞかしのんびりできるだろうと思いきや、しばらく芝生に座って辺りを見回すと、そそくさとガレージの方へ歩き出しました。コンクリートの階段をフラフラしながら5段降り、ガレージへ行くと、雨水をすこし飲んで、またガレージの柵へと向かい、おもて通りに出ようとしました。この行動は何だろう。死に場所へというには元気でまだ早い。用意周到なはるかさんのことだから先に確認をと思ったのいかもしれません。ちょっと待った!と私に再び阻止され、家の中に戻されました。小雨も降ってきたところでした。家の中では歩き回ることもなく、いつも居た私のベッドに座っておとなしくしていました。もう帰ろうね。旧宅に住みついたトグちゃんのご飯を置いてマンションへ帰ってきました。

帰ってきた時には、お昼ご飯の時間を過ぎていました。2~3日前からニャオと鳴けるようになったはるかさん。今日はイイ声で鳴いてご飯の要求です。おメメもキラキラしています。薄く切ったトリの胸肉を3切れ平らげました。そのあとにホタテを半粒。そして苦手の強制給餌によるトロトロ介護食。そのあとも眠らずに、ベランダへ出て行きました。定位置で香箱ずわりをするかと思えば今日は柵越しに下界を見下ろしていました。そのあと、ウロウロと歩き回っていましたが、さして気にも留めずにいると、居ない・・!ベランダのどこにも居ない。まさか転落、いや猫に限ってそんなことはあり得ない。では、もしや・・。身を乗り出してお隣のベランダを覗かせていただくと、な、なんと居るではありませんか!それもやけにリラックスした感じ、香箱ずわりでくつろいでいる様子。104歳の貫禄か。やば~い!早速お隣りへ。出てこられた奥さんに事情を話すとすぐにご主人がはるかさんをベランダから連れてきたくださいました。無事に逃亡犯を確保、脱走猫を捕獲です。身体が痩せて超スリムになり、置いているレンガの間をすり抜けてしまい、隣へ侵入してしまったようです。ご夫婦に平謝りしましたが、ニコニコ笑っておられました。(^^)(^^)

思い出してみれば去年はるかさんと一緒に見た桜が今年は見られるだろうかと考えていました。今年も車からだったけれど一緒に見ることができました。夏までは無理かもしれない。あしたから7月。もう夏です。前回もらってきた輸液4つが使い切れないかもしれないと悲しかったけれど、また貰いに行って来なければ。ここへ至るまでに何度もあきらめ、何度もあきらめず、悲しんだり喜んだりしながら、とにかくやってみようと、はるかさんに食べさせることに私のエネルギーのすべてを使ってきました。今日の彼女の意外にゲンキな行動は、それらの成果の現れなのだろうかと喜びながら、それでもいつかは越えられない時が来るのだろうと気を引き締めた次第です。

脱走した腎不全重度の老猫さん(1997年生まれ・人間なら104歳)、頑張っていますよ。=^_^= もちろん私も。(^_-)-☆
はるかさんはやっと眠ってくれました。その間に家事などします。次回は元気を取り戻した彼女の食生活の内容をお知らせいたします。大雨になっている地域の皆さん、お気をつけください。それではまた。3:25pm 良

|

« 腎不全 猫 食欲すこし戻る | トップページ | 死に場所を探す愛猫の行動 (超高齢・腎不全) »

家猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腎不全 猫 食欲すこし戻る | トップページ | 死に場所を探す愛猫の行動 (超高齢・腎不全) »