« 腎不全末期の猫とエンジェルタイムをどう過ごすか | トップページ | 考えた末の強制給餌 »

2019年6月 7日 (金)

はるかさん、頑張る

今日は朝からひどい雨と風、おまけに雷まで。昼を過ぎてやっと小雨になりました。このまま止むのかどうか分かりませんが、ピークは過ぎたようです。

この2日間、はるかさんは不調でした。まったく食欲がなく、起きだすこともなく寝ていました。このまま食べずに更に悪くなったら・・と、また考えてしまいました。はるかさんが食べられなくなる大きな理由に口内のトラブルがあります。先生は一見して歯周病だと言いましたが、そのために歯肉炎も口内炎もどこかに出来ているのかもしれません。状態が悪いと口臭がきつくなります。そして食欲を失います。幸いにも火曜日に抗生剤をもらってきて服用させたのが効き始めたのか、昨夜から食欲が少し戻りました。腎不全を持ち、口内にトラブルがあると、更に食欲が減退し、水分補給も減ってしまうので、意識してぬるま湯をそばに置いて自身での水分補給を促しています。けさは昨夜の残りの気に入ったマグロのフードを食べていました。それはアイシアの「焼津のまぐろ(シラス入り・まぐろとささみ)‘15歳’」です。昨夜の残りを食べることは殆ど無いのに、朝から食欲があって嬉しかったです。さっそく冷凍させた一食分をあげると、それもじきに完食しました。それ以後はトイレに起きる以外、ずっと眠っています。

猫の具合がよくないと私の気持ちも下がり、食欲が出ると気持ちは上がります。こんな風に猫の具合次第でで自分自身がずいぶん違うのが分かります。はるかさんは年齢も状態も、いつどうなってもおかしくないので、その覚悟もしながら、やっぱり少しでも長く生きて欲しいと願う気持ちは否定できません。しかし最近よく考えることは、起きだせないほどつらい状態になったら、その状態が長く続くことは可哀想で、今でも十分にしんどいのだから、その過酷な時間はあまり長いものであって欲しくないと願っています。彼女の息子は最期がとってもつらそうだったので、今でもその光景が浮かんで涙ぐみます。身体の水分がすべて抜けきり、皮膚が痩せた背骨に張り付いていました。歩くことさえ出来なくなりました。彼も早く召されたいと、庭へ抱いて出てあげると芝の上の感触や土の匂いがしたのか、死を迎える態勢になりました。別れはどんな別れ方でも悲しいです。どうかはるかさんの最期は、あまり苦しくないように願ってねJJ、と毎日彼女の息子に呼び掛けています。ママはとっても頑張ってるよ、空から応援してねと言いながら。 良

当ブログは更新が少ないですが、前回で300記事、今日で301記事となりました。いつもありがとうございます。

6月4日にメインブログの方で、一応の復帰と私の心身不調についても少しお知らせしました。宜しかったらお読み下さい。ムックのあざやかなピアノ演奏もお楽しみください。知っていましたか?彼がピアノの名手だってこと。!(^^)!

『右近トーク』

 

|

« 腎不全末期の猫とエンジェルタイムをどう過ごすか | トップページ | 考えた末の強制給餌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腎不全末期の猫とエンジェルタイムをどう過ごすか | トップページ | 考えた末の強制給餌 »