« 猫 腎不全末期 強制給餌のお助けグッズ | トップページ | 猫腎不全重度 はるかさんの脱走劇 »

2019年6月25日 (火)

腎不全 猫 食欲すこし戻る

皆さん、こんばんは。
強制給餌をしてから少し元気を取り戻し、自分から食べるなど食欲も少し快復して喜んでいます。大好きな朝一番のトロトロフードも欲しがらなくなっていたのが、今日はおねだりです。朝のトロトロフードも無理に口に入れるようになっていたのが、ん~んと小さな声を発し、台所の入り口まで来て待っているのです。振り向くと体は隠れている状態で顔だけのぞかせていました。そしてお行儀よく朝食の用意が出来るのを待っています。思わず“カワイイっ!” とカメラを手にパチリ!そこまで来て食事を待つという動きをしたことに私は大喜びでした。このあと健康缶20歳のトロトロフードを美味しそうになめました。しんどいので明るい表情はできませんが、こんな行動は少し元気な証拠です。うれしい。(^^)

Dscn0257_512_20190625220802

腎不全の末期の状態とは、人間では二日酔い状態の間隔という人がいます。猫なら船酔い状態でしょうか。とにかくしんどくて、だるくてたまらない状態であるに違いありません。しかし今はこれでも一時の全く食べず、口内の痛みもひどそうで、もう悪い方向へまっしぐらかと思っていただけに、食欲が出たのは何よりもうれしいことです。今日の食事をお知らせしましょう。メモ帳の記録です。

Dscn0250_512

7:40 トロトロフード舐める。
8:30  ヒルズ缶ほか2種のフードをトロトロにしたものを強制給餌。
この後、陽の当たるベランダのガラス戸の内側で眠る。それからベランダにも出た。
12:30  まぐろのたたきを少々。ヒルズほか2種のフードで強制給餌。
その後、ホタテ少々、鶏むね肉も少々精力的に食べた。
15:00  シニアミルク 強制給餌。
18:00  輸液後にヒルズにカロリーフードを加えて強制給餌。その後にご褒美の鶏肉、まぐろ、ホタテ各少々。それらは自分から勢いよく食べた。量は多くはないが嬉しい。

強制給餌を始めてよかったことは元気になったこと、食欲が少し戻ったことです。それから薬やサプリ類をフードに混ぜて給餌器から口にいれてしまうので、確実に服用させられることです。好きなものを食べると言っても食は極めて細く、飲み込みやすくしたフードを無理やりにでも口に入れるのは猫にも私にもストレスですが、やり始めたからにはこれを続けてみます。居間から台所にいる私をじっと見つめている姿をここ2~3日ほど目にし、少し前の‘食べるの大好き、ごはんまぁだ?’のはるかさんがチョットだけ戻って嬉しい一日でした。

はるかさんはとってもしんどいので、イイお顔をお見せできなくて・・。でも皆さんにご心配いただき、今日のはるかさんをご覧いただきました。いつもありがとう。夜になるとクタクタです。では、おやすみなさい。良

|

« 猫 腎不全末期 強制給餌のお助けグッズ | トップページ | 猫腎不全重度 はるかさんの脱走劇 »

家猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫 腎不全末期 強制給餌のお助けグッズ | トップページ | 猫腎不全重度 はるかさんの脱走劇 »