« 愛猫のご弔問ありがとうございます | トップページ | 愛猫が逝って3週間 虹の橋が架かった »

2019年7月18日 (木)

愛猫が逝って2週間

激しい雨の夜です。はるかさんが召されて今日で2週間になります。
皆さんには大丈夫ですなんて言ったけれど、ちっとも大丈夫ではありません。
まだまだ悲しいです。寂しいです。つらいです。

やれることはすべてやったという気持ちはあります。
だからと言って喪失感が和らぐわけではありません。
居た場所に居ない。するべき介護や看護が無くなった今、何をすればいいのか分からない。自分ひとりの食べること。それだけはしないと私が弱り、彼女が悲しむから。

今はもう苦しみから解放されて、愛息のJJと元気よく飛び跳ねて遊んでいるだろうか。
そうであれば喜ばなければならない。よかったねと私も喜ばなければならない。
車を運転すると決まって大声で君の名前を呼んだり話しかけたりと。
歴代の猫たちの名前を次々呼び、みんなよろしくね、仲良くしてねと言ったりも。

I miss you.
君が居なくて寂しいよ。
まだ私の目は一日じゅう潤んでいるよ。
風邪でもないのに洟もシュンシュン。

君との22年間。
あまりに思い出が多すぎて。
それらを思い出しては微笑んだり涙ぐむ。
もうしばらくはダメな私を許してくれるね。

彼女が逝ってから、頭の中をぐるぐる回る曲があります。
マーティ・バリンの“Hearts”です。
(その彼も昨年9月に76歳で召されました。)

はるかちゃん、失恋の歌だけど彼に会ったら天国で歌ってもらって。
一緒によく聴いていたこの曲を今夜も聴こう。聞こえるよね。

皆さんも一緒に聴いてください。大好きな名曲です。  良

◎ “Hearts” Marty Balin (日本題「ハート悲しく」) 

               「洋楽和訳」Neverending Music様   Thanks.

|

« 愛猫のご弔問ありがとうございます | トップページ | 愛猫が逝って3週間 虹の橋が架かった »

家猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛猫のご弔問ありがとうございます | トップページ | 愛猫が逝って3週間 虹の橋が架かった »