« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月28日 (土)

アイルランド戦 番狂わせではない日本の勝利 

皆さん、こんばんは。今日は猫とは無関係の話をいたしましょう。ラグビーです。勝ちましたね日本。私もテレビで、猫も居ないからひとりで観ていました。ひとりで熱狂、ひとりで拍手です。

勝利の瞬間に歓喜に沸く人々の映像が流れ続けました。口々に信じられない、大金星だ、番狂わせだと興奮気味に叫ぶ人々。これらの言葉が彼ら選手には、あまり嬉しいものではないと思います。選手ひとりひとりやチーム全体では誰もが勝つつもりで戦いに臨んだことでしょう。勝っても硬い表情で語るキャプテンのリーチ・マイケル選手は笑顔も見せず厳しい表情で言いました。もう次のサモア戦に向かって進むのだと。決勝トーナメントに残ることが目標の彼らです。もちろん決勝も思い描いている筈です。

また田中選手は今日の勝利の感想を聞かれて答えました。四年間やってきたことの結果だと。私たちは彼らがどれだけ物凄い訓練や練習をしてきたかを知りません。だからラグビーはまだまだ弱い日本というイメージが強いでしょう。開催国となるにあたり、選手たちは他国の選手たち以上の決意をし、ありとあらゆる激しい訓練に耐えてきたことでしょう。選手やスタッフの甚大なる努力の結果の勝利だったと思います。それを金星だ、番狂わせだと軽々しく言う民衆との間に大きなギャップを感じました。田中選手の言葉に矜持を感じました。

なぜ私たちは感動するのでしょう。このスポーツはルールも皆が詳しく分かっているわけではないのに、なぜ人は熱狂するのでしょう。他のスポーツ以上の何かを感じます。それは「密着度」と「信頼」に起因するように思います。ノーサイドの笛が鳴り響いた瞬間に私も背筋がゾクゾクっとしました。抱き合う屈強な男たち。讃えあう男たち。このスポーツに特に必要とされる信頼関係、それは自分もチームも信じ、まさに一丸となってトライを狙う共同体の絆の強さというものを感じました。

今日の勝利は決して金星ではなく、四年間の血と汗の結晶が実ったものだと思います。もしかしたら四年前に南アフリカ戦で勝ったことが「奇跡」と呼ばれたことの悔しさも彼らにあったかもしれません。次のサモア戦では、どんな戦いで勝利してくれるか今から楽しみです。

猫が一度も出てきませんでしたね。今日もトグちゃんにご馳走をあげに行きました。相変わらずよく食べます。私を引っ掻く素振りは見せなくなりました。耳もあまり寝かせなくなりました。少し心を開いてくれたのだろうと喜んでいます。それでは皆さん、よき週末を。良

 

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

“イワシ大好き アジ嫌い” のトグちゃん

こんばんは、皆さん。厳しい残暑が一段落し、夕方から涼しい風が吹くようになりました。しかし週末にはまた雨で、千葉県の被災した皆さんには過酷な状態となります。ニュースで見るにつけ心が痛みます。

TNRの‘さくら猫’トグちゃんの話をします。彼女は食べることが一番の興味であり喜びのようです。私が行く時間を分かっており、ずいぶん前から旧宅の庭で待っています。待ってくれる猫が出来たことは私にとっても大きな喜びです。旧宅に毎日行くほど用事は無いけれど、トグちゃんが待っているから一日も欠かさずに通っています。トグちゃんは私のエサもTNR活動のボランティアさんから貰うエサも食べているという事でしょうか。TNR活動で関わった猫には、元の場所に戻した場合、フードを与え、食べ残しは片付けて帰るというルールがあるそうです。トグちゃんが、いったい何処で誰にエサを貰っているのか知りたいです。私からも貰って栄養が行き渡り、毛艶もよく太っており、食べすぎかも。

私が与える猫御飯には必ず魚が付きます。トグちゃんはイワシが大好きですが、生のイワシは食べません。レンジで熱を加えたものが好きです。新鮮なイワシがひとパック100円で出た時、たくさん買っておきます。ひとパックには小ぶりのイワシが10匹ほど入っています。買ってきた時にパックから取り出し、冷凍用の袋に入れ、くっつかないように並べて冷凍します。それを毎日一匹与えます。ドライフードも、カリカリをしっとりさせて作る特製フードも、缶詰も毎回与えます。毎日イワシだと飽きるのではと昨日、スーパーで新鮮な小アジが出ていたので買って来ました。さぞかし喜ぶだろうと熱を加えて与えてみました。すると彼女はクンクンと匂いを嗅いでから後ずさりをしました。

えっ、なんで?何度かそばまで持っていきましたが、どうしても食べようとしません。猫なのにキラキラ光るとびきり新鮮な豆アジを食べないなんて。2パックだけにしておいてよかった。食べてくれないなら南蛮漬けを作って私が食べるしかありません。イワシ大好き、アジ嫌い。野良なのに食べる魚にこだわりがあるトグちゃんです。私の最愛のJJという白黒猫はアジがとっても好きでした。猫の好みもいろいろですね。

最後の飼い猫が逝き、更新も減っているのに、ご訪問の皆さんがそれなりにおられます。過去記事に参考になるものがあれば嬉しいです。今後、もう猫は飼わないので、だっこも、撫でることも出来ないバリ野良の狂暴猫トグちゃんのことなど時々書きます。飼い猫は居なくなったけれど、過去の経験を書くことは出来ます。まだ私はlossから抜け切れていません。もう少し元気になれば猫に関する文など書ければと思っています。それでは今夜はこの辺で。 良

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

TNR活動の是非・トグちゃんに思うこと

 こんばんは。千葉県では多くの皆さんが困窮しています。一刻も早く状況が改善されますよう願います。
今日もご訪問ありがとうございます。現在は実質『右近トーク』からこちらをメインブログに移行した感じです。毎日、一定数の皆さんのご訪問があり嬉しく思っています。

前回にはTNR活動や、トグちゃんの‘さくら耳’もご覧いただきました。私が知りたいのは、このトグちゃんが毎日、誰にエサを貰っているのかということです。私の旧宅がある地域は高齢化が進み、そのような活動をしている人たちがどこに居て、どこでエサを与えているのだろうかと疑問に思います。先日、旧宅のポストに「猫は室内で飼いましょう」という注意喚起のお知らせも入っていました。花壇を荒らす、糞をする、車に傷をつけるなどの理由が書かれていました。私は飼っているのではないので、それには該当しません。昔からおこなっているノラさんが来たらエサを与えるといった人間と近隣に生きる猫との共存をしているだけだと思っています。人間はもっと生き物に寛大であるべきです。

そんな私も近隣に迷惑がかからないように出来る限りの事はしてきました。一時期は猫食堂みたくなり、庭に10匹ほどのファミリーがエサ場や一族のくつろぐ場になっていました。その時も知人の協力を得て、ノラでさわれない子たちを一匹ずつ捕まえては不妊手術をしてもらいました。もちろん費用は負担してきました。お世話になった獣医さんは雄猫を連れて行った時、一匹だけを手術しても意味がないからしないでいいのではと言いました。そうかもしれません。地域に居つくのはメスで、オスは広範囲を渡り歩くので一理あるのですが、私の飼い猫のオスは長く居て欲しいので手術を施しました。(これも可哀そうなことをしたという気持ちはずっとありました。最愛の猫JJです)

もの心ついた時、すでに私の家には猫も犬も複数いました。昔のことなので猫はもちろん自由に出入りし、犬も当時は放し飼いも珍しくありませんでした。捨て猫や野良猫が居たらすぐに拾って帰りました。猫ご飯も犬のご飯も残飯や猫まんま(鰹節とご飯を混ぜたもの)、市場で安いすじ肉を買ってきて作る犬まんまなど与えていました。キャットフード、ドッグフードなど無かった時代です。飼われた猫も野良猫も自由に生きて逞しく、オスは大人になるとすぐに居なくなってしまいました。(メスは子供を産むからと飼うことを禁じられていました。そのため猫の子育てを経験したのは大人になってからで、はるかさんが見せてくれた時でした) 昔は飼い猫も野良猫も子供を産み、拾われたり、貰われたりと猫たちは生きていました。

今の時代は野良にも飼い猫にも厳しくなり、猫も犬もいったん飼われたら猫は家の中に閉じ込められ、犬はずっと繋がれたままです。私が子供の頃の昭和な時代の自由さはすでに犬や猫には与えられなくなりました。猫の場合は飼うなら家の中。これが今は普通のようです。そしてノラである猫たちは外で暮らしていると突然に捕まえられて麻酔をかけられて手術され、耳をカットされてマークを付けられ、元居た所に戻されるのです。このTNR活動は、殺処分される猫を減らそうというところから生まれた活動のようです。その猫が一代で幸せに生きていけるようにという事らしいです。しかし不妊手術を施された猫たちが本当に幸せに生きていけるのでしょうか。さくらねこでも捕獲されたり保護されたら殺処分という運命になるかもしれません。

猫たちは本来、恋をして子供をもうけ、子育てにいそしみます。オスは子孫を増やすべくメスを追い求め、メスも子孫を増やすべくオスを待ちます。かれらは他の動物たち同様に繁殖に重きをおいて生きており、それが自然な生き方です。ところが猫や犬は人間とあまりに近距離に存在する生き物であるため、人間側の事情により自由に子孫をふやせなくなってしまいました。のどかな時代は許されたことが、何も許されなくなった今を生きる猫や犬は私から見ればとても可哀そうです。外を出歩くことなく猫の楽しみはあるのでしょうか。人間のペットとして家の中に閉じ込められて生きることは幸せなのでしょうか。『ペット』として飼われた猫は人間のための生き物であり、さらに自由に外で生きている猫たちまでも本来の生き方をさせてもらえなくなってきました。産ませないことの強要。これしか猫対策は無いのでしょうか。

もちろん社会ではそうするべきだという論理は理解していますが、猫的には『さくらねこ』が最も幸せな生き方ではないことは明らかです。手術を施された猫たちにも楽しみはありますが、最も大切で燃える事柄である恋や、子育て、子孫繁栄のための行動が奪われてしまうのです。これを人間が勝手に猫の意思も無視しておこなう処置に私は快く思えないものがあるのです。猫と言えども意思はあります。猫らしく生きている猫たちに子孫繁栄の機会を奪うこの活動に私が心からの賛同が出来ないのはそういうことです。もっと他にすることはないのでしょうか。空前のペットブームで高いお金を払って犬も猫も購入される時代です。芸能人も自慢げに世間に見せびらかしてもいます。愚かですね。

そのようなお金を払って犬や猫を買う人たち全員が保護猫や保護犬を飼えばどうでしょう。猫が好き、犬が好きなら種類など関係ないでしょう。動物が本当に好きなら一匹でも救いたいと思うのではないですか。そういう活動や啓蒙をおろそかにして野良猫を妊娠させない猫たちに変えていくのが不幸な猫を減らす唯一最善の方法であると私は思わないのです。ペットブーム。こんな言葉が横行するうちは猫にも犬にも本当の幸せは巡ってこないように思います。ペット=愛玩動物は人間側からの考えです。思いつくまま書き、支離滅裂になりました。TNRが何だか嫌だなと思っていたことが分かってスッキリしました。たぶん私は野良猫たちの意思を確かめもせず捕まえて不妊にさせるニンゲンという生き物の横暴なやり方に不快感を持っているのでしょう。

今日もトグちゃんにエサをやりに旧宅に行きました。きのうは庭の業者さんが来て恐れて出てこず、警戒していましたが、今日は早くから真っていたようです。可愛いね。ヒヤー、ヒヤーと大声で鳴いてくれました。トグちゃんが居るならまた旧宅にも住もうかなと考えてしまいました。消費税も上がるのでネットでトグメシを爆買いしました。1~2年分くらいあるかもです。ドライだけも26キロ!そのほか缶詰やパウチやいろいろと。はるかさんが逝ってしまい、悲しくて悲しくて仕方が無かったのをトグちゃんが救ってくれました。もう猫との縁は終わったと思っていたけれど、トグちゃんが又つないでくれました。彼女には子育てのあの素晴らしい経験は出来ないけれど、明るく楽しく生きて欲しい。やっと1歳になったかな。抱っこできたら半飼いできるのになぁ・・。無理だろうな、キョーボー自由猫だからね彼女は。それではまた。良

| | コメント (1)

2019年9月 7日 (土)

『さくらねこ』のトグちゃん

こんばんは、皆さん。
前回にトグちゃんのことをお知らせしました。彼女が「さくらねこ」だということです。皆さんはTNR活動や「さくらねこ」という言葉をご存知でしたか?

超凶暴なトグちゃんが、なぜ「さくらねこ」になったのか不思議です。人間に対してとても警戒する猫だからです。でも彼女はいつも腹ペコで食べ物にヨワイという弱点があるので、檻に仕掛けられたエサを食べに入ったと思われます。そしてそのままTNR活動に賛同する獣医さんによって避妊手術が施され、保護ネコにはなれないトグちゃんはルールどおりに元いた所に放されたと推測できます。小さなトグロを巻いていた時、小さな仔猫でした。その後、捕獲されたのでしょう。そして関わるボランティアの皆さんを驚かせるほどの凶暴さで、私の旧宅近辺に住むことになったのです。

今日はまず、TNR活動について知ってください。と言っても私はこの活動に手放しで賛同しているわけではありません。自然のままに生きる猫たちを支援してきた私には、頷ける点と頷けない点があります。そのことはまた後日お話ししましょう。まずTNR活動についてお知らせします。

さくらねこ TNRとはーどうぶつ基金←クリック!


では、トグちゃんが「さくらねこ」である証拠をお見せしましょう。
左の耳に“桜カット”があります。お判りでしょうか。メスは左耳をカット,オスは右耳です。
麻酔が利いている間に施されるので痛みはないとのこと。しかし鍋が昭和な感じ・・(-.-)

 

Dscn0477_512

そんなことドーデモいいよ、とにかく毎日おいしいモノをいっぱい食べたいのだ~。
これくらいの距離なら許してくれるようになった。うれしい、うれしい。!(^^)!

Dscn0473_512

食べても食べても足りないニャン。今日も相当たくさん食べたんだけど・・(-_-;)

Dscn0474_512

食後はチョットおとなしく、耳以外は普通の猫のような雰囲気になる。耳・・・。
耳を寝かせっ放しの猫は私も初めて。ピンと立った耳は殆ど見たことが無い。

それでは今夜はこの辺で。  良

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

バリノラ猫のトグちゃん(♀)

 皆さん、こんばんは。ご訪問ありがとうございます。
このところ暗い記事が続いていましたが、今日は明るい話題です。毎日エサを与えているトグちゃん(♀)を皆さんにご紹介します。
彼女が旧宅に来たのは昨秋のことです。秋の初め頃だったと思います。私はまだ旧宅に住んでいました。はるかさんと一緒にです。

ある日、玄関側の前の庭で強烈な匂いがしました。それは間違いなく猫のウ〇チの匂いでした。しかも強烈に臭いのです。匂いの元を探してみると、庭木のそばに小さな小さな“渦巻き”を発見。そこから強烈な臭気が発せられていたのです。見た目は小さく、OKサインをしたほどの外周で、この犯人は仔猫だと想像しました。それにしてもクサい。とても小さなウ〇チなのに激しく匂うのには驚いた次第です。

初日には犯人の姿を見ることができなかったので、今度また匂ったら見つけようと思いました。しかし何度か渦巻はあれど、姿を確認することはできませんでした。そんなある日、ようやく見つけました。小さな茶色が混じったキジトラ模様の猫が、くるくるした目をして其処に居たのです。警戒してすぐに逃げてしまったので、触ることはできませんでした。それ以後、私はドライフードを置いておきました。すると必ず無くなっています。そして強烈な臭気も時々しました。

エサは無くなっているけれど姿をまったく見なくなって一か月以上が経ちました。私はエサを前の庭ではなく、敷地内の裏の庭へと続く道に置くことにしました。そこの方がおもての車の音や人の気配に怯えなくていいからと思ったからです。私の期待通りにエサはいつも無くなっていました。それに、なぜかもうあの強烈な匂いはしなくなっていました。“可愛い“とぐろ”を見ることは無くなってしまいました。そして久しぶりに見た姿は仔猫ではなく、すでに中ネコでした。更に以前と違っていたことは左耳がカギ型に欠けていたことです。

TNR活動というのをおこなっている人たちがいます。野良ネコを捕まえて避妊手術を施し、保護ネコとして貰い手を探せそうな猫は保護し、それに向かない猫は元の場所に戻してエサを与えるといった活動です。最初に来たときは耳に欠けはなく、中ネコになって来たときに耳が欠けていたのです。おまけに左です。雄猫は右耳、雌猫は左耳を麻酔の切れないうちにカットするのです。その形が桜に似ているので桜カットと呼ばれています。トグちゃんも「さくらねこ」だったのだと分かりました。トグちゃんの名前の由来はもうお分かりですね。可愛いトグロを何回か披露してくれたのでトグちゃんと名付けました。

このトグちゃん、私の猫との関り史上で一番、凶暴な猫でした。近づくことも触れることもできません。大きな声でずっと威嚇し続けます。耳を後へ寝かせて吠え続けるのです。これまで様々な猫たちを経験してきましたが、トグは最強の野良でした。ではそのお姿をどうぞ。

Dscn0454_512

毎日午後にエサやりに行くと、この通り。ギャオーギャオー、ヒャーヒャーと大騒ぎです。一日一回の食事なのでかなりの量を与えます。イワシやアジも付きます。美味しいキャットフードの缶詰もあります。キホンはドライフードを柔らかくしたもので、いろいろプラスします。おいしいドライはそのまま与えます。このように以前はガラス戸を開けて写真など撮れませんでした。これでも少し慣れてくれました。

Dscn0458_512

器を置くのにも強烈な猫パンチで爪が鋭く刺さるので、持ち手のある片手鍋でサッと出します。ひどく引っ掻かれ、傷がなかなか完治しませんでした。どうですか、この不遜な表情。少しの間も気を緩めることはありません。野良の鑑ですね。

Dscn0460_512

食べ終えて少し表情が和らぎました。もしもこの子がなついてくれたら私は旧宅とマンションの両方に住もうと思うでしょう。さわれない。これが問題です。バリノラのトグちゃんです。トグちゃんのしっぽは何だかぐじゃぐじゃで短いです。こんな凶暴な猫を馴らしたら大したもんです。可愛い。今時こんな猫も少なくなったから、希少価値です。私はこの子の為に雨の日も風の日もエサやりに行っています。それは私の為にもきっといいことなのだと思います。

今日はトグちゃんの紹介でした。耳はいつもこんなふうになります。ずっと警戒する猫は本当に初めてかもしれません。でも可愛い。(^^)
それではまた。  良

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »