2018年5月16日 (水)

暑い日の昼寝 猫とアルジのひとりごと

Dscn0871_512
数年前から季節がおかしくなってきた。秋がなく冬になったり、今年のように春なのに真夏のように急に暑くなったりと、四季が明確でなくなってきた。これには人間だけでなく動物たちも大変だろう。人に飼われた動物はまだしも、野性動物たちはエサの確保や子育てに奔走して懸命に生きているだろう。
それを思えば飼い猫は気楽である。急に暑くなったら、敷地内のどこか涼しい所で眠っている。空腹になれば家の中に入るだけで人間はサッと美味しいエサをだしてくれる。人間の溺愛が過ぎて太り過ぎて病気になってしまうこともあるリスクはあるけれど、食べものの苦労が無いのは好都合だ。
「何を言ってるんですか。わたしだってノラで頑張ってきたでしょ。幼い時からスポンサーとして貴方を頼らせてもらいましたがね。わたしもこの年になり、楽をさせてもらっています。食べることに困らないのは有りがたいことですが、たくさん居た猫たちが誰も居なくなり、たったひとり、貴方とだけわたしは居ます。食べるモノに困っても、あの刺激的で心が躍るような毎日は魅力的なものでした。此処に居つくまでの苦労はわたしの勲章です。こうして眠っている時、昔の思い出を夢で見ています。それはそれは楽しい日々でした。すべての猫たちが居なくなっても、まだ貴方がそばに居ることは幸いです。ふだん言えないことを今日は言いました。これからもどうぞよろしく。」
と、照れながらはるかちゃんが言っています。一日のほとんどを彼女は眠って過ごしています。日なたで寝ている時も頭は必ず日陰になるように眠るのは賢いなと思います。もっと暑くなれば体がすべて日陰に入るように寝ています。猫ともだちが居ないのは寂しいようですが、私はこれで猫仕舞いです。この子が最後の猫です。いつか来る別れの日まで、この子との大切な時間を穏やかに過ごしたいと思って暮らしています。彼女はまだまだ元気です。私も元気でいたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

桜の頃の猫散歩

こんばんは。今日もご訪問ありがとうございます。
前回に桜の頃にはるかちゃんと散歩をした様子をお伝えしました。今日はその数日後に別の所へ桜を見に行ったことなどお知らせしましょう。

三月末、とても天気のいい日でした。桜をもっと見ようと思い、はるかちゃんを連れて徒歩で出かけました。外が大好きな彼女は出かけるのを嫌がらず、むしろ嬉しそうです。私は肩にカメラをかけ、はるかちゃんを抱っこして歩きます。時にはカメラをかけたのと反対側の肩に載せていたりもします。そしていつもの帽子にサングラス。はるかちゃんには念の為リードを付けて。
Img_4422_512
私は桜に夢中でカメラを向けていたけれど、はるかちゃんを見失っては大変なので、カメラに両手を使う時は足でリードの端を踏んで写真を撮る。タンポポに興味はなさそうで、知らない場所でもどんどん先へ進むので気が抜けない。撮りながらも注意は怠らない。

Img_4431_512
先ほどの場所から道路を渡って反対側へ移動した。前方に見える桜の木を写したかったからだ。その前にはるかちゃんは何度も道草。道草を食うとはまさにこのこと。時々、草をかじってみたりする。やおら鋭い目つきで道路の向こうに目をやるはるかさん。1台の車が止まったようだった。帽子の陰でも分かるように、私は彼女を写していた。

停まったらしい車は動く気配がないのを私は察していた。何だか視線も感じていた。そのため私も次の動作がしづらく、しばらく写真を撮ったりはるかちゃんと話したりしていた。それでも動く気配がないので立ち上がった。すると反対側の道路に停めた車の中から、にこやかに御夫婦がこちらを見ていた。私は会釈をした。するとかれらも会釈を返してくださった。

「猫ちゃんもお散歩するんですか?」
助手席の奥様が尋ねた。
「はい。あまりにいいお天気で、桜が写したかったものですから一緒に連れてきました。」
「そうですか。珍しいですね、猫ちゃんのお散歩は」
「この子は元ノラで21歳になります。若い時は自由に外を歩いていましたが、年がいって、ひとりで外へ出る自信が無くなってしまったようなので、今日は連れてきました。猫はお好きですか?」
「大好きです!」
「では飼っておられるのですね。」
奥様は「はい」と答え、旦那様は目を細めて微笑んでいた。私はよく見えるように抱っこをし、覆面をしたように顔だけ真っ黒な、だがなかなか美人の我が愛猫を見せて差し上げた。
それが反対側の道路でなかったら、私ははるかちゃんを御夫婦にも抱っこさせてあげることができた。柵をまたいで越え、歩み寄って車の行き来する道路でそれは無理だった。私は「ありがとうございました」と挨拶をし、前方の桜の方へはるかちゃんと歩いていった。エンジンの音が後方で聞こえ、車は遠ざかって行った。40代くらいとお見受けしたその御夫婦は、いい車に乗っておられ、お洒落で上品な方々だった。またお会いしたいものだと思っている。

Img_4440_512
  さらに歩いて別の桜の場所へ来た。さっきの所より車の行き来が多く、歩道から1.5mほど高くなった土手を昇り、誰もおらず車も見えず、静かな所に出た。するとはるかちゃんは緊張が解けたように穏やかな表情になった。子どもの頃、秘密基地だと遊んでいたような場所で、しばらくはるかちゃんと私は座っていた。そして桜並木を裏側から見ていた。

こんなことをしていた三月の終わり、私は懸命の努力で体調が改善されつつありました。検査結果を聞きに行くのを数日後に控え、自信と不安が綯い交ぜになっていましたが、はるかちゃんと桜を見に出かけたこの時、晴れやかな気持で居ました。はるかちゃんは外が大好きなはずです。これからの季節、私はは紫外線がダメなので、時間帯を考えて時々は出かけようと思っています。散歩に行ったあと、更によく眠りました。はるかさんも私も。

今日もよく降りました。私たちの住む所では明日も降るようです。
今日は小雨の中、午前中に少しだけ庭作業をしました。
それではまた。  良 (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

長い冬でした

皆さん、こんばんは。
頭ヒゲで終わっていたこのブログは昨年の11月から動いていませんでしたね。にもかかわらず、毎日どなたかが訪れてくださっているのを知り、たいへん嬉しく思いました。
はるかさんもご老体なので、心配してくださっていたのかもしれません。具合が悪かったのは私の方でありまして、心不全の症状に悩まされてケッコウ大変でしたが、体調改善のため懸命の努力を重ねて再び日常を取り戻すことができました。11月頃から急速に体調が悪くなり、検査結果も驚きの数値で落ち込んでしまいましたが、落ち込んでいる場合ではなく、早く改善しないと、と頑張りました。今は動くことができて幸せです。私にとって殊更に長い冬でした。

はるかさんは今月初旬、怪我をしていることに気付き、慌てて病院へ連れていきました。そう言えば、三月末頃、庭で日向ぼっこをして寝そべっていた時、『ギャッ!』という叫びが聞こえました。同時にドタンバタンという音も。急いで庭へ飛び出すと、大きなオス猫が逃げていきました。その時は怪我も無くよかったと思っていましたが、今月になって彼女から異臭がするので調べると、左肩のあたりから膿が出て毛が固まっています。すぐに病院へ連れていくと先生は「噛み傷ですね」と。さてはあの時、噛まれていたんだ…。知らずにいて悪かったねと後悔しました。その日は傷の消毒と二週間ほど効果がある抗生剤の注射を打ってもらい、しばらくぶりの血液検査もしてもらいました。

2日後、再び病院へ行くと排膿が進み、傷は飛躍的によくなっているとのことでした。心配していた腎臓系統の値も悪くはなっておらず、安心しました。よかったね、はるかちゃん。賢い彼女は久々の車でも二度目は鳴きもせず、おとなしく乗ってくれて帰ってきました。食欲も回復し、すぐに元気になりました。はるかちゃんとは長い付き合いですが、怪我をしたのは初めてのことでした。春は遠征してきた雄猫が荒っぽいことをするのですね。はるかちゃんが惚れたボス黒はどのレディに対しても、絶対に乱暴なことをしない強くて優しい雄猫でした。若造は困ったものですね。それ以来、庭でリラックスして日向ぼっこをしたり眠ったり出来ない様子で、二階のベランダか、私が庭に居るか近距離の台所に居る時しか外へ出なくなりました。

さかのぼって三月末、例年よりも早く咲いた近隣の桜を見にはるかちゃんを連れていきました。彼女は右近庵の敷地から全く出なくなって数年。きっと懐かしいであろう近辺を歩かせてやろうと思ったのです。桜は満開でした。しかしはるかちゃんは桜どころではありませんでした。数年ぶりの外の世界に興奮の連続で、もともと丸い目を更にまん丸にして草の匂いを嗅いだり、柵の外へ出て崖のような所を下ろうとしたり…。楽しいお散歩でした。その頃、私はまもなく二度目の検査結果が出る直前でしたが、体調はよくなりつつありました。以下はその時の画像です。
Img_4408_640 『右近トーク』でも掲載した近隣の桜。凧がひっかかって取れなくなっているのが気になってシャッターを押した一枚。持ち主さんはなぜ諦めたのだろう。可哀想に…。

Img_4401_512
猫はみんな外へ出るとキリッとした表情になる。イイ顔してるね、はるかちゃん。
そうか、人間だってそうだね。家の中とはきっと違う顔で歩いてるんだろな。外で。
柵の向こうは崖だよ。滑り落ちても助けに行けないからダメ。ほら水も流れてるし。

連休ですね。お休みの皆さん、お仕事の皆さん、私のように年じゅう休日の皆さん、お元気でお過ごしください。それではまた。  良

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

また春が来た

御無沙汰いたしました。
留守にもかかわらず、毎日のご訪問ありがとうございました。
お陰さまで体調もよくなってまいりました。はるかさんも怪我などありましたが元気です。頭ヒゲは健在で、剛毛になっています。!(^^)!

すでに真夜中ですので、今日ははるかさんの姿だけご覧にいれましょう。でも顔は見えません。3月のある日、いつものように愛息のJJのお墓の前で毛づくろい。咲き始めた黄水仙が元気です。一緒にがんばろうね、はるかちゃん。あ、日付が変わった。おやすみ。

Img_4366_512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

引き続き猫の‘あたまヒゲ’について

こんばんは。
朝、起きたら小雨でした。日中は降ったりやんだりでしたが、先ほどザーッと強い雨の音がしたかと思うと、また音がしなくなったので、やんだのかな。霧雨かな。

雨の日は猫も退屈そうです。陽に当たって眠るのと、私のベッドで昼も眠るのとでは、猫にすればずいぶん違うのでしょうね。今日は2階のベランダでも庭でもなく、ずっと私のベッドで寝ています。人間も猫も晩御飯を終えました。

またまた‘あたまヒゲ’の話です。最近では人間、猫とも起きたら‘あたまヒゲ’を確かめるのが日課になりました。チャンスと思った時にカメラを向けて一生懸命に撮ることも。それがなかなか難しくてね。カメラを近づけ過ぎると嫌がってそっぽを向くし、今だっ!と思ったとたんに横を向くし…。10枚撮って1枚いいのがあれば万々歳です。

最近、私は敬意を払って‘あたまヒゲはるかさん’と呼んでいます。苗字と名前みたいになっています。彼女は賢いので、私が発する‘あたまヒゲ’という言葉が、自分の頭の上にあるアンテナみたいなヒゲだと判っているようです。目覚めたら‘あたまヒゲ’が成長していないかと指で軽くつまんで立ててやります。その行為と、あ・た・ま・ヒ・ゲという言葉はすでに彼女の中では結び付いていると思います。カワイイという言葉も覚えています。写真を撮る時、しきりにこの言葉を私は発し、よく撮れた時はカワイイを連発しているからです。この言葉で誉められると嬉しそうな顔をしますよ。

ところが今日、私はドジをしてしまいました。‘あたまヒゲ’を指でつまむようにして調えていた時です。一本が抜けてしまったのです。あぁ、やっちゃった!と私。大事な大事な‘あたまヒゲ’の一本を私の手で抜いてしまったよぉ…とガッカリ。しかしすぐに立ち直って長さを計りました。白いヒゲで3.3ミリありました。たった一本ある細めの黒いヒゲは無事でした。あぁ、よかった。黒ヒゲは一本しかないので貴重な‘あたまヒゲ’ですからね。もちろんはるかちゃんにとっても貴重です。抜いてしまったヒゲは保存しておきます。毎日、苦労して写真を撮っていますが、なかなかうまく行きません。昨夜のもの、今日のものをご覧ください。

Dscn0170_512

「月と‘あたまヒゲ’」ではなくて、懐中電灯で照らすとどう写るかとやってみました。左手で照らし、右手だけでブレずに撮る。出来上がりを見て喜ぶ。不思議な写真が撮れた、かな。

Dscn0181_512

ヒゲを調えていて抜けてしまった‘あたまヒゲ’。(+_+) 太くて、しっかりしている。3,3㎝ある。
しまったなぁ。大失敗。これからは気をつけないと。貴重なあたまヒゲのメンテには。

Dscn0186_512

あのね、皆さん、わたしの‘あたまヒゲ’がそんなに珍しいですか? きっと私が偉くなったからでしょう。わたしは20歳、人間なら100歳を超えています。ノラから始まったわたしの生涯は波乱万丈でしたよ。でもいつの楽しいことばかりでした。はい、わたしはpositiveなんですよ。だから元気で長生きしています。その御褒美に神様が頭にヒゲを生やしてくださったのだと思います。えっへん。わたしはエラいのです。だから頭にもヒゲ。どうですか皆さん。文句はありませんね。はい、よろしい。わたしの今後の目標は、あの偉大なるダッコ様の24歳5ヶ月に到達することです。はい、がんばりますよ。だってわたしが居なくなると、右近はどうなるのかと思ったら、そうそう早くはねぇ…。はい、がんばります。=^_^= はるかより

雨は上がったのかな。音がしなくなりました。
あしたは晴れて欲しいな。ビオラを植えたいのでね。
知っていますか、ビオラやパンジーは買ってきたらすぐに花も茎もバシバシ短く切ってしまうのがいいということを。せっかく咲いている花や伸びてきた茎を根元から1~2㎝位の所まで切ってしまうのには勇気が要りますね。でもそうしてあげるとたくさんの茎が出て花数がふえるのです。騙されたと思ってやってみて下さい。その様にして今頃に植えると、来年の5月末位までずっと咲いてくれますよ。寒さにも強いので雪をかぶっても平気です。可愛くて強い植物です。

週の真ん中です。後半も元気で頑張ってください。
寒くなるようです。今夜、私は‘初ひとり鍋’をしました。美味しかったですよ。(^.^)
それでは皆さん、ごきげんよう。    良

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

進化する‘猫のあたまヒゲ’

こんばんは皆さん。11月になりました。今日は十三夜ですね。
きのう今日と晴れて気持のいい陽射しでした。皆さんの所は如何でしたか?

さて猫の‘あたまヒゲ’ですが、なんとこれが進化しているのです!
数日前に黒いヒゲも見つけていたのですが、それが少しずつ伸びているのです。そのヒゲは白いものより細いですが、長さが目立って伸びています。黒いヒゲなら口のところにあるヒゲと同じ種類のものでしょうか。それよりは若干か弱そうに見えますが。以下が先ほど写したものです。

Dscn0132_512

白いヒゲも黒いヒゲも見えるようにと黄色の色画用紙を左手に持ってバックにしました。こうして見ると、ダントツに黒いヒゲが長いですね。うむ。
ちなみにサビ猫はるかさんは短毛種です。これら‘ヒゲ’を根元から定規で計ってみると、白ヒゲは2㎝強、黒ヒゲは3㎝以上もあるでは無いですかっ!
これらの‘あたまヒゲ’は、まだ成長を続けるのでせうか?あるいは数もふえてくるのでせうか?
そ、そんなことになったら…、ね、猫では無くなってしまうではありませぬか…。長くなったら切ればいい、けれど数や量がふえて鳥のようになったらどうしよう!Alas!

このところ猫の‘あたまヒゲ’のことばかりで申し訳ありません。リフォームを一か所終えて、次に進む前に、ただいま疲れを癒しているところです。頑張りが利かなくなりました。ひとつのことにエネルギーを使い果たすと、ゆっくり充電しなければ動けない。だからテキパキとものごとが進められなくなりました。それでもよしとしながら、slow paceでやるしかありません。やっと食欲が戻って体重もふえてきたので、よかったなぁと思っています。

近畿地方では明日は貴重な晴れの日だそうです。少し庭仕事ができたらいいなぁ。
週の後半に入りますね。週末から連休の皆さんは、それを楽しみにひと頑張りですね。

世間では、世界では恐ろしいことばかり。あしたが穏やかな日でありますように…。
それでは皆さん、ごきげんよう。      良

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

日々成長している‘猫のアタマひげ’

これは昨日、他ブログで掲載した記事です。
猫のことはこちらが先のはずでした。ごめんなさい。
ひとつ前の記事からお読みください。

皆さん、こんばんは。金曜日になりました。
週末になると私までがホッとします。

うちのはるかさんの‘アタマひげ’に関して新たに気付いたことがあります。それらが日々、成長していることです。前述したように、最初はほかの毛と同じように軟らかで、少しだけ長いというものでした。ところが年々、毛は太くしっかりしており、更に新しく分かったのは、それらが日々伸びていること、さらに根元近くには太くて白く、しっかりした毛が、伸びる準備をしているということです。やはりこれは‘アタマひげ’と言える種類のもののようです。

Dscn0093_512

よく見ると、数本の伸びた白いしっかりした毛の根元近くに、新たな堅い毛が伸びつつあるのも分かる。このあたりに‘アタマひげ’が必要な理由が何かあるのだろうか。今日は長いもので2センチ近くになっている。

Dscn0100_512

オバQとは言ったけれど、真上ではなく、少し後ろに生えている。口の周りにヒゲが生えるのと同じ理由がそのあたりにもあるということなのか?後ろからの危険を察知するため?通り抜けるためのサイズを感知するため?うむ、わからない…。(-.-)

Dscn0103_512

バックに黒い紙を立てて写せば、この不思議な毛の状態がよくわかる。頭で何かをいち早く感じとるという役割があるとすれば、それは何だろう。わからない…。(-"-)
私の疑問など素知らぬ様子で、彼女はひたすら眠ります。最近イビキが大きくなってきた。息をするたびに鼻がピーピー鳴っていることも。いろいろ親父化が進むはるかさん。あ、失礼。20歳、Ladyです。

台風22号がまたやってきます。風よりも雨に注意だそうです。もう雨はたくさんですね。被害が出ませんように…。
予測しにくい天候です。お出かけの際には万全の対策をなさってください。
よき週末を、お過ごしください。土日もお仕事の皆さん、頑張ってください。
それでは皆さん、ごきげんよう。     右近

※画像の日付が間違っています。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭にオバQみたいな毛がある猫

ご無沙汰いたしました。ご訪問ありがとうございます。
遅ればせながら以下の記事を掲載します。
22日に他ブログで掲載したものです。

こんにちは。よく降りますね。こう降ると投票率が心配になります。
さて、選挙速報を待って家で過ごしておられる皆さんに、私の相棒であり同居人である‘はるかさん’(サビ猫20歳)の微笑ましい画像を皆様にと思って出てまいりました。

はるかちゃんの頭には昔から不思議な毛が生えています。頭のてっぺんに毛が三本、のオバケのQ太郎のような毛です。ご覧ください。

Dscn9948_512

若い時からそこだけ飛び出している毛があり、それを見つけた人は皆まちがいなく、抜こうとします。ぬけかけている毛だとおもうのですね。でも次に「抜けな~い」と言いました。私も今まで何度も取り除こうとしたことがあります。でも除けません。それもそのはず、この毛は抜けかけている毛でも抜け毛でもなく、いつだってしっかり生えていた毛だったのです。

Dscn9953_512

拡大するとこんなふうに、まるでオバQそっくりに生えています。しかしこの毛に最近、変化が見られます。これまでは他の部分と変わらない色と軟らかさでしたが、どういう訳か、このように剛直毛へと変化してきたのです。むむむ、これはなんとしたことか…。

Dscn9956_512

長さといい、堅さといい、これはもう頭に生えている立派なヒゲではないか。ちなみにはるかさんの口ヒゲは黒ですが、ここに生えるヒゲは白です。こう逞しくなってくると、もう私は抜こうとすることや、取り除こうとすること、はたまたハサミで切りそろえようかということも完全にあきらめました。見慣れてくると可愛いヘアアクセサリーのようでもあるし、この毛が埋もれて見えないと、探して起こしてやったりしています。ここまで来たら、もっともっと立派な頭ヒゲになぁれと願っている飼い主です。あたまヒゲ。これ初じゃない? ( ̄ー ̄)ニヤリ

Dscn9900_512

ん?あたまヒゲ?はるかですが、何か? =^_^=

土砂降りの雨が続いています。開票速報までのこの時間、少しだけほっこりして頂けましたならば幸甚にて候。    右近  rain typhoon 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

ねむり猫

Dscn9964_512
こんばんは。
いかがお過ごしでしたか?

はるかさんは元気です。
食事を完全に腎臓サポートに切り替えてから、太りました。痩せてきたのは年のせいだと思っていましたが、食べものを替えると体重がふえたのか抱くと重くなりました。特に気に入っているのはヒルズの缶詰です。ひと缶を6個の塊で冷凍させており、これを解凍して少し湯を足し、粒状のところをスプーンで潰してなめらかにします。そうすると舐めやすいのか少しも残らずに全部なくなります。夜間はドライを食べています。エサ場まで行くのが億劫ではないかと、ドライフードは何と私のベッドに置いてあります。枕の横です。昼間はドライを食べないので置いていません。水は常に家の中の何ヶ所かに置いてあります。もちろん私のベッドに彼女のと私の水。

元気者の彼女も動くことが億劫になり、一日のほとんど眠っています。たまに夜更けに少しだけ外へ出ていきます。それも敷地内だけで、玄関側の庭で誰か猫が通らないかと見ているようです。賑やかだった猫たちの時代は過ぎ、最後に彼女だけが残りました。どういう訳か野良猫もまったく見かけないし、遊びに来なくなりました。寂しいです。はるかちゃんも寂しそうです。でも寄る年波には勝てず、眠ってばかりいます。何をしてあげれば喜ぶだろうと、じゃれるのが好きだったので遊んであげようとしても乗ってきません。あぁ、あの活発でよく遊んだ彼女もこういうふうになって行くのだと、まだ半分くらい信じられない気持です。とにかく活発な子でしたから。

そういう私だって、じっとしていることが無いほど活発な人でした。どの年代の時も、たえず複数のことをいろいろやっていましたね。今は病気の進行もあり、年齢的にも行動的では無くなっています。二人して、一日の多くの時間をベッドの上で過ごしています。老いるということはこういう事なんだなと感じています。きっと賢い彼女のことです。自身の老いをちゃんと受け容れているのだと思います。一方、ニンゲンの私はまだ完全に受け容れることが出来ていないというのに…。苦笑

ところでこの時のはるかさん、起きていますね。だって耳が眠っていない。スキのなさは今でも健在。もう…、また写真ですかと思っているね。あのさ、キミ、ちょっと眠りすぎじゃない?
体調は少しだけよくなりました。薬の副作用のせいもあってね。そう、ステロイド剤の。
ここ数日また暑くなり、身体がついていくのが大変です。皆さんもお気を付けください。連休が終わります。お疲れさまでした。明日からまた頑張って、ください。それではまた。   良

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

おめめパッチリ 猫のはるかさん(20歳)

Dscn9900_512
皆さん、おはようございます。いつもご訪問ありがとう。
これは昨夜、というか日付が変わっていたので正確には本日の未明に写したものです。撮れましたよ、おめめパッチリのはるかさんが。(^_-) そろそろ寝ようと布団に入ると、おもむろにはるかさんが私のミゾオチのあたりに上がってきました。いい顔してる、チャンスだっ。そしてパチリ!成功。\(^o^)/ ほら可愛いでしょ。今日はヒョウタンツギじゃない。とっても美人です。でも何か考えている様子。私も完全には信用されていないからね。特に最近は、いつ口をこじ開けられてピュッと薬を入れられるか分からないので、私と彼女は微妙な緊張関係にあります。

この子は賢くてね。大好きなwetのフードを用意して気を引き、いきなり口を開けて小さな注射器でピュッと入れます。どんな味なのか私は試していないけれど、美味しいわけないよね。それから御馳走を差し出します。しかし最近はそのフードを用意していると警戒態勢に入るはるかさん。低い姿勢で何処かへ避難を始めます。そうか…。好物よりも薬拒否が優先なのか…と私。かと思えば猫は気まぐれなので、いつのまにか二階から降りてきて、私にスリスリしてそのフードをペロリと舐めてしまったり。彼女の方が一枚「上」かな。=^_^=

ところで皆さんにお詫びです。猫のことは此処が一番先の筈なのに、ここのところ「右近トーク」の方が猫も先になってしまってごめんなさい。少ない数の此処への訪問者である皆さんこそ大切にしなければなりません。皆さんは間違いなく猫好きでしょうから、皆さんとお茶でも飲みながら猫談義でもしたいなと思うことがあります。過去にこの人なんだか気が合うなと思うとやっぱり猫好きだった。そんなことがよくありました。もちろん犬も好きです。生きものぜんぶが大好きです。だから『ダーウィンが来た!』の大ファンです。私は生きものの中でいちばん苦手なのは‘ニンゲン’かもしれない…。嫌いでは無いのに怖くて近づけない…。

台風18号の影響で右近庵も朝から雨になっています。まだ土砂降りでは無く、降ったり止んだりです。今は小雨で薄日が射しています。庭仕事が出来ないから衣類整理でもしましょうか。皆さん、台風を甘く見ないで下さいね。雨にしろ風にしろ、急変が恐ろしいですからね。車の中にガラスを割るハンマー、積んでいますか?懐中電灯や水を積んでいますか?それでは皆さん、お気を付けて。 
        
あるいは右近 (どっちでもいい)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧