2017年3月 1日 (水)

あと少し

昨夜から神戸入りして用事を済ませ、夕方に帰って来ました。
あと二回ほど行き来すれば一段落します。

今日は、ツンデレはるかさん、とっても喜んで迎えてくれました。よほど寂しかったのかな。もう少しで終わるからねと話して聞かせると、分かったというような顔をしました。

猫の柄では人気の低いサビ猫は、実はとっても猫として優秀なのですよ。まず丈夫、それから人なつっこく賢い。と三拍子そろっている猫が多いと言われています。ご存じのように三毛猫と同じでメスしかいないのもサビ猫の特徴です。はるかちゃんは私が話すことをしっかり目を見て聴いています。返事こそしないけれど、いつも全部分かっているように思います。

いま私はかなり疲れているのだと思います。その感覚があまりないけれど。
今日は早めに休みます。少し早めの「おやすみなさい」。      良

| | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

節分のイワシ

こんばんは。
節分ですね。明日からもう春だなんてね。
でも庭のフキはもうフキノトウを出しているのもあって、陽射しにも少し春を感じます。

併設の『右近トーク』にいま記事を書いてきたところです。珍しくココアを入れて飲んでいます。夜には珈琲や緑茶は控えるようにしています。昼間は珈琲、紅茶、緑茶とひっきりなしに飲みます。なぜなら私は唾液がまったく少なく、舌や喉や口内が辛くなるからです。昨年の後半から唾液不足が深刻になり困っています。今の悩みは舌がひび割れて痛むことです。っとっと、ここは猫のことを書くブログでした。失敬。

先ほども節分の日の猫たちのことを書いてきたところですが、もちろん皆さんにも。
私は節分にイワシを食べることを守り続けてきました。邪気を払う目的でイワシを焼く煙や匂いが効くと昔の人は考えたのですね。豆で鬼を追いやり、匂いでも寄せつけない。それが昔の人たちの考えた魔よけでした。

この節分の習慣を喜ぶのが猫たちです。いろいろな所からいい匂いが漂ってくるのですからたまりません。ソワソワ、ウキウキ、猫たちは落ち着かない様子でした。なにコレ、いい匂い~。な、なんだこれは、クンクン、イワシだな。などと私が焼くイワシの匂いだけでなく、其処ここからいい匂いが漂ってくるので猫たちはたまりません。せっかちな子は走り出してしまいます。かれらは私だけでなく、他にもスポンサーが居るようなので、先にそちらへ行く子もいました。急いで食べてイワシの頭を柊(ヒイラギ) の枝に挿して置いておくと、いつのまにか無くなっているのが常でした。どの子が食べたのかな。そんなことを考えるのも楽しいことでした。

今日は食べ残った頭をはるかちゃんがバリバリ食べていました。最近は夜中にお散歩に出かけて一時間くらい帰ってきません。狩りにはまだ早いのに何処へいくんだろ。もしかしたらこの子も別のスポンサーがどこかに居るのっ?!えっ、二股?三股? (笑) 彼女は若い頃、ほとんど家にいませんでした。帰ってくると何だかいい香りをさせていたり…。若い女性が使うようなコロンのような。(笑) 今はもう殆ど家の中か庭です。ただ、春を感じるのか、最近の真夜中の謎のお散歩が気になる私です。たぶん春からの狩りのために調べに行くのだと思います。野ネズミやモグラの巣を調べに行っているのでしょう。猫の童話の様な話でしょ? ワイルドな、はるか婆ぁです。

節分のことを書いている記事をリンクしておきます。宜しかったらお読みください。
『右近トーク』    それではおやすみなさい。あしたは暖かいようでです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)