2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 『優先順位』はむずかしい | トップページ | 絞っていく時期 »

2011年10月 6日 (木)

愚か者であり続けること

アップル社の創設者で元CEOのスティーヴ・ジョブズ氏が亡くなった。8月に退任の挨拶で公に出てきた時のあまりの痩せように直感したが、思いのほか早い逝去だった。

私はMacのユーザーではなくipodもiphoneもipadも持っていない。しかし、いち早くマッキントッシュというOS(Operation System)を世に送り出した彼の偉大さや大胆な発想、さらにはいくつかの名言について人並みに知っている。折しもipad2の購入を考えているところでもある。だがライバルでありプライベートではよき友人であったというビル・ゲイツ氏が率いるマイクロソフト社も、近い将来Windows8を搭載したタブレット端末を発売予定だという。それを知り、もう少し待って比較しようかと考えているところだ。ITのなかでもこの分野はこれからますます各社とも進歩するだろうが、迷ったり待ったりする人たちにはアップル社の製品に憧れをもつ人は多い。私もその一人だ。そんな憧れとともに、世界中の人々のライフスタイルを大きく変えた彼の偉大さに、いたく尊敬をしている。

東日本大震災で発売が遅れたipad2が欲しいと思った理由は薄くて軽いことだ。私は病気のために指関節や手首の力がほとんど無くなるときがある。特に血流の悪くなる冬場にはそれが著しい。また起き上がるのも大変で、ベッド脇に置いているノートパソコンをデスクごと引き寄せるのすら億劫になることもしばしばだ。そんなとき、ベッドで上体をバックレストにもたれさせて操作できる軽くて便利なipadはずいぶん力を発揮してくれるだろう。出歩ける訳ではないから無線LANで室内のみの使用になるが、アプリをさまざま入れると世界が広がり、楽しみも無限大になる。このようにIT(Information Technology)は、私をはじめ多くの病気の人たちにも大いに貢献している。病人の私が世界の情報をベッドで瞬時に把握できる利器。それひとつをとっても功績は偉大だ。その彼は56歳の若さで世界を、生涯を駆け抜けた。偉大なる才能を発揮し、駆使するにはその長さが限度であったのか。

スタンフォード大学における彼の演説の中に有名な言葉があるという。それは“Stay hungry.Stay foolish.”という言葉らしい。空腹であり続けよ。馬鹿であり続けよ。そのような意味だ。私たち凡人は年を重ねるにつれ穏やかになり、貪欲に求める気持ちを失い、妙に思慮分別をつけたがために大胆なことが出来なくなる。孫と遊ぶのを楽しみにし、趣味に興じて日々を暮らすことは幸せで平穏な生き方ではある。何も今から無理に腹ペコになることもなかろう、馬鹿になど更になれないと人生の後半では守りの態勢に入る人びとが多い。実のところ私もそうなりかけている。いや、なっている。

けれども私にはそれで満足できない気持ちも強い。病弱なくせしてまだ何かができると夢を見ている。これを「空腹」といえばそうかもしれないし「馬鹿」といえばそうだろう。私は出来もしないことをしたがり、何でもかんでも興味をもって真剣に取り組もうとするが、それはいいことなのだとジョブズ氏の言葉で気づかされた。私は充分に腹ペコで、充分に馬鹿である。たとえちっぽけな人間でも「貪欲」で「愚か」であり続けることは貴重なことで、取りも直さずそれはその人の中心的な体幹部分である精神を構成する。満足しないこと、愚直に求めて生きることは大切だ。「その日」が来るまでにしたいことも、しておきたいことも沢山ある。私も腹ペコの馬鹿者、何かを追い求め続ける貪欲な愚か者でありたいと思う。

鬼籍に入れど歴史に遺る不滅の人、偉大なるスティーブ・ジョブズ氏の冥福を祈りたい。

« 『優先順位』はむずかしい | トップページ | 絞っていく時期 »