トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004年10月31日 (日)

今川焼きだもんね♪

夜中(早朝)の軽食タイムかおやつタイムに私はここへよく現れます。
今日は仏サンのお下がりのミニ丼と野菜スープです。それから差し入れの今川焼きがあるんですよね。私はあずきにほんとうにヨワい・・。

私にはふしぎに思うことがあります。なぜ皆さんは足シゲクお越しくださるのでしょうか。もちろん嬉しいことですよ。でもですね、きのうupしたばかりで今日は更新は無いと分かっておられるはずですのに。

そこで休憩でお茶を飲んでいる間、なぜかという理由を少し考えてみるとしましょう。うむ、むずかしいなぁ。なにかなぁ。なんでかなぁ。

◎心配だから ◎なんか気になるから ◎なんとなくハマッテいるから
◎たまにイイことを言うから ◎タイヘンそうな人生で可哀想だから ◎テンネンで毒にも薬にもならないから ◎最近は突然に小説をupするから ◎夜食に何を食べるか興味があるから ◎ネコが好きだから ◎古くさぁい未知のことを時々話すから ◎ときどきイカッテ面白いから ◎習慣だからetc・・

まぁとにかくありがとうございます。私はシンドイとよけいに動くという欠点があります。それでなかなか治らないのです。しかし今日は何もしないでいましたら、少し良くなったようです。ずっと寝床でした。退屈です。

小説の次のところは初作では気に入らない部分だったので、大幅な手直しをしています。はい、寝床の上で。あ、そうでした。緊張しているナオちゃんで終わっていましたね。さあ、どうなるのでしょうか。楽しみですね。

お茶も今川焼きもなくなりました。では、もう少しだけ書きます。
           

|

2004年10月30日 (土)

もう帰ってほしいな、シェーグレンさん

脱力感やあちこちの乾燥が、かれこれ2週間ほど続いています。風邪気味なのも一緒になってだるさがとれません。膠原病のなかでもこの“だるさ”がシェーグレン症候群の特徴なのです。それに私は薬の量を抑えているので、体調が崩れると尚更だるさがきてしまいます。

それでもネコたちの世話はありますし、自分も何か食べなくてはなりません。ですから、少し動いては横になり、ということの繰り返しをしてなんとかやっています。3週間以上続くと病院へ行ってこようと思います。

しんどいなぁ、だるいなぁというときでも、書き始めるとシャキンッとするのはなぜでしょうね。その間だけしんどさを忘れているのです。たしかセンセイ時代もそうでしたね。仕事中は忘れていましたね。ふしぎです。

「ひとり言」で書きました写真立て形式の仏壇は「シンシア」という商品です。これに今Hiroshiは居るのですが、同じものを「愛する人を亡くした人のための100の言葉」の中原さんも、系列サイトで紹介しておられました。シャレててなかなかいいですよ。

それにしても「現代仏壇」ってスゴイですよ。美しいですよ。一度どこかでご覧になってください。難を言えば、お値段が少々高いことです。私が行ったギャラリーには山口百恵サンの家にも置かれているというものもありました。はい、それはイタリア製で147万円(!)でした。

仏壇屋を渡り歩き、ネットで調べたりするうちに、仏壇にも関西と関東で違いがあることを知りました。大阪仏壇は金箔のものが多いです。オバサンだけでなく、仏壇も大阪ではハデなのです。(実家のもハデだったなぁ) 一方、関東では紫檀、黒檀のものが多いようです。こちらはシックですね。

お仏壇を置き、ご先祖様を祀る心構えが私にできているのかどうかわかりませんが、とにかく来週運ばれてきます。(汗)ではまた布団に。おやすみなさい。

|

2004年10月29日 (金)

何曜日だっけ

え~っと、今日は何曜日でしたっけ。えっ、もう金曜日!
これは大変だ。まだ詩しか書けていないのに・・。

これは寝ている場合ではないぞ。書けるかどうか分からなくても、一応やってみなければ。原稿用紙はドコへ行った。あ、あった。Never give up!

|

2004年10月28日 (木)

今日は「ぶどうぱん」

皆さん、こんばんは。水無月右近です。(たまには言わないとね)
秋が深まってきました。右近庵から見える山々も色が変わり始めました。夏から一気に秋になってしまったように感じられます。皆さんはお元気ですか。私は元気な日とそうでない日が交互に来ます。ダメな日は、まあいいかと、ダメな自分を近頃は許してやっています。

最近、私はどうも言葉不足だったり余計なことを言ったりしています。カボチャの話を“まあちゃ。”さんがしてくださったあと、カボチャを送っていただいた話をしましたが、それは別の知り合いの方からです。まあちゃ。さんではありません。ご迷惑をおかけしたかもしれません。申し訳ありませんでした。

次に、嬉しくなかった言葉について書きましたが、ボードに来てくださった皆さんのことではありません。皆さんはとても嬉しい言葉をくださいました。あれは私の身の周りの親しい人たちのことです。皆さんの言葉は一番嬉しかったのですよ。本当です。お顔もお名前も知らない皆さんからの言葉は私を支えました。なぜなら「書いて」と言ってくださったから。

それから。ボードの書き方につきましてもワケの分からないことを喋ってしまいましたね。ご説明します。通常、いわゆる“レス”というのはそのメッセージの下につけるようですね。ところが私はなるべく数字を並べたい性格でして、上に上にと書き込むのです。それ皆さんもしてくださっているなぁ、なんでわかったのかなぁ、ということなのですよ。以上です。

おなかがすいたので、さっき深夜のコンビニへ行ってきました。何を買おうかなと見ていても、特に食べたいものがありません。そんなときはパンです。(私はパンが大好きなのです) 久米ヒロシさんがやっていた“最後の晩餐”で何が食べたいかと聞かれたら、とびきりおいしいコーヒーとトーストと答えますよ。それくらい好きなのです。アメリカでもイギリスでもパンがおいしくて感激しました。うむ、海外へ旅するのもいいか。しかしネコたちが・・。

おっと。それでコンビニで買ったものは「ぶどうぱん」です。フジパンのです。紙の袋に入っているのも気に入っています。これにバターを少々ぬり、カフェオレでも。あとはりんごを皮ごと。むくのがめんどうですからね。

こうして私のムダ話を聞いてくださってありがとう。
これにどれだけ助けられているかなんて、皆さん知らないでしょ。


|

2004年10月27日 (水)

みんなで義援金を

新潟中越地震被災者の方々への義援金をあなたも

  「日本赤十字社新潟支部」
 
   郵便振替  00530-2-2000  (手数料は無料です)

|

更新しました

「透けてゆく人」更新しました。ふたりは楽しい食事をしますよ。

|

2004年10月26日 (火)

ヤケド完治のご報告

お騒がせいたしましたヤケドですが、治りました。
皮が黄色く硬くなり、その下の皮膚は張っているので完治しました。ありがとうございました。おまけに、好きだと言ったことからカボチャまで送っていただきました。(汗) 湯がくときには、くれぐれも気をつけます。

そうだ、忘れていました。カボチャ料理でとっても好きなのは「いとこ煮」です。ほら、あずきとカボチャを煮たものです。あれ、大好きなんですよね。なぜいとこ煮かと聞かれてこたえられず、食感が煮たもの同士だからかなと答えました。たぶんあっているのではないかなぁ。おいしいですよね、いとこ煮。

本日の夜食はカボチャのサラダ、豆腐とアゲの味噌汁、自家製ナスの味噌いため、ジャコと自家製シソの実入りバター炒めのふりかけ、それからご飯です。あ~、おいしかった。さあ、ちょっと書こうかな。もうじき夜が明けるけど。

|

2004年10月24日 (日)

クロイチ君の家ができた♪

クロイチ君の家ができました。娘のKが造りました。私はまだ体が快復しないので、手伝わずに家の中から見ていました。

キャンプ用品を入れていたプラスティックの白いかごを洗って乾かして毛布を敷き、さらにそれを丸ごとダンボール箱に入れました。ダンボール箱の一方には出入り口の穴を四角くあけ、そちらを風が吹かない方へ向けて置きました。

さあ、クロイチ君の気に入るかな、ちゃんと入ってくれるかなと見守っていましたが、なかなか入らず、夜になってやっと入ってくれました。よかった。よかった。これでなんとか冬が越せるぞ。クロイチ君がんばれ。

娘が帰るとまた静かな日曜日、ひとりの日曜日です。何曜日だかわからなくなる平日の方が好きです。まだひとりの土日に慣れないのです。早く慣れないと。体が快復すれば本屋に行きたい・・。少しだけお洒落をして出かけよう。

明日からまた一週間、お元気で。
すべてのつらい状況の方々が、早く楽になれますように。

|

言葉の威力

 ★悲しくなった言葉・意気消沈させられる言葉

◎ さあ、もう前向きにがんばろうね(まだまだがんばれないですよ)
◎ お気持ちは察しますが、いつまでも悲しんでいたら彼も悲しみます
 (では彼と悲しみたいです。それに簡単には察していただけないですよ)
◎ ご冥福を祈ります。私は幸せにしています(信じられない言葉でした)
◎ あなたならきっと大丈夫ね あなたは強いから(いえ、強くないですよ)
◎ 人の命って分からないものですね(今の私にこの言葉は酷ですね)
◎ そういう運命だったのですよ(慰めてくださっているつもりでしょうか)
◎ だんだん元気になりましょう(年下のあなたに言われたくないですよ)
◎ 悲しいでしょうが、あなたの体の方が心配です(よけいなお世話です)

言葉を追求する者として普段から多少は人より言葉に繊細ではあるかと思いますが、今は特にHiroshiの死に対して与えられる言葉に敏感です。これらの言葉にはかえって衰退しました。チョットひねくれ者の右近です。

★うれしかった言葉・やすらぐ言葉

◎ 悲しいですね。彼のためにうんと悲しんであげてください
◎ 無理にがんばらなくていいのですよ
◎ 今はとにかくゆっくり休んでくださいね
◎ 悲しいときは我慢しないで。うんと泣けばいいのですよ
◎ 悲しみを完全には分かってあげられないけれど、私に何ができますか
◎ あなたでよかったのですよ。その悲しみを背負ったのが彼でなく  

私は欝病も経験しましたが、その時と同じく励ましは今の私にも酷なのです。誉めたり慰めたりされるよりも、悲しみたいだけ悲しめば、休みたいだけ休めばいいと言ってくださる言葉がうれしいのです。同じ思いをした人としか分かちあえないでしょうから、誰にでも理解してもらおうとは思っていません。現在の私を認めて受容し、立ち直るまでを見守ってくださる人がありがたいのです。これらは優しい言葉でした。

言葉というのは良くも悪くも圧倒的な威力を持ちます。人の死に対しての慰めや励ましは、慎重でありたいものですね。また、こんな言葉もありますね。

 「人は黙している時、いちばん多くを語っている」

ああ、こんなことを言うと、また皆さんがロムさんになってしまう・・。
そ、そういうことではなくてですねぇ・・つまり・・おやすみなさい。 
   

|

2004年10月23日 (土)

“森黒一君”のこと

私は三匹の猫を飼い、その他にも庭に来る三匹の外猫にエサをやっています。今日は外猫の一匹“森黒一君”のことをお話しします。

クロ君はひとり言にも登場している先代クロ(じいじいの父親ではるかちゃんの夫)の子どもです。したがってじいじいとは“腹違いの兄弟”です。息子のクロもやっぱりクロと呼んでいますが、このクロ君、声がとてもhuskyなのです。ニャーンというより、ハアァッ、ハアァッとかすれた声で鳴きます。そうです。まるで歌手の森進一サンみたいなのです。ですから森クロイチ君という名をつけ、森クン、クロイチ君などと呼んでいます。

クロイチ君は私の庭に住み着くまでは苦労をしていたようで、体が丈夫ではありません。食べたものをすぐに吐いてしまったり、下痢をしたりします。でも、栄養状態がだんだんよくなり、太ってきました。dry foodよりもアジやチクワを好み、温めた牛乳が大好きです。元気そうになってよかったです。

クロイチ君は体が弱いせいか、他の猫たちのように出歩きません。庭のどこかの陽のあたるところで毛づくろいをしたり眠ったりして、一日中右近庵の敷地内にいます。ですからいつも私と一緒にいるようなものです。病弱な者同士、なんだか分かり合えているように思います。私を慰めてくれます。

家の中には長老ダッコが入ることは許さず、この冬もクロイチ君は家の横手の屋根のあるところで過ごさなければなりません。右近庵の寒さはかなり厳しいので心配です。夜中に咳き込んでいると心配で見にいきます。クロイチ頑張れ。君に暖かい家を造ってあげようね。

一週間ほど風邪気が取れません。ですから庭にも出ていません。微熱がとれたら庭に出てナスやピーマンを摘まなければ。まだできるのですよ。
すごいでしょ、彼の作った夏野菜は。では皆さん、よい週末を。

|

2004年10月21日 (木)

皆さん、大丈夫でしたか

各地に大きな被害と多くの犠牲者を出した台風23号です。列島を早いスピードで縦断しました。皆さん、被害はなかったですか。

本当に今年は台風の当たり年です。いくつも来ます。24号も発生しているそうですが、日本に向かわなければいいですね。

山沿い、海沿いに住んでおられる方々、くれぐれも、くれぐれも早めに避難してください。自然は怖いです。危険を感知し、命を大切にしてください。

|

リンク一件追加しました

昨夜、仏教用語を詳しく知ろうとネットで検索中に、こんなサイトを見つけました。

 「愛する人を亡くした人の為の100の言葉」です。

きのうご紹介したのは、最初に載っている文章です。
中原憬さんが書かれた言葉の数々を読みふけってしまいました。そして途中から涙をこらえることができませんでした。

Hiroshi とのことは後悔を山ほど残したと感じています。だから悲しみよりも悔いばかりなのです。そんな私を救うような言葉もあり、ただ、泣けました。

私のように愛する人を亡くした人でなくても、きっと心に沁みる文章が多くあります。ぜひご訪問ください。そして私の気持ちを少しだけ察してください。

|

2004年10月20日 (水)

中原憬さんの言葉

1.あなたがこの悲しみを引き受けることにより、その人はこのつらい悲しみを悲しむことがなかったのです。


強い絆で結ばれた二人がいたとき、片方が旅立ち、片方が残されるのは、この世の宿命です。人は必ず訣れなければならないと運命づけられています。悲しみを背負って生きて行かなくてはいけないのは、一人だけです。

あなたは愛する人にこの悲しみを味わわせることがなかったのです。


       中原憬 「愛する人を亡くした人のための100の言葉」より

  

|

秋の味覚サンマ

「通信」のほうで「七輪ではサンマを焼け」と久しぶりにイカッてしまいました。そのせいかサンマが食べたくなって買いに行きました。サンマの料理法はいろいろとあるようですが、やっぱり塩焼きが一番です。私は七輪を持っていませんけれど。(笑)

“サンマ”といえば佐藤春夫の「サンマの歌」という詩に「サンマ苦いかしょっぱいか」という有名な一行がありましたね。秋が深まってきました。柿も梨もおいしいですね。そうだ、栗をまだ食べていないなぁ・・。

「透けてゆく人」更新しました。
「たぬき」というのは、「きつねそば」のことです。
大阪の麺処では「きつねっ!」「たぬきっ!」という声が飛び交いますよ。

|

2004年10月19日 (火)

愛用のソファです

この下と「ひとり言」に掲載している写真のソファは私のお気に入りです。
ごろ寝、読書、テレビを観るなどいつもココです。座面の下部には物が収納でき、そこにはアルバムやら卒業証書やらいろいろなものが入っています。

カバーはときどき変えます。私だけでなく猫たちもお気に入りのようで、よく取り合いになっています。私と猫たち、ともにお気に入りの場所です。

|

2004年10月17日 (日)

本日の私とHiroshi

秋晴れの一日をいかがお過ごしでしたか。
私は衣類の入れ替えが、あまりはかどりませんでした。
ヤケドの回復は早そうなので、かばいながら庭で雑草を抜いたりして過ごしました。

Hiroshiが育てた芝に雑草がふえてきました。芝の知識もないので勉強しなくちゃ。天気のいい日には膝に置いて日光浴もいいな。写真は、本日の水無月右近とHiroshiです。彼と一緒に明るく生きなくちゃ。

|

2004年10月16日 (土)

あちち!いてて・・

今日はドジをしてヤケドをしてしまいました。ホーローの片手鍋の柄を素手でつかみ、ヤケドをしてしまったのです。時々は素手で持っていて慣れていたのですが、煮えたぎる湯が入った鍋に近い方の柄をおもいきり握ってしまいました。

「あづっ!」と思ったときはすでに遅く、右手指と手のひらが真っ赤です。すぐに流水で冷やしましたが、夕飯作りを継続、次第に痛みが増してきました。しまいには激痛にちかくなり、病院へ行こうかと思ったくらいです。

冷凍室の保冷剤をタオルでくるみ冷やしていると痛みは次第に治まりました。やれやれ。痛みのピークが去ったあと、指を見ると水ぶくれができています。そうか。これができる直前に激痛になるのかと納得しました。それから何度か痛みがきてやっと落ち着きました。

幸い私はレイノー症状が出て指先が冷たいので、二本の指のヤケドはそれほどひどくならないのではと思います。しかし鉛筆を持つのには支障があるので、つくづくup後でよかったなぁと・・。久しぶりのドジでした。

えっ、なんですって。火アソビがすぎてヤケドをしたんでしょ、ですって?いえいえ、め、めっそうもありません。ただカボチャをゆがいていただけですよ。カボチャ大好きなものですから。笑

右近庵では朝夕には冷え込むようになりました。今日の昼間、ストーブを出してきました。そうだ扇風機をしまわなければ。こんなことも全部自分でしなければならないんだなぁ・。大変だ。

明日は衣類の入れ替えをしなければなりません。では、よい休日を。







|

2004年10月15日 (金)

遅ればせながら

サイトを閉じられて2日めでしたか、バタバタしていましたときに、なんと2万ヒットが出ていたのでした。ふだんキリ番のことに無頓着な私ですが、2万というのはおめでたいですね。二周年目の11月ごろかと思っていましたが、夏のできごとのため更新できないのに多くの方に応援していただき、目算よりも早く達成しました。(べつに数字に躍起になっているわけではありませんが)

あのぉ・・、今頃なんですが、2万をあけられた方、おめでとうございます。もしお望みなら、当サイトに掲載しています詩の中からお好きなものを手書きにて差し上げます。よろしかったらご連絡ください。突然思い出しました。

午前三時をまわりました。なんとか詩は書けましたからupできそうです。さて、次は「ひとり言」です。その前にちょっとtea break です。リュウのまねをして久しぶりにラプサンスーチョンでも淹れようかな。では、また深夜に。

|

2004年10月14日 (木)

はしゃぎすぎました

きのうは少し、はしゃぎすぎました。笑いすぎました。(この下の記事です) ごめんなさい。そんなにおかしいですかとアマノさんからメールをいただきました。はい、おかしかったです。これからいろいろな「お客様」のバナーでいっぱいになってほしいですね。。ワタクシひとりでは目立ちすぎでは。

このところ私は貧血でまいっていました。用事をしていたらクラクラ、突然にフラフラッとくるのです。これはいけない、食べ方が少ないのかなぁと反省。私はリウマチもあるので貧血になりやすいのです。だからといって鉄分を多く含む食品を摂ってもそれほど身につかないという厄介なカラダなのです。

今までは意識していろんな栄養素をまんべんなく摂ってきたと思います。しかし、いかんせん、寂しいひとりの食卓です。あまり熱心に料理をしなくなってしまいました。(私は人に作って食べさせるのが大好きなのです)これが影響して貧血気味になってしまっているようです。いけませんね。

ですからレバーを買ってきて、庭からニラを切ってきてレバニラ炒めをしました。レバーはニガテですが、おいしかったです。半分ほど残っていますから、今日の夜食はレバニラ炒めとポテトサラダです。真夜中にレバニラ。なんだかコワイものがあります。怯えないでくださいね。では、いただきます。

|

2004年10月13日 (水)

唖然、爆笑、、こんなトコロに私が・・

あ~はっはっはっはっはっは~っ!わ~はっはっはっはっはっは~っ!
たすけて笑いが止まらないよ~。コレって冗談? それともマジ?
カタイカタイ天野法務事務所様と相互リンク成立!

創作ではない書く用事があってとっても忙しく、夜中(というか朝方というか)にパソコンをやっとあけたら、ガビィ~ン! な、なんとアマノさんがさっそく私のバナーを貼り付けてくださっているではありませんか。あの動くバナーは「空の色」のsoraさんが作ってくださったものなんですよ。ステキでしょ。
 

軒並み超おカタイところばかりのリンクページに、わ、ワタクシめが。こんなところにいいのでせうか。しかもトップに。しかもお客様の扱いです。あのぉ、法務事務所のサイトの雰囲気がこわれても知りませんからね、アマノさん。お客さんが減っても知りませんからね~だ。笑

ところで皆さん、アマノさんとはHiroshiの死という悲しいことがきっかけで出会いました。マイナス相続(故人の借財)の知識がなかったのでネットで相談メールを探したのです。すると無料メールを設けておられ、私が質問したのです。

最初からとても丁寧に答えていただき、家族を亡くした私の心情をおもんぱかってくださる優しいメールをくださったのです。それから相続の手続き一切をお任せしすることになり、私はずいぶん心身ともに楽になったのです。暑い中を汗をかきかき、銀行、役所、陸運局、法務省とあちこち動いてくださったのです。本当に助かりました。

アマノさんは相談者に対して親身になって考えたり、アドバイスをくださる方です。それにね、費用もとっても良心的なんですよ。困ったことがあれば、きっと解決の糸口くださいます。何か問題を抱えておられる方はぜひ無料メールでまずご相談を。あなたの力になってくださることまちがいありません。

あ~ビックリしたぁ。いいのかなぁ、ほんとうに・・。
すべての仕切りを取り払って生きるんだから、気が合う人は性別、年齢、職業、その他なんでもかんでも関係ないし、どうでもいいんですよね。ココチいい人とはどんどんお友達になって元気になろうっと。そうです、皆さんとも。


|

2004年10月11日 (月)

きんもくせいの香り

きのうガラス戸をあけると、きんもくせいの香りが部屋に流れてきました。毎年この時期になると、ある日突然香ります。きっと皆さんの周りでもそうではないですか?

あの香りってなんだかせつないですよね。そんな気持ちを詠ったのが「さみだれ詩集」の中の“秋なんだ”です。目立たない小さな花なのに、香りは強くて自己主張ができている。そんな女性っていますよね。あなたの周りにも、そんな愛らしく、素敵な女性がいませんか?

この夏の記憶が私にはほとんどありません。知らないうちに秋になりました。季節を感じることができないほど悲しく、忙しかったです。気がつきましたよ。季節をめでることができるときは幸せなときなのです。

ホラ、あなたは今、きっと幸せなのですよ。その幸せを噛みしめてごらんなさい。甘い香りがして甘ずっぱい味がしますから。ええ、私だって幸せな思い出を両手に抱えきれないほど持っていますとも。

風が透きとおるようになってきました。私の庭では秋茄子もピーマンもまだまだ元気です。連休明けです。皆さん、一週間頑張ってください。

|

2004年10月10日 (日)

お洒落をしようっと

夕方からフラリと出かけました。K市ではあちこちで秋祭りの山車(だし)が繰り出し賑やかです。K市にかぎらず南大阪、泉州地方は地車(だんじり)やふとん太鼓など、勇壮な山車が見られます。

空腹を感じ“にしんそば”を食べました。関西の皆さんにはおなじみですが、これがない地方もあるそうですね。そばに“にしん”を甘辛く煮たものが載っているものです。京都南座の隣にある「松葉」さんは“にしんそば”で有名ですね。

私は麺類が好きですが、注文するものは決まっています。うどんなら“きつねうどん”、そばなら“にしんそば”か温かい“やまかけ”です。飽きもせず、いつも同じものを食べます。大好きなんです。

久しぶりにに街へ出たので服を見ました。そして黒のスーツ(もちろんパンツスーツです)を買いました。着てみるとピッタリだったので即断でした。服を買うのも衝動買いをするのも、ずいぶん久しぶりのことです。チョットうれしいな。

お洒落をしよう。そして、さっそうと街を歩こう。
彼はそんな私が好きだったから。
元気になろう。ゆっくりゆっくり、元気に生きていこう。



●メッセージボードを再び開設しました。

皆さん、もう一度、私に言葉をください。
消されてしまった言葉は残念ですが、言葉は出す人々がいるかぎり不滅であることを、皆さんと私とで確認するために。お待ちしています。

                         水無月右近

|

2004年10月 7日 (木)

“minazukiukon.com”のドメイン奪還!

Hiroshiの契約期間が終了していないので(2年間だそうです)、このドメイン取得は無理だと言われたのですが、家族ですよ、こんな状況なのですよ譲渡してくださいとネバりましたところ、窓口係のMさんは私にいたく同情してくださいました。もし自分が毎日おとずれているHPが行方不明になると、それは寂しいことですからと優しい言葉も添えて、やってみますと言ってくださいました。

そして今日、連絡が入りました。旧契約を解除して新たに私がドメインを手に入れることができました。転送サービスを利用し、これで難なく訪れていただけます。やれやれです。あとは旧URLが消えてゆくの待つばかりです。homepage2か3かだけのことなんだけどなぁ・・。(【新】はhomepage2です)

それにしても窓口係の方というのは、人によって全然対応が違うものなのですね。今回の顛末のキッカケとなったNさんにクレームを言わせてもらいますと、「こちらはお客様がすべてごぞんじであることを前提にお話ししています」とのたまうのです。この応答にまたハラが立ち、それなら何のためのサービス窓口なのかとイカリそうになりましたが、ガマンしました。(イカレばよかった・・)私よりももっとお分かりにならない方もおられるでしょうに。(あまりいないかも・・)ヒドイ話です。

とにかく一歩ずつ前進し、ほぼ復旧できたことを喜びたいと思います。これで書くことに専念できそうです。皆さん、ありがとう。頑張ります。

困難にぶつかったときに切り抜ける右近流positive thinking は「今が最悪、今がどん底、これより深くは沈まない。だからきっと、まもなく浮き上がれるに決まってる」というものです。コレけっこう効果があるんですよ。お試しあれ。まずはめでたし、めでたし。微熱よ早く下がっておくれ。

|

しんどい・・・

きのう深酒をしてしまい、今日はからだがだるくて寝ていました。酒というのは適量を守るべきですね。呑みすぎはいけません。ああ、しんど・・。

いったん呑みすぎると、血中のアルコール濃度がなかなか薄まらず、だるさがとれません。健康なときはスッキリとれたものですがね。こんな時は仕方なく布団でおとなしくしているしかありません。ああ、退屈、退屈。

こんなコトをしている場合じゃない。どなたかが「透けてゆく人」を続けてくださいと言ってくださっていたんだった。リメイクの続きにかからなければ。ああ、だるい、だるい、しんどい、しんどい。でも頑張るぞ。

あのぉ、皆さんにお願いがあります。これからひとりでサイト運営を
するに際し、いろいろと不備、ドジ、満載になると思います。「あ、またヘンなことになってるぅ」とお気づきの方は、どうぞ遠慮なくお知らせくださいませんでしょうか。よろしくお願いいたします。ではこれで布団へ戻ります。

|

2004年10月 6日 (水)

出て来い出て来い水無月右近

水無月右近です。検索にかかるように、とにかくしばらく名乗ることにいたします。云わなくても分かっておられるのでクドイですが、ご辛抱ください。

こんなコーナーを作ってみましたが、「右近通信」と「右近トーク」はどう違うのかですって?。それはですねぇ、つまり、そのぉ、厳密な区別はないのですが、無理に定義づけますと右近通信には一応、何か主張のある内容を、一方こちらでは気の向くままの軽いお喋りをしようかなと思っています。

自分で名前を連呼し続けた甲斐あって、なんとGoogleの検索に私の新しい喋りが上がってくるようになりましたよ。これでかなりの方に戻っていただけるのではと喜んでいます。これでまた一歩前進です。よかった。

ホームページというのは一種のshowのようなものでしょうか。来てくださる方あってのものだと思います。「ああ、おもしろかった」と云っていただけたら役者冥利ならぬホスト冥利につき、また頑張ろうという気になるのです。ですからお客様である閲覧者の皆さんの存在は貴重なのです。一時はどうなることかと思いましたが、大部分の方が戻られたように思います。よかった。よかった。大変ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。

Hiroshiの主契約解約でそもそもHPが閉鎖されないようにと連絡を入れ、手を打ったつもりがサーバーの窓口係の勝手な独りよがりの解釈のため、予告ナシに何もかも突然にstopさせられてしまったのですから、たまったものではありません。HPは閉じられ、ADSLは止まり、パソコンは使えない、電話も使えない、IP電話も知らぬまに止まるわ、番号もいつのまにか変わっているわでワケが分かりませんでした。私の無知も否めませんが、明らかに言葉不足、説明不足のサーバーに怒りを感じます。

とにかく迷っておられる方々が全員無事たどり着かれるまで連呼です。
検索に出て来い出て来い、水無月右近。右近庵はこちらです。

|

2004年10月 5日 (火)

ようこそ右近トークへ

水無月右近です。皆さん、ようこそこのコーナーへ。
今日から新しいこのコーナーで、好き勝手に喋らせていただきます。
よろしかったらどうぞお付き合いください。

いやぁ、まいりました。この3日間ときたら驚いたり嘆いたり、投げやりになったり奮起したりと嵐のようでした。いきなりつまづきましたが、なんとか再スタートを切りました。

この顛末はいずれお話ししますが、聞くも涙、語るも涙です。しかしながら、ここまでたどり着いてくださった皆さんに感謝です。閉じられてしまった1日には恋愛詩を二編更新しましたのに、たった10人のご来訪で寂しかったです。

ところがところが、不思議なことに翌2日の土曜日にはカウンターがこれまでにない回りようでした。日曜日もでした。来られなくなっている方々が多いはずなのに不思議だなぁ、投げやりの私は喜びのナミダ目になりましたよ。

そのナゾは解けてはいませんが、「はてな?」というどんな質問にも答えてくれるサイトで「平成道行考」のことがふたたび取り上げられていたからかも知れません。そうだとしたらありがたいことですね。

とにもかくにもたどり着けない方々のために声を大にして旗を振らなければなりません。皆さ~ん、こちらですよ~。私は悲しみのあまりサイトを閉じたのでもなく、具合を悪くして入院したのでもありません。ここにいます。ここにいます。早く戻ってきてくださ~い。(あ、そうか。皆さんはもうたどり着いてくださってるんだ)

minazukiukon.comのドメインは契約し直し、あと数日で手に入ります。それから転送サービスを利用して、ここにたどり着けるようにする予定です。リンク先の皆さんのご協力で新URLを広めたり、あちこちの検索で上がってくるように、ひたすら自分のサイト内で水無月右近、水無月右近、「平成道行考」と連呼するしかないでしょうか。頑張ります。

相互リンクをしていただいている方々の迅速なご協力に深く感謝いたします。ありがとうございました。

|

トップページ | 2004年11月 »