« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004年11月30日 (火)

盛況御礼

初日から支店「愛別離苦」は予想を越えるご来訪でした。訪れてくださった皆様ありがとうございます。先着何名様には記念品をとさせて頂きたいところです。

あれだけ泣き言を集めるとクラ~いですね、ははは。でもね、今はそれらを書いた心境よりは前へ進んでいると思いますよ。毎日沈んでいるのではありません。

あした喪中葉書を出したら一段落です。12月は遊ぶぞ~。皆さんが忙しくなってくるのと反対に私はヒマになりまして、あちこち出歩いては師走の街を愉しむつもりですよ。はい、飲んだり踊ったりと楽しくね。ずっと外に出ていないし。

どこかで私を見かけたらどうぞ声をかけてくださいね。
「右近サンですか」でも「Ryoサンですか」でも。「はい、そうです」と答えたら、それは私です。どちらも私ですから、どうぞお好きな方で呼んでください。

さあ、お茶でも入れて傘貼り、いや、切手貼りの続きをします。
あ、それから「透けてゆく人」は本日深夜の更新予定です。お楽しみに。

じゃ、おやすみ。いい夢を見るといいね。ホッペにkissだよ。Chu!


|

2004年11月29日 (月)

「愛別離苦」をどうぞよろしく

本日、「愛別離苦」という新しいページを開設しました。
こちらもどうぞ宜しくお願いいたします。

               水無月右近

|

2004年11月28日 (日)

忙中忙あり もうすぐ完成

新ページをなんとしてでも今月中にupしようと追い込みに必死です。
なんとか格好つけないとね。でもようやくできそうです。「まあ、こんなもんやろ」の精神でいかなければendlessです。ということで24時間以内にはupできそうです。ふう。

今年はどこへも紅葉を見に行かないと思います。
右近庵の裏庭からの眺めで充分です。昨年掲載していた秋の写真を復活させました。皆さん、秋を存分にお楽しみください。それではまた。

|

2004年11月26日 (金)

閑中忙あり

アソビ人なのに忙しいということですから、私の場合「閑中忙あり」ですね。こちらの方が合っています。訂正いたしましょう。

と言いましても現在アタマはいろいろなことで一杯でして、皆さんとはまた違う意味で私なりに忙しいのです。縄跳びもしなければなりませんし、ラジオ体操はちゃんと毎日やらなければなりませんし、猫の喧嘩の仲裁もあります。

お待たせしました。「透けてゆく人」更新しました。あまりベラベラ私が喋るとリュウが怒るので、今日はこれで失礼いたします。ではまたね、皆さん。

|

2004年11月25日 (木)

忙中閑あり

いま私はとても忙しいです。ええ、アソビ人ですから忙しいも何もないのですが、来週には新ページをupさせたいものですから、その作成に追われています。何とか格好をつけなければお客様もお呼びできません。頑張ります。

ところで茶屋の方にはコドモが来て誕生日だと言っていましたが、私の誕生日は7月です。今年はHiroshiから電子辞書をもらいました。私が「ドッコイショ」と広辞苑を持ってくるのが大変そうに見えていたのでしょうか。ネットで一緒に選び、注文しました。36冊分の辞書が入っていますよ。それからまもなく逝ってしまうなんて思わなかったのです。(うぉっと、暗くならないぞ)

私は現在“引きこもり”状態です。もうひと月近くも外へ出ていません。紅葉は庭から眺めていますし、筋トレやストレッチも屋内でやっています。でも外へは出られないのです。このまま出ないとどうなるのでしょうか。無理に出ようとすると過敏性の腹痛が起こりますから、自然体でいいか、いつか出ようと思うさ、でいいですよね。でもいいのかなぁ・・。

今日はテーブル式こたつが来ました。♪ コレとってもいいですよ。猫たちが最初に中に入り、「ふむふむ」と点検していました。さっそくそこで「透けてゆく人」を書いていました。そしてさっき書きあがりました。upは金曜の予定です。えっ、早く早くですって?いいのですけどね、なんとなく「金曜更新」を守ろうという癖が残っていまして・・。ごめんなさい。どうぞお楽しみに。

休憩にコーヒーを飲んだり、カレーを食べたり、ぜんざいを食べたりとケッコウ食べておりまする。でも私は太れない。えっ、うらやまし~ですって? うむ、これは体質でしょうか。食べたいものを太るからと我慢した経験がありません。甘いものが大好きで食べたいだけ食べても太らない。これって得な体質ですね。うらやまし~ですって?そうなのかなぁ、やっぱ。ではまたね。

|

2004年11月23日 (火)

更新しました

   恋愛小説「透けてゆく人」更新しました。

|

2004年11月22日 (月)

いつだったのかなぁ

実は「平成道行考」の誕生日は、よく分からないのです。
大学ノートに書いている当時の日記には、こんなことが書いてありますよ。

『11月26日(火)  HPが119になっていた。昼間は99だったから20人もふえた。これで39人が見た。とても嬉しい。がんばらなければ。』 

(Hiroshiはカッコ悪いからと80からスタートさせたのでした。このあたりにも彼の性格が出ていますね。私なら0からスタートしたと思います)

『11月27日(水)  HPが150を越えた。もう70人も見たことになる。やはりインターネットはすごい。思いのほかカウンターが回る。詩も文もがんばりたい。repeaterがふえてほしい。ボヤボヤしてはいられない。』

『11月28日(木)  180名を越えた。(つまり100名突破!)多くの人に見てもらうため、がんばって充実させたい。昨夜より風邪がましになる。』

自分で云うのもなんですが、いい年してなんかカワユイですね。(恥ずかしい) この日記を見てもupしたのは正確にいつだったのか分からないのです。この頃また彼の悪事が次々に暴露され、二人の関係は最悪だったことも日記を読んで思い出しました。大変でしたね、あの当時は。今はもっと大変ですけれど。

結局、水無月右近のPCデヴューがいつなのかはハッキリわかりません。たぶん日曜日だったと思うので11月24日かなと推測できるわけです。ですから、24日ということにしておきましょう。イヴの一ヶ月前ということで。

初めはどこの検索にもかからず、一日に数名のご訪問で寂しかったのですが、皆さんに育てていただき、ハイハイからつかまり立ち、そして何とか歩けるようになりました。ありがとう、皆さん。今週は“ありがとうWEEK”です。

|

2004年11月21日 (日)

あ、そうだった。もうすぐ2年。

あわただしく日々が過ぎていきますが、もうすぐこの「平成道行考」は二歳の誕生日を迎えます。そうです。ボクはやっとまだ二歳なのです。このサイトは2002年11月24日にスタートしました。(23日かもしれません・・)

初めはおもに恋愛詩を発表するためのサイトとしてスタートしました。恋愛詩のページがトップに来ている古いファイルを見ると懐かしいですね。今の表紙は2003年の5月からです。座卓の上の原稿用紙は彼が撮った写真です。

その後、“怨憎詩集”や“さみだれ詩集”が加わり、“ひとり言”の内容がふえ、“短歌”などのコンテンツも徐々にふえました。わずか2年でも振り返れば歴史みたいなものが感じられ、感慨深いものがあります。

upの日、Hiroshiは私よりも緊張していました。どこかのページだけがうまくupできずに、一旦その日はあきらめようと買物に行きました。ところが帰ると彼はすぐパソコンに向かい、また試みました。ついにupできた時は「できた!」と喜び合ったのが今は懐かしい思い出です。(なんで今いないの?)

彼がこのサイトを用意してくれたのは、皆さんに私を支えてもらうためだったのでしょうか。何をするにも用意周到な人でしたから。そんなふうに思えることがあるのですよ。彼自身も無意識のうちにそうしてくれたのかなぁなんて。

22222をあけてくださった方、おめでとう。ありがとう。カランカラン!(鐘)
いつもいつも訪れてくださっている「あなた」にも、もちろん、ありがとう。

〈お詫び〉 今月末に新ページをふやす予定で準備中です。月末までの更新は「透けてゆく人」のみになります。どうぞお許しください。では

      お  や  す  み  な  さ  い

|

2004年11月19日 (金)

いでででで・・

この痛みは骨盤と背骨の歪みのせいですから、それを自分で矯正すればいいのです。チョット痛いですが、曲げるべき方向に曲げたり、フラフープの要領で腰を回したり、(コレは得意、だってダンスが好きだから)腹式呼吸で筋肉の緊張を解いていったりするのです。徐々に改善されると思います。

きのうに比べ、痛みは和らぎましたよ。やれやれ。どうにか小説の続きも書けました。筋書きには手を入れてはいませんが、文体が今より稚拙でガマンならないものですから原稿用紙に書き直しているのです。

腰痛など脊椎のトラブルのときは座るのがつらく、テレビのキャスターが立って喋るときに前に置いてある書台ですか、あんなのがあると立って書けていいなぁなんて思います。どこかの通販で扱ってないかなぁ。

デーオ、イデデ イデデ イデデ  ♪ (古っ!)
あ、いま笑った人、あなたも私と同じフルイ人。バナナボート仲間です。
浜村美智子なんて知ってるんですからね。仲良くしましょう。

リュウ 「あのぅ、右近さん。ぼくが真剣に喋っている部分なんですよ。あまりバカなこと言って雰囲気を壊さないでくださいよね。作者なのに」

右近 「なんだおまえか。もう出て来ないと云ったじゃないか。また来たのか。忙しいんなら早く帰れよ。もう云わない云わない。ごめんごめん」

それでは皆さん、また夜更けに。いでででで・・

|

2004年11月18日 (木)

いででででで・・

2週間ほど前から背中の左側と左腕に痛みが出ていましたが、単なるコリだろうと放っておきました。ところが痛みがひどくなってきました。もしや・・。

十数年前に私は椎間板ヘルニアをやっていまして、完治まで3年ほどかかりました。その間、整形外科通いが続き、良くならないのでカイロプラクティックの先生を探し回り、自分も涙ぐましい努力をしてやっと治しました。もしやまたかと思うとゲンナリです。

書き物をすると背中から左腕が痛み、肘にいたっては激痛になります。これは頚椎のズレ、歪みが原因で、もしかしたら今度は首にヘルニアを起こしているかもしれません。昨日からは左脚も痛み、足首が特に痛くて歩きづらいです。

これは夏以来、躯にいいことを少しもしていないのでナマっているせいです。背骨や首をを守る筋肉が弱っているからです。そう思って動かしてみましたが、よけい痛く、安静が一番という原則に戻り、おとなしくしていましょう。

椅子に座ると左半身のすべてが痛みます。これは躯全体が歪んでいるのでしょう。私は書くのに夢中になると、変な姿勢になっているのです。そうです。右肩上がりの左肩下がりになるのです。写真を見てもわかるでしょ。左手がネコみたいにダラリとたれています。現在、左手にあまり感覚がありません。

医者へですって?はい、はい、ご心配ありがとうございます。私は大の医者嫌いでして・・。入院治療を拒否して腰痛を克服した経験から、その辺のことにはかなり詳しく、まずは自分でいろいろやってみようと思います。このような痛みは人間が二本足歩行の動物であることの宿命のようです。頑張ります。
いでででで・・っと。おやすみなさい。痛みのデパート水無月右近より

|

2004年11月17日 (水)

更新しました

「透けてゆく人」更新しました。リュウの独白が続きます。

|

2004年11月15日 (月)

Hiroshiのハンチング

いつもかぶっているこのハンチングはHiroshiのだったのです。実はこれ年代モノなんです。かれこれ25年くらい前でしょうか。神戸三宮の「ダーバン上田」という店で、彼はチェックのジャケットを買いました。両肘と右肩にレザーがついたハンター用を模したジャケットで、帽子もついていたのです。ジャケットはもう今はありませんが、帽子だけはとっておきました。それを数年前から私がかぶっているのです。もとは彼の、今は私の愛用のハンチングです。

|

2004年11月14日 (日)

ようこそ私の居間へ

前回に引き続き本日の私です。
例によってフラフラとさまよって参りました。
ただいま帰りました。
 
きのう、面白い本を読んでいました。その人は一人一人には固有の不幸があり、「不幸を楽しめ」「不幸をみがけ」と云うのです。ははあ、そうか。私独自の不幸を磨けばいいんだなぁっと。

ようこそ、私の居間へ。お茶でも飲みませんか。
おいしいお菓子がいろいろありますよ。さぁ、どうぞ。

|

2004年11月13日 (土)

シングルを愉しもう

夜更けにフラリと本屋に出かける。面白そうな本を数冊買い、Mossに行く。コーヒーとステイックケーキ<baked cheese>。これは私の定番メニュー。コーヒーのお代わりが欲しいけど、このところ飲みすぎだから一杯でガマンガマン。

日付が変わって帰る道。そうか、私、シングルになったんだ。わおっ、何年ぶりかな独身なんだ。改めて気がついて驚いた。よし、それなら独身貴族を愉しもう。なんてことを考えながらジャズをかけて深夜の散歩。これもいいね。

|

2004年11月12日 (金)

連続更新

「透けてゆく人」No.14更新しました。
ふたりは結ばれます。
                  で、では 左様なら

|

2004年11月10日 (水)

一段落

百か日を終え、これで仏事は一段落しました。少し疲れが出ました。
仏事のように心にも一段落や区切りができればいいのになぁ。

あとすることは喪中のハガキづくりです。皆さんを驚かせるだろうなと思うとそれがつらいです。また電話もかかるだろうし、なかなか落ち着くまでは日がかかりそうです。当然でしょうか。人がひとり亡くなっているのですからね。

「透けてゆく人」更新しました。これを書いている時が、いちばんいいですね。何もかも忘れて入り込めるので。がんばります。読んでくださいね。


|

2004年11月 9日 (火)

ねぇ君

どうしたんだい。やけにヘコンでるじゃないか。

なにがあったか知らないけれど、落ちこんだって仕方ないぜ。

少しはいいけど底まで落ちると戻るのがタイヘンだぜ。

だからそのヘンで止まっておけよ。踏ん張ってみな。

おう、できるじゃないか。そうそう、そうして踏ん張るんだ。

落ちるだけじゃなくってさ、そこから何かを学べばいいんだ。

そうすりゃ落ちるのも悪いことばかりじゃないんだけどな。

ま、一杯やっか。冷やでいいか。今夜は冷えるぜ。チョット呑もうや。

呑んでるうち、じきに太陽が昇ってくるさ。さあ、呑め呑め。

|

2004年11月 7日 (日)

開眼供養と百か日法要

本日午後三時より、新しい仏壇の開眼供養とHiroshiの百か日法要があります。正確には9日なのですが、来てくださる方々が都合のいいようにと、日曜日にしました。もう百日もたつんだな、と考えてしまいます。早いものです。

開眼供養(かいがんくよう)とは、新しい仏壇に魂を呼び入れることです。うわっ、ご先祖様たちがドッとお越しになるのかな。大変だ。まだ私は心の準備ができていないというのに。(「大仏開眼」は〈かいげん〉と習いましたが、仏壇屋さんもお坊さんも〈かいがん〉と云われました。どちらでもいいのかなぁ)

禅宗は無になって座れという教えで座禅を組みます。ですから仏様も仏壇で座っておられます。お釈迦様ですから男性です。無になって座ることは本当にむずかしいことですよ。私も座禅を組んでみようと思いますが、できるかなぁ。

ところでカフェがにぎわっているようですね。皆さんもどうぞお運びください。お好きなアルコール、アテ、料理など楽しい話に加わられてはいかがですか。音楽や好きなこと、その他なんでもかんでも楽しい話をしてみませんか。

では皆さん、良い休日をお過ごし下さい。なんだかおなかすいたなぁ・・。


|

2004年11月 6日 (土)

誰なんだろうな、この下の書いた人

不思議なトークですね。いったい誰が書いたんでしょう。私がウツラウツラしてるまに。こんなキザなこと書く奴って・・。あっ、もしかしてリュウ。いや違う。あいつは今とっても忙しいはずだ。なら誰だ。うむ、わからないなぁ。


ねぇ君、一週間が終わりそうだよ。
今週がんばれた。それでいいじゃないか。
だって人生は「今日」や「今週」の連続なんだよ。
それができたんだから、自分をほめてあげようね。
もちろんぼくも自分をほめるよ。
今夜もよい夢を。


   あ、また・・。誰なんだ・・。

|

2004年11月 5日 (金)

ねぇ君

ねぇ君、どうして一人で泣いているんだい。

とても悲しいことがあったのかい。つらいことがあったんだね。

それとも悔しいことなのかな。よければぼくに話さないか。

いいのかい。それならもう涙をふこうか。

どうだい、お茶でも飲まないか。

ぼくも今、とっても悲しいことがあって、ときどき大泣きするけどさ。

でもね君、かならず悲しみの嵐は過ぎ去るんだよ。朝は来るんだ。

さあ入ったよ。一緒に飲もうね、熱いお茶。

ほら、もうすぐ朝だ。もうじき夜明けだ。今日一日がんばれるよね。

  

|

2004年11月 4日 (木)

今日は元気です

きのうはちょっとヘコンでいましたので、出てくることができませんでした。ごめんなさい。心配をおかけしました。今日は大丈夫です。

仏壇が来て中に位牌を置くと、本当に居なくなったことを認めなければならないようで仏壇購入を渋っていたのです。わぁ、シャレてるな、なんて初めは喜んでいたのですが、やっぱりもう居ないんだと思ってしまって悲しくなりました。今はまだアルコールは飲まないほうがいいですね。どうしてもメソメソ酒になってしまいます。いけません。酒は明るく飲まなければ。

しかし今日は元気で早くから書いています。だってもう木曜日。あしたはupです。何も書けなくても「透けてゆく人」だけはup確実ですからね。

カフェの方は人がチラホラ訪れてくださっているようです。どれ、私もチョット休憩。今日はコロンビアでも淹れましょうか。

|

2004年11月 3日 (水)

折衷案の弁

メッセージボードを閉店すると言っては、またおかしなことを始めたなと思っているのでしょ、皆さん。でもですね、惜しまれる声が少しでもあれば完全に閉じることができなくなってしまいましてね。こんなカタチで半営業することになりました。ヘンな人だなとまた思っているのでしょ、私のコトを。(笑)

要するに私は対ヒト几帳面でして、すぐにお返事を差し上げなければと思ってしまうのです。それで気になって仕方ないのです。ココのようにいつでも勝手気ままに喋るのはいいのですが、とにかく気になるのです。

それで、私はお返事はしたりしなかったり、皆さんが一人喋りをしてくださったり、お互いに会話を交わされたりだとか、そんなかたちにしてはどうかと思ったわけです。trials and errors (試行錯誤)を繰り返し、最もいいカタチに成長すればいいですね。

このところ私はお喋りが過ぎました。小説の方がだんだん深刻になってきていますのに、作者がベラベラと無駄話ばかりしていてはマズイですよね。慎まなければなりません。次からはいよいよ五章、リュウの一人喋りです。

おや、どなたかお一人“訪問者”さんが店の中に。私のいる小部屋からは店の中がよく見えていましてね。よろしかったらあなたもどうぞお入りください。



|

2004年11月 2日 (火)

やっぱり言った方がいいのかなぁ、夜食

今日の夜食は、やっぱり言った方がいいでしょうか。はい、わかりました。豆腐にうすあげ、ネギの味噌汁と、納豆、だし巻、かぼちゃとあずきのいとこ煮(ついになくなりました)です。あ~おいしかった。

ところで私には夢がたくさんあります。その一つに食べ物屋の店主になるというのがあります。バー、うどん屋、居酒屋、お好み焼き屋、コロッケ屋、おでん屋、ネギ料理屋、ホットドッグ屋、カツサンド屋、カレー屋、コーヒー屋など何でもいいですが、小さくてもアルジだぞっとえらそばってみたいのです。

後半の人生をひとりでどうして過ごそうかと考えると、商売なんかオモシロそうだなと思うのです。えっ、そんな甘いもんじゃない?ビョーキだろ?どうせそうでしょうよ。(スネる) でもなんか魅力的なんですよね、店のアルジ。

あ、そうそう。なんかその先の店で開店休業、じゃなかった、アルジはいないんだけど開いている店があるのをご存知ですか?“カフェ右近”ですよ。なんでもタダで飲み食いできるみたいだから、ぜひ行ってみてはいかがですか。

なぁんてね。「いいかげんにしてくださいよ右近さん」どうもすみません。あれはワタクシの店でございます。閉店はしのびなく、なんとか折衷案ということであんなカタチで開けておくことにしたのです。どうぞ皆さんごひいきに。

|

2004年11月 1日 (月)

おススメ味噌汁

私は毎日かならず味噌汁を飲みますが、お気に入りの具がいくつかあります。そのひとつに洋風味噌汁があります。

ベーコンは5ミリくらい、玉ネギは同じくらいのくし切りに。ニンジンも同じくらいの太さ(細さ)に切り、ジャガイモは適当に切ります。
それらをだし汁で煮て、味噌をとき入れます。仕上がりにはバターを少々落とします。

えっ、知ってる?そうでしょうとも。皆さんよく作られると思いますよ。これが大好きでしてね。ネギやインゲンなんか入れてもいいですね。いろどりがきれいですよ。味噌とバターは相性がいいのでおいしいですよ。

今日は“カボチャとあずきのいとこ煮”のつまみ食いばかりしていましたから、私はおなかがあまりすいていません。このお味噌汁だけにしておきます。

ところで日本語ではスープや味噌汁を「飲む」と言いますが、英語ではこれがeat soupなんですねぇ。はい、サラサラしているものもです。どちらが感じが出ていますか?

あ、それから皆さん。「透けてゆく人」は今日の深夜にupの予定です。
では、いただきます。すてきな夢をみているあなたへ。
  

|

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »