« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月28日 (月)

更新しました

   
      「透けてゆく人」最終章を更新いたしました。
                           

|

2005年2月27日 (日)

なごり雪かな・・

右近庵は雪でした。なごり雪かな。庭はうっすら雪化粧。

おやすみなさい。

|

2005年2月26日 (土)

更新済みです

「透けてゆく人」45話 更新しました、最終章は28日に更新予定です。

|

2005年2月24日 (木)

君も坐禅かい、フキノトウ君。


ぼくはきのう坐禅を組みに行っていた

君もそこで坐禅を組んでいるのかなぁ

|

可愛いね

きみ可愛いね  食べてしまいたいくらい

心配いらない  天ぷらになんかしないから

|

2005年2月23日 (水)

ひらいた・・


フキノトウがひらいた・・

|

2005年2月22日 (火)

さあ、もう黙らなければ

あと二回で「透けてゆく人」が終了します。

お喋りが過ぎました。もう黙らなければなりません。

それでは皆さん、ごきげんよう。


                水無月右近

|

2005年2月21日 (月)

皆さん、ありがとうございました

Web rankingは今日で抜けました。はじめから一週間の予定でどこまでいけるか少し遊んでみようと思って登録したのでした。
ところが予想外に昇り、じきに上位になってしまい驚きでした。これは皆さんのおかげだと思います。打てば響くとはこのことですね。お知らせするやいなや上昇しました。皆さんのおチカラはものすごいものだと知りましたよ。
ありがとうございました。とってもうれしかったです。

何がうれしいって二位獲得もさることながら、いつも言っていますように、お顔も見えない皆さん方が私に応えてくださったこと、私を喜ばせようとしてくださったことです。こんなにうれしいことはありません。
見えないパワーが数字となり順位となって、皆さんとの一体感を感じました。皆さんはこんなに私を喜ばせてくれたのですよ。見えますか、ほら、私はこんなにうれしいのですよ。わずか数日で二位を獲得させてしまう皆さんの力に敬服しました。とっても楽しかったね。ありがとう。いい思い出になります。

そもそも右近は誰にでもウケるわけではなく、またウケようという媚(こび)もなく、ただ淡々と自分の世界を綴っているのでして。(笑) お若い方々のように派手なことも似合いませんし、目立たずひっそりと書いているのが合っているのです。たまたま行き着いてくださり、どこかがお気に召して常時おとずれてくださるようになった皆さんとは縁(えにし)で結ばれたのです。そんな皆さんと静かに楽しい話をするのが右近にはお似合いです。これからも宜しく。

寝ていると退屈です。動けないときに布団で思うことは旅をすることです。BSで世界の景色や映画を観ると、ああ、行きたいなぁって。それからできっこないのに遍路に挑戦してみたいな、なんてことも考える。あ、皆さん今「できっこないよ」って思ったでしょ。やっぱ無理かなぁ・・。そうかなぁ。(笑)

腰痛は少しだけよくなりましたが、まだ寝ていなければなりません。
一週間の始まりですね。寒さが全国的にぶり返しています。お気をつけて。

|

2005年2月19日 (土)

まいったなぁ

きのう原稿が書けたあと、“ギックリ”をやってしまいました。軽い衣裳入れを持ち上げたとたんにギクッ!でした。中腰で持ったのがいけなかったのでしょう。やってしまいましたね。(苦笑) それからは背中を真っ直ぐにして歩けず、クロマニヨンスタイル(お分かりでしょうか)でそろそろ歩いています。下のものを取るのも大変です。フライパンが重くていけません。まいったなぁ。

自称“腰痛博士”の私ですから治す方法はわかっています。痛みがある時は安静第一で寝ているのがいいのです。ですから寝ています。こうなると読むのはできるのですが、坐れないので書けないのが悩みです。毎日書くと宣言したばかりなのに・・。しかし早く治すためにはひたすら安静です。あ~暇だなぁ。

ランキング・・。あの・・。いいのでしょうか。二位までもなってしまって。信じられないですよ。これもうれしい“まいったなぁ”です。皆さんですか、これは。たぶんそうですね。ありがとう。でもね、もうこれまでではないですか。だって一位の「荒馬砦の日常」さん、グループの強みです。かないっこありません。右近はここまで上げていただき本望ですよ。詩吟の皆さんや、ランキングサイトを圧して新参者が孤軍奮闘です。健闘しました。皆さんのおかげです。満足です。いっそ荒馬さんとのコラボレーションでも申し出ましょうか。そうすると最強のダントツ一位ですね。“荒馬道行考”なんて。笑笑 

こんなことをのん気に喋っていると、またリュウに叱られます。それでは皆さん、私は布団に戻ります。早く治してまた書かなければね。ごきげんよう。

|

2005年2月18日 (金)

更新しました

「透けてゆく人」更新しました。

|

更新しました

「愛別離苦」に詩「誰よりも」を追加しました。

あの、ランキングのことですが、あの・・、4位まで上がり驚いています。皆さんですか、私に投票してくださっているのは。(笑)
軽い気持ちで遊んでみようと思っただけなのに先におられる方々をグングン抜いてしまっています。いいのでしょうか。あれはどんな仕組みなんでしょうね。おそらく皆さんが押し上げてくださっているのでしょうね。ありがとう。もうしばらく遊んでみましょうか。

写真の復刻です。吹雪の下北、佐井村です。ただしリュウではなく右近です。Hiroshiが写しました。懐かしいです。

|

2005年2月17日 (木)

「ひとり言」更新しました

「ひとり言」“書き続けること”という文を更新しました。

書けても書けなくても、一応は毎日鉛筆を握るということを続けた宇野千代さんの考え方には学ぶところが多いです。見習わなければと思います。

ランキングの方は、なんと10位以内に入りましたよ。なんか信じられないなぁ。面白いなぁ。皆さん応援してくれているのでしょ。ありがとう。

雨の一日でした。さあ、気合を入れて書くぞ、小説の終盤。ではまたね。

|

2005年2月16日 (水)

いいな 雨音

雨です。右近は雨が大好きです。雨の日は副交感神経が働き、頑張らなくていいよと言ってくれるのですよ。雨の日は静かだし。だから好きなのです。

ランキング、面白いですね。現在18位、新着では12位。なかなか健闘していますね。笑 昼間順位が下がり、夜に上がるというのも面白いですね。皆さん投票してくれてるんだ。ありがとう。でもほんのおアソビでいいよ。

これで皆さんみたいに常連さんになってくれる人が少しでもふえればうれしいなとは思うけれど、基本的に右近は今の時代にはウケないと思ってる。だから、そうだな、マニアックな人しか集まらないかなぁって。あはは。

気弱なことを喋ってしまうと、大丈夫かというメールが何通かくる。大丈夫だよ。いつものことだから心配いらない。と、ここからまとめて返事するね。やっぱりココはまるで安否をたしかめる電気ポットだな。どれお茶を。

せっかく来てくださったから、では即興詩をひとつ。

     
      君と僕のゴール

   息がきれても止まっちゃいけない

   よろめいても転んじゃいけないよ

   だって止まってしまうと動けなくなる

   転んでしまうと起き上がれないんだよ


   だからさ だからね

   足を止めてはいけないんだ

   そうだね そうだよ

   少しずつでも歩を進めるんだよ


   ゴールなんて見えないさ

   見えないけれどたぶんあっちさ

   そのうち見えてくるかもさ

   見えなくたっていいんだよ


   方向だけがあっていれば

   いつか着くよ僕らのゴール

   たどり着いたら喜び合おうよ

   頑張ったよなと讃え合おうよ 

                     お・や・す・み

|

2005年2月15日 (火)

いい日でしたか

皆さん、いいバレンタインデーでしたか。
Hiroshiとは、この日のいい思い出がありません。ですから彼とはバレンタインデーは無いに等しいものでした。詳しくは「愛別離苦」“Hiroshiへ”の『Sad Valentine』をごらんください。古い話をグチっていますよ。笑

Rankingの方は、なんだかみるみる上がっています。おススメのテロップも流していただいているようです。ありがたいことですね。こうなればゲーム感覚で大いに愉しんでしまいましょう。どこまで昇れるのか楽しみです。

右近庵の住む近畿地方では明日(今日)は雨。そう、ここではもう雪ではなく雨なのです。
うれしいな。雨だと布団からスッと起きだせるんだなぁ。
あ、雨が嫌いな人、ごめんなさい。お出かけには足元にお気をつけて。

私はまた外へ出られないでいます。でも無理に頑張らないでいいっか・・。
おやすみなさい。寝床でしばらく本を読みます。いい夢を見るといいね。

|

2005年2月14日 (月)

暇にまかせて

ネット検索で調べものをして読んでいたら「ランキング」のサイト内のものでした。「文学・芸術」というのがあったので暇にまかせて登録してみました。きのうは最下位104位からのスタートでしたが、今日はなんと78位に上がっているではありませんか。こんなことをして遊んでいると知れると恥ずかしいので、皆さんには内緒にしておこうと思っていたのですが。照

「平成道行考」は、どこまで健闘するか様子をみるとしましょうか。
興味がある方はリンク集の最後にあるバナー“With”さんからどうぞ。

今日は不調なので、もう寝ています。ステキな一日になりますように。

|

2005年2月13日 (日)

こんばんは

近畿では春の兆しが感じられるようになりました。私の住む大阪南部は和歌山に近く、ニュースでは梅の産地で有名な南部(みなべ)で梅が満開になった様子を放映していました。春は近いのですね。桜も準備を始めていますね。

右近庵の庭木も芽が少しづつふくらんできました。フキノトウは本当にフキノトウなのかなと思いながらご紹介しました。だっていつもフキみたいに長いのがそのあたりに延びていましたから。たぶん野生のフキだと思います。

「愛別離苦」に「ペットボトル」という詩を更新しました。

小説の今後の更新予定は「メッセージボード」でお知らせしています。
このあとの部分は途中で切ることができず、週一回の掲載となります。

それでは皆さん、おやすみなさい。楽しい日曜日でありますように。

|

2005年2月11日 (金)

更新しました

小説を更新しました。

右近庵の庭のすみに出てきたフキノトウです。

|

あんまり喋らないよ

なぜいつものように喋らないんだって?
だって今はダメでしょ。リュウが頑張ってるのにさ。作者として最後を盛り上げるのに協力しなくっちゃ。それにほんとうはとっても無口なんだよ。いや、ほんとうに。喋るのが仕事だったけど、ほんとは無口。笑

さて今から本日UPの原稿を書きます。
リュウって奴はしょうがないなぁ。ナオちゃんに心配ばかりかけて。

休日ですね。楽しいお休みにしてください。お仕事の方、ご苦労様です。

|

2005年2月10日 (木)

もう一輪

雨だよ。君のところは雪かな、雨かな。それとも晴れた寒空なのかな。

雨には音がない。

あの音は屋根の庇にあたる音。木々の葉にあたる音。

道路をたたく音。側溝を流れていく音。寂しかったら一緒に歌おう。

Rain drops keep falling on my head・・・♪♪♪

|

2005年2月 9日 (水)

小さな言葉の花を一輪

今日、庭のすみでフキノトウを見つけたよ。

寒さに負けずに出てきたよ。

もうすぐ春だよ。耳をすましてごらん。春の足音が聞こえてくるよ。

君の耳にも・・・ほら、ほら、ほら、ね。目をとじて聞いててごらん。

|

更新しました

「透けてゆく人」42話を更新しました。

|

2005年2月 6日 (日)

「ジムノペディ」第1番~第3番(1888)

『サティの代表作でもっともポピュラーな、彼が22歳のときの作。学校をやめ、文学酒場“ル・シャノワール(黒猫)”の第2ピアニストのアルバイトをしながら、こんなにも詩的で清冽、純粋なピアノ曲を生み出した。

曲名は古代ギリシャの壷に描かれていたアポロンらの神々を讃える若者たちの裸の祭典ギムノパイディアからインスピレーションをえて作曲したことに由来するともいわれる。

第1番の曲は「ゆっくりと 苦しみをもって」、第2番「ゆっくりと 悲しみをこめて」第3番「ゆっくりと 厳粛に」と、それぞれ指示されている。いずれも古代ギリシャの詩と音楽の脚韻を思わせる弱強・弱強・弱強・・といったゆっくりとしたアクセントをもったしなやかなメロディのカーブが浮かび上がるその魅力。サティの個性的な世界がすでにはっきりとかたちづくられている。』
ノルマンディー・パリ音楽の旅「サティ紀行」新井満 著・選曲(主婦の友社)から抜粋しました。この本についていたCDの演奏者は高橋アキさんです。同じ曲でも奏者によって感じが異なるものですね。私は、この高橋アキさんの演奏がいちばん好きです。ほかのCDと聞き比べて彼女のが気に入りました。

CD BOOKSというのは読み物とCDがひとつになっていていいですね。著者の新井満氏がサティゆかりの地を訪れ、その紀行文とともに音楽が楽しめます。この本は(というかCDは)私のお気に入りのひとつです。
これはずいぶん前にHiroshiがくれたものです。

近畿地方は穏やかな天気でした。皆さんよい休日をお過ごしください。
お仕事の皆さん、ご苦労様です。今日がいい日でありますように。

|

2005年2月 4日 (金)

更新しました

小説を更新しました。
エリック・サティの“ジムノペディ”を流しつづけて書いています。ちょうど初作を書いていたときのように。皆さん、サティはお好きですか。

|

寒さがゆるみました

近畿地方はやっと寒さがゆるみました。皆さんのところではいかがですか。北国ではまだまだ厳しい寒さや雪でしょうね。ほんとうに北国の冬は大変です。真冬の青森を訪れてそれが分かりました。私たち関西人は、ふだん何の準備も心構えもできていないものですから、少しの雪で大騒ぎをしていますよ。笑
冬きたりなば春遠からじ。節分がくれば立春です。春が待たれますね。

私的なページですからここでお知らせするほどのことでもないですが、愛別離苦のほうに“Hiroshiへ”と詩を更新しています。よろしかったらお立ち寄りください。

では今から小説の続きを書きます。皆さんはいい夢をみてください。
また今夜お会いしましょう。あなたの今日がいい一日でありますように。

|

2005年2月 3日 (木)

寒い日の楽しみ

寒さがゆるみませんね。今日も雪が舞いました。明日も降るとか。

読書は秋と言われますが、私はむしろ冬ではないかと思いますよ。なぜって秋は気候がいいので読書よりも行楽、旅行、あるいは食欲となりませんか。それに比べて冬は寒くて何をするにも億劫で、じっとしていることが多く、おのずと本に手が伸びてしまいます。もう皆さん耳にタコでしょうが、なんせK市でも私の居住区は山の傍でとても寒く、ビョージャク右近は炬燵か布団に入っている時間が長いからでしょうか。周りに何もないし、ほかにすることもなく。

寒波が長引いています。お気をつけください。では皆さん、おやすみなさい。

|

2005年2月 2日 (水)

更新しました

小説を更新しました。

|

ほんとうに冷えますね

皆さんのところでは寒さはいかがですか。右近庵の雪は気温が低いためまだ溶けません。関西で、大阪で、なぜこうもよく降るのでしょうか。それは山のそばだからです。街なかに住む人が訪れると皆さん「おおっ!」と言われます。家の表側と裏側では全く景色が違い、山に驚き寒さにも驚かれるようです。

しかし北国に比べればこんなものという程度のものですが、家にいてとても寒いのは、住宅が寒冷仕様ではないからでしょうか。北国に行きますと、部屋の暖かさに驚きます。大きな石油タンクが外にあり、床暖房が完備されていたり、家じゅうが暖められていますね。だから誰かの家に集まり雑談をしていたとき、「大阪は寒いんですね」と北海道から来た人がたいそう驚いたとか。笑

冬になると右近庵から抜け出したくなります。暖冬なのに今年はいっそう寒さが身に沁みます。冬は南へ、夏は北へなんてトラさんみたく全国をさすらうのも楽しい人生ですね。あこがれるな、さすらいの旅。健康ならやるのになぁ。

さて雑談はともかく、気温が低いと菌に感染しやすい状態になります。この季節、私ならずとも皆さんも乾燥します。どうか咽頭の保湿、うがいなどマメにして、ひどい風邪にかからないようにしてくださいね。気をつけましょう。

小説は今夜更新予定です。では暖かくしておやすみなさい。私は書きます。

|

2005年2月 1日 (火)

右近庵は吹雪です

天気予報どおり天気は荒れ、さっき庭をみると雪に覆われていました。
風も強く、吹雪です。全国の皆さん、どうぞお気をつけください。
「右近通信」を更新しました。おやすみなさい。

|

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »