« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005年4月29日 (金)

本日の更新はありません

まだ寝ています。今日は書けません。「通信」に即興詩を書きました。
「愛別離苦」にも語る場を設けました。少しずつ語ろうと思います。

|

2005年4月28日 (木)

もう少しです

よくなりかけたと思って動きすぎ、また悪くしてしまいました。庭や倉庫の片づけで日に当たりすぎてしまったため、また熱が出てしまいました。太陽や乾燥や風は敵。負けてしまいました。快復までもう少しかかります。やっぱり完全に治るまでおとなしくしていましょう。よくなってくるとすぐに動くものですから。

きのう「愛別離苦」を更新しています。今日は「右近通信」を書きました。明日からのgolden weekを有意義におすごしください。それではまた。ありがとう。

|

2005年4月25日 (月)

快復の兆し

具合が悪くて金曜から寝ていました。風邪をひいてしまったようです。例によってひどい頭痛でバテていました。やっと快復の兆しです。食欲もでてきましたからもう大丈夫だと思います。まもなく復帰できると思います。ごめんなさい。

|

2005年4月22日 (金)

更新しました

「ひとり言」No.99を加えました。目標の100まであと一つとなりました。

庭の芝の様子はまたあとでお見せいたします。今日は苦手な晴天で風。Help!

|

水無月右近は同人誌に復帰しました

「銀河詩手帖」の同人に今月より復帰しました。詳しくは「右近通信」をご覧ください。今日210号が届きました。自分の詩が活字になるのはやっぱり嬉しいものですね。購入ご希望の方はどうぞ「銀河・詩のいえ」にご連絡ください。

庭の植物をご覧になっていただきましたか。芝生も青くなり始めました。きれいな芝にするには、今ごろ雑草抜きを徹底的にすることが大切なのだそうです。

まだ起きている人もう寝ましょう。私はまだ読み書きします。おやすみなさい。

|

2005年4月21日 (木)

更新しました。ようこそ右近庵の庭へ。

庭の植物をお見せしたいと思いまして、植物アルバムを作りました。
よろしかったらおいでください。天気のいい日は庭でお茶でも飲みませんか。

|

2005年4月20日 (水)

更新しました

「恋愛詩」に“桜の精”を加えました。第4集に入りました。
書き続けられるかどうか分からないままのスタートです。書けた時にはというくらいに、気負わず構えたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。
遅ればせながら、去年の様に桜の詩には桜マークをつけてみました。

私の目は天気が良いと、いっそうつらくて困ります。
近畿は雨が降り始めました。皆さんのところはどうですか。おやすみなさい。

|

2005年4月18日 (月)

更新しました

「さみだれ詩集」を更新しました。久しぶりです。
まったく更新していないところがあってごめんなさい。短歌とかシェーグレンのサイトとか。気にはなっているのですが、なかなか書けなくて・・。ごめん。

それにね、今また丹下左膳なんだ。痛くて目をあけていられない。片方で読み書きするとそちらを酷使して両方ともダメになっちゃうし。外にも出られなくて困ってる。早く治さなきゃ。このところずっと目で困ってた。弱ってしまうよ。スチーム当てたり軟膏入れたり目薬さしたり大変なんだ。助けてほしいよホント。

右近庵のチューリップは満艦飾。チューリップって鬱金香って書くって知ってた? オランダが有名だけど元は中東の花、トルコ語やギリシャ語でターバンの意味なんだって。黄色のがシルクロードを通ってまず日本に来たから鬱金香という字が充てられているのかな。あなたはどの色のチューリップがお好きですか?

君は元気でしょ? いつも云う“君”とか“あなた”って誰ですって?
それは皆さんのこと。皆さんって誰だって?それはdisplayの前のあなたですよ。

今週も頑張ってください。目の前のことを“いっしょけんめい”に。ハイ私も。

|

はじめまして。Ryoです。

「平成道行考」の訪問者の皆さん、水無月右近さん、はじめまして。
私はRyoと申します。どうぞ宜しくお願いいたします。こちらへは初めて訪れますが、何度も訪れているような気がするのは不思議です。なぜなのでしょうね。

昨年11月に「愛別離苦」を立ち上げてのち、こちらのサイトと相互リンクをして以来、一度ゆっくりお邪魔しようと思っておりましたが、なかなか果たせず今日になってしまいました。こちらはまぁ何とも不思議な雰囲気が漂っていますね。妖しいと言いますか、怪しいといいますか、何ともいえない空気ですね。

今日ここへお邪魔いたしましたのはほかでもありません。私のサイトが中原憬さんのところと相互リンクいたしました。そのことをお知らせするために出てまいりました。中原さんとは、あの「愛する人を亡くした人のための100の言葉」の中原さんです。おなじく氏の「死別の悲しみの癒しのサイト」中にリンクしていただきました。しかし私も右近さん同様に“年令性別不詳”ですからね。(笑)

中原さんにリンクをお願いいたしましたのには訳があります。それは先日、ちょうど私と同じように突然にご主人を亡くされた方からメールをいただいたからです。その方はこの週末に忌明けを迎えられるとのことでした。さぞかしお辛いことでしょうにと深くお察しいたしました。私も昨夏のことを思い出しました。

これまでにこのようなメールをいただいたことはなかったのですが、気がついたのです。そうだ、同じ悲しみを持つ人とつながればいいのだと。今までは自分のことで精一杯でしたが、悲しみを共有することで励ましあえることに気がついたのです。それで「愛別離苦」を外へ出そうと初めて思った次第です。
皆さん、水無月右近さん、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

                              Ryo

は、はじめまして、Ryoさん。水無月右近です。いつもお世話になっています。
こ、こちらこそ今後とも、よ、よろしくお願いします。さ、左様なら。
                         
                              右近

|

2005年4月17日 (日)

まだ書けないんだ・・

書きたいことがいっぱいあるのに書けない。まだ書けないんだ。なんでかな。笑
もし君が恋愛詩が読みたいと言ってくれたら書くかもしれない。ラブ・ショートがまた読みたいと言ってくれたら書くかもしれない。そう、長編小説だって。
まずは目の具合が良くなってから。あ~あ、春はまいったなぁ・・。おやすみ。

|

2005年4月15日 (金)

更新しました

「ひとり言」を更新しました。現在の心情を語っています。

|

こんばんは

coffeetime こんばんは。水無月右近です。

 今日、このハンチングを買いました。男モノです。

 手にしているカップにはBEATLESと書いてあります。

 一緒にコーヒーでもいかがですか。

 今週もあと少し。皆さん、頑張ってください。

|

2005年4月14日 (木)

更新しました

「愛別離苦」に詩を二編加えました。

ムスカリという花がきれいに咲きました。ユリ科の多年草で約60種が地中海から西アジアに分布しているそうです。これはその代表のルリムスカリです。
花冷えです。お風邪に気をつけてくださいね。

|

2005年4月13日 (水)

また言ってる・・。見たいって。

去年も言いましたが、ウコン桜が見てみたいものです。
しかしこのウコン桜、“右近桜”もしくは“鬱金桜”と書かれるようです。ウコン(鬱金)はおなじみカレーなどの香辛料ターメリックですが、薄桃色ではなく黄色っぽく見える桜を鬱金桜と呼ぶのですね。御衣更(ごいこう)ともいうのは、僧の衣の黄色に似ているからだとか。皆さん見たことがありますか?

それとは別に“右近の桜”というのは検索でいくつもhitします。こちらはなぜこの名前なのかは分かりません。昔から“右近の橘”“左近の桜”なのですが、なぜ右近の桜なのでしょうか。どなたかご存知なら教えてくださいませんか?

ウコン桜は実際には黄色というより緑がかっているようですね。しかし私は写真でしかみたことがありません。ほんとうのウコン桜がいちど見てみたいものです。今年も見ることができなくて残念です。また言ってる。まだ言ってる・・。

近畿は2日間雨でした。明日(今日)は晴れ、関東以北は雨だそうです。
散らせる雨と咲かせる雨。これから咲く北へ向かって桜を追いかけて行きたい右近です。とりあえず雨の日は元気な右近です。では皆さん、おやすみなさい。

|

2005年4月12日 (火)

リンク一件追加しました

きのう強風の中、娘のKと富田林というところにある家具工房Quleさんへ行ってきました。手作りの工芸品や家具の展示会に招かれていたのです。ネットで工房のことを知り、欅の木で何か造っていただこうとお願いしていたのです。

小さいものはコースターからフォトフレーム、机や椅子、靴箱にでも何にでもなる収納庫など、みごとな製品が並んでいました。合板のものにはない純粋に木のぬくもりが伝わるそれらは、温かみがあってステキです。フォトフレームと一輪挿しを買わせていただきました。とっても気に入りました。またお見せします。

川西サンと本間サン、お若いですが根っからの職人肌でして、販促活動にはとんと興味がないご様子です。そこで少しでも知っていただこうとリンクさせていただきました。どうぞご訪問ください。お近くに住む方は工房を訪問されても。

「愛別離苦」を更新しました。桜は雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ、まだ頑張っています。ガンバレ桜、ガンバレ皆さん、ガンバレ右近、右近桜が見てみたい・・。

|

2005年4月11日 (月)

いさぎよい花

小林秀雄の有名な言葉に“美しい「花」がある。
「花」の美しさという様なものはない”というのがあります。彼の文章は難解ですが味わい深く奥深いものがあります。
せっかくきれいに咲いた桜も風雨ですぐにはらはらと花びらが落ちてしまいます。今日は花散らしの風。夜には雨も。あ~あと思ってもどうしようもありません。この潔さが好まれてはきたのですが。小林秀雄流に言えば“潔い「花」がある。「花」の潔さという様なものはない”となるのでしょうか。
桜前線は北上中です。

|

2005年4月 8日 (金)

連続更新です

UkonInKoyasan 「ひとり言」を今日も更新しました。
 これらの文はまるでカミングアウトなので恥ずかしい
 のですが、もういいやっという感じで公開いたします。

 これは6日に行った高野山でのショットです。
 高野山には見事な杉の巨木がたくさんあります。
 花粉症の人は今は行かない方がいいかもしれませんね。

|

2005年4月 7日 (木)

「ひとり言」を更新しました

2002年に書いた文章を掲載してみました。片づけていたら出てきたものですから。よろしかったらお読みください。昨日の疲れが出ましたのでもう寝ます。

|

2005年4月 6日 (水)

高野山へ行ってきました

今日、私は高野山へ行ってきました。
四国八十八ヶ所の巡礼のあと、高野山へお礼参りへ行くのですが、出発の前にご挨拶に行けばなおいいと本に書いてありました。それで行ってきたのです。

平日とあって人は少なく、ゆっくりと参拝することができました。
皆さんは高野山へ行かれたことがありますか? なんというのでしょうか、山全体が一大聖地でして霊験あらたかな場所です。脚を運ぶといつも気持ちが安らぎ穏やかになって帰ってくるのは不思議です。弘法大師のお力でしょうか。

奥の院にある店で遍路に使う金剛杖を買いました。その杖には大師がおられ、その杖を持って私は一人で歩くのですが“同行二人”(どうぎょうににん)というのです。〈恥ずかしながら(どうこうふたり)と私は長い間読んでいました〉お店の人にも気をつけてと言っていただきました。さあ、いよいよです。頑張らねば。

電車の窓から見える桜がきれいでした。満開のやら五分咲きくらいのやら。
皆さんのところの桜はどんなですか。北の地ではまだでしょうね。ではまた。

|

2005年4月 5日 (火)

やはり山頭火でいくか・・

「ひとり言」でお話ししました“遍路ツアー”ですが、今日申し込もうとすると、満員でキャンセル待ちということでした。これはこれは、世は聞きしにまさる“遍路ブーム”ですぞ。さあて困った。これはどうしたものでしょう。

しかし私はあまりガッカリしなかったのです。なぜでしょうか。
それはですね、説明会から2週間も申し込まずにいた理由は、私はやっぱり大勢の団体行動に渋っていたのです。ですから内心ホッとしたところも・・。しかし、では私は理想通り“山頭火スタイル”で遍路が可能なものでしょうか。

人にも、ものにも、ものごとにも縁というものがあるように思います。一旦は決めたものが満員だったのも、山頭火スタイルで行けということではないでしょうか。きっとそうです。そして「よぉし、やったるでぇ」になりました。

それからもう一つ。企画会社から蹴られたわけですから(私がグズグズしていたからですが)、自分で企画をして参加者を募るなんていうのもいいなぁと思っています。もちろん適度に一緒、適度にprivacyが守れるようなスタイルで。

私は一人でも行くことは確実ですが、もしも行ってみようという方々がおられましたら同道はいかがですか。四国路の自然を楽しみながら、のんびり遍路もいいものです。興味のある方はメールにてご連絡ください。おやすみなさい。

|

2005年4月 4日 (月)

見張り番じいじい

こんにちは、みなさん。
ボクはいつもこの欅(けやき)の切り株の上で見張りをしているんだ。
トラ吉はじめ右近庵の平和を乱す猫が不法侵入しないかと、見張っているんだよ。
ホラ、この真剣な表情をみてください。
でもね、くやしいけどトラ吉にはまだ勝てないんだ。
右近さんは今日も庭の雑草抜きに追われていたよ。
ではみなさん、一週間がんばってください。
ボクもがんばります。

|

2005年4月 3日 (日)

また夜更かしをしちゃった

真夜中にゴッホのことを2日続けてやっていましてね。ついつい見てしまったら午前3時。いけない。せっかく朝昼型に治そうと努力しているのに、また戻ってしまうぞ。でもとっても面白かった。ゴーギャンとの交友関係も詳しく解ったし。ゴッホは常に孤独で激しい人だった。37歳の生涯は短すぎたなぁ。

ところで回転寿司の話のところで“目を皿のようにして”と書きました。私たち日本人は目を皿のようにしてごらんと言われたら、まん丸の目をして見せますが、外国の人は細い目をするそうです。つまり皿(plate)を真横から見たような目をすることだと取るのです。真上と真横。文化が異なると、こんなことまで見方が異なるのですね。面白いです。じゃ、dish(深皿)と捉えた人はどんな目をしてみせるのかな。どなたか挑戦してみてください。いえ、冗談です。笑

それから我が国が誇る食べ物sushiはいまやglobal、世界的に知られつつあります。おいしい、ヘルシーで大人気です。回転寿司も外国に大人気で、sushi trainと呼んでいる国もあるようです。寿司列車とはうまいこと言いました。

右近庵近辺では雨の日曜日。皆さんの住んでいるところではどんなお天気でしょうか。桜が咲き始めましたね。日曜日を楽しくお過ごしください。では。

|

2005年4月 1日 (金)

更新しました

チューリップが開きました。今年も白から咲きはじめました。
パンジーが少し迷惑そうです。
去年はなぜ白ばかりだろうと不思議でしたが、あとから色とりどりに咲きました。
今年もたくさん咲きますよ。

「右近通信」にお知らせを、「愛別離苦」に詩と文を更新しています。

|

驚きの Sushi Train

きのうのことです。回転寿司でも食べようと店に入りました。平日でしたが春休みとあって、店は家族連れでにぎわっていました。私はカウンターでおもむろにお茶をいれ、さて何から食べようかと流れてくる寿司の皿を、目を皿のようにして眺めていました。庭仕事のあとで、おなかはペコペコだったのです。

マグロにタコ、イカ、イクラにサーモン。卵も来たぞ。大好きなアナゴももうすぐやってくる。♪ 久しぶりの回転寿司に心ウキウキの右近でした。と、その時です。やや、あれは何だ。皿の上で何か動いているぞ。あっ、エビだ。寿司めしの上でピンピンとはねているではありませんか。こ、これは・・・。

流れているラインを見ると、あちこちでピンピンとはねているのがあります。シャコだ・・。えっ、あれはホタルイカ・・。私は目を疑いました。しかしまぎれもなくはねて動いているのです。そのうちあまりに元気なかれらのなかには、勢い余って皿の外へ飛び出すものまでいました。どおりでご飯だけが乗ってる皿が、ベルト上のあちこちにあるワケだ。そういうことだったのか・・

店員さんはカウンターや床にまで飛び跳ねた元気モノのエビたちを追っかけるやら捕まえるやらで大わらわ。イキがいいのはいいけれど、生きたままで元気が良すぎる寿司ネタとはどんなもんでしょうか。それを見て大はしゃぎの子どもたち。手伝っている子もいたりして、店内は賑やか賑やか、まるでゲーム。

私ははねていない切り身のサーモンやマグロ、アナゴに専念、注文画面で“茶碗蒸し”を指でタッチし、流れてくるのを待ちました。今日はエビはやめておこう、とホタテにいけば、これまたモソモソ動いていまして・・。いやはや。

あのぉ、誰かいいかげんに私を止めてくださいませんか。朝までホラを吹かなければなりません。今年もひっかかりましたね、あなた。私の勝ちですよ。

It's April Fool's Day today ! いい一日になりますように。

|

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »