« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月31日 (火)

カエルは寝たようです

近頃、午前三時にはカエルたちは静かになります。
私はまた寝込んでいまして布団です。今日は小説が書けません。本を読んだりしていましたが、頭が痛くて限界です。気晴らしにコレを言ってみるとしますか。
 
  かえる ぴょこぴょこ 三ぴょこぴょこ 
 
          あわせてぴょこぴょこ 六ぴょこぴょこ

では皆さんも続けて三回言ってみましょう。みごと言えた人には何か賞品をさしあげますよ。さあ、はりきって言ってみてください。私は布団に戻ります。

|

2005年5月30日 (月)

また裏ノ畑ニイマス

本気で書いています。ですからあまり喋れません。来てくださってありがとう。

|

2005年5月29日 (日)

畑より戻って更新しました

恋愛詩を追加しました。庭の植物も加えました。右近庵の庭へどうぞお越しを。「愛別離苦」の“思”では観音さまのことを話しています。こちらへもどうぞ。

|

2005年5月28日 (土)

裏ノ畑ニイマス

水無月右近は小説を書いています。カエルがピタリと鳴きやみました。あれれ。

|

2005年5月27日 (金)

おくちチャック

ココロはコロコロかわるからココロといわれるそうです。私もコロコロ変わります。なぜか下向き。晴天続きだからかな。上向くまでしばらくおくちチャック。しかしコレは、まとまったモノをもうすぐ書き始める徴候かも・・。ではまた。 

|

2005年5月26日 (木)

詩をひとつ更新しました

「愛別離苦」に詩をひとつ更新しました。
Googleで「愛別離苦」は7番目にランクされていたのですが、ちょっとHomeをさわったら急降下で100番以下に・・。(泣)さわらなければよかったなぁ。

|

2005年5月25日 (水)

たくさんの皆さんに会いたいな

「水無月の会初回例会」の詳細が決定しました。できるだけ多くの皆さんにお会いしたいです。お申し込みはリンクぺージにあります「水無月の会」からよろしくお願いいたします。

今日(24日)もいいお天気でした。庭でくつろぐ本日の右近です。
きのうのヘビはどこ行った?

|

2005年5月24日 (火)

カエル語は面白い

「右近通信」にカエル語の詩と日本語訳を掲載しました。面白いですよ。お読みください。“るてえる”って何だか分かりますか?それはね、し・あ・わ・せ。

右近センセイはちょっとだけセンセイを復活しています。いえ、仕事ではありませんが中間テスト勉強に付き合っているところです。なつかしいですねテスト。

ところでカエルはいつ寝るのかですけれど、昼間のようですね。だって昼間はシ~ンとしているのです。夕方から“ぎゃわろっ、ぎゃわろっ”と朝までにぎやかです。さすがに明るくなる頃には、最初の半数くらいの数になっているかなと思うくらいの声にpower downしています。夜通し鳴くのって大変だろうなぁ。

年に一度の祭典です。かれらは忙しそうですよ。ああ、私は年じゅうヒマだというのに。(近頃ときたら曜日の感覚すらなくなってきてしまっています)

さあて、もう少しゴソゴソします。おやすみなさい。今日は火曜日、ですよね。

|

2005年5月23日 (月)

おはすみなさい

朝になりました。おはようございます。私は明け方にビールを飲んですこしばかりイイ気分です。そろそろ寝ます。おやすみなさい。おはようとおやすみを一度に云うと、おはすみなさい。一週間の始まりです。ほどほどにスタートですよ。

|

2005年5月22日 (日)

四行の訳

朝になりました。カエルの鳴き声は朝まで続きました。
草野心平氏は蛙の詩のほか、富士や酒の詩でも有名です。私たち研究生は酒と蛙の詩を「酒祭り・蛙祭り」と題して発表会を開きました。お客様はたくさん来てくれましたね。その題は私が考えたものでした。いい題でしょ。好評でしたよ。

この二つ下にある四行のカエル語の訳を、やはり先にここでご紹介しましょう。

  幸福といふものはたわいなくっていいものだ。

  おれはいま土のなかの靄(もや)のような幸福に包まれている。

  地上の夏の大歓喜の。

  夜ひる眠らない馬力のはてに暗闇のなかの世界がくる。

あとは「右近通信」に近日中に掲載いたします。眠らずに鳴いた蛙たちは、いったいいつ眠るのでしょうか。私は今から眠ります。皆さん、おやすみなさい。  

|

2005年5月21日 (土)

更新しました

「右近的日常」を更新しました。

昨日の草野心平氏のカエルの詩は、全体を読んでいただきたく、あらためまして全文をご紹介いたします。これに関してのメールをありがとうございました。

|

2005年5月20日 (金)

カエルの大合唱

裏の田んぼに水が張られてから夜ごとカエルの大合唱です。その声ときたら大音響です。聞いたことがありますか?それはもう大きな声でしてね。庭にもピョンピョン跳んでいますよ。みどり色やら土色のやら。とっても可愛いですよ。これから秋の終りまで、たくさんのカエル君たちは右近庵の庭で過ごすのです。

カエルと言えば草野心平氏はカエルの詩をたくさん書いていますね。不思議なものもありますよ。演劇研究生の頃、演じました詩をちょっとご紹介しましょう。

       ごびらっふの独白

                 草野心平

  るてえる びる もれとりり がいく。

  ぐう であとびん むはありんく るてえる。

  けえる さみんだ げらげれんで。
  
  くろおむ てやあらん ろん るるむ かみ う りりうむ。

                         (以下省略)

いかがですか。さっぱりワケがわからないでしょう?でもね、コレ何度も口にしていると、なんとなくカエル語を喋っているような気になるからフシギです。さあ、これはなんと言っているのでしょうね。それはまた明日。おやすみなさい。

|

2005年5月19日 (木)

初夏の嵐・ラッキョウ・例会・五右衛門

右近庵では雨風で荒れた天気でした。晴れ間に買物に行くとラッキョウや新ショウガが出ていました。「あ、漬けないと」と思ってカゴに入れました。おいしいですよ、自分で漬けたラッキョウやショウガは。皆さんもやってみませんか。

庭やら漬け込みやらで今日は少しも読み書きをしませんでした。パソコンを見ると「あ、書かなきゃ」と思うのですが、まぁ、いいやとばかり今日はずっと動いていました。といっても私は健常な人の半分か三分の一くらいしか動けません。すぐにくたびれてしまうので、休んではまた動きと能率が悪いのです。笑

「会」の方に書き込みをしてくださった方がおられ、うれしいです。私もときどきお邪魔します。皆さんもどうぞ何なりとお喋りくださいね。例会の日に披露いたします詩をおおかた選びました。その詩に合う曲も私が選んでいます。こんなことを考えるのは、とても楽しいですね。今回は大阪・梅田にての開催ですが、私を見たい方、どうぞふるってご参加ください。私は五右衛門に似ていますよ。

|

2005年5月18日 (水)

“庭”を更新・“あまのんさん”の相談所

春先から活気づいてきた右近庵の庭。いろいろな植物が元気です。木々は今が花どきです。野菜の苗は今が植えるとき。花々は言うまでもなくこれから咲き誇るときです。晴天に恵まれ、みるみる育つ野菜たち。次々に咲く花々。庭にいると時間がすぐに経ってしまいます。植物には教えられることがたくさんあります。

「水無月の会」の管理人さん“あまのんさん”が無料法律相談室を開いてくださいました。日常生活で困ったことや相談したいことなどがおありでしたら、ぜひご相談ください。読者の皆さん限定だそうです。どうぞご利用くださいね。あまのんさんは、とってもお優しく頼りがいのある方ですよ。ご遠慮なくどうぞ。

|

2005年5月17日 (火)

秘すれば花なり

世阿弥の「風姿花伝」(「花伝書」と呼ばれるもの)にある有名な言葉が「秘すれば花なり秘さずは花なるべからず」です。世阿弥は「花」をいろいろな言葉の象徴として使っているそうです。たとえば「花と面白きと珍しきと、これ三つは同じ心なり」とあるのです。「花」「面白い」「珍しい」は同じであるというのはuniqueな考えですね。

舞台で花があるとは面白く、意外性に富むことも要素なのですね。とても難しそうですが奥深い言葉の宝庫、花伝書はいつか完読したいものです。私の恋バナに面白さや珍しさがあるかどうか分かりませんが、ひとまずこの言葉で逃げました。100の質問にはアタマを痛めていますよ。マジメに答えすぎなのかな。笑

このたびは強い目眩や吐き気に襲われ、すわ救急車かと思いましたが、なんとか治まりました。はい、ぼちぼち行きますよ。皆さんもぼちぼち行ってください。

|

「愛別離苦」を更新しました

“思い出の薔薇”という曲、皆さんご存じかなぁ。その思い出を綴りました。

|

2005年5月16日 (月)

良くなりました

ご心配をおかけしました。復帰しました。書けない状態になると、書けることの有り難さがわかります。newマークがないのは寂しいですね。さあ書きますか。

全国的に気温が低めです。体調に気をつけて、この一週間を頑張ってください。

|

2005年5月14日 (土)

大丈夫だよ

大丈夫だよ。だいぶ良くなったから。もうちょっとで良くなるよ。ありがとう。

|

2005年5月13日 (金)

寝ています

また体調が悪くなって寝ています。
座れるようになれば書きますから、それまで待っていてください。

|

2005年5月12日 (木)

悔いのない生き方をするために

私は膠原病を持ってしまった時に、もっとしたいことをしておけば良かったと思いました。以前のように自由に行きたい時に行きたいところへ行けなくなってしまったからです。もっと旅をしておけばよかった。まず、そう思いました。

Hiroshiが逝ってまた思いました。したいことはしておかなければと。なぜって人はある日突然に死んでしまうことがあると分かったからです。だから多少なりともやりたいことがあるのなら、ぜひともやっておくべきだと考えています。

特に人間関係における後悔は絶対に残したくないと思っているので、私は人と争いません。もし行き違いがあっても、なるべく早く修復を心がけてきました。なぜならどちらかが逝ってしまえば、永久に決裂したまま終わってしまうからです。それを他で実践しながらHiroshiとはできなかったことを後悔しています。

“道行”を育ててくださった皆さんにお会いしたいという気持ちは、自分の書いた詩を自分の声でお聞かせしたい、いつも有難うと声で伝えたいというところから芽生えました。それで今回の企画となりましたが、大部分の皆さんは諸事情で参加は不可能なことですね。分かっていますよ。私の活動の主体はHPです。

悔いのない生き方。関わった人たちを大切にすること。Virtualだとかrealityだとか、どうでもよくて。会っておかなければいつか会えなくなってしまう。ほんとうは全員に会いたい。君にも、あなたにも。会ってみんなと握手をしたい。病気が進んでしまわないうちに。この世とサヨナラしないうちに。おやすみ。

|

2005年5月11日 (水)

店を探しています

突然に思い立った企画ですが、いきなり暗礁に乗り上げてしまっています。と言いますのは会場探しです。私の思っているようなところが、なかなかなくて困っています。

それは詩が読めて、踊れる。薄暗いこと、食事がおいしいことです。パーティ会場、宴会場はいくつもあるのですが、どれもチョットちがうかなという感じでピッタリのところがありません。そういうことに明るい友人や管理人さんがさがしてくれているところです。私もネット検索で必死で探しているところです。

ライブハウスはどうかと思いましたが、延々と独演をやるわけではないし、そういうところは食べ物が充実していません。ホテルの会場は明るくケンコー的すぎて“ちがうかな”と思います。はてさて困った困った。どうしよう・・。

皆さん、どなたかいいお店をご存知ではないですか?もしご存知ならお知らせいただけませんでしょうか。ご協力いただければありがたいのですが。さらに詳しく言いますと、以下のようなところです。

◎ 大阪、神戸近辺。新幹線や飛行機利用の人のことも考えたアクセスの所。

◎ 食べ物がおいしく、コースで5000円くらいのところ。

◎ できれば音響設備があるところ。ライトは持ち込めるので無しで可。

◎ 私が多少動き回れる場所があること。それなら動きながら詩がやれるので。

◎ できれば食後にみなさんも一緒に踊れるところ。

レストランを一軒借り切って行えればなと思っています。K市にならそれができる店があるのですが、K市は大阪の中心から遠いのでダメですし。ああ、困った困った。関西地区の皆さん、ご協力お願いできませんか。悩める右近より。

|

おはよう

朝になってしまった。おはよう、皆さん。私は今から寝ます。おやすみなさい。

|

2005年5月10日 (火)

こんばんわ

こんばんわ。右近です。
暑くもなく寒くもなく、爽やかな気候になりました。連休疲れを残しておられる皆さん、早く回復してください。

6月18日に大阪で予定しています集いに関してですが、交流会と呼ぶのもオフ会と呼ぶのもしっくりきません。では何と呼ぶかです。おそらくHP掲載の詩を読んだり演じたり、喋ったり踊ったりと私のshowみたいなのも入れようかと。まだ何にも決めてもいませんけれどね。言ったでしょ、サービス精神旺盛だって。

なんせ突然の思いつきで食事会でもと言い出したことです。それならただ食べていたんじゃつまらいないでしょうと、私が何かをお見せしなければと考えているのです。はい、私は若い頃、芝居をやっておりましたから、スポットライトが大好き人間なのですよ。クライ人間だとばかり思っていたでしょ、皆さん。(笑)

ま、どんなことが一ヶ月くらいで準備できるか分かりませんが、まずは体調を万全に整えて当日を迎えられるよう心がけます。それから来てくださる皆さんはお客様です。本名を名乗る必要は特にありません。本名よし、ハンドルよし、名乗らずともよし、すべてご自由に。その日を共に過ごして大いに楽しみましょう。たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。詳細は「会」のほうでも随時知らせていただきます。私からもお知らせいたします。では、おやすみなさい。
「愛別離苦」を更新しています。

|

2005年5月 9日 (月)

お待たせしました

お待たせいたしました。本日より「右近的ひとり言」がスタートいたしました。
旧「ひとり言」同様、新「ひとり言」もどうぞ宜しくお願いいたします。

ところで皆さん、「水無月の会」の方へはお出向きいただいておりますでしょうか。カウンターは回っていますのでお出向きくださっているとは思いますが、メインのコンテンツになると思われる掲示板が閑古鳥です。右近のためにせっかく立ち上げてくださったサイトです。どうか皆さんのお力で楽しい場となりますよう、ご協力をよろしくお願いいたします。

道行の方では喋りづらいと思われた皆さんも、あちらでは気楽に気さくに和気あいあいとお喋りいただけるのではと思います。この種のサイトは皆さんのご協力なくしては運営できません。私からのお願いです。ただご覧になるだけでなく、いろいろな形で皆さんにご参加いただければ、水無月右近はとても嬉しいです。

|

2005年5月 8日 (日)

雨のち晴れ

昨夜からの雨が午前中も降っていました。
庭仕事はできないかなと思っていましたが、昼過ぎに雨はやみました。

「水無月の会」の管理人さんと食事をしながら、今後のコンテンツやイベントについて話し合いました。“あまのんさん”は読者限定で無料法律相談のコーナーをつくってくださるそうですよ。私には料理のコーナーをどうかと仰るのですが今は「犬の御飯」状態ですからチョット考えさせていただくことにしました。

“うつぎさん”にはサイト立ち上げまで尽力していただきましたが、お仕事が忙しくなられ、代わりに多忙な時期を越えられた“あまのんさん”にバトンタッチしていただくということです。皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

話し合いが終わった後は、生垣の剪定をお手伝いいただきました。あまのんさんには脚立で高いところへ登っていただき、ノコギリで枝を切り落としていただきました。うつぎさんと私はそれを細かく切って袋詰めにし、Kは野菜の苗を植えたり畑の土起こしをしました。お手伝いいただくと効率がよく愉しく働けます。

その後は庭でお茶にしました。外で飲むコーヒーはなぜあんなにおいしいのでしょうか。五月の風は爽やかですね。山々の新緑も、今はとっても美しくて。あ、日付が変わってしまいました。母の日ですね。皆さん、親孝行をしましょうね。

水無月右近はついに皆さんとお会いすることになりました。詳細は今後の「水無月の会」にてお知らせしていただくことになります。さあ、夢の実現への第一歩です。文字だけでなく声で身振りで伝えたい。それを可能にしたいと思います。

|

2005年5月 6日 (金)

本日の更新はありません

本日は何も書けていないので更新はありません。ごめんなさい。
新ページは準備中です。いましばらくお時間をください。

明日は「水無月の会」の管理人さんたちが来られます。サイト運営やこれからの活動のことなどについて、いろいろと相談いたします。晴れならついでに庭を手伝っていただくことになっています。とってもありがたいことです。

今日はまとまった雨になった右近庵です。そのせいか目もいくぶん具合がいいです。年じゅう水無月だったらいいのになと思っている右近です。いつからこんなにカエルみたいに雨の日が好きになったのかなぁ。(雨嫌いの人、ごめんなさい)

めったに来客がない右近庵です。さあ、大変だ。片づけないと。
それでは皆さん、また明日お会いしましょう。よい休日をお過ごしください。 

|

連休真っ只中

晴天に恵まれた近畿地方のGWです。しかしこんなふうに世間が楽しそうな時にしているときには、ひとり暮らし人間はサビシ~イのです。カナシ~イのです。

黙々と雑草抜きをしていると無心になれるので初めのうちはいいのですが、抜いても抜いてもキリがないせいか、だんだん空しくなり悲しくなることがあります。いつもいつも気分転換によいものではないのですね、草抜きというのは。

そんなワケでなんとなく夜にはBeatlesなど聴き、寂しく酒を呑んでいました。ついついココをすっぽかしてしまいました。ごめんなさい。修行が足りません。般若心経もないモンだ。でもかの有名な一休禅師は肉も食べれば女も抱くという、とんだ坊さんだったのですよ。私もたまに酒くらいは許してくださいね。

さて、new「ひとり言」を書かなければならないのに、ボーッとしています。私はどうやらヒノキ花粉に弱いようです。目がチリチリ、頭がボンヤリして困ります。なんですって、修行が足りない?は、はい、そうですね。が、頑張ります。

連休の谷間で出勤の皆さん、ご苦労様です。通して休みの皆さん、私と同じで退屈していませんか?でも明日も雑草抜きです。では皆さん、おやすみなさい。

|

2005年5月 4日 (水)

おはよう!

夢中で本を読んでいたら朝になっちゃった。小鳥が鳴き始めたよ。

一時は生活時間をすこし前に戻していたんだけれど、また最近は朝まで起きてしまってる。でもコレはいいことかななんて。だって読めてるってことだから。ずっと読むことができなかったから、とってもうれしいよ。般若心経を勉強中。

それから山川方夫という夭折の作家の短編を読んでいた。あ、コレどこかで読んだぞって気がついた。え~と、あ、そうだ。国語のテキストに載っていたんだ。

生徒と国語の問題集をやっていて、抜粋の文を読む。この続き読みたいなぁ、なんてよく思った。でもセンセイ時代はほんとうに忙しくてゆっくり読書なんてできなかった。そう思うと今はシアワセだよ。じゃ、今から寝るよ。おやすみ。

|

2005年5月 3日 (火)

「ひとり言」の今後やらPaulやら

「水無月右近のひとり言」を第百話で終了し、安堵と寂しさの両方の気持ちがあります。二年半の間にいろいろなことがありましたから、それを跳ね返すようにして書いていました。もちろん愉しかったです。私がいちばん愉しみましたよ。

さぁて、今後は何を書きましょうかねぇ。いま考えていることは、ブンガクやらシソウやら少しばかり高尚なことと、日常生活レベルのことに分けて書く“新生「ひとり言」”のようなものを書いてみたいなということです。軽い喋りのような文は書いていて愉しいですからね。また書きますから待っていてくださいね。

ご承知のように私はBeatlesが好きですが、Paulがアメリカでのコンサートで言っていました。「僕に去年はないんだ」と。うむ。そうすると「僕に昨日はないんだ」とのたまうかもしれない。(やや、すると、かの名曲“Yesterday”はどうなるんだ) おっと右近調になるところでした。

そんな彼に私はいくども勇気づけられました。過去よりも「今」、今よりも「これから」。歌っている時がいちばん幸せというPaul。彼は生涯歌い続けるでしょう。私も彼の生き方をまねようと今日ずっと考えていました。

過去へと後退するのも一日、前へ進むのも同じく人生のなかの一日。同じ一日なら明るく生きなければと気づきましたよ。これを悟るのに9ヶ月かかりました。

今日はHiroshiの祥月命日です。彼も明るくゴキゲンの私が好きなようでした。どれ、ボサノバ風に明るく般若心経をあげてみましょうか。

お天気のよい連休になるということです。私は片付けでもします。そして庭。

|

2005年5月 1日 (日)

ファンサイトができました

あの、その、つ、つまりですね。わ、ワタクシめのファンサイト“水無月の会”を開設していただきました。管理人は“あまのん”さんと“うつぎ”さんです。本日UPです。皆さん、リンクページからどうぞご訪問ください。

とっても恥ずかしいのですが、私を元気にしようという嬉しい企画には大変感謝いたします。なにぶん初めてのことですので戸惑いは隠しきれません。
とりあえず“100の質問”にはマジメにお答えいたしました。はい・・。

今日は右近庵では雨でした。東北や北海道では今ごろ桜が満開なのでしょうか。
連休でお休みの方はゆっくりおやすみください。お仕事の方、ご苦労様です。
おかげさまで私は快復いたしました。ご心配いただきありがとうございました。

|

更新しました

「ひとり言」No.100を加えました。「ひとり言」はこれにて終了させていただきます。長らくのご愛読ありがとうございました。   水無月右近

|

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »