« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

右近の好きな雨でした

暖かいなと思ったら久しぶりの雨でした。いいな、雨。好きだな。でも、猫たちは雨が嫌い。退屈して機嫌が悪いよ。外猫たちもつまらなさそうにしてるね。

出版の話、面白いですか。たくさんの人が訪れてくださいましたね。雨のせいかもしれないけれど。(笑) (その4)では今後の方向とこれから出版をという人へのadviceをするつもりです。今や自費出版はboomですからね。誰もが楽しむものなら、いい気持ちでreasonableな価格でやりたいですね。今、各出版社(自費出版専門ではない大手などの)サイトで調べています。もう少しお待ちください。それから、出版社の悪口を言ってても、本に罪は無いからね。まだ読んでない人は読んでくれたらうれしいな。図書館ででも買ってくださってもどちらでも。

お知らせです。「ひとり言Ⅱ」の続き物あと二編(日常・思考)を書き終われば、しばらく更新を休ませていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

もうひとつ。「水無月の会」のサイトを私の希望で閉じていただきました。
メーリングリストは今後も“右近のメールマガジン”として存続予定です。現在ご加入の皆様は、そのまま移行させていただきます。宜しくお願いいたします。

庭は今とっても寂しいけれどサザンカがきれい。フキノトウも出てきた。見て。

|

2006年1月30日 (月)

更新しました

「ひとり言Ⅱ」を更新しています。「自費出版うらおもて(その3)」です。イカるつもりが、あまりパワーがありません。でも楽しんでいただけると思います。

|

2006年1月28日 (土)

更新しています

「ひとり言Ⅱ」“自費出版うらおもて(その2)”を加えています。
イカッていますよ、私は。まだまだこれからです。(その3)では怒り頂点、“自費出版”の正体見たゾということを書きますよ。お楽しみに。自費出版のいい面にもふれるし、提案もするつもり。これから考えている人たちのためにもね。

でも皆さん、リュウと奈緒子は頑張っていますよ。三ヶ月半で売上部数は推定675です。900部のうちからです。ね、ケッコウ頑張ってるでしょ。皆さんのお蔭かな。ありがとう。あとの225部完売され、さらにまだ売れると判断されれば重版になります。応援してくださいって言うべきなのかな。笑 契約は二年間で、その間は私にはどうすることもできないしね。儲けなんか初めからまったくないし、売れる売れないよりも、一人でも多くの人には読んでもらいたいなと思うよ。えっ、それって結局買ってって言ってるじゃないって?あはは、 そういうことになってしまうね、やっぱ。これまで買ってくださった皆さんに右近から、良から“ありがとう”。寒いね。とても冷える。ちょっと今から焼酎を。笑

|

2006年1月27日 (金)

おはようさん

めずらしく、こんな時間におはようさん。
午前四時頃に寝たんだけれど、七時半にはもう目がさめちゃった。それから眠れなくてモンモンとしてた。眠らなければって思って。そのうち猫が起きてエサの催促に来て、エサをやってたらますます眠くなくなって。だからもう起きたよ。朝のコーヒーはおいしいね。今日の右近庵は晴天。太陽が出てる。寒さも一段落。みんなのところはどんな天気かな。あ、そうそう。フキノトウが庭の隅に出ていたよ。こんなの見つけると、春はやっぱりくるんだなぁって思うよ。うん。

睡眠不足だけれど、今は爽快。さて朝から書こうかな。そう、ひとり言の続きでも。それともきのう買ってきた本を読もうかな。まず布団でも干そうかなっと。

|

2006年1月25日 (水)

更新しました

「ひとり言Ⅱ」に“自費出版うらおもて”を加えています。面白いですよ。
久しぶりに「さみだれ詩集」にも“夕餉”を加えました。侘しいですよ。笑

|

2006年1月24日 (火)

狂歌七首 題目“ライブドア”

ご好評につき、もう一発まいりましょう。

        二日酔いから解放された水月亭右近 作

投資家は勉強しろよと言ったのはボクにだまされないようにねということだった

並ぶ顔みな爽やかでなかったのは こーゆーことであったのですね

大成功やっぱり陰に不正あり 楽しかったねマネーゲーム

あちこちにとんでもないほど損失を 与えてとぼける時代の寵児

悪知恵で金儲けするは超一流 往生際の悪さも超一流

若者にヒーローと映ったその姿 ただの嘘つき金の亡者

こうなればまた別の意味でお手本に ああならないようにとの反面教師

|

2006年1月23日 (月)

川柳七首 題目 “ライブドア”

  
        二日酔いの酔月亭右近 作

  想定外 お金で買えないものはあったね逮捕

  良心も 倫理もなき城もろくも陥落

  ホリエモン どこでもドアでどこかへ逃げたい

  もう一度 やり直すにはタイムふろしき

  やっぱりね うさん臭さはピカイチ宮内

  側近も ご主人サマを売る平成

  悪ならば 俺を見習え「涙」と「拒否」だ (ヒューザー・オジマ作)

|

お気をつけて

右近庵は積雪です。皆さんお気をつけて。まだ飲んでいる右近です。たまにはこんな日もあっていいかっと。あ、喋らないんだった。しまった。泥酔右近です。

|

2006年1月22日 (日)

皆さん、お元気ですか

こんばんは、右近です。冷え込みますね。今年は各地で積雪が多く、被害が出ています。降雪量の多い地方の皆さん、お見舞申し上げます。どうぞお怪我のないようにお気をつけください。雪下ろしや車の運転、歩行など、お気をつけて。

ところで皆さんは、私が近頃あまり喋らなくなったと思いませんか?思う。そうでしょうよ。だってあまり喋らないようにしているのですから当たり前ですね。

なんでだって?だっていつもあんまりベラベラ喋ってちゃバカみたいでしょ。だから今年からは、あんまり喋らないようにしようかなぁと思ってね・・。笑

喋るよりも面白いものをたくさん書いたほうがいいでしょ。そう思うんだけど。たいしたこと喋ってこなかったし、そのほうがいいとあなたは思わない?笑

実を云うと、私の言葉なんて、と自分で思ってる。毎日かるく言葉を出すことはどうなのかな。ためて書いたほうが合ってると思うんだけど。そう思わない?

私は毎日、規則正しい生活をしています。皆さんとは8時間くらいズレていると思いますが。私は近頃アジを干したりしています。猫の喧嘩の仲裁も毎日です。

あ、そうだ。焼酎のおいしさを知り、ハマっています。翌日に残らなくていいですね。それから寒さ対策に、毎日キムチをいろいろな食べ方で食べています。

私は元気ですからご心配なく。まもなく出版のウラ話やオモテ話を「ひとり言」で語ります。本を出したいと思う方、どうなってんのと思う方、必読ですよ。

それでは皆さん、よき日曜日となりますように。私はもう少し書きますね。温かい紅茶でも入れるとしましょう。猫たちは夢の中。あなたもきっと夢の中・・。

|

2006年1月21日 (土)

更新しました

「ひとり言Ⅱ」に「真赤な椿 ― 死刑囚Hの手紙より(その1)」を加えました。私のコメントは次回になりますが、よろしかったらお読みください。

|

2006年1月17日 (火)

追悼 阪神淡路大震災

「震災ひとり言」に「回想Ⅱ あの日から」を加えました。どうぞお読みください。そして6434名の失われた命のために、皆さんも祈ってください。

|

2006年1月16日 (月)

更新しました

震災追悼集の「ひとり言」に、「回想Ⅰ -あの日」を加えました。
よろしかったらお読みください。11年目にしてやっと書くことができました。

|

2006年1月15日 (日)

甦った携帯電話

去年の7月に、携帯電話を花瓶の中に落としてしまってダメにしたのですが、もしやと思って充電器にずっと置いておきました。それはHiroshiが買って来てくれたものでしたから、とても残念だったからです。もう半ばあきらめていたのですが、13日の未明に赤いランプがついているのに気付きました。甦りました。

いったんダメになった私のケイタイ。ふたたび甦るとはすごいなぁ。もしかしたら彼の力かなとも考えましたが、おそらく中の水分が乾いて復元したのでしょう。こんなことってあるのですね。うれしい。Hiroshiのと並べておこうっと。

|

2006年1月13日 (金)

こんばんは

今年も「阪神大震災追悼集」を掲載しました。詩を一つ加えました。追って文も書ければいいなと思っています。よろしかったらお読みください。11年です。

「ひとり言」をPartⅠとⅡという分類にしました。「水無月右近のひとり言」と「右近的ひとり言」をそういうふうにいたしました。よろしくお願いします。

私はピアノが弾けないので、弾ける人が羨ましくてなりません。
弾きたい時に自由に弾けたら、さぞかし楽しいだろうなと思います。
私は短いstoryを楽しんで書きます。原稿用紙を前に置いたときには、いったいどんな話が出てくるのか、どんな結末になるのかは、まったく未定です。書いているうちに、言葉が勝手に出てきてshort storyが出来上がります。書いているときは楽しいですよ。そうだ、きっとピアノを夢中で弾いているのと似ているんじゃないかな。即興ということでは、さしずめジャズピアノ?おやすみなさい。

|

2006年1月11日 (水)

書いたよ、短編。

こんばんは、皆さん。右近です。お久しぶりです。どうやら眠りすぎたようです。もう11日、鏡開きですね。エビスさんも残り福。この間、オメデトウって言ったと思ったけれど。寝ぼけマナコで楽しく書いた短編です。よろしかったらお読み下さい。心配してたって? ごめんごめん。大丈夫。それでは、またね。

|

2006年1月 3日 (火)

今年もよろしくお願いいたします

          
     謹賀新年 
   
      皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします

                      水無月右近    

        2006年1月3日

|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »