« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火)

梅切り

如月の晦日そばは「梅切り」。catfoodを買ってなじみの蕎麦屋へ脚を運ぶと表に“晦日そば 「梅切り」本日限り”とありました。梅を練りこんだ薄い桃色のそばです。それを食べようかと思いましたが、今日はとても寒く、ザルではなく暖かいソバに惹かれ、やっぱりいつもの“にしん蕎麦”にしました。ちなみに睦月は「唐辛子切り」だったようです。私のしたいことの一つに「蕎麦打ち」があります。ソバは体にもよく、自分で打ったソバをぜひ食べてみたいものですね。

メールをくださった皆様、お返事が遅れてしまって申し訳ありません。今しばらくお待ち下さい。そんなこと気にしないでと言ってくださるのでしょうけれど。

|

おはようございます

1月2月3月は去ぬ、逃げる、去るというとおり、はや如月の最終日ですね。

|

2006年2月27日 (月)

更新しました

右近庵の猫たちが総出演の童話を書き始めました。宜しかったらお読み下さい。

|

2006年2月26日 (日)

即興詩

       言葉なんて
                 水無月右近

     言葉なんて君を救わない
     言葉なんて君を癒さない

     言葉に救いを求めても無駄
     言葉に癒されようなど愚か

     言葉で君は人を傷つけて
     言葉に君は傷つけられて

     だから言葉なんて信じるな
     言葉なんてあてにするなよ

     信じていいのは君の知力
     頼っていいのは君の体力

     それでも打ちひしがれたとき
     あしたが見えなくなったとき

     ほんのわずかだけ君を
     楽にさせる言葉がある

     「大丈夫だよ」
     たったひとこと その言葉

|

おめでとう金メダル

日本選手にやっとメダル。それも「金」!スゴイ。おめでとう静香さん。

中高の同級生が「透けてゆく人」について語ってくれていました。たしか文芸読書部員だった旧姓Sさんはブログでいろいろなことを書いておられますね。金庫士の資格を持つ彼女です。金庫のことはどうぞ榎本金庫までご用命ください。


女性金庫診断士ちょこっと日記    アーカイブの2005年10月16日のところをごらんください。ほらね、私は昔から物静かだったんだから。今もそう。笑

|

2006年2月23日 (木)

あのね・・・

あんなコト言っておいてすぐ復活、いい度胸してるってホメてくれてありがとう。ちがうんだよ。実は「トーク」に直リンクしている人から、ストップしていますが心配ですというメール。そうか、外したことをご存じないんだ・・。そんな人が何人か居るならばunfair。情報は均一にということでとりあえず復活。私は小心者でございます。笑 しかし皆さん、忘れないで下さいね。私は“トークの右近”ではなくて、詩と散文の右近でありたいのです。うへ、言っちゃった。サイトの休載に関しては考えは変わりません。それまでココも開けておきます。

さあて皆さん、我らが世界に誇る三人の女性達が明日の未明にfreeの演技です。それぞれの持ち味を出し切ってほしいですね。pressureに負けずに頑張れ~!

|

2006年2月22日 (水)

異常なし

受診日。異常ナシ。マグネットバイク効果か。今夜は呑みながらフィギア観戦。

|

2006年2月21日 (火)

トリノオタクの右近です

生活時間帯がこうですから、私はliveですべて見ています。もう立派なオタク。

|

2006年2月19日 (日)

返ってきたボール

chu
 投げたボールが返ってきた! 4つも。

 うれしい。もっともっと投げ返して。

 ホラ、ここまで届くように。ヒュウヒュウ。

|

2006年2月13日 (月)

しゃべらないよ

来てくれてありがとう。でも、しゃべらないよ。君もしゃべらない。だから。笑

|

2006年2月11日 (土)

あと一つ

開会式は初め見ていたのですが、眠ってしまいました。今月いっぱいはオリンピック騒ぎで賑やかなことでしょう。出場できなかった人たちにも拍手を送ろう。

さて皆さんに公言しました無期限休載まで、あと「ひとり言」一つとなりました。「真っ赤な椿」の手紙文ですが、重たいものを紹介してしまいましたね。途中で「出版うらおもて」にかかり、後回しになってしまいましたが、書こうかと思ったときに書きます。その後は私は現実の世界に戻ろうと思います。皆さんにはお分かりですか? 投げても投げても返ってこないキャッチボール。それがとても空しいことであることが。投げ続けることに私は疲れてきました。それがvirtual、「虚」だというものなら私は不向きな人間です。ずっとそう思い続けていました。言葉を吐きっ放しにすることにも抵抗を感じています。ここらあたりでホームページを立ち上げる前の自分に戻り、「実」の世界で人と触れ、自分がするべきことを模索したいと思います。それが今の気持ちです。いずれ正式にご挨拶の文は掲載するつもりです。では皆さん、よき週末をお過ごしください。

|

酔って候

開会式を待ちながら、呑んで候、酔って候、キーを打つ手もぎこちなく・・。オリンピックの放送は、右近の得意な時間帯です。あぁ、ちいと呑みすぎてしまったわい。それでは皆さん、ごきげんよう。一期は夢よ、ただ狂え。もう一杯。

|

2006年2月10日 (金)

更新しました。& お疲れさま、Rubyさん。

(その5)を加えました。いくらでも書くことがあり、なかなか終れませんでしたが、やっと最終回を迎えました。めでたしめでたし。でも、もし文芸社の方々がご覧になったら・・。(笑)どんまいどんまい。ありのまま書いただけですから。

Ruby cafeさんがサイトを閉じられました。皆さん同様、私もひどく残念です。しかし引き際はあざやか、さすがRubyさんですね。あんなにお洒落で知的なサイトをほかに知りません。皆さんと共に惜しむと同時に、Rubyさんには心から「お疲れさま」と申し上げたいです。またいつの日かお会いできますように。

|

2006年2月 9日 (木)

いけません

またちょっと二日酔い。近頃呑んでばかりですな。いけません。おはようさん。

|

2006年2月 8日 (水)

道行考main支持層や全ての人に

平成道行考は、おもに女性、特に40代の女性達に指示されているようですね。もちろん老若男女、どなたでも大歓迎です。ありがとう。もう閉じようか、なんて考えた時に嬉しいメールを貰うと、やっぱ頑張らないとって思う。おやすみ。

|

2006年2月 7日 (火)

また鍋敷きですが・・

え~、鍋敷きはいかがですか。ヤカンにシチュー鍋になんでも載せてください。

|

2006年2月 5日 (日)

更新しました

「ひとり言Ⅱ」に(その4)を加えています。寒いですね。おやすみなさい。

|

2006年2月 3日 (金)

話してみたいな

ときどき思うのですが、私と面識がない人で、最初からずっと道行考を見てくださっている人がおられたら、話してみたいなあって。激動のこの数年間を見守ってくださったのだろうし、私の詩や文や、喋りをぜんぶ読んでくださっているのだろうなあって・・。もしそんな方がおられたらメールをくださいませんか。

|

2006年2月 2日 (木)

近畿は雨つづきでした

この頃私はイカッてばかりいますね。世の中には、ほんとうに許せないことを平気でやる人たちがいるものですね。弱者に住みよい国になんて程遠いわが国です。この倫理観の欠如というのは何処から来ているのでしょうね。梅原猛氏は、信仰心がなくなってしまったことと日本人の精神の荒廃は無関係ではないと言っていましたね。うん、頷けます。何が起こっても「またか」と、あまり驚かなくなってしまっていることに、この国の将来はどうなるのかと危機感を感じます。

世間を騒がせている人々は哀れですね。足ることを知らない人たちです。感覚が麻痺し、倫理も道徳もなく、欲しかなくなっているのでしょう。大企業であれ小さな会社であれ、経営者とは人格の優れた尊敬できる人間であって欲しいです。

ところで私は愛知のセンターワンホテルのオーナー、中川氏が気の毒で仕方ないのですが、皆で募金か何かをして再建できないものなのでしょうか。実直に生きてきた彼がこんなことに巻き込まれ、私も憤りを禁じ得ません。ついに従業員解雇になりましたが、いつでも戻りたいと言う人もいました。ガンバレ中川さん。

|

2006年2月 1日 (水)

もしかしてあなたなら ありがとう

きのうアマゾンに行ったら、なんと2万台。前日はたしか23万台だったのに・・。びっくり。もしかしたら「ひとり言」やトークを読んで同情してか心意気をかってくださってか、本を注文して買ってくださった方がいるのかなぁ。そうなら、どうもありがとう。また上位に行けるなんて思わなかった。うれしい。

久しぶりに文芸社のサイトに行ってみたら、“フェア”の真っ最中でした。もう終ってると思ってた。ごめんなさい、160万円の皆さん。悪気はありません。

近畿では雨が続きます。あなたのところでは雨? 雪? それとも・・。
あなたが元気で生き生きと過ごせる一日でありますように。おやすみなさい。

|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »