« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

桜よ咲け&夜明けのお喋り あれこれ

今年も恋愛詩集で桜のことを詠っているものに桜マークをつけました。年じゅう出しっぱなしですが、季節に応じて何度もお読みいただければうれしいです。

さて私は現在35枚まで書けました。書きなぐったbaseがあるのでわりあい止まらずに進めます。しかし100枚で仕上げるには書き込みすぎないことが大切です。かといってストーリー展開だけではブンガク的にならないし、難しいものです。でも楽しいです。書くことは最も楽しい遊び、最も楽しい一人遊びです。

ところで私のサイトへは、いろんなrouteで来られると思いますが、文章で検索してという方がおられました。うわぁ、そんなのでも上がってくるんだ・・。そういえば作文教室というのを「ひとり言」で書いていたなぁ。あれは中高生用なんだけど使えるよ。文章関連はとってもたくさんサイトがあるね。びっくりだ。

シロウトだから偉そうなことは言えないけれど、一口に文章といってもいろんな文章がある。だから自分が何を書きたいかをまず明確にするのが先。たとえば手紙文をマスターしたいなら形式を覚えること。決まり文句は使ってもどっちでもいい。紋切り型がよければそれをいくつか持ってればいい。小論文ならこれも形式がある。論文形式は楽だけれど、主張したいことは言えているか、論理的に辻褄が合っているかなどが大切。コツを掴めばそれほど難しいことじゃない。

じゃ小説は?だって?!  それは私が教えてほしいよ。 おやすみなさい。

|

2006年3月30日 (木)

ほんとに春?

木枯らしみたいな風がビュウビュウ吹いて、アラレやミゾレが降ったりして、北の方ではまだ吹雪。それでも桜は咲いているし、ほんとに春?こんな三月の終わりって今までなかった。冬がなごり惜しんでなかなか行かないみたいだね。寒。

大阪ではまだツボミが多いようだけど、君のところではどうなのかな?そうだ。桜の詩に桜マークをそろそろつけないと・・。もう寝ないと。おやすみなさい。

|

2006年3月29日 (水)

ねぇ君

ねぇ君、そんなにクサるなよ。聞けばそりゃひどい話だと思うよ。今頃になって条件を大きく変えてくる。君がせっかく取った資格が生かせないところへ回されるなんて、それって内定取り消しに等しいね。で、君は結局辞めてきたんだね。

いいじゃないか、それでいいさ。しかしもうクサッてばかりいては駄目だよ。次へ向けて動かないとな。ヤケを起こすのは仕方ない。でもそんなに引きずってどうするんだよ。じっとしてても何にも向こうからは歩いて来ないぞ。さあ動け。

ねぇ君、君がその学校に入学した時に話してくれた。お年寄りたちに喜んでもらえるようなことがしたいと。それはとっても素晴らしいこと。体力を生かしてぜひその仕事について欲しい。初心を貫くことだね。二年間、頑張って勉強をしてきたんだ。自信を持って新たな気持ちで就活しようぜ。ホラホラ、がんばれS!

|

2006年3月28日 (火)

更新しました

「日なたの小春」第四話を掲載しました。
楽しみにしてくださっている皆さん、お待たせいたしました。

「天罰」は順調です。21枚まで書けました。丁寧に書き進み、100枚の短編(中編)に仕上げていきます。書く(小説を)という勘が戻ったように思います。合間に軽く猫たちのことなどを書くのは楽しいです。どうぞお読みくださいね。

|

久しぶりにやってみようか“ねぇ君”archive

ねぇ君、今日はいい日だったかい?今日はまだこれからだって?そうだったね。

そもそもあれはココが発祥の地だってたんだよね。それを独立させたんだっけ。毎日書くと張り切っていたよな。たくさんの人が読んでくれて嬉しかったよ。

なくなって残念だったと言ってくれた君、あのときの温かくなった気持ちを忘れませんと言ってくれた君、毎日かならず読んでくれてた君、そしてイタズラをした君、みんなあの時はありがとう。僕の言葉が君の心に届いていたなら嬉しい。

ねぇ君、僕は顔が見えない姿も見えない、名前も知らない君が読んでくれるのが、とってもとっても嬉しかった。イタズラコメントで閉じたけれど、ほんとうは言葉を出し続けたかったんだ。あの場では最も素の自分になっていたからね。

おイタをした君。君が誰だか知らないけれど、僕は君の言葉の暴力に屈したのではない。君がしたことで言葉を待ってくれる人たちをガッカリさせたね。それは愉快だったかい?それなら君は病んでいるぞ。治してあげよう。メールで来い。

あのとき僕は君に負けたのではなく、負けた振りをしてやっただけ。そして君の心の中にもきっとある良心に訴えたんだ。自分ひとりの行いが、何かを壊してしまうことがあることを、僕は君に教えたかった。学んでくれたのなら嬉しいぞ。みんなの楽しみをなくしても、僕は君に気付かせることのほうを選んだんだよ。

|

2006年3月27日 (月)

いい日だといいね

おはよう。今日が君にとっていい日になりますように。おやすみ。

|

2006年3月26日 (日)

没頭

勘とやる気が戻ってきて鉛筆がsmoothに運びます。前に書いた原稿を読み直すと、何を書いてるんだっと思います。バサバサ削り、いい所だけを残して新たな気持ちで書いています。枝葉は何の未練も無く落とせて、幹の部分と太目の枝がちゃんと見えてきます。今度は最後までいけそうだ。そんな予感がしています。

書き出すと食べるのが面倒になり、空腹感も感じなくなる。普段の2食から1.5食になってくる。そうすると低血圧になって体温が下がり、あお~い顔になっていきます。しかし精神だけは高揚しています。ときどきだるさに急襲され、ヤバイ、食べないと、と気付きます。頭を使うと運動量が減るのでおなかも減らない。あぁ、食べないと。食べたいものは特になし。リンゴでも擦って食ぁべよ。

焦らなくても。ゆっくりいいものを書いてください。時間はいくらでも待ってくれるのではないですか等など。書けない間に優しい言葉をかけてくださった皆さん、ありがとう。この3ヶ月の冷却期間は必要だったと思います。頑張ります。

|

2006年3月25日 (土)

ちがうんだってば

あのね、みんないっせいに黙らなくてもさ。そうじゃなくってさぁ。(笑)
私の言い方が悪かったよね。イイ子にしててなんて。応援メール、激励メールはいつでも大歓迎。ただ、すぐには返事が出来ないかもしれないけれど。遅れてもかならず返事はするよ。それは当然。対ヒト几帳面はやっと崩せるようになったから、メール送ると気を使わせるなんて思わなくてもいいんだよ、そこの君。

集中して書ける時間は短いけれど、書き始めると何をしていてもソレモードになる。だから家の中をグルグル歩き回っていたり、湯船で考え込んでいたり、目覚めるとすぐ頭の中は小説だったりする。コレいい傾向。こうなるとシメタもの。鬱なんか寄り付けない。鬱どころか誰も、猫さえも寄り付けなくなるらしいよ。

ほら、もう朝だ。夜が明けるのが早くて仕方ない。さて、そろそろ寝ないとな。

|

2006年3月24日 (金)

“右近だらけ”と書き始めたこと

ネット上のあちこちで“水無月右近”の名を目にしますね。過激な発言をなさっておられる方々もいらっしゃるようですが、ワタクシではありませぬゆえ。本物の水無月右近は、カムイ伝で超カッコいいキャラとして有名ですから皆さんHNに使われるのでしょう。私はそれと知らずにつけてしまったと言っても信じていただけるかどうか・・。(ほんとにテンネンだなぁ。自分でもヤンなっちゃう) 

もしどこかの右近さんたちが「ややっ」と思うような発言をされていましても、「おっ、ココでは違うキャラだ」と思われませんように。ワタクシは殆ど自サイトの用事でしかパソコンを開けません。お付き合いのあるサイトへ時折お邪魔する程度です。最近は本を宣伝してくださっているサイトを見つけるとご挨拶に伺うなどもしていますが、日頃からパソコンに向かう時間は非常に短い「平成道行考」の水無月右近です。いまからHNを変えるのもねぇ。皆さん、どう思う?

さぁ私は書き始めましたよ。といってなんでここで喋ってるんだって?だってね、人間が集中できる時間は一日に2~3時間。行き詰まったら鉛筆を置くようにしているのです。だから今から真夜中のTea time。さあて何を飲もうかな。今日はリュウのまねをしてロイヤルミルクティーにしよぉっと。右近も大好き。

また書き始めたからみんなイイ子にしていてね。HPでもたまに書くからね。

|

2006年3月23日 (木)

カッコいい男たち

王さんステキだな。イチローいつもカッコいい。二人ともサムライみたいだな。

|

2006年3月22日 (水)

リュウですが

ぼくの好きなギネスというビールが出ましたね。さっそく飲んでみましたが、うん、おいしい。ギネスって、ほら、あのギネスブックのギネスだよ。アイルランドの地名なんだ。好きだなぁ、このビール。皆さんも一度飲んでみてごらん。

|

2006年3月20日 (月)

右近ですが 更新しました

「日なたの小春」第三話を加えています。楽しみですと言ってくださった3名の皆さん、ありがとう。昨夜書きました。右近庵のスター、出演者の可愛い猫たち全員の顔写真もご覧になれますよ。では皆さん、よい休日をお過ごし下さい。

|

2006年3月19日 (日)

連続更新です

「ひとり言Ⅱ」に“返ってきたボール(その2)”を加えています。
雨が続いています。この雨のあと、全国的に風が強まり荒れ模様となるそうです。皆さんどうぞお気をつけて。あなたにとってよき休日になりますように。

|

2006年3月17日 (金)

右近ですが  更新しています

右近庵の生き物代表、水無月右近です。
皆さん、しばらくご無沙汰をしてしまいました。風邪もよくなり不調からやっと脱出できそうです。ここで喋るのは、ずいぶん久しぶりのような気がします。

「日なたの小春」を更新しています。よろしかったらどうぞお読みください。

|

2006年3月16日 (木)

はるかですが

息子よ、おまえはまだいいよ。あたしなんかタヌキとまちがわれるんだからね。

|

2006年3月15日 (水)

再びじいじいですが

ぼくは名前から、おじいさんだと思われてしまいます。まだ3歳半なのになっ。

|

2006年3月14日 (火)

右近&良ですが  愛をこめて感謝

全国の女性「道行考」支持者の皆さん日頃はありがとう。お礼を申し上げます。            

|

じいじいですが  

チョコレートのお返しに、今日はこのアジを小春ちゃんに持っていこうっと。
     
    (アンコールにお応えし、右近庵の生き物シリーズ続行です。)

|

2006年3月13日 (月)

安孫子良ですが  右近が更新しています

右近の「ひとり言」Ⅱは連続更新です。“返ってきたボール”です。

この場からは初めまして。安孫子良です。
皆さん、私の本をお読みくださり、ありがとうございます。お礼申し上げます。

右近は風邪で不調のため、代わりに私が出てまいりました。また、右近は少々スネておりまして、このところ庭の生物などに語らせていましたね。おとなげなく困った人です。あの人には、どうも子どもじみたところがあっていけません。しかし、しばらくすれば機嫌を直すことと思われます。それが証拠にやめるだの閉じるだのと言う割にはマメに更新を始めているではありませんか。大丈夫です。

さて、私の方ですが、今年するべきこと、書くべきことの計画を立て、そろそろ動き出さなければと思っているところです。詩集も出版したいですが、右近とひと悶着ありそうですね。どちらの名前で本を出すのかなど、いろいろモメそうです。けれども大切な相棒ですから、仲良く喧嘩しながらやっていこうと思います。私はまもなく「天罰」に再挑戦をしますが、残念ながら、これが皆さんのお目に触れるのはいつのことになるのかは分かりません。案を練り直し、私情をまじえず作品として取組み、かならずや完成させたいと思っています。
それでは皆さん、またお会いする日までお元気で。頑張ります。  安孫子良

|

2006年3月10日 (金)

小春ですが  更新したそうです

「ひとり言Ⅱ」を更新したそうです。あら、わたしの物語でなくってガッカリ。

|

右近庵のナメクジですが

デカいデカいと驚かれやすが、あっしだって初めはちっちゃかったんでさぁ。

|

2006年3月 9日 (木)

右近庵のカメムシですが

ワシは何かこう、右近庵のネコたちに嫌われているような・・。気のせいかな。

|

ねこねこガールズですが

わたしは小春、わたしは小トラ、 わたしたちはねこねこガールズです。みなさん、わたしたちのお話をよんでくださってありがとう。つづきが楽しみでしょ?
右近さんたらなんだか忙しそうで、なかなか書いてくれません。つまんないな。

|

2006年3月 7日 (火)

右近庵の前の山にいるウグイスですが

ホーホケキョ。今年はちぃと遅れてしまったわいホーホケキョ。ケキョケキョ。

|

2006年3月 2日 (木)

更新しました

「ひとり言」Ⅱに「真っ赤な椿」(その2)を加えました。
間隔があいてしまいましたので、もう一度(その1)からお読みいただければ幸いです。久しぶりに書くことに没頭できました。それでは皆さん、ごきげんよう。

|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »