« 無心で闘えサムライブルー! | トップページ | お答えいたします »

2006年6月19日 (月)

執せよ日本

日本中が見守った第二試合は引き分けに終りました。負けるよりいい。まだ希望はある。王者に食らいつく姿を見せて欲しい。執せよ、日本。頑張れ、日本。

それにしても川口クン、凄かったですね。彼は大舞台に本当に強い。中田はさすが。彼の言う通り、勝てる試合だったのにね。どうも後半、とりわけラストに弱い。各選手のスタミナ切れを関知し、早めの選手交替も必要か。打てないなぁ。

引き分けだったから高揚もせず、落胆もしなかったから書こうとしたけれど、次のブラジル対オーストラリア、フランス対韓国も見てしまいました。特にフランスのジダンは前回ケガで実力を発揮できず、今回は引退表明もしているので見納めだし。イエローカードが2枚になってたけれど。そういえば我が日本、我が大阪が誇る宮本クンも2枚に・・。ブラジル選では見られないのは残念だなぁ。

同じアジアでも、韓国と日本の差は何だろうと観戦しているのですが、やはり粘りでしょうね。韓国のあの粘りは日本も見習わないとね。あのガッツ。あの執念はすばらしい。もうダメかと思っていたらキッチリ得点。グループでの首位を守っています。それにつけても日本は第一試合の3失点がひびきますねぇ。残念。

なんだ余裕アリじゃないかって? いえ、そうでもないのですが、なんとか今週中には完成できそうなメドが立ったのでね。でもそのあとの全体の見直しや校正にも根を詰めなければなりません。朝までサッカーを観てしまいましたが、こんな日があってもいいかっと。もちろん焼酎抜きでの観戦。食欲も飲欲も無いよ。

近頃、起きてすぐ書いていることが多いです。夜中よりもキレのいい文章が書けてる。やっぱり人間は本来は明るい時が一番脳も活発なのかな。じゃ、またね。

|

« 無心で闘えサムライブルー! | トップページ | お答えいたします »

右近トーク」カテゴリの記事