« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月22日 (水)

心配無用です

右近が皆さんに心配をかけているようですね。困った奴だな。
しかし心配は無用ですから、どうぞご安心ください。

思えば4年間、休まずに突っ走っていましたから、少々疲れが出たのでしょう。そうなるとアイツは昔から一人になりたがるのです。先日、「ちょっと宇宙へ行ってくる」と出かけていきましたよ。「気をつけてな」と返事をしておきました。しばらく宇宙に浮かんで本でも読み、そのうちフラリと帰ってくるでしょう。長い付き合いだから分かるのですよ。ご心配なく。きっとまた書き始めるにきまっています。だってアイツから書くことを取ったら、なんにも残らない。皆さんもそう思うでしょ? 笑

「あなたの書いたものが、読みたいのです」

Kさん、お言葉は宇宙へ伝えておきました。喜んでいると思います。
友としてお礼を言います。ありがとう。それでは また。

                                     良

|

2006年11月20日 (月)

ありがとう四周年

今週で「平成道行考」は四周年を迎えます。2002年の11月にHiroshiと立ち上げたこのサイトも、お陰様で今日まで歩くことができました。私の人生における激動の四年間を同道いただきましたことを、ここに改めて深謝いたします。
四年の間にさらに世の中は変わり、私自身も生活や人生観等において変化をとげました。当サイトはコンテンツの多さだけは自他共に認めるところではありますが、過去に書いたものは私には過ぎ去ったものでしかありません。私の視点は常に現在と未来に向いています。しかしながら四年を経て、これから何を書くべきかということが、今の私には曖昧になってきていることを感じています。何を書くのかということだけではなく、私のするべきことはもっと別の所にあるのではないかということも含め、今後のことを模索してみたいと思います。そのような事情につき、このたび「平成道行考」及び水無月右近を、しばらく休ませていただくことにいたしました。いつも訪れてくださっている常連様をはじめ、当サイトにご来訪の皆様方には何卒ご了承いただきたく、ここに報告させていただきます。
秋も深まり、右近庵も朝晩は冷え込むようになりました。お風邪など召されませんように、くれぐれもご自愛ください。では皆様、ごきげんよう。

                           2006年11月20日

                               水無月右近         

|

2006年11月19日 (日)

更新しました

「日なたの小春」最終回を掲載しています。よろしかったらお読みください。今夜は冷えます。楽しい日曜日にしてください。おやすみなさい。

|

2006年11月18日 (土)

今夜はボサノバ

あなたはどんな音楽が好き? 私は何でも。音楽なら何でも好き。 
今夜はボサノバ。コーヒーを飲みながら。

ボサノバは30年ほど前にブラジルのリオデジャネイロのインテリの若者たちの手によって生まれたといいます。詩情あふれたリオの美観に囲まれ、サンバの伝統とクラシックやジャズのセンスをミックスしたurban resort感覚の音楽として生まれたのだそうです。

今夜聴いているのはジャズ・コレクションの中の一枚です。ジャズというと難しい、分からないと思っていませんか? 私もそうだったのですが、肩肘張らずに聴けばいいみたいです。何から入っていいか分からない? 私もそう思っていました。ジャズばかりかクラシックだってそうです。だから、Hiroshiがいつの間にか買っていたCollectionを楽しく聴き、気にいったmusicianの曲に入っていけばいいのかなぁと。

アントニオ・カルロス・ジョビンやアストラッド・ジルベルトのボサノバは若い時から好きでしたが、ボサノバはジャズの仲間だったのですね。今夜聴いているCDにも有名な“イパネマの娘”“ジャズ・サンバ”“おいしい水”“ワン・ノート・サンバ”なんかは入っています。でも16曲で一番のお気にいりはスタン・ゲッツ&アルメイダの“若い娘”。ノリがいい曲です。

私は音楽と共に暮らしています。起きるとまずモーツアルトか何かの癒し系の音楽をかけてトーストとコーヒー。野菜ジュースとチーズ少々、それにヨーグルト。寝るまで一日中、何かしらの音楽がかかっています。exerciseのときはマドンナか何か。書いているときは気分によってかけたりかけなかったり。ちなみに言葉屋のラストを書いているときは、冬ソナをかけていたよ。ドラマの方は一度だけ見て“ウヘェ~!”だったけどね。あのCDはいいね。

今夜はボサノバをかけて「日なたの小春」を書きました。中断していたので気になっていました。短編のつもりが、これも13話にまでなりました。朝までにはアップします。右近庵では今は雨。静かな夜更けです。それでは皆さん、よき週末をお過しください。

|

2006年11月16日 (木)

今宵あなたと

あぁ、長いことミスドにいたなぁ。もう何時間いたんだろ。つい買った本を読みふけってしまって。今夜はゆっくりあなたとお話ししましょう。

何を読んでいたんだって?知りたいですか。そうですか。それならお教えいたしましょう。村上春樹「アフターダーク」。新境地じゃないかな、これ。面白いなぁ。それから内田百閒「ノラや」。彼は愛猫ノラがいなくなり13年も探し続けたことがつとに有名ですが、この本は“ノラ”に関する記述をすべて網羅したもの。猫好き必見。次に折口信夫「死者の書」。やっぱりまだコレ系に手が伸びる。あとは今の小説も読んでみようと、芥川賞をとった伊藤たかみという人の「アンダーマイサム」。あぁ、やっぱりシンドくて読み進めないや。投げ出しそう。それから川端裕仁「せちやん」。こっちの方は“星を聴く人”という副題がついていて興味がある。最近宇宙にやたら興味があって。それから翻訳モノ「猫とともに去りぬ」。ロダーリという人が書いた本。イタリアン極上ファンタジーとあったので買ってしまいました。面白そうなので。まだ読んでいない。これらはすべて文庫本。寝床で持ちやすいのは文庫本。

ところで皆さん、私はいま元気です。訪れる人がみな寒いという右近庵で、あるじの私だけが薄着でちっとも寒くありません。なんでかなぁ。慣れもあるだろうけど・・。考えてみましたところ分かりました。私は近頃夕飯のときに五穀粥を食べ、湯割の焼酎を一杯だけ飲みます。(深夜にもっと飲む日もありますが)それが寒くない原因ではないかと思います。体の血流がよくなっているのではないでしょうかね。おかずは相変わらず同じようなものです。メインディッシュは魚で、野菜や植物性たんぱく質の食材を中心とした副菜ばかり。好きなものが偶然カラダにもいいだけ。でもこれって好都合。善玉コレステロール値の高いこと。(コレ高いほどいいみたい)

書く事は面白いし夢中になるけれど、それなりに負担がかかっているのでしょうね。書く事から離れるとそれが分かる。書いていると精神は高揚するけれど、食欲がなくなりコーヒーばかりがふえてしまう。顔色が悪くなり体重が減る。書いていないときは食べ物がおいしい。そして焼酎がふえる・・。(笑) いま相撲もやってるし、夜更けにもう一度、焼酎片手にダイジェスト見るのは楽しいね。寝る前に、朝方もう一度と、日に三度も見ることがある。それくらい昔から相撲好き。なんでかなぁ。

何か書きたいけれど、片付けもしないとね。書く事と日常の雑事はどうしても両立しない。じきにお正月がやってくるから、家の中をスッキリしないと、と思って片づけてる。ブログ「捨てる」は意外に検索されてるよ。捨てたい人って世の中に多いんだなぁ。捨て始めて再発見。精神にとてもいい。なんかこう、精神がスリムになる快感。皆さんもやってごらん。ものごとうまくいかなくなったら、まず捨てて片づけてみるといい。だまされたと思ってやってごらん。めいったときにも効果アリ。

小説の続きをと言ってくださってうれしいけれど、書くときはいきなり何かが降りてきて書き始めるものでね。そのときまでセッセと片づけたり読んだりして目下充電中かな。またきっと突然に書き始めると思うよ。
寒くなってきたから、風邪をひかないように。いつも来てくれて、ありがとう。お喋りに付き合ってくれて、ありがとう。じゃ、またね。

|

2006年11月15日 (水)

こんばんは

Misudo_1
ミスドでお茶を飲んでいますが、私はミツロウではありませんからね。念のため。

寒くなるそうですから、皆さん風邪には気をつけてくださいね。

|

2006年11月13日 (月)

更新しました

「恋愛詩集」に“秋雷”を掲載しました。よろしかったらお読みください。

|

2006年11月12日 (日)

いつでも蝋燭は灯ります

「言葉屋」の店じまいをしましたが、これには事情があります。それはこの作品を投稿したからです。従って結果が出るまでは表に出したままにしないほうがいいのではという理由からです。そうでなければ開店のままでいいのですが、ごめんなさいね。ところで、表紙と一話しか見られなくなってしまいましたが、表紙の蝋燭はクリックすれば灯りますよ。やってみてごらんなさい。消えてしまって残念だと言ってくださった方、そう思ってくださっている皆さん、いつでも灯りますよ。あ、そうだ。

◎“ちょっと男前”→“かなり男前”に変更していただいた方、どうもありがとう。でも、“かなり”を取って欲しいなぁ。注文の多い右近です。(笑)

◎ミツロウさんと右近さん似ていますか?と聞かれた方、さぁ、どうでしょうか。あなたの思うままで構いません。甘い物が好きなところは似ていますね。それからそば茶も、柿の葉寿司も。

体調がやっと戻り、本屋へ行くことができました。私の本を常に置いてくださっている本屋さんです。6冊ほど面白そうな本を買い、たまたまレジにおられた店長に来月出る予定の詩集のことをしっかりお願いしてきました。12月中旬、詩集専門の出版社ミッドナイト・プレス社より「愛別離苦」を刊行いたします。詳細はいずれお知らせいたします。サイトに掲載している詩にいくらかの改稿を加えての出版です。どうぞ宜しくお願いいたします。

右近庵近辺はまとまった雨でした。書きたい願望の後は、読みたい願望で満杯になる右近です。それでは皆さん、よき日曜日にしてください。私は髪を切らないと。伸び放題のボサボサになっています。はい、もちろん、自分で。では、ごきげんよう。

|

2006年11月11日 (土)

更新しました

「ひとり言」を掲載しました。「言葉屋連載を終えて」という題です。
小説連載中は、ご愛読いただきまして有難うございました。

また、Web拍手でのたくさんの拍手とメッセージを有難うございました。いただきましたお言葉の数々は大切に保存いたしました。初めて読者の皆さんの存在を実感し、たいへん感激いたしました。シリーズでというお声、あの続きをというお声など、うれしく読ませていただきました。言葉屋の今後の事はまだ未定ですが、いつの日か、本にできたらいいなとは思っています。ほんとうに有難うございました。

                                水無月右近

|

2006年11月 9日 (木)

お知らせ

「言葉屋」は明日閉店です。ご質問にお答えします。Print outは皆さんのご自由に。ただし、誤字脱字は皆さんが修正してください。(あちこちあるね。メンドウだから放ってるけど。ごめんごめん。アレね、あとで文を修正するときにやっちゃうんだなぁ。そそっかしいものだから。笑)

それから、私が今後何かに投稿することがあるとすれば、「未発表」が投稿の条件になります。この「未発表」は、通常は商業誌や同人誌が対象です。営利目的ではない個人ホームページは免除され、該当しない場合が多いです。ですから、皆さんがお手元に置いて楽しまれる分には一向にかまいません。けれども出版化の際には改稿をしますから、初回の原稿とは異なる箇所が少なからず出てくると思いますよ。(いつか本になったら、そのときは買ってね。買ってくれるよね。笑)

以上です。よろしくお願いします。私はいったん良くなったのに、また悪くなり、まだ熱があります。けれど「ひとり言」(連載を終えてというのをね)を先ほどから書き始めました。あしたアップできればいいなぁ・・。
それでは皆さん、ごきげんよう。

|

2006年11月 8日 (水)

蝋燭がともりました

「言葉屋」の蝋燭が、ふたたび灯りましたよ。ご希望により、お約束どおり、今晩、もう一度灯しました。閉じる時期につきましては、また後に。

|

2006年11月 7日 (火)

「言葉屋」メッセージボードへどうぞ

皆さんの楽しいメッセージにお答えしたりなどしています。どうぞあちらのボードへ行ってみてください。私は今日は座れていますから、書けるような気がしています。では、またね。冷えてきたね。風邪ひかないで。

|

待ってて

私はまたちょっと寝ています。良くなったら「ひとり言」でも書きたいな。いつ良くなるかな。あまりひどくないから、長引かないと思うけど。

皆さん、たくさんの拍手とメッセージをありがとう。ナマのお声が聞けてよかった。ミツロウへの伝言は、ちゃんと伝えておくからね。あ、それから、なんでノンアルコール?と聞いてくださった方、それはね、車で行っていたからです。打ち上げだぁと行った訳ではなく、ご飯でもと行った店で、ついでに打ち上げだぁとなったのです。だからノンアルコール。やっぱりあまりおいしくないや。1本呑むのが大変だった。笑 

とにかく安静。書き終えたらゼッタイ来ると思ってた。やっぱり来た。おとなしく寝て、本でも読んで、早く快復します。みんなも風邪ひかないようにね。冷えるらしいから。おやすみ。みんなみんな、ありがとう。

|

2006年11月 5日 (日)

web拍手にミツロウ(?)現る

多くの皆さん、web拍手をありがとうございます。いっつ~も無言のロムさんだらけなのに、いっせーのーでぇ、“シンジラレナーイ!” (古っ)

“web拍手”でアソビついでにもっとアソンでみました。(設置場所は「言葉屋」の表紙です)出てくる写真は二枚ふえ、三種類となりました。出先での撮れたてホヤホヤのが加わりました。よろしかったら遊んでみてください。

メッセージもいろいろいただき、右近、カンゲキ!です。ちなみにメッセージの文字数は50文字までです。何でも、何度でもお書きください。正面切って言えないことでも、ココなら言いやすいでしょ。どんなことでもうれしいですよ。どんどん書いてくださいね。

それでは皆さん、楽しい日曜日に。お仕事のかたはご苦労様です。
あぁ、もう次を書きたいなぁ。これは中毒か・・・。それでは また。

|

2006年11月 4日 (土)

「言葉屋」終了御礼

連載小説「言葉屋」を終了いたしました。 
二ヶ月間の同道をありがとうございました。

あの商店街の言葉屋の蝋燭は消えていますよ。ミツロウが消しましたね。もう一度、表紙へ行ってみてください。糸のような白い煙も立ちのぼっていますから。

いつもながら皆様のお声はほとんど届けられる事がなく(なんでかなぁ。やっぱり嫌われ右近なのかなぁ・・)、こんなものなら頂けるかと思ってweb拍手なるものを表紙に付けてみました。面白かったと思われる皆さん、よろしかったら拍手をください。(拍手の数はカウントされます)メッセージもいただけたら嬉しいです。書き込まれても、メールアドレスは私に公開されませんからご安心を。拍手をくださった皆さんには、心地よく疲れている本日の私が、右近庵にてお礼を申し上げています。

「言葉屋」は来週半ばまで掲載いたします。これもいつか本にできたらいいなと思っています。い・つ・か、ですけれどもね。それでは皆さん、楽しい週末、連休を、お楽しみください。

|

2006年11月 2日 (木)

更新しました

「言葉屋」二十一話、二十二話を掲載しました。最終回です。
どうぞ、ごゆっくりお読みください。

|

2006年11月 1日 (水)

更新しました

「言葉屋」二十話を掲載しました。お読みください。

|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »