« 秋色 | トップページ | やっと話せる »

2006年12月 4日 (月)

アジを食べたのは誰?

寒くなってきたので久々にアジを干しました。寒干しのアジはおいしいですよ。新鮮な小ぶりのアジに塩をして、例の様に洗濯小物ハンガーで逆さに干します。6匹干しておいたのに、翌日になると1匹足りない。ときどき風でゆれて落ちることがあります。外猫がニャーニャー鳴く声で起こされたのですが、それはアジ騒ぎでした。

外猫は現在5匹が庭に常駐。さて誰が空から降ってきたアジを食べたのかな。いちばん鳴いてた小春ちゃん、君かい?それとも君か?君か?と聞いてもだれも答えてくれません。風にゆれるアジを見上げ、まだ全員でニャーニャー合唱。おい、それは右近庵のあるじの夕飯のタネである。買った物よりうんとおいしい自慢のアジの一夜干しだぞ。そんなに欲しがってくれるなよ。

寒くなりました。右近庵のカエルたちは、もう冬眠しましたよ。
今週もお元気でお過ごしください。「あ、今しあわせ」が訪れますように。

|

« 秋色 | トップページ | やっと話せる »

右近トーク」カテゴリの記事