« サヨナラ2006 | トップページ | 更新しました »

2007年1月 2日 (火)

ようこそ2007

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

明けて今日は2日。皆さんは、お正月をいかがお過ごしでしょうか。私はいつもと変わらず、静かな右近庵で猫と過しています。このあたりはふだんから静かなので、年じゅうお正月のような具合ではありますが。私もメデタイらしく、年じゅうお正月のようなニンゲンとのことです。

今年の抱負はと考えてはみましたが、“言い倒れ”になるのは良くないので、とりあえず「できるだけたくさん書く」というくらいに控えめでいきましょう。長期的な抱負もいくらかあります。私は大殺界とやらで八方ふさがりの数年だったそうですが、今年あたりから少しは良くなるのではと期待しています。

しかし、お正月といえば子どもの頃は羽根つきも凧揚げもしましたが、そういう風景はとんと見なくなりました。だいいち場所がありません。カツケ玉(かんしゃく玉)というのや、ドンパン(これは何と説明しようかな。マッチを大きくしたようなので、先に火薬がついていて、シュッと擦って遠くへエイッと投げる。すると“ドォ~ン!”という大きな音がする)という火薬の遊びもなぜかお正月のものでした。お年玉を数えるのも楽しみだったし、おせちも美味しかったし。あぁ、いにしえのお正月は何と楽しかったことでしょう。あれれ、なんだか懐古趣味になってしまいました。

一年のなかの行事が簡素化され、あまりメリハリがなくなってきたことは、いいことなのだろうかと考えたりします。一方で年中行事や祭、祀り事や風習などを重んじる地域があるのをテレビで観ると、こういうことは次世代へ継承されるといいなと願います。

それでは皆さんに良いことが、いっぱぁいありますようにと祈願して、新年最初のトークを終えます。どうぞ皆様、お健やかにこの一年をお過ごしください。水無月右近は今年もゆるりと歩きます。よろしかったら同道をお願い申し上げます。           水無月右近

|

« サヨナラ2006 | トップページ | 更新しました »

右近トーク」カテゴリの記事