« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月21日 (水)

解説“なんだろう”

Nandarou1

Nandarou2

家に帰って開けてからみた包みは、バスタオルと瓶詰めでした。バスタオルはガーゼで気持ちよさそう。瓶詰めの方は左が“蕗昆布”、右が“かつお胡桃”です。ご飯や日本酒と合いそうですね。

これで「相撲みやげシリーズ」を終わります。相撲見物に行った人々が提げている大きな袋には何が入っているのですかというご質問にお応えいたしました。相撲茶屋はいろいろあり、また、そのつどみやげ物の内容は変わります。以前は力士が描かれた大皿などの食器がよく入っていました。食器はたまって困りましたが、このたびのはいいですね。それでは私は引き続きお休みをいただきます。皆さんごきげんよう。

ご報告 残念ながら二次選考は超えることができませんでした。
暖かいご声援をありがとうございました。     水無月右近

|

2007年3月20日 (火)

解説“お菓子”

Omiyage2

入っていたお菓子は上のようなものです。和菓子は“むか新”の「右近」が入っていましたよ。私を歓迎しているようです。この和菓子については以前に紹介しましたね。水無月右近が右近というお菓子を食べる。おかしい。

それぞれの包み紙には力士の絵や決まり手などが書かれていて楽しい。粟おこしがなぜ入っているのかといえば、コレが大阪名物と昔からされているのでして。今では大阪というとお好み焼きやタコ焼きですが。でもなんで粟おこしなのかを私は知りません。

|

2007年3月18日 (日)

吉報!

嬉しいお知らせです。「右近通信」をご覧ください。一次選考通過です。

|

解説“お弁当&みたらし団子”

Obento_1

関西地方の皆さんにはおなじみの淡路屋のお弁当。色とりどりにおいしそうなものがたくさん入っていました。淡路屋といえば牛肉弁当。左下のお重の右下が自慢の牛肉の時雨煮です。神戸・明石というと有名な“いかなごのくぎ煮”や“タコのやわらか煮”も入っていました。どれもとってもおいしかったです。

Dango_1

みたらし団子といえば、京都の下賀茂神社が発祥の地と言われていますね。足を水につけて清める御手洗(みたらい)からきているそうです。三つの団子が串に刺してあり、甘い醤油だれがからめてあります。皆さんおなじみでしょう。しかしこれは一個ずつで、中に甘い醤油だれが入っていて、とろりと出てきます。衣類を汚すので、一口で食べてくださいと書いてあります。食べてみましたらおいしいですが、みたらし団子はやっぱりかじりつきたい私です。

|

2007年3月17日 (土)

相撲みやげ

Omiyage

① 「袋」  以前は相撲茶屋の「本家」と「やぐら」はビニールがかかった派手な紙袋だったが、このたびはお洒落な不織布の袋になった。すかしの文字が入っているが目立たない。スーパーのレジかご袋にできそうだ。

② 「パンフレット」 三月場所に出る力士、行司の紹介。力士はみな化粧まわしを締めて華やか。

③「あられ」 袋の中は個包装のあられ(おかき)。

④「お土産」 重みがある。なんだろう。

⑤「弁当」 淡路屋の三段重。

⑥「おつまみ」 豆、粟おこし、チョコレート。

⑦「甘栗」 皮をむいてある小粒の甘栗。

⑧「みたらし団子」 いつものみたらし団子ではない。

⑨「お土産」 なんだろう。

⑩「和菓子」 中には二個の和菓子が入っていた。

以上に飲み物がつく。私はもちろんビールでした。

|

2007年3月15日 (木)

三月場所

Sumo

大相撲三月場所(春場所)を見に行ってきました。ナンバの府立体育館前にて入場前にパチリ。

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »