« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

サヨナラ水無月

はや水無月も終わりです。暑い日が続き、雨の方がまだいいと思うくらいですね。今日は風があって、いくぶん過しやすい右近庵です。
最終日になりましたが、「6月の庭」に画像を追加しました。よろしかったらご訪問ください。それでは皆さん、よき週末をお過ごしください。

|

2007年6月29日 (金)

更新しました

小説を更新しました。よろしかったらお読みください。では、続きを書きます。おやすみなさい。いい夢を。シンケンになってきた右近より

|

2007年6月28日 (木)

明け方の焼酎

焼酎片手に明け方まで書き友達と小説談義。相手はバーボン片手のご様子で、あれこれ話に花が咲きました。アチラもこの時間帯がお強いお方で、午前三時ごろから今まで雑談。楽しかったです。

朝になりました。三話が書けたので今夜にはアップできそうです。さぁ、主人公の女性は真夜中に何をするのでしょうね。お楽しみに。では そろそろ寝なければ。焼酎もなくなったし。おやすみなさい。
今日も暑いそうです。水分は充分に摂ってくださいよ。

|

2007年6月26日 (火)

今日は早めに

火曜日、私はセンセイになります。さっきまで期末テスト対策をやってた。昔取った杵ヅカ、やっぱりこれが一番サマになってる。でも教室レベルではもうできない。けっこう体力要るものだから。塾時代のテーブルも、先日、処分したしね。

いま頭の中には3つくらいの長編ネタがあって、熟すのを待っています。夏の間は頭が余りまわらないから秋口から書き始めるんだと思います。準備期間がまた楽しくてね。ああでもないこうでもないと考える。でも、いざ書き始めると右手が勝手に動き出してしまったり。とにかくこんな楽しいことは他にないよ。うん、私にとってだけど。多くの書きたい人たちにとってもだけど。それではぼちぼち“ウィスキー”の後半を真剣に書かなければならないから、ココでは抑え目にいきます。短くても手を抜かず、日本料理のごとく丁寧に。

今夜は右近庵でも蒸し暑かったね。夜になって涼しくなったけど。
早めにお風呂。楽しみの時間はそれから。では、また。

|

山里から下界へ

山を降りて、私は久々に下界へ行ってまいりました。(本気にしないで) はい、所用です。そのついでにシャツなどつくってまいりました。きれいなグリーン系の生地です。出来上がるのは来月の半ば頃です。靴も見ましたが、この時期はサンダルばかりで思うものがありませんでした。 秋冬に買っておかなければなりません。その代わり日傘は黒のオトコっぽいのがありました。(というかオトコものかも) 毎年探しても気に入ったものが無かったので嬉しいです。 

私がどんな格好をしているかで、下界の人々の反応が異なります。シャツにジャケット、あるいはそれにアスコット・タイ、ノーネクタイでスーツ、アスコット・タイでスーツ、スーツにネクタイ・・・・。人が一番見るのはもちろんスーツにネクタイです。今日は(もうきのうですが)ジャケットにアスコット・タイ。本日、人々の反応はそこそこで満足。(人が見ないと今日はイケテないのかと思っちゃう)

暑くなりました。湿気もありました。でも私は平気です。歌舞伎役者は舞台で汗をかきすぎてはいけないので、ふだんから汗を出さない訓練をするといいます。私もケッコウ汗かきなのですが、外出するとあまり汗が出ません。外では気合が入っているんでしょうか。だってTVですからそんな時こそ頑張らないと。(笑) (道行若葉マークの皆さんへ注:TV<トランスヴェスタイト>=異性装主義者) 

でもお洒落って大切ですよね。どうせ誰もみてくんないもの、ではなくて。お洒落って自分のためにするものだから。誰のためでもなくて自分が心地よくなったり自信を持って堂々と歩くため。お洒落をしようという気持ちはもっと大切。オトコでもオンナでも、どっちでもなくても、どっちもでも、いくつになっても“艶(つや)”が大事。それは贅沢に装うということじゃない。自分を愛して、自分にいちばん似合うものを身につけること。みぃんな、おんなじ格好しなくったっていいんだよ。それから外側だけじゃなく、内側のお洒落はもっともっと大切。ぜったい言っちゃいけないよ。どうせ私なんか誰も・・・って。自分を磨くのに怠慢ではいけないよ。さぁ、夏が来るよ。がんばろうね。(君いま、おなか引っ込めた?)

ということで少々疲れたのか居眠りをしてしまいました。今日は書けるかなぁ。ま、書けなくても一応は原稿用紙をひろげてっと・・・。
それでは皆さん、おやすみなさい。

|

2007年6月25日 (月)

今週もお元気で

右近庵ではまとまった雨が降りました。梅雨らしい一日でした。好きですね。雨。私は詩集にも“さみだれ”と名づけていますが、あれは梅雨の雨のことなのですね。五月雨と書くので五月の雨だと思われるようですが、陰暦の五月は今の六月で梅雨どきなのですね。つまり今頃。

一週間の始まりです。今週もお元気で。小刻みにいってください。えぇ、私も。さぁ原稿用紙っと。鉛筆っと。消しゴムっと。あ、どうぞご心配なく。午前三時になっても私はウルトラマンに変身はしません。それでは皆さん、おやすみなさい。君が今週も、ずっと笑顔でいられますように。

|

2007年6月23日 (土)

更新しました

小説「明け方のウィスキー」の二話を掲載しました。よろしかったらお読みください。ノッテきました。後半に乞うご期待。それでは今日はこれで失礼します。楽しい日曜日をお過ごしください。近畿ではまた雨になるようです。皆さんのところはどうでしょうね。それではご機嫌よう。

|

もうひとつの試み

パソコンで最初から文を綴ることは向かないと分かって一日でやめましたが、もうひとつの実験的挑戦をしようと思っています。今まで私は、いったん書き始めたら、そのほかのことが一切できなくなっていました。プロなら生活もかかってるし、あまりつまらないものは出せないからそれだけに打ち込むのは当然だろうけど、私はシロウトですから、そのほかのことが何も出来なくなるのは問題なのです。ところが私は不器用で、書くことにかかりっきりになってしまい、一切がストップしてしまうのです。それで今回はこんなことに挑戦しています。
“書きながら、いろんなことも並行してする。絶対にする。”

小説を書きながらも、たとえば片付け、遺品整理、不要品処分、たとえば庭、無人苗屋開店、センセイ、リサイクル活動、猫の病院通い、HPの更新、お洒落、読書、外出などいろいろなことを同時にしようと思います。実際しています。今日も忙しく動いて汗をかきました。元気なときはめいっぱい動いて人と関って、そして一日に2~3時間だけ真剣に書く。そんなことを目指しています。そう、小刻みに、だね。

さて今からは一日のお楽しみの時間です。まずはコーヒーを。
たくさん雨が降りました。今年の梅雨は雨と晴れのメリハリがはっきりしているそうです。近畿地方は晴れるとか。あなたのところはどうでしょうね。週末です。ゆっくりお休みください。では朝まで楽しみます。

|

2007年6月22日 (金)

今日は早めに今晩は

暑かったですね。皆さんのところは如何でしたか。昔、梅雨ってもっと雨が降ったように思いますが、どうですか? 

さて、私は時代に応じて初めてのパソコンでの原稿作成を試みていますが、やっぱりネックは目ですね。まだ慣れないせいでしょうか、その他にもいろいろ困った点もあります。たとえば以下です。

◎変換作業があるので、その間は頭の中で文章を綴ることが瞬間だが中断される。
◎簡単に言葉が出てくるので、ツラツラと文章を綴ってしまう。その結果、軽い文章になってしまう。軽い読み物ならいいが、純文学風を目指すには、軽めの文はマイナスか。
◎キーを打つカチャカチャという音も邪魔になる。書くには静けさが必要。体の動きも無い方がいい。
◎文字のスピードはキーの方が圧倒的に速いが、軽い文になったものを直す作業に時間がかかる。そのことに没頭すると、湧き出てくる書かずにいられないものが抑えられ、感情が途切れる。噴出するものを書く場合はやはり手書きか。
◎目が疲れる。上記のことは慣れれば解消されるものもあるかもしれないが、これは一番の問題点。マバタキの回数が減って目が乾くのは、シェーグレン患者には厳禁。

ということはやはり私は手書きでいくべきでしょうか。量を書くエンターテインメント系のものなら、それほど文章を気にしないで書き進めそうなのでパソコンもいいかもしれない。結論として、現段階では右近は手書き派と判断、今夜は手書きに戻って書いてみます。昨夜のところは楽しく書いたけれど×です。書き直しです。静寂で、手書きで、もう一度。

小説を書くきっかけは、ごく小さなことです。この間のヴァニラアイスの場合は、食べたからです。あのように私が食べ、そこから思いついたのです。今の“明け方・・”はHiroshiの本とウィスキーに興味を持ったからです。そのことについては「愛別離苦」に書きました。はい、手書きで楽しくね。よろしかったらお訪ねください。

それでは今からちょっと原稿用紙を広げます。この小説も先行きは何も見えていません。アイリッシュウィスキーを登場させたい。それだけの動機で書き始めました。すべては原稿用紙を置いてから。6Bの鉛筆を握ってから。コーヒーを目の前に置いてから。皆さんは先にお休みください。さぁ、コーヒーをいれてきましょう。今日はコロンビア。それでは、おやすみなさい。朝まで別世界へ行ってきます。

|

2007年6月21日 (木)

おはようさん

まだ書いてる。楽しい。おなかすいた。なんか食べたい。まだ眠くない。あんまりしゃべらなくてゴメン。しゃべると言葉が逃げそうなんだ。だから。今日も元気でね。君が元気だとうれしい。君が笑うのもうれしいよ。

|

2007年6月20日 (水)

小説を掲載しました

小説「明け方のウィスキー」の連載を始めました。よろしかったらお読みください。ストーリーを追いかける小説ではなく、ゆったりと流れる空気のなかで、静けさをイメージして書き進みます。皆さんも、ゆったり、ゆっくり読んでいただければ嬉しいです。やっぱり書くと元気が出ます。書くことは何よりも楽しく、何よりも燃え、何よりも快感です。それでは、おやすみなさい。(連載中は、あんまり喋らなくなるけど。ごめん。)

|

2007年6月19日 (火)

桜桃忌

朝になりました。夢中で書いていたらというか、打っていたら朝になってしまいました。原稿用紙派の私ですが、関節痛に悩まされ続け、文字を書く負担を減らすために、いきなりPCの原稿用紙に書いてみています。紙の原稿用紙に書く文と、パソコン上の原稿用紙に書く文では、文体にどのような変化があるのか、はたまた無いのか、興味深いところです。あぁ、目が疲れた。こっちは腕や肩が楽だけど、目がねぇ・・。どちらも一長一短、関節の痛み具合や目に合わせて、併用するのがいいのかもしれません。

今日は桜桃忌です。私の大好きな作家、太宰治が玉川上水で山崎富枝サンとともに見つかった日です。ところが今日は太宰の誕生日でもあるのです。ですからふるさとの金木町では、生誕祭と呼んでいますね。永遠の青年、太宰治。彼の作品との出会いが、決定的に私を書きたい人にしたのだと思います。三鷹の禅林寺では今日は法要が行われ、たくさんの人たちが訪れることでしょう。私は右近庵で般若心経をあげましょう。「言葉屋」を一時選考通過に導いてくれた感謝も言わないと。

今は薄日が射していますが、近畿では今日もまとまった雨だとか。北は晴れだそうですね。北は~晴れかしら~それと~も雨か~♪ ふるっ、藤圭子サンです。それではそろそろ寝ないといけません。あなたの今日が、ステキな一日でありますように。おやすみなさい。

|

2007年6月18日 (月)

おめでとう、ポール

夜半から雨になりました。西は雨、関東以北は梅雨らしくないお天気のようです。長い日本列島の天気は、たいてい西から崩れます。雨の地域にお住まいの皆さん、お足元に気をつけて。曇りや晴れの地域の皆さん、梅雨の晴れ間を楽しんでください。

今日はポール・マッカートニーの誕生日です。それでは皆さん、今週もお元気でスタートしてください。はい私も。ありがとう。おやすみなさい。

|

2007年6月17日 (日)

雨はいずこへ

梅雨が始まったと思いきや、晴れた日が続きます。やっぱり世界的に気候がおかしいことと関係あるのでしょうか。昔は梅雨というと、今にも降りそうな空の日か雨でした。気候がおかしいということで思い出しましたが、温暖化を少しでも遅らせることについて、やっと大きく取り上げられるようになりました。何でもそうですが、私たちはまず身の周りのできることから始めなければなりません。

レジ袋を持参する、家電のスイッチはこまめに切るなどは習慣化すればいいですね。それから、これが一番むずかしいのですが、車をなるべく使わないということもです。節約という言葉が身近なものと感じられなくなっているような現代ですが、温暖化防止のためのできることは、経済的にも健康にもいいことばかりです。私もできることは積極的にやろうと思います。皆さんも何かひとつから始めませんか。

久々のビールですっかり酔ってしまいました。酔い覚めの白湯でも飲んで、さて、寝ますかな。きのうはずいぶん家の中や庭で動きました。あぁ、するべきことはいくらでも・・。ぼちぼちですね。はい、わかりました。おやすみなさい。

|

2007年6月16日 (土)

更新しました

「ひとり言」(日常)に“集まれテンネン!”を掲載しました。
いつも温かいメールで右近を支えてくださっている皆様のことを、親愛の情を込めて書かせていただきました。いつもありがとう。私はあなた方のお言葉に、どれほど救われているか知れません。ここにあらためて感謝いたします。 テンネン右近より

週末です。水不足の地域には物足りない雨でしたね。今日は全国的に晴れマーク。30度を越えるところもあるそうです。花々には太陽がとっても大切。人間にもだけど。お休みの皆さんは、ゆっくりおくつろぎください。お仕事の皆さん、ご苦労様です。それでは おやすみなさい。

|

2007年6月15日 (金)

よく降りましたね

右近庵ではまとまった雨が降りました。激しく降ったり小雨になったり、断続的に降り続いた一日でした。今朝も梅雨空です。うん、水無月だ。
庭の花が雨に打たれて可哀想なので、花びらの大きなペチュニアに傘をさしてあげました。かれらは雨に弱いので。皆さん、植物は雨が大好きだと思いますか? 朝夕の水遣りの水は好きですが、降り続く雨が好きなのは、アジサイや菖蒲など雨好き仲間と湿地帯好き仲間たち。たいていの花々は、雨ばっかりだとダメなんです。

草花や野菜は水はけがよくないと根腐れしてしまうことがあります。鉢植えの植物に水を遣るときに、完全に土の表面が乾いてからというのをご存知でしょう?それから受け皿にも水を溜めないことも。水はザッと根や土の間を通り、酸素を運ぶのだそうですよ。右近庵の庭は水はけがよくないので、梅雨どきはちょっと心配。去年はキュウリがダメになりました。今年は花をたくさん植えたので、大丈夫かな。ちょっと心配、雨好き右近もほどほどにと願っています。

さぁ、週末ですね。足元が悪いですから、お気をつけてお出掛けください。家でのお仕事、洗濯物が乾かなくて大変ですね。雨の日は気分を変えて、ケーキかスコーンでも焼いてみる? 本を読むのもいいですね。雨の日の楽しみを見つけてください。では、おやすみなさい。
              

|

2007年6月14日 (木)

雨です

夜明けの右近庵は小雨です。新聞をとってきて、ザッと読んでから寝る習慣がついてしまいました。だから起床後に、パンとコーヒーのときの楽しみが減ってしまいました。新聞といえば、モノ減らし中の私は、以前ほどには切抜きをせず、夜になれば未練があっても丸ごと古新聞置き場へ持っていきます。モタさんこと斉藤茂太センセイが言っています。とっておいてもほとんど読まないと。そうなんですよね。そのときがすべて、ということでしょうか。後ではダメで、頭に残ったことだけでいい。どうしても必要なものだけを切り抜いて。念のため、も禁物です。その意識を持ってから、部屋の散らかり方がずいぶんマシになりました。

ご心配をおかけしましたが、なんとか良くなってきました。と言うとまた戻りそうだから、言~わないっと。西から東まで広範囲で雨。お出かけにはお気をつけて。さぁ、起きたらたくさんすることがあるぞ。まずは寝ないと。おやすみなさい。今日も元気でね。そう、君に言ってるんだよ。

|

2007年6月13日 (水)

なんとか回復

申し訳ない。治ったばかりでまたすぐにダメになってチョット凹んじゃった。なんであれくらいで・・・と思うと情けなくなっちゃって。自分のこと分かっている筈なんだけど、やっぱりときどき「なんでぇ・・・」と思っちゃう。これが自分だと受け入れないといけないのにね。進行性だから、この先もっと弱るのかなぁと思うとつい暗くなってしまって。ごめん。先のことは考えるな、あした死ぬくらいの時に考えたらいいって吉本隆明氏の名言を書いたばかりなのに、自分がポシャってたら世話ないね。

しかしボヤいて良かったと思うことも。うれしいメールをいただきましたよ。5人もの方々から。心配してます、無理しないで、病院へ行って、良くなりますようにetc・・・。うれしいなぁ。私は幸せモノですね。ありがとうございました。また、私にメールなんて、めっそうもないと思うけれど案じてくださった方々も、ありがとうございます。

右近は強くなければならないんだろうけれど、あまり作らないでいこうと思う。演じるのはシンドイからね。ダメなときはボヤいちゃう。それがありのままの私だし。それに強いってことは「しなる」ことなんだってさ。つまり柔軟性。英語で言うとflexibility。ココロもたまにはしならせてあげなくちゃ。大木は台風でボキっと折れてしまうことがあるけれど、細い木は強風にもしなって折れにくい。ニンゲンも、あんまり無理するとボキッと来るから、いいカッコせずにダメな時はダメでいいからしなろうよね。しなってしばらく揺れてりゃいい。そうだよ、君もね。いつだっけか、ダメなところも見せちゃう右近さんってスゴイって言ってくれた人がいる。そうなんだ・・。そんなこと誉められて意外だったけれど、それならバンバン見せちゃおうって思ったよ。 あ、誰だ。またカワイイって言ってる人は。もう・・、メッ。だめですよ。オトナをからかっちゃいけません。

西からお天気は下り坂です。いよいよ遅れていた梅雨の始まりですね。九州・四国・中国は地方は雨、近畿も夜から崩れるところも。北海道は厳しい暑さなんですって。お気をつけて。今日もお元気で。はいはい、私も元気になります。

|

2007年6月12日 (火)

ゴメン <(_ _)>

あぁ、いけないいけない。ボヤいてしまったから心配をかけてしまって。
皆さん、どうかご心配なく。私は良くなっていますから。あぁ、反省反省。なんできのうボヤいてしまったのかなぁ。あんな暗いことを喋ってしまって。いつものことなのに。なんだい、アレは。(今日読んで反省) とにかくごめんなさい。良くなりました。本当です。ではまた。とりあえず大丈夫ですから。また夜中にね。と、とりあえず、ご安心を。ごめんなさい。

|

(ーー;)

私は良くなるとすぐに調子に乗って動き過ぎます。案の定、また具合が悪くなり寝ています。汗をかいて冷えるとじき風邪。冷えるというほどの冷え方ではないのですが、私にとっては夕方になっただけで冷えるわけです。そこへもってきてケッコウ暑がりの薄着です。そこへまためんどくさがりなもので長袖に着替えたり、はおったりしないことがあります。こんなことくらいでひくかえ?っていうくらいのことで風邪の症状がでてきます。だからビョーキ持ちなんだけど。加減っていうものがつかめなくてね。うん、いまだに。

たしかに十年超えたら第二段階と言われていたけれど、近頃とみにそう感じるね。行動も制限されてきたし、体調もすぐに崩れるし。だから、もうジタバタせずにここに腰を据えていろんな楽しみを見つけたり、書いたりしようと思うよ。もともとシェーグレン症候群のQOL(quality of life 日常生活の質)はとても低いとされているんだし、あきらめてsmall world で楽しみを見つけないと。人間あきらめが肝心だ。

モノを書くのには様々な経験をしたり、いろんな人に会ったりしなければとはよく言われることです。それが可能ならそれにこしたことはないでしょう。しかしそれが出来ない者には何も書けないかというと、そうは思わない。 出来ないものは出来ないわけですから、出来ることをやればいい。書けることを書けばいい。幸いなことに私には、まだできることがたくさんあります。寝てて長編の構想なんか練っていると楽しいよ。アタマのなかは宇宙だね。残存能力をフルに使ってまだまだできることはたくさんある。こんなことを考えている右近はちょっと今晩は弱気だね。聞いてくれてありがとう。起きたら少し良くなっててほしいなぁ。暑くなるそうです。君は今日も元気でね。マスクマンの右近より

|

2007年6月11日 (月)

眠っている文具を送ろう

私は少し良くなったらうれしくて、さっそく片付けなどしました。Hiroshiの部屋のカーテンを外して洗い、私の毛布や敷きパッドやセーターも洗いました。ゴソゴソと衣装ケースを動かしたり、取ってある新聞を整理をしたりとチョット動きすぎたかな。あぁ、疲れた。

ところで皆さん、家の中に眠っている文具はありませんか?鉛筆、色鉛筆、シャーペン、ボールペン、定規、クレヨン、絵具、ノート、バインダー・・・。まだ使えるけれど使い切れない、使う予定がないなどの理由で眠っている文具を、タイ、ラオスの子どもたちに送る活動をしているNGOがあります。詳しくは右近通信をごらんください。不要のものを有効利用できるのはうれしいことですね。どうぞ皆さん、よろしくお願いいたします。もちろん、私も送ります。

私はなんだか長編のアイデアが具体化してきましたゾ。片付けばっかりでは心のバランスが良くないかな。好きなこともしないとダメだね。デジカメ一眼レフだってあれからすぐ2日で届いたのに、なんだか我慢してる。今あけたらずっと遊んじゃうと思うから、もう少しアレやってから。それからアレもしてから。なんて自分にブレーキかけてる。ヘンな奴だって? そうだね。そうかもしれない。まぁ、ものごとには順序があるし、楽しみはもう少し先に延ばしてっと。それより働きすぎに注意だ。また戻ってしまいそう。それでは皆さん、元気に一週間をスタートしてください。小刻みに、ですよ。ステキな笑顔も忘れずに。おやすみなさい。

|

2007年6月 9日 (土)

六月の庭

「右近庵の庭」も更新しました。よろしかったらご訪問ください。
風雨になれば庭の花が心配になります。花が大きいペチュニアなどは雨に打たれると可哀想な感じになります。でもまた元気になるでしょう。植物の再生力はスゴイ。私たちも見習わなければ。

小刻みにいろんなことをしているうちに朝になってしまいました。さて、小刻みに寝るとしましょう。(まだの方、「ひとり言」を読んでくださいね。この意味がわかりますよ。)たびたびネコたちに起こされるので、まさに小刻みな睡眠です。それに一般的に言われるように、だんだん睡眠時間が少なくていいようになってきました。やっぱりトシかなぁ。(笑) 
じゃ、おやすみ。今日も元気でね。右近は元気になりました。

|

更新しました

「ひとり言」に“吉本隆明「幸福論」1章より”を加えました。小刻みに暮らしたり生きたり考えたりすると、楽ですよ。皆さんもあまり先のことを考えずに、小刻みにいきませんか。週末です。ゆっくりお休みください。

|

2007年6月 8日 (金)

Vanilla,please.

Kさん、ご質問にお答えいたします。なぜバニラではなくヴァニラと書くのか、ですね。あ、これは最近書いた短編小説のことですが。う~ん、これはやはり元英語のセンセイだったこだわりでしょうか。“v”の音は“バ”ではなくて“ヴァ”なのです。私の好きな作家の片岡義男サンもこだわっていて、やっぱり“ヴァニラ”とか“オードヴル”と書いておられます。バビブベボはBの音で、Vはヴァヴィヴヴェヴォ、なのですね。ですからvanillaはヴァニラなのです。

アイスクリームの本場アメリカでは、老若男女すべての人がアイスクリームを食べながら歩いていました。それも日本のよりもうんと大きい。しかも何段にもなったやつ。溶けて流れるのをペーパーでぬぐいながら、おばあちゃんもおいしそうに歩きながら食べていました。あんなにたくさん食べたら、そりゃweightはoverしますね。アメリカはなんでもデカい。多い。料理も甘い物も、とてもとても食べきれない。

アイスクリームスタンドで訊かれます。“Whichi  flavor?”。するとこう答えます。“Vanilla,please.”。この時アクセントは“i”に置いて、そこを強く言ってくださいね。それから“V”は下唇をかるく噛んでヴァと勢いよく発音してください。native(母国語とする人)が言うのを聞くとヴァネラ(ネにアクセントを置いてください)に聞こえます。発音が悪いから通じなかったという人がよくいますが、英語は発音よりもaccent (アクセント)や intonation(イントネーション・抑揚)が悪い場合の方が通じませんよ。こんど外国でヴァニラアイスを注文する時は、堂々と自信を持って言ってみてください。じゃ、一緒に練習してみようか。ハイ、“Vanilla ,please.”。そうそう。それでいいんだ。うまいうまい。よくできました。

それから、小説中のアイスクリームにビー玉が入っていたと読まれたYさん、そ、それはつ、つまりですね。アイスクリームを丸くしながら食べる様子でして・・。サ、サッカーボールなどカ、カップに入る訳はないのでして・・。テ、テンネン度を私と競い合うワ、Yさん、どうぞよろしくお願いいたします。そんなことを言ったら、ハーゲンダッツに叱られますぞ。

さて、のんきに話している私ですが、まだ微熱がとれず痛みもあります。いっそ悪いなら諦めもしますが、5段階のレベル2か3くらいなら、中途半端に動いたり何かしたりでよくないなぁ。だって寝てたら退屈だぁ。さあ、今日は大雨や雷雨がある所もと言っていますよ。お出かけにはお気をつけて。では布団にもどりましょうか。
おやすみなさい。ひっとりぃで寝ぇるときにゃよ~ぉ♪っと。

|

2007年6月 7日 (木)

やっぱり・・・

こんばんは、右近です。あのぉ、きのうは皆さん何度もお越しのようで。あ、やっぱりアレねアレ。ただの鎖骨ですよ。あんなモノでお歓びいただけるならいくらでもお見せいたしやしょう。(なぜエドッコ) で、いったい誰が撮ったんだ。あの写真にかぎらずその疑問がおありでしょう。え、とくにサコツのが? あれはですねぇ、風呂上りにですねぇ、私が自分でケイタイで撮ったんでさぁ。(まだエドッコ) 猫しかいないし、私はゼンラもしくはそれに近い状態で風呂場から居間へとやってくることがありますが、なんとなく、撮ってみただけです。私のは、いわゆるシャワーの湯が溜まる鎖骨であります。鎖骨フェチさん、採点の方をよろしく。

先日はパーソナリティのマネゴトをして音声をお届けしましたが、(容量が大きすぎたりでご迷惑をおかけしました。次回から改善します) こんどは鎖骨まで見せて、もうなんでもかんでも見てくれぃ、コレが右近だぁっ!となってきていますねぇ私は。本業のというか本趣味のというか、書く方はあまり熱心ではなくねぇ。お見せしたのにはこんな理由もあります。私は細い細いと言われますが、実はそんなに細くはありません。手足が細いので、とくに手首など見えるところが細いので、全体がとんでもなく細い人だと思われます。(でも今はチョット痩せてて47キロしかないや。いつも45キロくらいですかと訊かれます。いえいえ。) ご覧の通り、私は骨太です。骨格はとってもガッシリしていて、肩幅なんてオトコ並です。ですからそれを証明しようと思いまして、あの写真もとなりました。長編書いてない時は、アソビ心もあっていいし、見せられるうちはなんでもお見せしておこうかと。長編を書き出すと、どうせ急にアイソ悪くなるのだし。笑

それからHiroshiのオーヴにも驚いたでしょ。ネクタイのど真ん中に居るね。大きい物は安置している場所に写ってる。怖い? 怖がらせたならごめんなさい。サイトで検索したら、いっぱい写ってるのがバンバン出てるから、いいっかと思って出しました。魂なんだそうです。居るんだよなぁ、いっつも私のそばに。カレ、寂しがりやだったから。

熱が下がってきましたが、まだ寝ていなければなりません。風邪だけではないので快復に時間がかかります。それでは布団へもどります。今日はまだ本が読める程度だから小説の続きを読みます。頭ちょっと痛いけれど。皆さんも気をつけてね。おやすみなさい。ホネホネ右近より

|

2007年6月 6日 (水)

参番館開館

写真館が更新されたようですね。よろしかったらお立ち寄りください。作成者さん、ありがとうございます。ちょっと恥ずかしい右近です。ちょっと不調だし、もう寝ます。あぁ恥ずかしい。おやすみなさい。

|

2007年6月 5日 (火)

くもりの朝

おはようございます。けさはくもりです。皆さんのところではいかがですか? めっきりお天気オジサンも板についた右近です。君が元気で過ごし、いい日でありますように。そう、心の持ちようダ。おやすみなさい。

|

2007年6月 4日 (月)

朝ですよ

朝にご訪問の皆さん、おはようございます。お昼の皆さん、こんにちは。夕方、夜の皆さん、こんばんは。毎週おなじことを言っていますが、一週間の始まりです。今週も元気にお過しください。私も絶えず何やかやとやっていまして、今週も元気に何やかやに取り組もうと思います。それでは何やかやとお忙しい皆さん、頑張ってくださいね。えぇ、私も。さて寝ないと。なんやかや~、なんやかや~♪っと。おやすみなさい。

|

2007年6月 3日 (日)

更新しました

短編小説「ヴァニラアイスが食べたくて」を掲載しました。日があいてしまったのと、前回掲載文の中で一部書き換えたところもあるので、最初から通して読んでいただければ幸いです。あぁ、楽しかった。

六月です。水無月です。どおりで元気だと思いました。早くもつゆ入りしたところがあるようです。雨もまたよし。雨の日のステキな過ごし方を考えるのも楽しいですね。それでは皆さん、ごきげんよう。

|

2007年6月 2日 (土)

週末です

おはようございます。土曜日ですね。
お休みの方もそうでない方も、おはようございます。

今晩はアイスの続きをお食べいただけると思います。ここのところ、何を書いても死別系になってしまうので、(これも最初はそうしようかと思ったけれど) そうでない話にしてみました。ひとつの試みとして、動作を細かく描写することに挑戦してみました。書いててとっても面白かったです。文を書くって絵を描くことと通じるところがあるかもしれない。写実的に描くものとそうでないもの、抽象的に描くものとそうでないもの、絵も文も共通だなぁ。私は絵も描いてみたいのですよね。見るのも大好きなものだから。「新日曜美術館」は欠かさず見てる。面白いよ。

短編小説の話を少し。小説というとストーリーが重視されるようです。当然のことでしょうが、それぞれの種類の小説には読みどころというのがあると思います。たかが十数枚の小説では、いったい書き手は何を大切にして書くのでしょうか。 私の場合は、その短い物語に漂う空気というか、雰囲気というか、そんなものです。短い文章で表現しようとする時は、物語の密度が大切です。少ない言葉で表現するのは俳句に通じるところがあるかもしれません。この小説が、濃い密度で人間の心理や感情が表現できていれば成功です。さて、ヴァニラアイスのお味はどうでしょう。筋書きとは違う角度から舐めてみてください。それではまた夜に。楽しい週末をお過ごしください。おやすみなさい。

|

2007年6月 1日 (金)

苗屋の右近と音声録音と

先日、枝豆や二ゲラ、コスモスの苗を家の前に置いておくと、ぜんぶはけてうれしかったな。今日は大葉、ミント、ホウセンカ、ニラ、などを置きました。ふえて困っているフキも抜いて束ねて置いておくと、すぐに3束どなたかが持っていってくださいました。夕飯の一品になったかもしれない。うれしいなぁ。右近の苗屋だ。

さてさてさて、右近メールにご参加の皆様、私は早い時間から準備を始めていたのですが、いざ録音を始めると、何度かやり直しをしなければならず、やっとなんとかうまくいった音声をファイルで送ると、これがまた大容量でほとんどの方のメールに送信不可。そうか。やっぱり・・。では、ということで急遽、HPビルダーのBGMというのに貼り付けて聞いていただけるようにしました。送信メール内のURLをクリックしていただければ、ソクお聞き頂けます。(しかし保存はできません) 後日、ダウンロードで聞けるようにいたします。あぁ、なにごとも勉強、勉強。

詩をひとつ読むと宣言してしまったし、近頃あまり人と喋る機会がなくて言葉も出にくいし割舌も悪くなってる。あぁ、困った。でもやるしかない。詩だけやるのもなんだと思って少々お喋りしたので、容量はさらに重くなってしまったよ。今回はコテコテの大阪弁の詩だから、桂銀淑サンの「大阪暮色」を効果に使用したけれど、これがまたバッチリ合ってますね。なんだかハマってしまいそう。あぁ、面白かった。でもチョット恥ずかしい。いや、かなり恥ずかしい。聞いた人はきっと笑うんだろうな。あぁ、はずかし・・・。お聞きになりたい方はhomeのメール登録からどうぞ。くりかえしますが、右近メールはメールリングではなく、右近から月に1~2回程度送信するメルマガのようなものです。皆さんは受信のみで結構です。(もちろん私への返信は可能です) お気軽にご参加ください。

週の後半です。お疲れが出てきたところでしょうか。もうひとがんばりです。それでは また。今日は早めに“おやすみなさい”を言っておくね。では いざ、風呂へ。(お、急にオトコ化した) ま・た・あ・し・た。

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »