« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

更新しました

おはようございます。お待たせいたしました。連載小説の十話を掲載しました。表紙もできました。お楽しみください。おやすみなさい。

|

2007年7月30日 (月)

雷雨の夜明け

おはようございます。昨夜、帰還いたしました。選挙に行かなければならないので、午後八時までに何とか帰ろうと、宇宙からマイ宇宙船で、ぶっ飛ばして帰ってきました。安倍サン、ピンチですね。仕方がないといえば仕方ないのですが、彼にはもともとリーダーとしての資質がね。育ちが良くていらっしゃる。サブのほうが向いていると思われますね。

一方、大勝した民主党ですが、お疲れなのか党首がオモテに出ていらっしゃらない。鳩山サン、菅サンが頑張っておられても、体力に問題がある党首というのはどうかと思いますね。さて、今後は生活を向上させるという公約の実行をしなければなりません。大丈夫なんでしょうかね。自民への不信感が表に結びついた部分も大きいのですが、ソレがなくても民主でなければというものをアピールしていかないとね。しかし、二大政党時代の基礎固めのとき。国民のために、おきばりやす。

田中康夫さん、ズレてますよ。早く気づいてください。長野でホされたら、今度は参議院ですか?たったお一人で新党日本なのですか。「限りなく透明に近いブルー」の感性を取り戻して小説を書かれたほうが・・。あなたは喋るより書いて伝えた方がと思うのですよ。有田サン、なんでソコからなの?私はケッコウあなたのファンですのに。今度は他から出てみてください。

さてもさても選挙は楽し。相撲に選挙。コレ中高生の頃から大好き。父親ゆずりかな。若い時から私はオヤジです。この惨敗にも屈さず安倍サンは続投とか。秋には質の良い大臣を選んでくださいね。あぁ、自民党をぶっ壊すと宣言した小泉サンの株は今頃急上昇。安倍サン、おじい様の岸サンの時代ではありません。「美しい国」路線をいったんぶっ壊してみてはいかがですか?あぁ、あなたはやはり向いていないかも。

なんてご隠居のような話をしている場合ではありませぬ。(でしょ?) 分かってますよ、ちゃんと。ウィスキーでしょ?でもね、宇宙から帰還後は、すぐには心身が慣れなくて。ま、ぼちぼちがんばりまっす。雷が鳴って驟雨。そのあと穏やかな朝を迎えた右近庵です。「右近庵の庭」に画像を追加しました。よろしかったらご覧ください。では、ごきげんよう。

|

2007年7月27日 (金)

夏の朝の成層圏

皆さんの住む地球はもうじき朝ですね。おはようございます。宇宙にいる私にも小鳥の声が聞こえています。蝉がもう鳴き始めているところもあるようですね。こんどはノートだけは持ってきましたから、わずかな時間を利用してメモくらいはできそうです。「のぞみ」が滑り込んできたのに、じらせてごめんなさい。地球に帰ればじきに書き始めます。どうかお待ちください。ごめんなさい。今日も日本あたりは暑そうです。水分補給を小刻みにして、お元気にお過ごしください。私は元気です。

|

2007年7月25日 (水)

ありがとう

Sunflower たくさんの「おめでとう」をありがとう。
またひとつ年を重ねてしまいました。年相応の生き方をしなければ。と思うんだけど、年々幼児化、ガキ化しているような気がします。甘やかされすぎているのでしょうか。したい放題、言いたい放題。(笑)
私の誕生日は梅雨が開けて夏本番になる頃です。今年、初めてヒマワリを植えました。花が毎日いくつも咲きます。このヒマワリのように太陽に向かって頑張ろう!

えっ、似合わない?そうだね。お日様ほどほど、暗闇ほどほどの右近でこの一年も頑張ります。君に、あなたに、ありがとう。 右近

|

2007年7月24日 (火)

今夜は早めに

今日は「河童忌」、芥川龍之介の命日です。近畿では梅雨が明けました。周到に準備をし、彼はこの日の朝に布団で逝きましたが、あぁ、残念、残念。ということは、明日は私の・・・。Oh,no! 
私が知る今日が誕生日の3名の皆様、お誕生日おめでとうございます。ますますのご活躍を期待いたします。

9話の掲載は深夜の予定です。お楽しみに。ココログのメンテが午後九時から明日の午後三時まであり、トークほかブログがその間は使えません。ですから今夜は早めに喋りました。私は今からBSでアラン・ドロン特集を観ます。今日は「太陽はひとりぽっち」。それでは、皆さん、ごきげんよう。

|

今日は穏やか

きのうは少々カゲキでした。びっくりさせてごめんなさい。普段はあまり怒ったりしないほうなんだけど、半年くらいずっと言いたいのを我慢してた。で、なんだかドッと愚痴っちゃった。でもきっと解ってくれるよね。誰にもココは譲れないってコトある筈だ。うん、私にも。その効果かたくさんのメッセージや拍手をありがとう。とってもうれしいよ。ほんとうにありがとう。応援を感じたら6Bの鉛筆スラスラ進むよ。さっき9話が書けたよ。面白いぞ~。お楽しみに。たぶん今夜かな。

BBSもおかしな人がおかしな書き込みをしてくれたり、怪しい系に占領されたりで付けられなくなってね。初めの頃はそんなことなかったのになぁ。だからWeb拍手くらいでしか声が聞けない。サイトだって今じゃブログ優性で、何処を見ても広告、広告で目がチラチラする。様変わりだね。以前からだけど、自分でやっていながらほとんどよそのサイトを開ける事がない。自分ちの運営で精一杯。今年は日常生活の充実も図っているしね。リンクしてくださってる方々のサイトへはときどき訪問するべきなんだけど余裕ナシ。リンク先の皆様、ごめんなさい。

ではクイズの答です。寄せられた答には、氷の上に載ったお刺身、石焼の神戸牛、お好み焼きなどがありましたが、残念ながら正解はありません。それでは正解です。パンパカパ~ン パパパ パンパカパ~ン パパパパ~ン!あれは鮑(アワビ)の溶岩焼き”です。木の板の上に載っているのが溶岩でできたモノ。それが熱せられた上に載っているのが串刺しの鮑なのです。よく見て。載ってるから。白い器にはさわやかな酸味のタレが入っています。ビールはノンアルコールで残念。(ハイ、車でしたから) べつにアワビを食べに言ったのではなく、盛夏のおすすめ懐石というのに含まれていたのです。

店は西日本の方々にはおなじみの(全国にあるのかな)豆腐、ゆば料理の「梅の花」です。最近、テレビでもCM流れてる店。本店は福岡とか。だから思いっきり九州の素材なんだそうです。たとえば長崎産の鯵の笹寿司や紅鯒(コチ)の磯辺揚げとか、デザートは大分産の梨を使ってたりとか。ちなみに溶岩の板は、もちろん桜島の溶岩だそうです。Hiroshiはあの店は量が少ない、つまらないと言って嫌いましたが、私は和食党の豆腐好きなのでよく利用します。大阪まで出て行くのがめっきり億劫になってしまって近場での食事によく使います。たいていの店のコース料理が私には量が多いのですが、ここのはなんとか完食できるのも気に入ってます。ところで、この完食という言葉、造語なんだよね。だから辞書にまだ無い。誰が造ったのかな。コミカルに使われてるからお笑い系からなのかな。でも、病院では全部食べた患者さんの記録に完食って書いてある。専門用語なのかもしれないね。

いろいろ話が飛んじゃった。では、もう少し起きていて本を読むか「ウィスキー」の先を考えます。きのうは涼しかったけど、今日はどうかな。元気にお過ごしくださいね。“R-40”の小説も書いてみたいと考えてる右近より (45でもいいか・・・。あ、それなら君も君も読めないね。笑)

|

2007年7月23日 (月)

Web拍手復活

今までは連載終了後につけていたWeb拍手を早めにつけてみたところ、初日からたくさんの拍手をありがとうございました。あちらでも述べているように、ほんの十数枚のつもりが現在60枚を超えました。肩にチカラはまったく入っておらず、楽しんで書いています。ところが今、小説に没頭できない事情があり、ややもすれば“もう続かないかな、コレ”と考えることがあります。そんな状況で書く意欲を維持し続けることはケッコウ大変。だから皆さんにパチパチしてもらったら書き続けられるかなぁって。(あ、しまった。幼児化)メッセージも200字まで書けますよ。

でもこういうのはカンベンだ。主人公は私なのかとか、これは体験談か、相手の人物は実在か、なんて質問。だってそんなこと小説と関係ないからね。小説の人間がちゃんと独立して動いているのがいい小説だって今回の直木賞のナントカ今朝子さんっていう人が話してた。だから何を読んでも私だと思われるのは、まだ私がきっとヘタなんだろな。

それからこういうのもゴメン。前の小説と比べてどうだこうだというの。書き手にとっては小説はそのときに書いているものがすべて。一つ一つが新しく、古いものは終わったもの。打ち明けると、「透けてゆく人」なんて連載終了後に作者は一度も読んでいないしね。(本になっても読んでない)そのときどきに全力投球。書き終わって一貫の終わりっ!だから「言葉屋」が「透けてゆく人」に似てるとか似てないとか、それは作者だから判っているわけで、言われなくても敢えて似せた部分もあるしね。わかった、N君? 私は君のに何のコメントもしないけどね。(笑)

それからコレも困る。前にWeb拍手には嬉しいことだけ書いてねって冗談っぽく言ったら、厭なことにも耳を傾けてと来た。創作は個人の自由。地域懇談会ではないし、塾の先生を評価する会でもないし、なんで作者が読者のご意見伺いをしなきゃならない?ふむふむ、では今度のはこんなふうにしましょうとでも言えばいいの?失望されたなら仕方ない。無理に気に入ってとは言わないよ。作者はそれを書いているときは、自分が一番いいと思う形に仕上てる。それがお気に召さないなら、どうぞガッカリしてください。クレームに耳を傾けるクリエイターなんて居ない。居たらおかしいよね。創作する奴なんてプロもアマもみな傲慢だし、私は商売でやってんじゃない。世間の大多数が好んでくれるものを書こうという意識はゼロ。書きたいことだけ書いている。書くほうも読むほうも、蓼食う虫も好き好き。読みたい人だけが読めばいい。

とっとっと。いつになく過激になってしまいました。なりついでにもうチョット。ふだん個人のHPに集まってくださるのは好意的な方々ばかり。言わずもがなのコメントを聞きたくて声を届けて欲しいんじゃない。名前伏せてるからなんでも言ってやれっていうのもおかしいし。クレームは本名で堂々と来いよな、メールででも。頑張って、応援してます、次回が楽しみです、そんな言葉が一番うれしい。一番聞きたい。「言葉屋」のあと、もうつけないでおこうと思ったWeb拍手だけど、やっぱり声が聞きたくて。そう、君の、あなたの温かい声。待ってるよ。(メルアドは表示されませんからご安心を) じゃ、そろそろ寝るよ。おやすみ。クイズの答えはいずれまた。←写真で私は何を食べているか、です。

|

2007年7月21日 (土)

更新しました

「明け方のウィスキー」八話を掲載しました。よろしかったらお読みください。

|

ただいま戻りました

先ほど帰って参りました。小説が途中なので宇宙旅行もそこそこに、帰途に着きました。ところが道に(宇宙空間に)迷ってしまい、なかなか帰還できませんでした。小説が気になるものの、あいにく原稿用紙もパソコンも持参せず、宇宙空間を遊泳しながら頭の中であれこれ練っておりました。本日、八話を掲載予定です。お楽しみに。おやすみなさい。

|

2007年7月20日 (金)

Good morning.

Good morning,everyone. How are you this morning? Me?Pretty well,thanks.Have a nice day!I'll be back soon.See you.(^o^)/

|

2007年7月15日 (日)

静寂

私の住むところでは昼間から断続的な雨でした。昨夜の午後七時頃から激しい降りになり、私はそのとき運転中でした。道路脇が冠水しているところも多く、水しぶきを上げて走っていました。外を歩く人も無いので、ハデにバシャバシャやってしまいました。ザッバーン、ザッバーン。

現在は静かな右近庵です。雨も上がり風も全くありません。テレビでは今、近畿地方は暴風域と言っているのに何でしょうね。静かです。今日はカエルも虫も鳴かないのでいつもよりずっと静かです。和歌山、兵庫、滋賀、奈良、京都などの強風の映像が流れていますが、まるで私の住むところのあたりだけ、シェルターの中にでもいるようです。只今も和歌山の串本では強風がすでに6時間も続いていると放送していますが、あぁ、この辺は不思議だな。これはきっと山が風を防いでいるのでしょうね。いつも台風のたびに、この静けさはなんだろう、と思います。

きっと地形のせいでしょうね。和歌山とは接近距離の位置にあるのですが、太平洋側に沿って進む場合、内陸部のこの辺は風の影響を受けないのでしょう。その代わり、吹き戻しというのでしょうか、近畿を抜けたあとに強めの風が吹くことがあります。しかしそれもたいした風ではありません。台風は東海、関東、甲信越方面へ進んでいます。皆さん、どうぞお気をつけください。連休なのにとボヤいている皆さん、こういうときしか出来ないことを家でやってみては如何ですか。それでは。

|

2007年7月14日 (土)

台風

大型で強い台風が九州地方に接近、暴風域に入りました。進路に当たる皆さん、ご注意ください。近畿、東海、関東地方へは明日影響が出るようです。雨は断続的に降っていますが、右近庵ではまだ風はありません。きのう、庭の花が心配なので支柱をたてました。黄色いグラジオラスが咲いたので。それでは皆さん、お気をつけて。

|

2007年7月13日 (金)

小説を更新しました

“ウィスキー”の7話を掲載しました。よろしかったらお読みください。
台風が来ています。雨風です。お気をつけて。おやすみなさい。

|

2007年7月12日 (木)

やっと復調

退屈なんて言いましたが、ケッコウきつい状態に耐えていました。あまりの痛さに食欲もなく、治るのかなと心配でしたが、いつもどおり三日で快復、なんとか復帰いたしました。ご心配をおかけしました。

ふだんはどうということは無いのですが、具合の悪い時には一人暮らしはミジメなもんですねぇ。起きて食事の仕度をするのがつらい。かといって食べないとよけいに弱ってしまう。気力を振り絞って起き上がり、痛む頭を片手で冷やし、片手で一人用土鍋を出してきて粥を炊く。おかずを作る元気も無いので冷蔵庫から食べられそうなものを探して何か出してくる。汁物だけは必須アイテムなので、どんなにしんどくても味噌汁は作る。それらを盆に載せて寝床へ。しかしいくらも食べられない。慣れたといえば慣れましたが、そんなときは哀愁ただよう右近です。
あぁ、嫁サンが欲しい。(笑) 

遅くなりましたが、七月の庭の画像を掲載しています。考えてみますと七月というのは梅雨の日のほうが長く、月末にならないと“夏”っていう感じがしませんね。でもね、もう蝉が鳴いてるよ。気の早い蝉たちだ。カマキリ君も見つけたよ。ヒマワリの背丈も伸びたけれど、太陽が照らないと花が咲かない。咲くのが楽しみ。

痩せたなと思って計ると46キロに。やばっ。頑張って食べないと。このごろ甘いものも好きじゃなくなってしまったし。これ以上痩せないように気をつけないと夏にバテてしまう。がんばって食べまっす。
“ウィスキー”7話がなんとか書けました。喋らなくても、書かなくても来てくれる君。そう君のことだよ。君に一度会ってみたいんだ。ありがとう。 
おやすみ。みんな今日も元気でね。

|

2007年7月10日 (火)

あぁ、退屈

やっぱりひどくなって寝ています。このたびはレベル2か3。早く良くなりたいよ。頭痛さえなければ書けるのにな。あぁ、ヒマ。おやすみなさい。

|

2007年7月 9日 (月)

今週もお元気で

近頃、私は飛ばしていると、「小刻みに」と自制を促されます。ご心配いただきまして、ありがとうございます。先週末より体調は下降気味。今日は寝ていました。書いているからではなく、動きすぎやら天候やらで風邪をひいたようです。微熱と頭痛だけですから、じき治ります。ご心配なく。皆さんも気をつけてくださいね。雨の多い一週間だそうです。相撲も始まりました。♪(関係ないか・・) 今週もお元気でお過しください。

|

2007年7月 8日 (日)

更新しました

“ウィスキー”の6話を掲載しました。よろしかったらお読みください。雨が上がり、おりひめとひこ星は、会えたようですね。よかった。日曜日をゆっくりお過ごしください。

|

2007年7月 7日 (土)

目標 “二次通過”

昨日、「とび」が一次選考を通過したことを知りました。しかし二次選考で惜しくも選外に。健闘しましたね、ユウジ。その他の登場人物さんたちもお疲れさん。自分の書いたものは可愛いものでして。よく頑張ったよ、ご苦労さん、と思います。書いている間、とっても楽しかったぁ。ラストスパートでメニエールにもなってしまったんだった・・・。(笑)

堺自由都市文学賞は今年は274作の応募でした。堺市に長く住んだので、一度は出してみたかった賞です。この文学賞は、応募する人の年齢が高いことが他の賞と違う点です。今回も平均年齢は55.2歳とか。なんと私は平均年齢以下ですゾ。スゴイ。若い方なんだ・・。(笑) そんな賞、きっとココだけでしょうね。選考委員のセンセイ方もそれなりのお年です。田辺聖子さん、藤本義一さん、難波利三さんですからね。

一次選考を越えるのは約一割と言われていますが、30作以内に残れたのは光栄です。しかし何名が残ったかは知らされず、ちょっと残念です。昨秋から連載で書いたものを1月に出してみたのですが、これは自信になりますね。「とび」が一番好きな作品とWeb拍手に書いてくださった方もおられました。ええ、うれしいですよ。あ、どうも。拍手ありがとう。なんだか照れるなぁ。 (誰だ、カワイって言ったのは。めっ。)

私は投稿を始めてまだ日が浅い方ですが、こうして一次は通過できるんだなぁと感慨深いものがあります。何に出しても一時は通過できるようになればいいですね。それから二次に進める実力をつける。それから最終、それからそれから最後には一等賞をGet! なぁんてね。夢とは言いたくないけれど、まだまだ長い道のりです。

しかし千里の道も一歩から。歩き続けることが大切でしょう。でも、ワタクシ的には何が何でも賞じゃなく、楽しむこと。楽しんで書いたものが、いつか一等賞になればそれは幸せ。上がるかどうか分からない右近株を買ってくださっている皆さん、ありがとう。初版本やサインの値打ちが出て、いつか皆さんを喜ばせることができればいいなぁ。(笑笑) 一次選考通過常連組に入れる兆しアリ。目指せ“二次選考突破!”。

七夕なのに雨ですね。どうも七夕の日に、牽牛と織女は会えない年が多いです。少しの間だけでも会わせてあげてくださいませんか、天の神様。 それでは、よき週末をお過しください。本日、6話を掲載予定です。お楽しみに。おやすみなさい。

|

2007年7月 6日 (金)

更新しました

小説の5話を掲載しました。お読みください。ごきげんよう。おやすみ。

|

2007年7月 4日 (水)

更新しました

小説「明け方のウィスキー」の4話を掲載しました。よろしかったらお読みください。さぁ、どう展開するのでしょうか。おやすみなさい。

|

2007年7月 3日 (火)

小説も小刻みで

とっても集中して書けた翌日は、なぜか進まない。これは前からそう。調子よく鉛筆が動く日はノッテるから、脳の疲労度に気がつかない。でも翌日になって分かる。あぁ、脳ミソ疲れてる。そんな日は思い切って鉛筆を置く。それで本を読んだりほかの事をするのがいい。この小説、他の短編みたいに十数枚で終わる予定だったのですが、長くなってきましたね。枚数制限ナシ、期限ナシで書くことは久しぶり。ノンビリ楽しみます。オトナの小説を望む声が届いています。皆さんもそうなのですか?でも、“What dose otona mean?” (笑)  おやすみなさい。

|

2007年7月 1日 (日)

コンニチハ文月

Parking今日から七月です。一日は私の発病記念日でもあります。今は体調がとてもいいです。庭仕事に汗を流すのは体にいいですね。これは先日、出かけたときのショットです。また一週間の始まりです。今週もお元気でお過しください。

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »