« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

しんどいよぉ

今日はきのうみたいにグチる元気もない。熱もあるし、だるくてまったく起きられない。食欲も無いし。特効薬はないし寝てるしかない。世界陸上ばっか見てるけど。こんなトークつまんないでしょ。だから元気になったら出てくるね。今月の右近メールは31日中にかならず送るからね。遅くなってごめん。来てくれてありがとう。立ったまま打ってる右近より

|

2007年8月30日 (木)

あなたのために

サイト運営も今秋で五年になります。こちらからは何も見えない皆さんですが、年数を重ねるうちに見えてきたこともいろいろあります。たとえば、よく体調を崩す私ですが、そのことを語ると、とたんにアクセス数が翌日から激減します。しばらく少ない状態が続き、小説や何かを掲載し、元気で前向きな喋りをするとアクセス数はぐんと増えます。やはり世の中は前向きで健康的な言葉、明るい言葉しか求めていないと学びました。

サイトを始めて1~2年はアクセス数がとても気になりましたが、現在はそうでもありません。しかし、まったく気にならないと言えば嘘になります。このカウンター、めでたく6万を超えました。けれども実際の正確な数ではありません。お気に入りの各ページに直リンクされている場合は、道行に来られてもカウントされません。ホーム通過のみがカウントされるからです。また、カウンターとは別に、舞台裏では一日の正確な訪問者数が判るようになっています。小説の熱いシーンを掲載すると、驚くほどの訪問総数やクリック回数! でも寝込んでいる右近になんか興味はないし、暗いことしか言わない右近は要~ラナイ。だから道行に立ち寄られる方は激減します。寂しいもんです。面白いもんです。(笑)

そんな中で、私が何を言っても何にも言わなくても、明るくても暗くても、前向きでも投げやりでも、かならず来て下さるあなた、そう、右近フェチと自称するあなたの為にこそ私は書いているのですよ。あなたの存在がなければ、もうとっくに辞めています、こんなしんどいコト。(笑) ごく少数のあなた方こそ、私に書かないとと思わせてくださる方々です。今日も来てくださって、ありがとう。フェチ人数はしっかり把握してるよ。(笑)

私はきのうよりも随分よくなりましたから安心してください。そういう方々には右近じゃなくて良なんでしょうから、今日はこっちで。一日を元気に過してね。何かイイことひとつだけ、誰かのためにしよう。おやすみ。良

|

2007年8月29日 (水)

待っててね

小説はお楽しみいただいていますか?できればいつものように立て続けに書きたいのですが、体調がすぐれず叶いません。ほとんど布団に居るようなことで、座れて書けそうなときに精神集中して書き進んでいます。山場ですのに引っ張ってごめんなさい。コレ、わざとじゃないからね。先を一番望んでいるのは作者です。早く書きたいなぁって。

ところで今日は受診日でした。(正確にはきのうです。寝るまでは今日ということで)大阪はとっても蒸し暑く、出かける準備をしている段階で大汗をかきました。この暑いのに長袖シャツにジャケットですから。(TVには夏は辛い。でも頑張る)出ようとしたら車に猫の足跡がいっぱい。洗ってる暇は無いから拭いてと、とやってると滝のような汗。

病院へ着いて車から降りようとしたら今さっき機械から手にした駐車券が無い。持って降りないといけないのにな。探しはじめて暑い車の中でまた大汗。見つからないまま予約時間を過ぎていたからいったん諦める。病院ではまず血液検査など。早足で歩いてて止まったため、採血中にまたドッとナイアガラの滝のような汗。

膠原病・アレルギー科の待合で流れる汗をまだ拭いていました。やれやれ、夏の外出はこたえますなぁ。などと考え、ようやく汗がでなくなった頃、いでででで!な、なんだ、この痛みは。こんなの初めて。コレってもしかしたらヤバイかも。でもここは病院、ドアの向こうには主治医の先生もおられる。救急車を呼ぶ手間が省けるわい、と痛む胸を押さえて考えておりました。順番は次ぎだし、もうちょっと我慢して、治まらなかったら看護師サンに“Help me!”と訴えようと。さぁ、何分くらい背中を丸めて堪えていたでせう。やがて痛みが和らいできました。やれやれ。

私の順番になって中へ入り、痛みはほぼ治まっていたので、そのことを言おうかどうか迷っていましたが、やっぱり言っておこう、あの痛さは初めてだ、と思って先生に言いました。やっぱり即、心電図。私のシンゾー君は(安倍さんみたいだね)過去に軽い心筋梗塞を起こしているので、その所見がバッチリ。でも現在は大丈夫の様子。しかし念のためエコーを後日ということに。ゆるい痛みは今もあります。このところずっと不調なのと関係があるのかないのか、それも後日のお楽しみ。

なんでこんなつまらない話をしたと思う?気づいてるよね。右近サン近頃あんまりベラベラ喋らないでしょ。でも今日は喋っとく。聞いて。心臓の具合が悪くなった理由が自分で解ってる。大汗かいて、お茶も用意してたけど、小さいボトルだったので足りなかった。私はものすごい大汗かき。体の水分が不足して、血がぐっと濃くなっていたんですね。水分不足になると、すぐに私は頭痛が起きたり心臓がドキドキします。

皆さん、水分不足は絶対に絶対にいけません。感覚と体の中の事情は違うのですね。喉の渇きをそれほど感じていなくても、体は水分を欲しています。喉が渇いたと感じる前に水分をと言われるのは正しいことです。だれも自分が重篤な状態になったり命を失くすなど考えもつきません。でも、起こります。Hiroshiはお酒を飲んで帰り、大汗をかいてシャワー、そしてガンガンに冷えた部屋に入り、ガチガチに氷を入れたお茶や水をのむという最もしてはいけないことをして、心臓を停めてしまいました。会社の検診で心臓を特に指摘されたことは無かったのです。

シェーグレンの患者は血液が粘りやすく、常に飲んでは排出を面倒なくらいしなければなりません。ちょっと怠ると、すぐに体が反応しました。体は正直です。健康な皆さん、あなたこそ自分の体を過信しないでくださいね。熱射病のためだけでなく、心臓や脳のためにも夏はとにかく水分ですよ。私は病院嫌いですから、たまたま病院で異変が起きたのは好都合でした。どこで何が起きるか誰にも判りません。運命はあるにしても、自分で気をつければ避けられることは避けたいものです。

ということで、不調続きでスラスラ書けずごめんなさい。書いてはグタッ、書いてはグタッでなんとか最後まで完成させます。フミさんが「待って!」とやっと声を出しました。さて、このあと二人はどうなるのでしょうか。それでは私は眠れなくても布団に戻ります。ごきげんよう。
                     紙芝居オジさんみたいな右近より

追伸  60000を開けてくださった人、おめでとう、ありがとう。
あるなら私のツキを差し上げます。なさそうなので、よろしかったらあなたのツキを私に少し分けてください。

|

2007年8月28日 (火)

更新しました

小説の15話を掲載しました。よろしかったらお読みください。

|

2007年8月27日 (月)

元気にね

暑い大阪、少しましに。夜には鈴虫も鳴きだしてる。熱い大阪、燃えてるね、世界陸上。真夏の大阪での競技は選手泣かせ。だって市内はホント暑いもの。たぶん日本一。独特の暑さでね。私はもう住めないや。

私は寝てる日やら起きてる日やら。三日元気で二日寝てる♪みたいな感じのこの頃です。スロウでも一歩進めばよしとしよう。そう、君もね。
少し書けた。だからうれしい。もう寝るよ。おやすみ。

|

2007年8月25日 (土)

更新しました

「明け方のウィスキー」14話を掲載しました。サトシの直球を受け留めてください。心情を汲みながら、ゆっくり読んでいただければ幸いです。

|

2007年8月24日 (金)

書けた・・・

やっと次のところが書けたよ。ふぅ。さぁ、いつUPかなぁ。間があいてしまったから、12話あたりから戻って読んでおいていただけたら有難いですね。その方が解りやすいと思います。よろしくお願いします。

ところで私は年に2~3回ほど「道行考やめたぁ~いっ!」と拗ねるらしいです。ということは、ソレくらいの割合でヤなことが起きるということですか。(苦笑) ヤなことがダブル、トリプルで来るとそうなっちゃう。だけど、ものごとには潮時があるのも事実だよ。気持ちよく運営できれば、まだしばらくは続けられると思うんだけど。道行考の運命は皆さん次第ということかな。(笑) でも嬉しいな。心の拠りどころにしている私たちはどうなるのっ?というKさんからのメールには感涙。また頑張ろうという気になりますね。ありがとうKさん、ここからお礼を言わせてください。

そうだそうだ、佐賀北校に拍手喝采!ウラ金なんぞ公立校は無関係。よく学び、よく球を追う。これぞ高校野球の原点。あっぱれ、あっぱれ。
それでは私はそろそろ寝ます。よく書き、よく片付けた一日でした。
今日が皆さんのいい日でありますように。おやすみなさい。

|

2007年8月21日 (火)

更新しました

久しぶりに“さみだれ詩集”を更新しました。
「死ぬるなら」という詩です。

一世を風靡したモデルの山口小夜子さんの死を悼みます。彼女は現代の日本女性の美しさを世界に知らしめた人です。独りで亡くなっていたことは不幸なことではなく、彼女が望んだことだと思いたいです。詩人の茨木のり子さんもそうでしたが、独りで往くことは決して哀れなことではありません。自分の生涯を自分独りで敢然と閉じることです。そんなことを考えていたら詩ができました。よろしかったらお読みください。
それでは皆さん、御機嫌よう。今日も右近庵は夏日です。

|

残暑お願い申しあげます

やっと暑さが一段落しそうです。私はめっきり弱くなって寝込むことが多くなりました。サイト運営は私の生活の中で大きな割合を占めていましたが、近頃パソコンを開けるのが億劫になりました。そろそろ潮時かなと考えることも近頃よくあります。

Web拍手によってしか皆さんと接することができなくなった現在、そこに送られるメッセージはうれしいものがほとんどです。しかし、中には作品と無関係な内容や、嫌なものもあります。それで外さざるをえなくなりました。おなじくメールの方にも別人に成り済ましたものや、厳しい言葉、こちらの事情を全く考慮せずに、ご自分のことばかり送られるなどし、私はほとほとPC嫌いになっています。家のことや体調で小説が滞っているのも事実ですが、それらの送られてくる言葉に閉口し、小説だけでなく、書く気がしなくなっています。Webに出すことで嫌なことを味わうなら、出さずに小説を書くことを考えます。それに私の書くものなど、もともと人様にお見せするほどのレベルではありません。

現在どなたからもメールはなく、これはこれで寂しいことだと思いますが、嫌な言葉を送られるよりはいいかと思います。皆さん、どうか嬉しい言葉だけいただけませんか。私は言葉に敏感な人間です。恋心を持ってくださる方々、はっきり申しあげておきましょう。私はどなたにも恋はいたしません。くれぐれも作品中の人物と私を重ねないでくださいね。現実の私はただの中高年の真ん中人間です。もしも私のことを本当に愛し(人間愛的に)、支え、慕ってくださるならば、どうか私に書かせてください。どうか書く妨げとなることは控えてください。お願いいたします。嫌なことを我慢してまでこの道行を続ける気はありません。皆さんが育ててくださったこの道行考です。できれば細々とでも続けたいとは思っています。しかし、体も弱ってきました。膠原病にはストレスがいちばん障ります。ホームページがストレスとなるならば、やむを得ず運営を辞めなければなりません。同道してくださる方々には抑えることを覚え、良識ある行いをお願いいたします。これらはほんの一部の方ではありますが、切にお願い申しあげます。さもないと、水無月右近はこの旅を終息させてしまうかもしれません。残暑厳しき折から、善良なる閲覧者の皆様方におかれましては、くれぐれもご自愛くださいますように。                

|

2007年8月20日 (月)

ユリが咲きました

今年第一号のユリが咲きました。きれいですよ。皆さんも庭へいらしてご覧ください。三年前は葬儀の当日の五日に綺麗に咲いたのに、今年はずいぶん遅れました。やっと咲きました。私はやはりひどくなってしまいました。まだ起きることができません。西日本は今日も暑いです。
皆さん、どうぞお元気にお過しください。

|

2007年8月19日 (日)

八月の花

遅くなりましたが、今月の庭の花を掲載しました。どうぞご覧ください。
暑さもようやく一段落しそうですね。私はひどく体がだるくて寝床です。幸いどこも痛みはないので本を読んでいます。日曜日ですね。暑い時の大掃除、お薦めですよ。モノが減ると涼しげです。風の通りもよくなるし。いかがですか、真夏の大掃除。それでは皆さん、御機嫌よう。

|

2007年8月17日 (金)

お疲れ様でした

昨日は記録を更新する猛暑でした。暑い日が続きます。雨が恋しい。

八月は大いに考えさせられる月です。私にとっては“最後の花火”をHiroshiと見た1日に始まり、3日の命日、6日のヒロシマ、9日のナガサキ、そして13日が迎え火で、15日が終戦記念日、16日が送り火です。花火を見るのはやはり辛く、命日には嫌でも3年前が甦り、原爆の日は心痛め、憤りを感じ、同時に310万もの戦没者の方々に哀悼の意を抱くというより、あの時代に生きたために命が自分のものでなかったことへのやり場のない怒り、やるせなさ。地団太を踏む思いを毎年味わいます。Hiroshiだけでなく、それらすべての人々の霊に思いを馳せてお見送りした16日。人の生き死にについて考え、歴史や戦争について考え、仏教や禅についても考え続けていました。

それらのことを考えていると、ふわふわした愛だの恋だのということなど取るに足らないことで、自分が書いていることの小ささを感じて恥ずかしくなります。書くことはたしかに快感です。快感を伴う点から言えば、これも煩悩かもしれません。“業”だなんていいカッコは言いません。書くことは間違いなく罪深い煩悩のひとつです。さて、そのBonno worldにスッと戻れるかな。今から“この小説、いちぬぅけたっとぉ”と言ったら皆さん怒る?(笑) 主人公に土下座までさせちゃってるし引くに引けないっか。いつ書く世界に戻れるか判らないけれど、そちらに移動できるまでチョット待ってて。ノらないと書けないからね。火がつくまで待って。きのう送り火したばかりだけど、なるべく早くBonno fireに点火しようと思ってるから。でもこれも自然体で。

ほんとうに暑い日が続いています。と言いながら、昼間も家の中では世間で騒がれてるほどの暑さは感じず、もちろんクーラーの世話にもならず、日が落ちたら庭じゅうに水を撒き、スッと涼しくなってひんやりした空気のなか、夜になるとたくさんの星を仰いでいるのがなんだか申し訳ない気がします。ごめんなさい。
お休みが終わった皆さん、お疲れ様でした。まだお休みの皆さん、そろそろ体を慣らしておかれては。私も宇宙から帰還しないと。右近にとっては現実の世界の方が宇宙になっているのもフシギですね。それではどなた様も御機嫌よう。水分は充分に摂ってくださいよ。

|

2007年8月13日 (月)

盆の入りですね

暑い日が続いていますが、お元気ですか。今日は盆の入りです。迎え火を焚かないと。Hiroshiはもう来ているようなのですが、一応、13日は迎え盆ということですからね。今年は彼が最後に植えたナスやピーマンの木も焚きましょうか。それと数年間のボツ原稿も燃やそうか。(笑) 

私は体調を崩してばかりで寝床に居ることが多いですが、この暑さでは皆さんでも崩れますよ。水分を充分にとってください。不足すると血液が粘ります。くれぐれもお気をつけて。お休みの皆さん、ゆっくり休養なさってください。お仕事の皆さん、ご苦労様。それでは また。

|

2007年8月11日 (土)

更新しました

小説の13話を掲載しました。
よろしかったらお読みください。

|

2007年8月 8日 (水)

更新しました

お待たせいたしました。小説の12話を掲載しました。
よろしかったらお読みください。

|

2007年8月 3日 (金)

更新しました

連載小説の十一話を掲載しました。よろしかったらお読みください。頑張って書きました。小説の雰囲気を作者が壊してはいけませんので、これ以後、私はしばらくカエルやカブトムシなどのお喋りを慎みます。いよいよクライマックスが近づいてきましたね。この先をどうぞお楽しみに。

今日はHiroshiの命日です。彼の好きなものをたくさん作ってあげようと思います。あれから三年経ちました。私を支えてくださった、そしてこれからも支えてくださる皆さんに、改めて感謝いたします。それでは皆さん、ごきげんよう。今日がいい日になりますように。 安孫子 良

|

2007年8月 1日 (水)

カエル君とカブトムシさん見てくれた?

おはようございます。十話への拍手にメッセージありがとう。うれしいです。先はどうなるのかなと楽しみにしてくださるお声が届くと、頑張らないとって思います。体調がいまひとつなので連続して書けませんが、ぼちぼち書きますからね。じらせてゴメン。わざとじゃないからね。

ところで七月の「庭」を見てくれた? 先日、カブトムシが芝生を歩いてた。うん、女の子。(ムシも女の子に好かれるのかな) それに今年はカエルもたくさんいてね。小さいからアマガエルだろうか。写真を撮ったからまた見てね。カエル君(だかサンだか)は、実際はもう少し鮮やかな緑色をしてる。あぁ、今日はモグラとヘビの惨殺体が・・・。誰だ、はるかちゃんか!アソビで殺生をしてはいけないって言ってるでしょ。めっ。
という右近庵の庭です。独居じゃなく、たくさんの生き物が住んでるよ。

私はちょっと腎機能が弱って脱力感がとれなくて。ミニ芥川龍之介状態。(わからない人、いずれまた) はい、安静です。分かってますよ。早くよくなって書かないと。うん、もう寝る寝る。おやすみなさい。

|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »